鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
恋愛、結婚のハウツー 距離感part3
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

part2で皆さんの意見の事を書いたらさらに、「私はAですよね?」とかいろいろなコメントやメールを貰いました。

そこで不思議な事が、前回と同じように「自分はAですよね」とか「Aだけど確かに人に合わせるが辛いから1人になりたがる」とかそれ以外にも「自分ってわからないですね〜」みたいなコメントといろいろなんですが・・・・

なぜかBの人が1人もいない^^;

Bの人でも僕のブログを好きで毎回読んでくれてる人は多くいるんですよ。

なのに、Bの人からはコメントがない。


全員がAかCの人。


これもやはり素質が出てるように思うんですよ。

それで今回のお話は前回少し書いた、Bの男性とA、Cの女性の場合。


Bの人は個人主義なんですよ。「自分は自分、他人は他人」なんです。

そういう意味ではこのなかで最も「距離感」を遠く感じます。


極端な言い方をすれば人のことはどうでもよいんですよ。


「人の為」とか思わないのとは少し違うんです。自分の行動は自分の基準でしたい人で、他の人の基準は関係ないんです。

その為にむしろ「一緒」の行動は嫌いなんですね。

これBが女性ならどうしても男性に合わせようとするところがあるんで、素質と食い違いますからかなりのストレスになる時があります。


Bが男性の場合だと、「みんな一緒」が基本のAの人はすごく冷たく感じるんですね。


part1で書いたように、Aの人は非効率だとしても「一緒」に行動しようとしますが、もともとが「一緒」って概念のないBの人は効率の方を優先します。

だから極端に言えば、デートも現地集合で目的が終わったら現地解散が理想なんですよ。

それだと、みんな一緒にがしたいAにとっては凄く冷たいと言うかさみしいのです。

Aにとっては目的地よりもその人と一緒にいることがの方が重要で、目的地はその口実に過ぎませんからね。


ところがBの人にとっては、目的地が重要なんですね。それが彼女と行くとしても、「彼女とその目的地」でなにかするのが重要であって、それ以外は目的ではないんですね。


これは「家族」でも同じで、Aにとっての家族団らんは「同じ食卓を囲んでいる事」なんです。

Bにとっては「同じ家の中」にいればそれで良いんですよ。

もっと言えば同じ家にいなくても「連絡」がとれれば家族団らん自体が必要ないんです。


細かいことなんですが、僕の所にお客さんが遊びに来ることがあります。

話たりしてるのはいつもセッションをする部屋なんですが、一緒に御飯とかに出かけようってなったりするんですね。

セッションをしている所はすぐに玄関があるのですが、僕が出かける支度をしているとAの人はその場で待っています。

Bの人は先に玄関を出て外で待ってるんです。


これほんとに細かいことなんですけどね。Bの人はすごく何気ない行動なんですよ。

ところがAの人にはその先に外に出て行かれるが冷たく感じてしまうんです。


こんな何気ない行動が、「距離感が遠く」感じられる原因だったりするんですね。



ではBの男性にCの女性だとどうなるかって言うと。

基本的に冷たく感じるのはAの人と同じ内容です。

その辺の距離感はAとCは似てるところがあるので(何故そうするかの行動理由は違います)、Cの人が「私はAだと思う」ってコメントしてきたりする理由なんでしょうね。


ところが、Cの人は束縛が大嫌いなんです。

Bの人も「自分は自分」なんで束縛は嫌いなんですが、Cの人はそれが気分で変わるんですね。

例えるなら、Aの距離感の時とBの距離感の時が気分で変わるんです。

だから、「一緒に」の気分の時はAの人以上に「一緒に」をしたがります。
しかし、束縛されたくない時はBの人以上に「一緒に」行動するのが嫌なんです。

それが、一日でも入れ替わります。

そうすると、普段は「自分は自分、他人は他人」と思ってるBの束縛感の無さは凄く自由で好きなんですが、Cの人が「A的」に「一緒に」ってなった時にはAの人以上にBの人が「冷たい」って感じるんです。


結論は、AもCもが「冷たい」「距離感が遠い」「この人は本当に私を好きなんだろうか」
って感じてしまうんですよ。


それでは、次回はCの男性にAとBの女性の場合ですね。


それではまた次回〜



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 01:43 | 恋愛 | comments(2) | trackbacks(0) |
恋愛、結婚のハウツー 距離感part2
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

part1を読んだ人がLINEのタイムラインにコメントをくれたんですね。

それがとっても興味深い。

Aのタイプの人が「私はAでは無いと思う」。

Cのタイプの人が「私はAだと思う」。


これはなぜでしょう?


もちろんパーソナル心理学が絶対とは言いません。

パーソナル心理学は「生まれ持った素質」がわかるのであって、その人を構成するのは生まれてからの経験も大きいからです。

しかし、いままで多くの人を見てきてこのパーソナル心理学でほとんどの人の行動は説明できてしまうってことはやはり、「今」の状態に大きく影響しているのは間違いないんです。

それは、確かに生きてきた環境による影響はとても大きいのですが、その環境の受け取り方は素質によって違うからです。



例えるなら、背の高い人と低い人がバスケットボールを始めたら。

身長は生まれ持った言わば素質です。

背の高い人は当然得点を取るポジションにつくでしょう。


背の低い人はパスを出す人になるでしょう。


もちろん、背の低い人でも得点を取るポジションにつく人もいるでしょうが、背が高い人とはプレースタイルは違うはずです。

昔、NBLの選手で身長が168センチの選手が「低ければ高く飛べばいい」って言ったのが凄く印象に残ってます。


こういうぐあいに、素質が違うと環境は同じでも結果は違いますよね。


なので、環境がなんであれ素質ってその人の行動や考え方に色濃く出るんです。


稀にまったく出ていない人もいますが、それはご両親のどちらかが強烈に支配するタイプで完全に書き換えてしまってる場合です。そしてこんな場合は間違いなくとっても苦しみます。



ではこのお二人はの場合は〜


パーソナル心理学はよくお話しますが、もっと複雑で多くの組み合わせで出てくるんですよ。

だから人によってはAとCの両方を持っている人がいます。どちらが色濃く出るかは組み合わせや性別、両親の素質によって決まります。

組合せは2つだけではなくて詳しく出せば5つ以上あります。しかし、このぐらいの行動をみるのでしたら2つ見れば十分です。


このブログで書いているのはそん中の一つのことだけなんで、かなり「大枠」で話しているって事です。



もう一つの可能性は「自分では」そう思ってるってパターンです。


このお二人はこちらだと思います。


最初の、Aのタイプの人が「私はAでは無いと思う」。

こう言われた人ですが、この人は前回のブログで書いたAのタイプで「相手に合わせる」方です。


ちなみに、5つ組み合わせを全部出すと、

「A-A-A-B-B」です。


普段、僕が重視してるのは1番目と3番目です。そしてこのブログでお話してるのは1番目だけのことです。

これで見てもわかるように1番目も3番目もAなんですよ(ちなみに、3番めは「相手に合わさせる」)


だから組み合わせでもAが強いのです。

ところが、Aが強い人って周りに合わせることが多すぎて疲れてしまうので1人で行動したがる人もいるんですよ。


だから、自分は「Aではない」と感じてしまうんです。


でも、この人の行動は普段からみててもAですよ(笑)

メールってその人の行動が出やすいんですよ。メールはAの人そのものです。


そしてもう一人の人、

Cのタイプの人が「私はAだと思う」

この人も5つの組み合わせをみると、

「C-C-C-C-A」


見事にCが並んでいます。


これ一つ理由を上げると、3番目のCなんですが細分化すると「世間の目」をすごく気にするタイプで、「優等生」でいようとするタイプなんですね。


だから「周りに合わせていたい」って願望が強いんだと思います。

この人の最初の人同様にメールをみていたら「C」の人そのものですよ。

お見せ出来るなら、この二人のメールをお見せしたいぐらいです。こんなに素質によってメールって内容も書き方も、やり方も違うのかってビックルしますから〜


そもそもですよ。

自然と周りに合わせている人は「周りに合わせていたい」なんて思いませんし、逆に合わせすぎるから疲れて「1人でいたい」って思ってしまうんですね。

周りに合わせる気が全くない人が「1人でいたい」なんて考えたりはしません^^

バスケの話で言ったら背の高い人は「高く飛ぼう」なんて思いませんからね。


人って言うのは自分が自分と思ってるのと、現実に周りから見えてる自分ってかなりかけ離れてる場合が多いんですよ。

そして自分の「願望」の方を自分だと思い込んで、客観的な自分は見えてないんです。

それは、自分で自分は見えないからです。

「人は自分自身については暗闇の中にいるのも同然です。
自分を知るには、他人の力が必要なのです。」byカール・グスタフ・ユング

ユング先生も言ってるように、自分では自分はわからないんです。だから自己認識と実際の自分がヅレてたりするんですよ。


そして人間関係や人生ではそれが凄く問題になります。

これが理由で今回のお話の「距離感」も見誤ってしまうんですよ。

そうでしょ。自分では違う距離感でいるつもりなんですからね。


それを客観的に教えてくれるのがパーソナル心理学なんですね。


さて、すっかり本題から離れてしましました。

これはこれで必要なお話だったのでしょう^^


今回は、男性がBの場合のAとCの女性の事を書こうと思ってたんですが・・・・

結論だけ言っておくと、Bの男性の距離感だとA、Cともどちらの女性も「冷たい」と感じます。

なぜそうなるかは、次回書きま
すね〜



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 20:19 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
恋愛、結婚のハウツー 距離感part1
JUGEMテーマ:恋愛/結婚

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

恋愛を長続きさせるコツはいくつかあると思いますが、その中でお互いの「距離感」って重要だと思います。

これがお互いにヅレてるのは、人によって違うのでしかたがないのですが問題は多くの人は「自分」とそんなに大きくズレてるとは思ってない場合が多いんですよ。

それか違ってることすら気にした無かったり、違ってるんだけど「自分の距離感」だったら害はないって思ってたりします。


ところが、この距離感は人によって大きく違います。

そして違ってるとそれに合わせている方ってとってもストレスだったりするんですよ。


多くの場合は、男性の距離感に女性が合わせてたりします。

一度や二度なら合わせるのもそう問題は無いですが、それが毎回だとだんだんとストレスにそのうちに別の事までが我慢できなくなり・・・・みたいな事って多くあります。


そんなことで別れても、別れる時はもっと直接的な原因の方が目立つので「距離感」が少しずつストレスになってることに気がつかないで終わってしまって繰り返してしまうこともあるんですね。

こんな時は僕のパーソナル心理学がやくにたちます。

人の「距離感」って大別すると3種類あるんです。


「みんな一緒に」「個人主義」「気分次第」の3つ。

ここでは「みんな一緒に」をA

「個人主義」をB

「気分次第」をC

と書きますね。


上で書いたように「男性」の方に女性が合わせている事が多いので、男性がAの場合はBとかCの女性は窮屈だったり束縛感が強くなってしまいます。

Aのタイプの人はあらに2種類に分かれて、片方は自分に合させようとし、もうかた方は合わそうとします。

どちらにしても「お互いが」同じ行動をしないと気がすまないんですね。

なので、買い物とかも一緒に行こうとしますし女性の買い物にも同行したがります。


Bの人は個人主義なんで自分の買い物は自分で行きたいし、相手の買い物もそれは「相手のこと」なんで行きたくはないんですね。

全てのことに言えますが、これ最初のラブラブな時は違いますよ。だからたまにならどの組み合わせでもそこまでストレスにはならないんですが、Aの人は毎回こうしようとします。

Cの人は感情思考が強いので、気分次第なんですよ。
その為に、一緒にいたい気分の時はどちらもOKなんですが、そうでない時はBの人以上にストレスになります。

それはCのタイプの人は束縛がとっても嫌いなタイプが多いからです。


そしてAの人は「一緒」の行動を優先するので非効率なことも多くします。


例えば、目的地がお互いの家の中間地点だとしましょう。

効率的なのは「現地集合」ですよね。

ところがAの人はどちらかがどちらかの家に行ってから「一緒」に行こうとします。

「自分に合わさせる」タイプの方は、自分の家に迎えに来てもらおうとします。

「相手に合わせる」タイプは自分が迎えに行こうとします。


たまに、Cの人でこれをする人もいますがそれはCの人が面倒くさがりなんで、僕の住んでいる山陰みたいに「自動車」で移動する場合は「運転が面倒」だから迎えに来てもらいたいだけだったリします。

Aタイプの人は「一緒に」が目的になってることも多いので、一緒にいようとするのに一緒にいてもなにもしなかったりします。

部屋に一緒にいるのに自分は漫画を読んでたり寝ちゃったり、ただ喋るだけだったり。

個人主義の強いBの人だと自分も他のことをしてる時もあるんですが、Bの人は「目的思考」が強いのでただ一緒にいるのはイライラするんですね。

Bの人にとっては「一緒にいる」は目的になりませんから。

Cの人だと、なにもしないのに一緒にいるっていう束縛感が窮屈なんですね。
なにか楽しいことをしてるのならその束縛感はむしろ嬉しいのですが・・・


「一緒に」を重視するAの人は、考え方とか情報、嗜好も「一緒」にしたがります。

なので、自分の好きな映画を見せたがったり自分の趣味に付きあわせたりその趣味をやらせようとしたり、自分の知ってることを教えようとしたり・・・


Bの人は個人主義ですから「自分は自分、他人は他人」ですから、趣味や映画などは「個々」の好みで勝手にやれば良いって思ってますし、Cの人は自分が「ピン」と来ないことはいくら言われても楽しまえないし頭にも入ってきません。


逆に言うと、Aの「相手に合わせる」方のタイプの人だと相手のどんな趣味にも合わせちゃえるんですよね。

結論は、Aの人の距離感だとBの人は「めんどくさい」。Cの人だと「息苦しい」になります。


長くなったので、続きは次回〜


 
占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 21:08 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
出雲大社の縁結び
JUGEMテーマ:恋愛/結婚

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

僕の住む山陰は、出雲大社の大遷宮の効果で「縁結び」を求めて多くの女性が訪れているようですね。

東京と出雲を結ぶ寝台列車のサンライズ出雲はチケットがなかなかとれないくらい大人気だそうです。

僕のところにも「出雲大社」を調べてるうちに僕のブログを見つけて電話セッションを申し込んでこられる県外の方もいますね。

先日も、出雲大社の神職の千家国麿さんと高円宮典子さま(今はもう典子さんですね)の結婚があったりでまた盛り上がってるみたいです

なぜ出雲大社が縁結びって言うかって言うと簡単にいえば、神在月に出雲大社に神様が集まって1年間の「縁」を決めてるって事からきています。

ちなみに、10月が神在月だと思ってる人が多いですが、それは新暦の話で実際は旧暦で行われるので11月の終わりからです(2014年は12月1日)

その日に稲佐の浜に神様お着きになられ神迎祭が行われます。

なので今行っても神様は集まってませんよ(笑)

まあ、これは「気持ち」の問題なんでよいんですけどね〜


さて、神様のされることは神様にお任せするとして〜



僕の所に相談に来る女性の多くは「彼氏が欲しい」「結婚したい」って人です。

そんな相談で重要なのがこの「縁」って言うやつですね。


多くの彼氏、結婚相手が見つからない人はこの縁に問題があるんです。

「縁が無い」のとは少し違うんですよ。


相談に来る女性で、彼氏や旦那の事で悩んでいる人って言うのも多いんです。
数えたことが無いですが、感覚的には「彼氏が見つからない」って相談よりもこっちのほうが多いように思います。

街中でばったり出会ったりネットの中では「円満な家族」なんですが、奥さんは辛くて離婚しようか悩んでいるなんて多かったりします。


それがまさに「縁」の問題なんですよ。


「縁が無い」のではなくて「縁の質」の問題なんですね。


言い換えると、なかなか相手が見つけれない人は縁の質が悪い「悪縁」になってるんです。


これがどういうことかって言うとですね。


「縁」って言うのは自分の心が作りだしています。


心っていうのは幸せになる為の気づきに必要な「学び」をさせようとするんです。

その「学び」に一番使うのが「他人」なんです。


その中でも彼氏、結婚相手はとても強力な学びになります。


だから、彼氏や旦那の事で悩んでいる人っていうのはその相手は「学びのための相手」なんです。

これを心理学では「シャドウ」とか「自己投影」なんて言うんです。


だから、彼氏のことで悩んでいる人の多くは「付き合っても幸せになれない、辛いだけ」ってわかっているのに、気持ちが離れられないって人が多いんです。

それは、心がそう「仕向けてる」からなんです。



その「学びの為の相手」との「縁」がまだ20代前半とかの時なら、そのまま付き合ったり「できちゃった結婚」したりすることで結婚生活が「学び」になるんです。

その結果が僕の所に「彼氏」「旦那」の事で相談に来る人なんですね。

だから、結婚はできていても「学べてる」とは限らないんです。

そこで「学び」ではなく「痛い目」だけみて年齢を重ねてくると、その縁で出会った人は「やばいな」とか「こんな人と付き合うとろくな目に合わない」って「カン」が働くようになってきます。


その結果で、「縁」はあるのですがそれでよってくる相手を無意識に避けてるので結果として「彼氏が出来ない」ってなるんです。


この学びってやつは「幸せ」になる為には必ず必要なことで、そこには「未解決な過去の感情」だったり「自分と自分以外を受け入れる」だったり「本当にやりたい事を見つける」だったりいろいろです。

縁があって出会えるから結婚できて幸せになれるのではないんですね。

ましてや「結婚すれば幸せなれる」って勘違いしている人がいます。

そういう人は今の辛さが結婚したら解消されると思ってたりするんですよ。

それは無いんですよ。辛いって事は「学び」ができていないってことで、その縁で結婚しても今度はその学びを結婚相手でするだけなんです。


このブログで何度か書きましたが、何かが成ったから「幸せ」になるんじゃないです。「幸せだから」何かが成るんです。

結婚も同じ。


自分の「縁」の正体をよく見つめてみてください。


出雲大社もよいですが、それでも困ったら相談してみください。

正体がわかっても自分ではどうしようもない場合もありますし、そもそも正体がわからなかったりもします。

「目に見えない物」が邪魔している時もありますからね〜

それも含めて、「なにをすべきか」のお話と、「良い縁の流れ」を作る改善策も易の占いから出しますから〜

それではまた次回〜


 
占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 19:57 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
女性が気づかないうちに男性をイラッとさせる行動part3
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

part2からの続きです。

【3】よくわからにところで怒り出す。

なんども書きますが、これはあくまでもフィックス(男性)からそう見えちゃうって話ですよ。

「だから、フレックス(女性)が悪い。今すぐに直せ」って事ではないです。

ただ、気が付かないうちに喧嘩の原因になってたり、こんなことが「塵も積もれば」で大喧嘩や別れ話の原因の一つになったりするので「知ってる」方が有利って事です。


これは、僕のブログで出てくる「本音軸」「建前軸」の違いから起こる事です。

「フィックス(男性)」=「本音軸」

「フレックス(女性)」=「建前軸」


本音軸の人は「言葉」の通りの意味しかありません。

建前軸の人は「言葉」から感じる事に意味があります。


そして人は自分の素質からの喋り方が、その人の「聞き方」でもあります。


例えば、彼女が手料理を作りました。

するとフィックス(男性)が料理を食べて「少し塩加減が辛いけど、美味しいよ」

それを聞いて彼女が不機嫌に・・・・

フレックス(女性)は言葉から感じる方を「言いたいこと」と捉えますから。


「少し塩加減が辛いけど」と指摘した時点で「美味しくないんだ」と「察して」、そう言ってるようにしか聞こえません。

だのに「美味しいよ」って逆の事を言うから、「ごまかしてるんだ」「嘘を言ってる」ってまた察します。

ところが、フィックスはただ自分の感じた「事実」を言っただけで「塩加減が辛い」=「不味い」という意味は全くないんですね。

もしそうなら「塩加減が辛くて美味しくない」って言うはずです。

フィックス(男性)で気を使うタイプなら、「事実の部分」はなしでまるっきりの嘘を言うはずですから「美味しいよ」だけ言うはずです。



むしろこれはフィックス(男性)は、きちんと評価して事実を言って褒めたつもりですから不機嫌になられても「なぜ?何を怒ってる?」ってイラッってするんですよ。



フレックス(女性)からしてみたら、そうだとしても「美味しい」って言うなら「塩加減が辛いなんて言わなくて良いのに」って思うでしょうね。

それ自体がフレックス(女性)の発想なんですがね^^


例えば、女性が仕事が忙しくてなかなか会えないとしましょう。

そんな時にフィックス(男性)が「今度の日曜もどうせ会えないでしょ」って言いました。

するとフレックス(女性)が「会いたくないってこと?」って怒りだします。

「会いたくない」とは一言も言ってませんよね〜でも「わざわざ、そう言うのは会いたくないからだ」って言葉の意味のほうを「察して」怒ってるんですね。

おわかりですよね〜フィックス(男性)は「会えない」事実を言ったに過ぎなくてそこに「それ以上」の意味なんか無いんですよ。


これは、会話の中のいたるところで起こるので男女関係なく人間関係でのトラブルの根幹の原因になってることが多いんです。


【4】理由がよくわからない

まあ、いままで書いてきた事すべてフィックス(男性)からしてみたら「理由がよくわからない」からイラッとするんですがね^^

part1で書きましたが、フレックス(女性)は感情思考型です。

なので判断基準に「感情」とか「イメージ」が大きく影響します。もちろん論理的にも考えてるんですが論理思考型のフィックス(男性)よりも遥かに影響が大きいのです。


例えば日曜に「海にドライブに行こう」ってなってたとしましょう。

日曜の朝に彼女は親と口喧嘩をして気分が悪い。

すると彼女は「やっぱり海に行くのやめる」って言い出しました。

「気分が悪い」って感情が判断に影響したんですね。

ところが論理思考なフィックス(男性)は「親と喧嘩して気分が悪い」のと「海に行く事」は論理的に関係ないんですよ。

「それとこれは関係ないのになんでそうなる」って行かない理由がわからないからイラッとするんですね。


例えば、フィックス(男性)が「このDVD面白いからみない?」って言いました。

するとフレックス(女性)は「それってアクション物じゃないの?私、アクション物好きじゃないんだ」。

フィックス(男性)「これはそれっぽく見えるけど恋愛物だよ」

フレックス(女性)「え〜アクション物っぽいから嫌だ」


フレックス(女性)はイメージが判断基準に大きく影響したんですね。

論理思考のフィックス(男性)は「いや、違うっていってるし」「見てみたらわかるだろ」って思うので拒否される理由がわからないのでイラッとするんですね。

論理的に理由を言わないのでよくわからないのです。



さて、基本的にはこんなところかな〜細かくかけばまだあるんですが、あとはこれらの「応用」でしか無いんで〜

女性はこれに気をつけると言うよりも、これが原因んで喧嘩になった時に「あ〜これが理由なんだ」ってわかれば、「論点の違う」ところが出だしの喧嘩をしなくて済みます。

でも一番は「フィックス(男性)」がこれをわかってれば女性にモテる確率が上がるって事ですよ(笑)

それでは今回のシリーズは終わります〜


占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 00:31 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
女性が気づかないうちに男性をイラッとさせる行動part2
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

part1からの続きです。

【2】:勝手に約束を変える

前回も書きましたが、これはあくまでもフィックス(男性)からそう見えるって話ですよ。

フィックス(男性)は「目的志向型」の傾向が強いです。

フレックス(女性)は「状況対応型」の傾向が強いです。

目的志向型は常に何をするのでも、目的を決めてそれに対しての行動をします。

状況対応型はいちおう目的は決めてるんですが、その場その場で起こったことに対応した行動をします。

これは、フィックス、フレックスの言葉の意味そのものなんですよ。

フィックス=固定とかって意味です。他には「解決」とか「確定」なんて意味もありますね。

フレックス=柔軟とか融通って意味ですね。

こう書かれても、自分では意識してやってないので自分はどうなのかはよくわからないんですね。


これ何が「イラッ」とさせる場面が多いかって言うとですね。

例えば、「日曜日にデートの約束をしていましたが、木曜日に男性が体調を崩して熱があった。そして金曜もまだ体調が悪い」

こんな時に、フレックス(女性)は柔軟に対応しますから「日曜は無理しなくてよいよ。またにしよう」とか「その状態じゃ無理だね。予約キャンセルしておくね」とか言います。

これもちろん、フレックス(女性)は彼を心配しての行動なんです。

ところが、フィックス(男性)はこの行動にイラッとします。

何故かと言うとですね。

「目的志向型」のフィックス(男性)は、「目的」に対して行動しているので「日曜にデートをする」って目的のために、体調を治そうと行動をしているのですよ。

行動してるのに肝心の「目的」である「日曜のデート」を「無し」にされてしまうのいでイラッとするんですよ。

これその行動自体を邪魔されるのも嫌いなんですけどね。


ここで「?」ってなった人いません?

前回のpart1では「日曜のデートを急な仕事でキャンセルしたら」って例えを使いましたよね。

あの時は、フィックス(男性)がキャンセルの理由を説明して説明がわかればよいって思ってるのにに対して、フレックス(女性)は感情で捉えるから説明がわから無いんじゃないくて「デートが無くなった」事が悲しくて不機嫌になったりするって話でしたよね〜

何が違うの?って思うかもしれませんが決定的に違うんですよ。

それは、今回の方はフレックス(女性)の方から「察した」のです。

言い方を変えれば今回はフィックス(男性)からは「キャンセル」とは言ってないんです。

フィックス(男性)は、自分から言い出してない限りは「目的」に向かっての行動をしているって事なんで、良かれと思っても「勝手に」予定変更しない方がよいですよ。


同じ理由でフィックス(男性)がイラッとするのが、時間をはっきりしない約束。

例えば、「日曜、午前中は用事があるから終わったら行くね」とか、仕事が終わってから彼の家に行くのに「仕事が終わるのが何時になるかわからないけど、終わったら行く」みたいな約束。

これ、フィックス(男性)その目的に対する行動をしている時には邪魔されるのが嫌なんですよ。

すると、何時に来るかわからないから「待ってる間にDVDでもみようか」とか「何か別の事をしていよう」ってのが「すぐ終わること」しかできなくなっちゃうんです。

結果、なにもしないで何時間も待ってるって状態になるんですね。

こんな時は、「確実に行けそうな時間」を約束したほうがよいんです。もしもそれに遅れそうならまた「何時になりそう」って連絡したらよいです。

そうすればその「何時」までは別の「目的」を入れることができるので、「結局何も出来なかった」って事にはなりにくいのでね。

この時に、間違っても用事が予定より早く終わったからって連絡もなしに「その時間」よりも早く行かないことです。やはり「目的」を中断させる事になります。

それかはっきりしないなら「最初から約束しない」方が良いんですよ。

結果的に用事が長引いて「ごめ〜ん、やっぱり行かれない」ってなると「イラッ」じゃ済まなくなります。

次に続きます〜


占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 23:04 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
女性が気づかないうちに男性をイラッとさせる行動part1
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 

鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

よく恋愛の本とかサイトで「男女の違い」的な話が出ていますよね〜

(前置きの部分が面倒な人は飛ばしてくださいね〜読まなくてもわかりますから)

確かに男性と女性の脳では根本的に思考が違う部分があります。

しかし、この手の話は否定する人もいるんですよ。
なぜなら男性にも女性的な思考をする場合と、女性でも男性的な思考をする場合があるので「男女」で単純に分けれないって考えもあるからですね。

実はこの話って僕のパーソナル心理学での「分け方」を組み合わせると理解できちゃうんです。
逆に言うとそれが抜けてるから「男女」で見ても理解できないんですよ。


僕がよくこのブログの中でパーソナル心理学での分類の「フィックス」と「フレックス」の違いの話をしますよね〜

男性は基本的には「フィックス」な脳の思考をするんです。

女性は基本的には「フレックス」な脳の思考をするんですよ。

パーソナル心理学の分類の仕方は「男女」は関係なく出てくるので、

男性なんですがパーソナル心理学では「フレックス」

女性なんですがパーソナル心理学では「フィックス」

そんな逆の組み合わせにもなるんですね。


これが最初の方に書いた、単純に「男女」で見ても理解できない理由なんです。

さらに「フィックス」「フレックス」といってもそこには組み合わせで強弱がかなり出ます。



組み合わせのお話まですると、最低でも144通りの組み合わせのお話を男女別でしないといけなくなるで、ここではお話できませんが〜(セッションではそれ以上の組み合わせを使います)

組み合わせの関係で男性の70%ぐらいはフィックス、女性の70%ぐらいはフレックスな行動をしますので、この違いからくる女性の行動で男性を「イラッ」ってさせる行動を書いてみます。

別に一方的に男性に合わせる必要はないんですが、「違いからくる」ことを知ってればいらない喧嘩をしなくて済みます。

逆にそこをうまく使えば、男女とも異性にモテるようにもなります。

実際、芸能人などで「モテる」って人の多くは「男性でフレックス」って逆の組み合わせです。

これは、フレックスなので女性の行動に「イラッ」ってしにくいってのと、フレックスの行動が女性には理解しやすく「優しい」と「誤解」されるからです(優しいかは、素質でもある程度は決まりますが経験の部分も大きいです)



【1】:話を聞かない。

誤解のないように最初に言っておきますが、これは「男性からそう見える」って話で女性が話を聞こうとしないって意味では無いんです。

フィックス(男性)は基本的に論理思考です。

フレックス(女性)は基本的に感情思考です。

フィックス(男性)は「説明」して「説明」が理解してもらえればわかると思って話します。

しかし、フレックス(女性)は感情や感覚で捉えようとします。

それが「楽しい」とか「美味しそう」とか「怖い」とか「気持ち悪い」みたいな感覚的な部分にフォーカスしてしまいます。

感覚的にも取らえるので細部ではなく全体像を感覚でイメージしようとします。ですのでフィックス(男性)の説明の細部はあまり聞いていないんです。


これ一番わかりやすい例えは「道順」を教える時でしょうね。

フィックス(男性)は細部の説明を積み重ねて説明します。

最初の交差点を右折して、50メートル行くと右側にコンビニがるから左折して、500メートるほど行くと右に大きなパチンコ屋の赤い看板が見えるからその先を左折して、50メートルほど行くと右に赤いガソリンスタンドがあるから、それを右折してあとはしばらく真っ直ぐ行くと右側にバイパスに乗る道が・・・


フィックス(男性)はこんな説明したがります。

これをフレックス(女性)は感情的に捉えるので「遠い」「難しい(道順が)」とか、「あそこの交差点は混むから嫌い」とかって事にフォーカスします。

なんので場合によっては説明の途中で「え〜遠い」とか「わ〜混むから右折できない」とかって言い出したり、言わなくても頭はそれでいっぱいになり始めてたりします。

そして感覚的なイメージで細部では無く全体像として捉えちゃうんで、「自分がいるところよりも右に向かうんだ」「赤い物を目印にすればいいんだ」って思います。


するとフレックス(女性)の頭の中では、「右側に向かう60%、赤い物を目印20%、交差点怖い10%、遠い10%」になります^^;

でもこれよ〜く読んでみると、説明してる先は自分から見たら真正面なんですよね。

いま「え?」って思った人はかなり「フレックス」ですよ(笑)

「右」ってワードが多いからそういうイメージになってしまうんです。

「赤」とかもイメージに残りやすいからそれが強くイメージされてるんですね。


すると説明したフィックス(男性)は「話をちゃんと聞いてない」って思っちゃうんです。


ちなみに、これが理由でフレックスの強い女性は100%方向音痴です。


これは道順の話だけではありません。

会話全てに起こっています。


「日曜日にデートの約束をしていたのに急に仕事が入った」のでフィックス(男性)は、「行かれなくなった理由」を説明します。

フレックス(女性)は「会えなくなった」って事を感情的に捉えるので「悲しく」て不機嫌になったりテンションが下がったりします。

するとフィックス(男性)は、「説明が足りてない、理解してされてない」と思うので、もっと詳しく説明しだしたりします。

フレックス(女性)は、詳しい説明はどうでも良いのにそれを言うので余計に不機嫌になったりテンションが下がったりします。

フィックス(男性)は説明すれば伝わると思ってますから、こんなに説明してるのにわからないのは
「話を聞いてないからだ」って思ってイラッってし始めます。

そしてまったく「論点」の違う原因の喧嘩を始めます^^;


機械類に女性が弱いことが多いのも同じ理由。

フレックス(女性)は説明書を読まないか、読んでもわからない事が多いからです。

「説明書」は名前の通りに「説明」の塊ですからね〜


そして今回のお話の最初に「前置きは飛ばしてもいいよ」って書いたのは、説明を読みたがらないフレックス(女性)の人の為です。

飛ばして読んでいるあなたもフレックス(女性)ですよね(笑)


まだあるのですが、長くなっちゃったので次回に続きます〜


占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 17:38 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
彼氏ができない女性がすべきこと
JUGEMテーマ:恋愛/結婚

 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

女性からの恋愛相談ってやっぱり多いんですよ。

来られる人を見ているとなかなか彼氏ができない人って共通の特徴があるんですよ。

それは「彼氏ができたら」「結婚ができたら」、それさえできれば「幸せ」になる思ってる事です。

確かに「幸せな人生」を歩んでる人は「良きパートナー」はいたりします。


でもそれは「良いパートナー」がいるから「幸せな人生」なんではないんです。


そんな人は「出会い」がないのだと思って、お見合いや合コンしたり友達に紹介してもらったりと頑張ってはいるんですね。

確かにそれもある程度は必要なんでしょうが、なかなか彼氏が出来ない人は、「出会い」の確率よりも「縁」の方が問題なんです。

「良い縁」を持ってなければどんなに、お見合いパーティー行っても合コンに行っても「出会えない」んです。

いえ、出会えるんですよ。「悪い縁」の人にね。

そんな人に出会ってもそれなりの「経験値」を持ってる人は、付き合ったら「痛い目」を見る相手は最初からショットアウトしてるから結果的に「出会えない」「彼氏ができない」ってなるんです。


その合コンの中にどんなに「良い奴」がいたとしても「縁」がなければ出会えません。


だからすべき事の一つは「縁の質」を変える事。

縁の質はその人の「生き方」で決まります。

最初に書いた「彼氏ができたら」「結婚ができたら」、それさえできれば「幸せ」になる思ってるってのは、それに依存して執着してしまってる状態なんです。


「彼氏が欲しい」ってそれだけになればなるほど彼氏は出来ず(出来ても辛い思い押したり)、それ以外のことで楽しむ事が出来るようになれば「依存」も「執着」も手放せますから「良い縁」の彼氏ができたりするんです。

彼氏がいなくても人生を楽しめるようになってる人は、「良い縁」を引き寄せるんです。

依存や執着で恋愛したり結婚すると「学び」の関係になって悩まされたり辛い思いをして「気付かされる」んですね。


これが1番重要ですが、あと相談に来られた人で多いのが「父親、母親との関係」だったり「子供時代の事」だったり「自分では気がついてない理由」ってのが合ったりします。

殆どの場合は、「依存」「執着」と「自分では気がついてない理由」の両方だったりします。


「自分では気がついてない理由」が「依存」「執着」をさせて「学び」の相手を引き寄せて気づかせようとしてたり。

「依存」「執着」が「自分では気がついてない理由」を使って「学び」の相手を引き寄せて気づかせようとしてたりです。

合コンや想い合いに行くお金と時間の一部を「生き方を変える」方に使ってみてください。

遠回りに見えますがそれが実は一番の近道なんです。

彼氏もできて楽しい人生にになる一石二鳥ですしね。


自分でやってみてどうしてもうまくいかないなら、相談してみてくだい。

「どう生き方を変えたらよいか」のアドバイスと、「自分では気がついてない理由」の方を占いから見つけて改善策を出しますよ。

そうそう、もし相談されるなら「いつ彼氏ができますか?」とか「いつ結婚ができますか?」って相談なら他の「当たる占い師さん」に行ってくださいね。

当てる事は出来ますが、僕は「望を叶える」のが仕事ですから「今年中に彼氏ができるには?」みたいな質問ですね。あとはそうなる良い流れになるように「改善策」をだしますから〜

それではまた〜



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 13:43 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
ストーカーにあわない為に
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
僕の所に相談に来られる人は女性が8割なんですが、その中でも「恋愛」に関する相談は多いです。

「好きな人がいる」「彼氏ができない」ってのも多いのですが、「今の彼氏との今後」をどうしたらよいかっていうのを悩んでいる人も多くいます。

そういう場合っていうのは、「別れる」って結論なることも多くあるんですね。

どこか心のなかに引っかかることがあるから「今後」を相談に来るんですからね〜そんな結論になる時がありますよ。


そうなった時にたまに起こるのが、その彼が「ストーカー」的になってしまうこと。

もちろん、「今、ストーカーされてる」って場合の相談もあります。

現在進行形の場合は、「なぜそんな男性に出会ったのか」とかの本質的な部分でもお話や解決は後回しで「今起こってることへの対処」が必要になってきます。

もちろん、警察や公的機関などの「現実的な対処」が優先なんですが、なかなかそれが機能しないことって多いんです。そんな場合に僕がすることは「易」の占いを使った「改善策」です。

これによって「流れ」を変えてその人の意識をこっちに向けないようにするって「不思議な力」を使うことです。


今回のお話は「防ぐ」って事ですので、現在進行形で現実的な対処でどうにもならない時は相談してください。

さて、「防ぐ」って話ですが〜

よくストーカーされて最後は殺されたみたな話ってニュースになったりしますよね。

そんな犯人たちを全ては調べれないんですが、今は良くも悪くも個人情報はネットに出まくってますからそんな犯人たちにの生年月日ってわかる事が多いんですよ。

なので僕のパーソナル心理学で調べてみるんですが〜僕の所に相談に来られた人達のケースも含めて「ストーカー」をする人は素質のタイプに傾向があるんですね。

もちろん全てがそうだとも言いませんし、そのタイプだと全てがするとも言いませんが、素質から見たらそのタイプは確率が高いって事です。

この素質のタイプの特徴って「わかってほしい人」なんです。


ストーカーとかする人って「自分中心」な感じがしますよね。

確かに自分中心ではあるんですが、この自己中に「素質からくる原因」がいくつかあるんです。


このタイプの自己中な理由は、自分のことを受け入れて欲しいからです。

自分の要求や感情、考えを受け入れて欲しいのですね。


ところが、このタイプはちょっと距離感があると相手に合わせてる場合が多いのでいっけんしたらそういうふうには見えなかったりします。

育ちによっては、口が悪くて攻撃的で親分肌な所もあるんでちょい悪な感じだったりする時もあります。

この行動はどこから来るかって言うと、実は「怖がり」なんですよ。

守って欲しいとか安全でいたいって願望が強くて、育ちによっては「怖い」から強がって見せてる場合があったり、相手に合わせたり親分肌的で相手によくすることで仲間でいてほしいからなんです。


でもストーカーするような人って女性に暴力を振るったりしますよね〜

「怖がり」なのになぜ?って思うかもしれませんが、それは「女性は怖くない」からです。


ようは強きを助けて弱きをくじくってタイプです^^;


ただ、距離感があると「良い人」だったり「面倒見が良かったり」するから、付き合ってしばらくするまでわからなかったりするんですよ。


ちなみに、今書いてるのは男性がストーカーの場合の話です。

これ女性がストーカーする場合はちょうとタイプが違うんですがこちらはあまり調べて無いのでハッキリ言えません。


全ての場合を防ぐことは出来ないのですが〜

ストーカーに「させてしまう」女性の側の行動ってあるんですよ。

もちろん、ストーカーをするほうが悪いんですよ。


でも、相手が悪いからって言っても「されない」に越したことはないでしょ。

多くの場合、別れたりした後に「復縁」を迫ってきますよね。

それがだんだんとストーカーになっていくんですが、その時の対処でやってはいけないのは「反応」することなんです。


メールとか電話とかしてきて、それに「もう連絡しないで」とかって「反応」しちゃうんですよ。

何かを送ってくる人もいますし手紙とかを送ってくる人もいます。

メールや電話を着信拒否したり郵便物の受取拒否をするのは、仕方がないとは思うんですが〜

「話がしたい」とかって言われて断るために話に行ったり、いままでもらったものを返しに行ったり送ったり・・・

友達を通じて「連絡しないように」って話してもらったり・・・


これ全部が「反応」したことになるんですよ。


「反応」してる限りは「相手」をしてもらってるって思ってしまうんです。

これ、内容は関係ないんです。


よくこんな話があります。「好き」と「嫌い」は同義語なんですよ。

なぜかって?どちらも相手に関心があるでしょ。

よくドラマとかで最初は嫌いだった相手をだんだんと好きになって〜みたいな話ってあるじゃないですか〜

それは「嫌い」も相手に関心があるのには変わりないからからなんです。

じゃあ、「好き」「嫌い」の反対は「無関心」でしょ。


無関心な相手と恋愛になる事は無いんですよ。


なので。どんなに「断るため」とか「もう連絡させないため」といっても「反応」してしまってる以上は「無関心」ではないのです。


だから、ストーカーにとってはそれでも「嬉し」かったりするんです。

「でも、無視したらキレる」とかって言われる人もいると思います。

たしかにそうでしょうね〜でも、「反応」してたらドンドン自体が悪化していくんですよ。


最初は「断る」為に「反応」していてそれを長く続けててでもそれで対処しきれなくなって、完全に連絡を絶ったり警察に相談したりってなるんですが〜

これはストーカーから見れば、ずっと「反応」してくれたわけなんですよ。

言わば、ずっと「好きです」って言ってくれたた人が突然、「連絡を絶って警察に訴えた」みたいなものですよ。

そしたら「なんでだよ!!」ってなるでしょ。


だから一番いいのは完全に「無反応」。


そう言ってもなかなか出来ない人が多いんですね。

まあ、うっとおしいとか怖いってもあるんですが〜

実は、「もう付き合えない」とか「もう連絡してこないで」って連絡したり会ったりするのは、それは女性の側も「わかってほしい」からなんです。


自分の主張とか言い分を相手のわからせたい、納得させたいってのが働いてるんですよ。


途中に書きましたよね〜ストカーになる素質のタイプの特徴は「わかってほしい人」だって。


そう、「同じこと」をしてるんです。


人はどこかで自分のことをわかって欲しい、わからせたいってのがあるんです。

でもそれは「全員」である必要はないんですよ。


「私はもう会いたくない、付き合えない」ってわかって欲しいのです。

わかってもらう必要なんてないんですよ。

だってそれが「わからないから」連絡してきてるんじゃないんですから〜

「反応」してくれるから「自分の要求や感情、考えを受け入れてくれる」と思って連絡してきてるんですからね。

これは人間関係の悩みにも言えることなんですよ。

「みんなにわかってもらおう」とすると苦しくなるんです。

3割の人がわかってくれればそれで十分過ぎます。


今回はこれで終わり〜


占い&カウンセリング ゲッターラボ

Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
情報サイトまいぷれ掲載中(クチコミ、写真等見れます)ネットで「まいぷれ ゲッターラボ」で検索しても見付かります。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookをやってます。よかったら友達申請してください。https://www.facebook.com/tsutomu.fujihara.9
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 00:10 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
嫉妬と束縛
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

僕のところに相談に来る人は女性が多く、相談内容は恋愛に関することが多いのですね。

そんな人達に中には凄く嫉妬したり束縛をする人やされてる人の相談もあります。


誰にでも大なり小なりある感情だとは思うんですがね〜

この嫉妬や束縛ってなにから起こってるんでしょう?


これは「相手」に向けてる感情ですよね〜
それでは原因は相手なんでしょうか?


確かに、浮気をされたりしたら嫉妬するのは仕方がないでしょうし、そういう相手ならされたくないから束縛もしたくなるでしょう。


でもこれは実は、「相手」では無いんですよ。原因は自分の中にあります。

そう言われると「そんな事無い。彼がもっと誠実なら嫉妬も束縛もしなくて済む」っていう人がいるでしょうね。


確かにそうさせるような行動をする相手がいたりはします。しかし、そんな人は「そういう相手」を引き寄せてるんですよ。


言い換えれば、自分の中の原因に気づいて変えない限りは「そんな相手」としか縁が出来ないんです。


それは、「そんな相手」と出会ってそれで苦しむ事で、自分の中の原因に気づこうとそんな相手を無意識に選んでいるからです。


気づけないと別の人と付き合っても同じような事が起こります。


だから、良い出会いを探そうが友達に良い人を紹介してもらおうが、どんなに相手を選んでも無駄。

どうやってもそんな相手と出会います。


ではその原因とはなんでしょう?


それは、「自分が無い」からです。


「自信が無い」とも言えるんですが、自分に価値がないと思っていたり自分はダメだと思っていたり自分が嫌いだったりするんです。


でも、嫉妬や束縛をする人には自己中な人もいますよね。
そういう人って気が強かったりハッキリと自分の意見をいったりします。

いかにも自分がありそうですよね。

ところがそうでもないんです。


人は自分自身に向けてる意識や、自分への評価、自分をどう扱ってるかって言う事が他人に対する行動の基準になるんです。


要は自分自身に対して思ってることや考えてることを、相手に思うんですよ。


自己中の人は相手のことを考えないし、相手を理解もしないし、相手を認めたりもしませんよね


それは、自分の事も考えれてないし、自分を理解もしないし、自分を認めたりもできていないんです。




言葉で言えば自己評価が低いんです。



そんな人は、誰かに自分を評価してもらったり必要としてもらうことで、自分が必要なだけの評価があるって思おうとしてるんです。

それが、他の女性と浮気したり、いや浮気でなくても「会話」をしただけでも、自己評価が低い人は「自分ではなく会話した相手の方が評価が高い」と思い込んでしまうんです。



それをさせないために、嫉妬や束縛をするんですよ。


自分が無いから、「誰か」って外部から見てもらうことでしか「自分」が認めれないんですよ。

自分に価値がないと思ってるから、束縛でつなぎとめておかないと去ってしまうと思い、他の人に目を向ける行動に嫉妬するんです。



こうなる原因の多くは子供時代に多く有ったします。

さらに「こうでなくては」って無知からくる発想が、価値観を狭めてしまってその中に入っていない自分を無価値だと思ってしまったりします。


その「こうでなくては」を作った犯人は親の事が多いんです。あとは僕のパーソナル心理学で見る「素質」も影響してます。


多くの人は価値がないんじゃなくて、持っている価値観が狭いんです。


そして価値を高める行動もしていません。


相手に目を向けるんじゃなくて、自分を変えることに目を向けないと同じことの繰り返しですなんです。

え?どうするか?
自分を認めたり評価を高めてたりする事はこのブログに今までに書いてきましたよ〜

まあ、わからなかったら僕の所にセッションを受けに来てください^^
あなたの「本質」ってのがどんな人なのか、からお話しますよ。

それでは、これで終わり〜



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 23:21 | 恋愛 | comments(2) | trackbacks(0) |