鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
母が旅立ちました
 6日の未明に母が他界しました(ゲッターラボは今週いっぱいお休みします。来週には再開します)
3年前に脳梗塞で倒れそれ以来、左半身不随で完全に寝たきりの状態で喋る事もほとんど出来ませんでした。

寝たきりの状態で症状は安定していて、ここ最近も特に変化はなく先週、病院に行ったときも普段通りだったのですが・・・・
病院の人達の話でも12時ぐらいの巡回では特に以上は無かったのですが、2時の巡回の時には「心肺停止」の状態だったそうです。

苦しむ事もなく、眠ったまま逝ったようですのでそれだけは本当に良かったです。

いろいろな事情で親戚などの身内とは昔から縁を切っている状態の母でしたので、母が県外の出身と言う事もあって僕は「親戚」といわれるものをまったく知らないのです。

もともと、人付き合いのあまり得意でない母でしたので年を取っていくにつれ友人も少なくなくなり、倒れてからはその友人たちとも疎遠になっていました。

突然、倒れてそのまま寝たきりの状態になったので、そう言った友人達の連絡先も僕はわからず・・・・

ちなみに父はいますが・・・・もともと、うちの母とは籍が入ってなく別に家庭があり・・・・
そんな父も10年以上前に同じく脳梗塞で倒れ、誰も面倒を見ないので「特老」に入れ僕がみています。
父も脳梗塞の影響で「失語症」になり言葉と文字が理解で居ない状態で、こちらは母以上に「連絡先」がさっぱりわからないのです。


そんな事で、入院してからずっと1人で面倒をみてきて一番の不安は亡くなった後にどうすればよいかわからない事だったのです。

3年寝たきりでしたから、母の死に対しては覚悟も出来ていましたし今年の初めから「わかっていた」ところもあるので・・・・

母が亡くなったら、僕には兄弟もいませんから通夜やら葬式やら火葬を1人で全部行わないといけない・・・・
母の死だけでなく、1人で淋しく辛い事になるのかな〜一人で母と葬儀場、火葬場と過ごしてその間にたまに僕の友人が焼香に来てくれる・・・そんな感じなんだろうなと思ってたのです。

ですが、実際は違いました。

明け方に葬儀場に着き、夜が明けてからは母のそばにはおれず病院に死亡診断書を取りに行ったり(しかも遠い)、着替えを取りに帰ったり、市役所に行ったりと・・・・・

そして午後に葬儀場に帰ってきてからは1人で淋しく過ごすなんて事は無く、ずっと火葬が終わる時まで友人達が代わる代わるいてくれました。

午後に葬儀場に帰ってすぐに高校時代からの友人が駆けつけてくれ、それ以後一度も途切れる事無くいろいろな友人達が深夜も「1人じゃ淋しいだろうから」「寝るひまがないだろうから」と朝までいてくれ、火葬も「少ないと(人数が)淋しいから」と来てくれ・・・・

仕事を早退したり、休みを取ったり、忙しいスケジュールのなか駆けつけてくれたり・・・・

身内が居ない事で辛い時もありますが、でも僕にはそれ以上の友人達が居ます。そして、その姿を母に見せる事も出来ました。

今は悲しいと言うよりも本当にうれしいのです。

だから、落ち込んではいません。でもちょっぴり疲れたので今週いっぱいは家に篭ります(笑)
ちょうど、そろそろ「引きこもりたい」と思っていた時期でもありますから〜

来週からはゲッターラボともども元気に始動します。


葬儀やら、まだお墓の事も考えないといけないのでいくらでもお金が・・・・葬儀ってなんであんなに高いんでしょうね〜支払いで生活費も無くなってしまった(笑)

そんな訳で頑張って働かねば〜

今週は篭ってますが、来週からは遠慮なくセッションでも相談でも遊びにでも声をかけてください。

さみしがり屋なので声をかけてもらえる人が少なくなると凹みますから〜(笑)


ありがとうございます。

| 09:24 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。