鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
生まれ日の呪縛(野田首相編)
 鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

新しい首相が決まり内閣も決まり、さてどうなるんでしょうね〜


そこで恒例?の僕のパーソナル心理学を使っての「生まれ日の呪縛」です。
しかし僕のブログは書き始めてから1年半ほどしかたってないのに「首相編」が三回目って言うのは・・・・

野田首相の話に入る前に前任の「官前首相」の話をちょっと〜

前回の「生まれ日の呪縛」では「官氏」にはちょっと期待してるってコメントをしました。
それはこのタイプの人は「自分」を曲げないタイプだからです。

「絶対に自分が正しい」って思っていて「成せばなる」って思ってるタイプで、「王様」気質なんですね。
近代の日本の首相ってそんなパワフルさが無かったから期待したんですがね〜

でも僕は「特に何が問題だったか」ってのには疑問なんですよね。
震災対応にはそりゃいろいろと問題もありましたよ。でもあれだの震災ですから完璧にこなすのは難しいでしょうし、そもそもいろいろな事が機能しなかったのは「今までのシステム」でしょ。

それを作ったのは阪神大震災以降に防災計画をして来た「自民党」では?その人達が「ダメ」を出し挙句に民主党の内部でもそれに同調して・・・・
じゃあ誰か別の人がやったらもっとうまく言ったんでしょうかね〜原発の対応だって発端は原発を推進してきた自民党が作った物ではないのかな??


さて、そんな論議をここでしてもしょうがないので〜
確かに「官前首相」は「自分」を曲げません。ただ、もう1つの行動に影響する所がとっても「保守的」で「周りに合わせたフリ」の上手いタイプです。だから表立って「王様」的な所はあまりみせません。
でも「全部自分でやりたい」タイプで人に相談をしたりする事は無いので。「勝手に」ものゴトを進めてしまします。この辺がみんに嫌われてた所なんでしょうね〜

ちなみにこの本質は「官前首相」と同じでも官氏が保守的な部分が「自己中」なタイプだったのが、横柄な態度で叩かれてすぐにやめた「松本元復興相」ですね〜(笑)
「自分が正しい」と追ってる上に「人は知らん」って組み合わせですからね〜あるいみ「素質通り」行動なんですが・・・・
このタイプの人は思ったら思ったままの事を口にしますから〜前回までの日記に出てきた「建前軸、本音軸」で超本音軸です。


実は今回の野田首相と前任の官前首相」はよくに似てる部分を持ってるんですよ。

え?ぜんぜん違う??

行動の目的が同じで行動理由が違うからぜんぜん違うように見えるのです。

実はどちらも「博愛主義」で「世の為、人の為」「人を良くしよう」って思いが強いタイプなんです。

官前首相はそれを「自分中心」に考えます。野田首相は「みんなの輪」を重視して考えます。

官氏の場合は何処までいっても「自分が正しい」と思ってるので、相手がなんと言おうと「こするべきだ」「こうすれば貴方は幸せなんだ」って思っています。
だから、相手が「いや自分は違う」と言ったとしても、「それは貴方がわかってないだけだ」って思ってるんですね。
以前、同じタイプの女性と話していてこんな事を言っていました。

その女性は友人とショッピングに行くとイライラするって言うのですね〜その理由は「A子ちゃんは緑が似合うのに、緑かピンクで悩むんだよ。それ見てるとイライラするんです」

いや、本人の自由だろ(笑)

でもこの女性に言わせると「緑が似合う」のは間違いないと・・・・いや、仮にそうでも選ぶのは本人の自由だろ(笑)

そうなんです。このタイプは「自分が絶対に正しい」のですね。

だから自分の思い通りにすれば「幸せになれる」と思って「世の為、人の為」をするんです。

なにせ「王様」ですからね〜「民」の事は考えますが「民」の意見は聞きません。

これ、はまってる時はよいんですよ。自分が思ってる「そうするべきだ」には命をかけてきますから〜でもはまってないと、ただのお節介、しかもこのタイプはバイタリティが高いので「上手くいってる」人が多いのです。だからこのお節介が余計に厄介に・・・・


野田首相はそう言う意味では「逆」です。
むしろ周りに合わせます。

よく、こんな話がありますよね〜デート中とかに女性が彼氏に「夕食、なに食べようか?」それに彼氏は「何でもいいよ」。

これよく「恋愛のハウツー」の本なんかでは「ダメな男」的に使われます。

野田首相はこう言うタイプなんですね〜

でもこのタイプの場合は「優柔不断」「自分がない」とはちょっと違うんですね。
「超他人軸」で「人」が大好き、そして自分が好きな人と居るのが何よりの好きなので「何処でもよい」は、「考えてない」のではなくて「あなたと一緒なら何処でもよい」であって「あなたが食べたい物が自分の食べたいの物」なんです。

だから、「あなたが食べたい物をあなたと一緒に」って決めてるんです。そしてそれが、よっぽど嫌いな物でない限りは「合わせる」事が出来るんですね。しかも「合わせる」と言っても「我慢」しているわけでもないんですよ。


このタイプの人は周りの人を非常によく見ています。そして相手が良いと思ってる状態でよくしようとします。

ただ、これも一長一短なです。これをすると「八方美人」とか「優柔不断」ってみられるんですね。
実際、行動はそうなってしまう事が多いのです。

なのであまり「トップ」には向いてないんです。周りの意見を聞きすぎて周りに合わせすぎて前に進めなくなりやすいんです。そして違う意見の人達の板ばさみになりがちでストレスを溜めやすいのです。

ちなみに、このタイプは「建前軸」と思うでしょ〜ところが「本音軸」なんですね。
本質以外の素質の組み合わせもあるんですが〜

野田首相の場合は他の素質が全部「建前軸」なんで本音軸と言ってもかなり「建前軸」よりです。なので余計に「優柔不断」とか「八方美人」と見られやすいのです。
その分、はっきりと本音を言わないので「敵」は作りにくいのです。

同じ本質のタイプの「前原誠司氏」は本質以外もほとんどが「本音軸」なんで、同じタイプでも「イエス、ノー」がはっきりしていて「敵を作る」って言われるんです。

このタイプの人はどっちらにしても「本音軸」です。そしてもう1つの「軸」が「他人軸」なんで、「相手の事を思って本音を言う」のです。だから時と場合によっては「言わなければケンカにならなかった」的な事が多いのです。
でも「言ってあげる」のが「相手の為」って思ってるんです。

それと「人の輪」とか「みんなのルール」とかをとっても重視します。だから「勝手な行動」とか「約束を守らない」のが大嫌いです。

非常に「クレバー」な面も持っていてどんな時でも冷静で常に客観的に物を見ていますす。反面、「感情」の表現が苦手なんで「喜怒哀楽」をあまりだしてきません。
特にその出来事が大きければ大きいほどに「冷静」になってしまうので、パニックには強いのですが一方で誤解もされやすいのです。

何かプレゼントされても、うれしければうれしいほど冷静になるので「素っ気ない」態度になります。悲しければ悲しいほど冷静になるので「冷たい」って見られやすいのです。


ちなみに、「トップにはあまり向いてない」って言いましたが、実際に近代の「首相」にはほとんどいないんですよ。一応、「岸信介」辺りまでは調べたのですが〜あまり昔の人は生年月日があってるとは限らないので・・・・

ここ40年ぐらいの間では「小渕元首相」だけなんですね。

だから、ニュースとかでは「小渕元首相」と似てるとか考え方が近いとって言われてます。
いろいろな「博学」なコメンテーターの皆さんがその知識と頭脳で考えて「小渕元首相」と「似てる」って言われてるのでしょうが〜生年月日を見ればそんなの一発でわかるのですが(笑)

今回の民主党の代表選(実質的な首相を選ぶもの)はちょっと面白くて、立候補してた5人のうち海江田氏以外は全員が野田首相と同じタイプ。

海江田氏の後ろで糸を引いていた「小沢氏」も野田首相と同じタイプなんですね〜
このあたりも「素質」が出ていて「同性」で「同じタイプ」は苦手なんです。だから小沢氏は他の人でなく海江田氏についたのでしょうね。

ですから、実質的には今回は誰がなってもこのタイプが首相になったのでしょう(海江田氏なら小沢氏の言いなりでしょうから)
素質的にも「自己犠牲」が「自己欲求」なタイプで「人の為」が「自分の為」なタイプですからこの「国難」の時の首相は「燃えるシチュエーション」なんです。


このタイプは、「周りに合わせる」って部分と「自分」を貫かないってところで「トップ」には向いてないって言いました。

でも、「自己犠牲」が「自己欲求」なタイプですし、「情報通」でもあります。
そして最も「説明」が得意なタイプです(少々、話が長いですが)

そして「正義」とか「みんなの輪」とかを重視します。
ものゴトを論理的に判断します。

今までのように、派手さや突破力では劣るのですが(それが有っても何も出来てはいませんが)
ある意味では「みんなで」って国民性の中ではよい首相になるかもしれません。

ぜひ、がんばって欲しいですね〜僕らの生活為にも。

ちなみ僕も野田首相と同じタイプです(笑)

それではまた〜



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 05:50 | パーソナル心理学(有名人) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/91