鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
自分の中心は何処にある?
JUGEMテーマ:人生論
  鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

仏教に「渇愛」って言葉があります。


これは、「あくなき欲望」の事なんですが〜

仏教ではこの「あくなき欲望」を無くさないと苦しみが続くって解いてるのです。


僕は「欲望」自体は有ってもよいとは思うんですよ。
それが自分の心からの「欲望」であるならね。

ところがこれが「人間関係」になるとちょっと違います。

人間関係においての「渇愛」は、
「相手の反応を期待する事」なんです。

もともと、人間は「認めて欲しい」「自分を愛して欲しい」と言う願望を持っています。
なので人と接する以上は大なり小なりこの「欲望」はしかたがないのはあるんです。

しかし、上手くいってない人や悩んでいる人に多く共通するのがこの「相手の反応に期待する」行動なんです。

よくあるのが、「〜してあげたのに」ってやつです。
人が何かをしてあげたり好意をかけたときに、無意識のうちに「見返り」を求めている時があるんですよね。

「あんなに親切にしてあげたのに」「これだけ助けてあげたのに」「これだけ頼みをきいて上げたのに」・・・・

心の中で「これだけしてあげたのだからきっと何かしてくれるだろう」って思ってしまうのです。

逆に何かを頼んだりお願いする時も「きいてくれて当たり前」って無意識に思ってる場合があるんですよ。

これは「恋愛」においてもやっかいですよね。

「私が好きなんだから応えて」・・・

確かに恋愛で好きな相手に応えてもらいたいのはわかります。

「相手の反応」を求め続けると苦しくなるんですよ。


本来は全てが「自分の行動」で完結しているはずなんですね。

「誰かに何かをしてあげた」

それは自分がしたくてした行動であって、
「自分がしようと思ってした」それで完結しているんです。

たとえそれが「頼まれて」の行動だったとしてでもです。
それは「頼まれた」事を自分の意思で「やる」って選択したんです。だから結局は「自分がしたくてした事」に変わりはないんですね。

でも往々にして「あれだけ頼みをきいてやったのに」って思いがちなんですよ。

相手の行動が「礼儀」に反してるかどうかはまた別の話で、こうやって「自分の中心」を相手に置いてしまってると「苦しい」だけなんです。


この「自分の中心」を他人に持っていっている状態って恋愛でも同じです。

「好き」って感情があるからどうしても仕方のないところもあるんです。

常に「見返り」を求めてると、どこまでいっても「不安」が付きまとうんです。
上で書いたように「自分がこの人を好き」って事で完結してるんですよ。

でも好きなんだから「応えて」って思ってしまいます(応えてもらえないのは確かに悲しいですが)
これは「相手の反応」に「依存」しているのです。
そしてこの状態だとたとえ付き合っても結婚しても「不安」は消えないのです。


全てにおいて出来るのは難しいのかもしれません。

「自分以外」の人間の行動に「期待」するのが少ないほど、人生が楽になるのも確かです。

英語に「ギブアンドテイク」って言葉がありますよね。
これを「こちらが与えたら何かを返してくれる」って意味で使っていますよ。

「自分が何を手に入れたかったら、まずは自分が何かを与えろ」って事ですよね。
確かに自分が何かをしないで手に入れようと言うのは出来ません。

でもこれも何処か「相手の反応に期待してる」言葉に使ってるんですよ。

英語の本来の「ギブアンドテイク」の意味は「公平な条件での交換」です。
「公平な条件での」ですからどっちが「先」って事じゃないんですよね。

そして「ギブアンドテイク」は「互譲(ゆずりあい)」って意味なんです。

「the principle of give‐and‐take」

「ゆずりあいの精神」って意味です。相手に「期待」する言葉じゃないんですよ。


「人に何かをするだけで幸せ」「人が喜んでくれれば嬉しい」
「誰かに何かをするのは『自分』がやりたかったから」

ちなみに「渇愛」の反対は「慈悲」です。

少しでもそう思えてくると、人生は楽になってくると思いますよ。

それじゃまた〜


占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 02:32 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。