鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホープとケア
JUGEMテーマ:人生論
 
この前の日記で書いたように「ホープとケア」の話です。

この「ホープとケア」って考え方は「素質論」って言うので出てきます(詳しくは前の記事を見てね)

「ホープ」直訳すれば「希望」で、「ケア」直訳すれば「注意」です。この場合の注意は「誰かの行動を注意した」とかではなくて「注意して見た」とかの方の意味です。

これは、行動とか考え方に影響します。

イメージ的には「ホープ」は「ポジティブ」で「ケア」が「ネガティブ」です。

ただ、これは組み合わせでかなり変化するんです。

僕の場合は1つの生年月日から「5つ」の素質を見ています。その中で特に行動に関係する所の組み合わせで違ってきます。

それと「ケア」であっても行動は早い人はいます。

ホープの人は「出来る事を思いつきます」

ここなんですよ〜僕が嫌いな(笑)ポジティブシンキングを正当化してしまう理由は〜

ポジティブシンキングでは「出来ると思え」と言われます。出来ると思い込めば出来るんだとね。
でもね〜ホープの人は「出来ると思ってる事しか思いつかない」のですよ。

この違いは大きいのですよ。

逆に言うと「出来ない」と思っている事を「最初から選択しない」のです。
なので当然として何かをやろうとしている時は「出来る」と思ってますし、「出来る」と思い込む事は簡単です。

なので「ホープ」の人の特徴に「大失敗」をすると、それを二度とやろうとしなくなるってのがあるんです。

「出来る」と思ってるからそれを「やろう」と思いついたでも、実際にやってみると出来ないこともあります。そこで失敗すると今度は「出来ない」って事がわかります。
なので次からは「やろう」と思わなくなるんです。

確かに脳は「出来る」と思い込めば「騙されて」出来るようになります。
しかしホープの人の場合は実は「思い込む」以前に「出来る」と思っているからそれを選択してるんです。

その反対に「ケア」な人はと言うと・・・・ちょっと複雑です。

「出来ない事を考えます」

多くのケアな人は、「出来ない」事を消去して行き「出来そうな事」を選択するんです。
この方法は普段の生活ではそんなに問題はないのですが、「やりたい事」とか「夢」を探す時には問題になります。

本来、ケアな人と言うのは「ケア」の直訳の通りに「注意」してるんです。何かをするときにはそれを注意深く見てるんです(こう言うとホープの人が思慮が浅いみたいに聞こえますが・・・)

だから例えば「テニスをしよう」と考えると「上手く打てる」って事と「上手く打てなかったら」と両方考えます。そして「すぐに飽きたら」とか「怪我したら」とか考えるのです。出来る事を考えてないわけではないんですが、出来ない事や失敗を考える方が優先なのでそうするんです。

ただ、ネガティブな発想をするのでよくないのが上で書いた「選択肢」を決める時にこの「ケア」な部分を出す事なんです。

例えば、「やりたい仕事」を探すのに
「これは体力的に無理」「これは年齢的に無理」「これは親戚とのしがらみで・・」と「出来ない理由」を先に考えて消去法をしてしまう人がいます。

これは「ケア」の人が確かによく行う思考なんです。

普段の生活ではこれも良いんです。

しかし、「自分の本当にやりたい事」とかを探す時には問題です。

「やりたい」って感情や衝動が先にあって「それをするには?」ってところで、「ケア」な発想はあっても良いんです。

「これをやりたい」
「でもこれにはお金が・・・」「資格が・・・・」って考えるのはそれを「解決」する為なんです。

ケアの人でうまく行かない人は、肝心な所でも「消去法」で選んでるからです。それは「本当にやりたい事」ではありませんから〜
そして「出来ない」って決め付けて行動しなくなるからです。

自分の頭に中で出てくる「解決策」って言うのは、自分の「過去の記憶」でしかありません。そこに無いからと言って「この世」に無いのとは違います。

「出来ない」って決め付ける人の多くは「調べる事」も「人に聞く事」もしません。


こういう傾向があるから、「ネガティブ」はダメで「ポジティブ」が正しいみたいに言われるんですよ。

どちらが正しいわけでもありません。自分が本来はどちらなのかがわかっていて「自分らしく」いればそればよいんです。

「ケア」って言うのは最初の方に書いたように「注意」って意味なんですよ。注意深く見ているから「出来ない事」も見えてくるんです。その特性を上手く活かせばよいのです。

多くのケアな人が、最近の「ポジティブシンキング」のせいで「自分が間違ってる」「自分がダメなんだ」って自己否定をしてしまってます。

何度も言いますが「どちらが正しい」わけでもありません。


占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 01:19 | 自分を知る | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/63