鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
勝手に決めつけてしまう人で困ったりしていません?

JUGEMテーマ:人間関係

 

何でも勝手に決めつけたり、勝手に結論を出して押し付けたりする人っていますよね。

こんな人がいると何かとやりにくかったり「イラッ!」ってしたりします。

 

僕のパーソナル心理学ではこんな行動をする人っていくつかのパターンがあるんです。

 

全てに共通するのが「自分が正しい」って思うこと。

これを思う理由が、素質によっていくつかパターンがあります。

 

/佑牢愀犬覆「自分が正しい」

◆崋分が正しい」とイメージしてしまう

自分はこの世の「正しい」って答えをやっている

 

,枠鷯錣房分軸が強いので「正しい」「間違い」と言うよりも、他人は関係なく「自分」がそうだって事がすべてなタイプ。

 

△魯ぅ瓠璽故呂非常に強いので「自分が思った」ってことがすべてのイメージに思えてしまうタイプ。

 

はこの世界に絶対的な「正しさ」みたいな「答え」があって、自分はそれをやってると思ってるタイプ。

 

 

今回はのお話をしていこうと思います。

 

このタイプの人って他のタイプより厄介な点は「他人軸」だって点です。

「他人軸」

 

僕のパーソナル心理学では「他人軸」は基本的には周りに合わせています。

合わせている方が楽な素質なんですね。

 

この他人軸のタイプって4種類いるんですが、その中の1種類だけは「合わせる」ではなくて「合わさせる」なんです。

 

「自分の正しい」に他の人も合わさせようとするんですね。

他の,筬△盥腓錣気擦茲Δ箸垢觀晃はあるんですが、根本の理由が違うんです。

 

 

他の2つは「自分軸」なので「あくまでも自分の正しい」なんですよ。

ところが今回お話するタイプは「他人軸」です。

 

他人軸の人って漢字の通りに「軸」が「他人」にあるんですよ。

だから、基本的に他人軸は周りの人に合わせます。

 

 

今回の素質のタイプの人は他人軸なので、その「正しい」は自分の「外」にあるんですよ。

「自分の外」=「自分以外のすべて」ですよね。

 

だから、このタイプの言う「正しい」は「常識」とか「当たり前」みたいな意味なんですね。

「常識」なんですから当然として「誰もが」その「正しい」をやってるはずなんですよ。

 

 

そして自分もその「正しい」をやってると思っています。

 

そうすると、その「正しい」をしていない人は?

「非常識」とか「ルールを守らない人」、もっというと「法律違反」みたいな事になりますよね。

 

だから、このタイプはその「正しい」をやらない人が非常に嫌いなんです。

そして本人はすごく「正義の味方」でいたいんですね。

 

 

ところがです。

その「正しい」がこのタイプの場合は往々にして「マイルール」だったりします。

もともとが「自分が正しい」と思いがちなので、「自分以外の考え」とか「自分以外の価値観」とかそんな事を認めないんですよ。

そのために「偏った考え」になりやすいんです。

 

しかも、「みんな」がそうでないといけないと勝手に思ってますから、そうでない人を変えようとしたり非難したりします。

そうすることが「相手のため」と勝手に思うんですね。

 

 

なので、このタイプに「価値観の違い」とか「環境の違い」とか「自分はこれでいいのだから」みたいな話をしても通じないんですよ。

「違う」のはわかったけど、「それは、あなたがわかってないからだ」みたいにしか思いません。

 

「あの人はここが間違ってる。だから、変えてあげないと」と、本人も周りの人も望んでないのに勝手に「正義マン」を始めます。

 

 

そして相手がそれを聞かないと、「あいつはわかってない」としつこく来るか周りに「あいつは悪だ」と言いまわったりするんですね。

 

 

「自分の外にある絶対的な正しさ」

 

「その正しさをやればうまくいく」

 

「だから、みんながそれをやらないといけない」

 

 

そんなふうに思いがちなので、このタイプの人は宗教と親和性が高いんですよ。

 

 

以前、女優から某宗教団体に行った清水富美加さんは2つ素質の両方がこの素質(僕のパーソナル心理学は主には2つの素質の組み合わせをみています)

 

サリン事件を起こした宗教団体の教祖も同じ素質です。

 

 

僕の周りにも宗教をしている人がいたりします。

 

宗教をするのは本人の自由なのですが、このタイプは「相手のため」とかってに決めて「あなたがわかってないだけ」といくら断っても入れようとしてきたりするんですね。

 

 

 

このタイプは宗教をしていなくても、この素質の部分が悪い方に出るとめんどくさい人になりやすいんです。

 

このブログのタイトルのように勝手に決めてしまいます。

そしてそれは「相手のため」だと勝手に思ってるんですね。

 

それが相手に通じなかったり自分の思う「正しい」と大きく違うと一方的に「悪」とか「間違い」と決めつけてきたりします。

 

 

このタイプがこの状態で親とかだと勝手に将来とか部活とか趣味まで決めつけられたりするんですね。

 

他にも自分の周りで、一方的に「間違い」と決めつけてきたりこっちの意見も聞かずに決めてしまうような人は、このタイプの可能性があります。

 

 

このタイプの人って「論議」しても無駄なところがあるんですよ。

どうこちらが「価値観の違い」とか「立場の違い」とか「誤解」だって話しても、「わかってないだけ」としか思ってくれないんですね。

しかもこのタイプって「論破」されるのが大嫌いです。

 

なので、論破されて言い勝てなくなると男性なら屁理屈を言ってでも言い返してきますし、女性なら感情的にキレます。

 

パワハラとかモラハラをすることが多かったりするので、このタイプと関わって悩む人もいますが「わかってもらう」はとっても難しいので、他の方法で解決することをおすすめしますよ。

 

僕のお客さんでもいるんですよ〜セッションの一部だけを「◯◯◯円でお願いします」とか「支払いは◯回の分割でお願いします」とか・・・・

 

勝手に金額決めて話されたり、こちらから言ってないのに何故か分割前提で支払金額と回数を決めて話してきたり・・・・

 

 

このタイプは素質が「良い方」にでると、とても優秀な「リーダー」になれるんですけどね・・・・

 

どんな、素質でも共通なのですが「自分の素質の反対側」を受け入れて少しだけできないと、素質を良い方に使えないんです。

このタイプなら「価値観は一つじゃない」「幸せ感は人の数だけある」「正しいは立場や状況で変わる」って「多様性」とか「柔軟性」を手に入れないと、うまくいかないですし自分の周りに「自分の正しい」と真逆の人ばかり引き寄せたりします。

 

 

それではこれで終わります。

 

今回のお話をもっと詳しく書いている僕のメインブログの記事です。

「何でも勝手に決めてしまう人」

https://ameblo.jp/getlabo/entry-12455518258.html

 

 

毎年恒例の「年運」のことと、いま人気の「ひまし油温湿布」の変更などをこちらに載せていますので興味ある人は確認ください。
https:/ /ameblo .jp/get labo/en try-125 4437280 7.html

それと最近、ひまし油&セッションを受けてもらった女性の感想がこちらの口コミに載っています。
https:/ /yonago .mypl.n et/shop /000003 15526/b bs?id=9 3958

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 19:53 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。