鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
星占い
JUGEMテーマ:占い
 
2週間近く日記を書くのが空いてしまいました・・・・
前にも書きましたが「電気工事」もするので「年度末」って言うやつは忙しくなるんですよ〜
忙しいのと地震の後でなんか「気分が乗らない」ってのもあったんですが・・・・

さて、今日のお話はちょっと原点にかえって「パーソナル心理学」のお話です。

「パーソナル心理学」の元になってるのは「素質論」という物です。

この素質論は「占星術」が元になってるんですね。こう言うと「なんだ星占いか〜」と言う人がいますが・・・・
確かに生まれたときの「星の配置」でその人の素質や運命が決まると考えたのが占星術です。これには現代の科学では根拠はありません。

しかし、いま使われている占星術を元にした物、四柱推命、算命学、ホロスコープ、西洋占星術、素質論、動物占い・・・(六星占術は基本原則を無視してるので違います)
これらは「星の配置」だけでなく「その星の配置の時はどんな人生なのか」を実際の人間の観察を膨大な量をして来た結果なんです。

一説には昔の中国で「1億人」の人に対して生まれた時から死ぬまでを観察したのが大元のデーターだって言われています。

これは「統計学」って学問になるんですよ。
「何故そうなるか」それはわかりませんが「統計を取ると確かにそうなる」それが統計学です。

実は広い意味では皆さんが「科学」と言っている物は全てが「統計学」なんですね。
不思議な事を真っ向から否定するコメディアン・・じゃなかった(笑)科学者の「大槻教授」がよく出してくる「ニュートン力学」も大きな意味では統計学です。

「何回やっても物は下に落ちる」だからきっと「引力」って力が「ある事にしよう」ってのが大前提で出来ています。このれを「法則」などの「定理」に対して「公理」と言います。

でもその「引力」とはどんな力でどんなエネルギーで何処から発生してるかは全くわからないんです。
一緒ですよね〜星の配置で何故、人の素質や運命が決まるのかはよくわからない、でも何回やってみてもそうなってしまう。そういう意味ではこれも「公理」です。

実は今までに多くの科学者達が「占星術」は「間違ってる」という事を証明しようと(本当の科学と言うのは「無い」事も証明しないと否定できないんです)調べてきたのですが、調べれば調べるほどに「正しい」ってなってしまうので誰も言わなくなってしまってんです。

じゃあ、「何故、生まれたときの星の配置が影響するのか」
これはまだよくわかりません。

僕は「重力」と言うのが関わっていると思っています。

上に書いたように「引力=重力」は「何物」なのかはわかっていません。

この重力は実は唯一、「次元の壁」を超えて作用しているエネルギーだって言われています。

お母さんのお腹に居る時は何かの力でこの「重力」の影響を受けないのだと思うんですよ(厳密には重力のエネルギーの一部)
それがお母さんのお腹から出てきて「重力」の影響を受けるとそこで何かが「変化する」「決まる」のではないでしょうか。

実際に「生年月日」っていうやつは「自然」に生まれた時もあれば「人工的」に生まれたときもある訳ですが、どちらでもやっぱり「生まれた時」の「星の配置」なんです。

「帝王切開」って言うのはこれを知っていた人達が「帝王」にふさわしい「星の配置」の日にお腹を裂いて子供を取り出したから「帝王切開」と呼ばれると聞いた事があります。

ちなみに現代ではこの星の配置だと「お節介で大柄な人」になりやすいです(笑)
でも「成さばなる」って何でもこなして成し遂げようとしますが、常に「自分が正しい」と思っているので人の事を受け入れようとしません。
いますよね〜こんな人(笑)

占星術の問題の1つはここにもあるんです。

「データー」は同じでも「解釈」はそれぞれなんですよ。

特に昔の「中国」で作られた物が多いのでその時の「解釈」がそのままだったりします。
すると「自分で積極的に行動して、仕事もどんどん出来る女性」は「不幸な人生」ってなっちゃう時があるのです。
これはその当時の考え方では「女性は男の所有物」って考えがあったので「自分」を強く持っている女性は「不幸」と考えたりもしたんですよ。

僕の使う「素質論」はそのデーターで1980年頃の日本での「解釈」なんでかなり現代的です。
それとここには「運命」って言うのは出てきません。

「今の時期はこうだから」とか「この年はこんな事はよくない」みたいのはあまり重視しないんですよ。

もちろんこう言うものは無いとはいいませんが・・・あまりにもこれに振り回されてる人がいます。
占いとかこういった物はあくまでも「道具」なんですよね。

それと、この占星術系の占いで注意するのは「生まれた時間」です。

これを無視してる場合があるんですが〜「時間」に関しても「統計」はあるんです。しかしこちらは僕はあまり信用していません。
しかし問題は「日付が替わる時間の前後」に生まれた人です。

日付が変わる時間には諸説あって「11時」とか「12時」とかあるのですが〜どちらにしても言える事は〜
日付が変わった瞬簡に変わるのでは無いってことです。

日付が1日変わればまったく別の素質、運命になります。

そうすると「どの時点で変わるのか」と言うのが問題になりますよね。

時間は何秒まで見るのかとか・・・・そもそも「生まれた」とはどの時点なのか?

産婦人科の先生が時計を見るのに2〜30秒かかってる間に「次の日」になるかもしれません。

なので、「その瞬間」に「カチッ」って変わると考える方が不自然なのです。

そうすると昼の12時を頂点に、だんだんと次の日の要素入ってきて夜の12時には「半々」になると考える方が自然です。

ホロスコープなどは生まれた時間や場所を入れます。これならよいのですが、時間を気にせずに占うとこの「日付の変わる前後」に生まれた人は答えが間違ってくるんです。

実はこの日付が変わる前後の人がどうなるかを書いたものとかはほとんど無いんですよ。
僕の経験では「前後の日」の要素が混ざるのではなくて「二つ」の要素を持っています。なので「2重人格」とまでは言いませんが「違う」自分が2人いるような感じになるようです。

この2つの要素がかけ離れてれば離れているほど、そう言う人は「どっちが本当の自分」かわからなくて悩んでしまうようですね〜

午後10時ぐらいから午前2時ぐらいに生まれた人は、注意した方がよいかもしれませんよ。

う〜ん。今日は本当は素質論に出てくる「ホープ」と「ケア」って話を書こうと思って書き出したのに・・・「素質論」の説明で終わった(笑)

それではまた〜

占い&カウンセリング ゲッターラボ

Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話(通信料はかかりません)でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
情報サイトまいぷれ掲載中の「口コミ、評価」、「連絡先等」が見れます。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookページ。よかったら「いいね」してください。https://www.facebook.com/getterlabo1 Twitter。「フォロー」お願いします。@getterlabo
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 17:23 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/62