鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
人間関係ってこんな事で苦労したりします

JUGEMテーマ:人間関係

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

最近、官僚のセクハラ疑惑やそれに伴っての発言がいろいろと論議になったりしてますよね〜

この問題自体は色々な考えもあるでしょうし、TVなんてかなり偏った報道しかしないし真相はいまいちわからないので良いも悪いも言えませんが〜

麻生財務大臣がセクハラ疑惑について「はめられて訴えられているんじゃないかとか、世の中にご意見ある」って発言も叩かれてましたよね〜

「被害を受けた女性の訴えを軽視してる」ってことらしんですよ。

みなさんこの麻生財務大臣の言葉ってそうとれました?

まあ、叩いてる人の多くは「反安倍」「自民党=悪」って思ってる人達だから、何も言っても「悪く」とるんですけどね〜

野党はもともとそれが仕事だし・・・・


そのへんの事は無しにして〜

僕これちょうどリアルタイムでみていたんですよ。

でも、僕はまったくそんなふうには受け取らなかったんです。


こんな事言うと、「騒いでいる」方々に「セクハラの意識がない」とか怒られるんでしょうね〜(笑)


これよくお話する、僕のパーソナル心理学での人間関係のトラブルで最も多い「コミュニケーショントラブル」を起こす原因が凄く出てるんですよ。


麻生財務大臣が実際にどう思われているのかは知りませんが、「言葉」という情報だけを見た場合のお話になるんですが〜

多くの人の人間関係のトラブの大きな原因の一つは先程も書いた「コミュニケーショントラブル」なんですね。

これパーソナル心理学でのタイプが違うと、同じ文章でも意味が違って受け取るんですよ。


麻生財務大臣は僕と同じでフィックスがとても強いタイプです。

フィックスが強い人は「本音軸」なんですね。

この本音軸の「本音」って日本語の「ホンネ」の意味とは少し違いますから誤解しないでくださいね。

持って生まれた素質がフィックスが強くて、男女で言うと「男性」の方がフィックスが強くなります。

麻生財務大臣は素質もフィックスが強くて男性なので、この素質の部分がすごく強いんですね。


しかも、その中でも「口が悪い」ってタイプなんですよ。


この本音軸って、日本語の「ホンネ」だと思ってると「この発言が麻生財務大臣の本音」で、「やっぱり女性を軽視してる」って捉える人もいるかも知れませんが〜

さっきも書いたようにその「ほんね」ではありません。


本音軸の強い人って言うのは、「言葉」として発した事以上の意味はないんですよ。

ここでは、「世の中にご意見ある」って言ってますよね。

ここが本音軸の人にはとっても重要というか、この発言の意味を表しているんですね。

同じフィックスが強い僕でもここの部分が無いと、いま世間で叩かれているように「訴えた女性を疑ってる?」「セクハラを問題だと思ってない?」と思うかも知れません。


でも、同じフィックスの僕はこの「世の中にご意見ある」って言葉でそうじゃないんだって感じるんですよ。


本音軸の人って「事実」を「事実のままに」言葉にするんですよ。

でも、それは起こってる現象を言葉にしているだけで、そこに「意味」は含まれていないんですね。


例えば、
ある男性が奥さんにどうしても庭の片付けをしてと頼まれてたんですね。
前の夜には少々の雨でもやるって話になっていました。
ただ、もともと旦那さんは乗り気ではなかったんです。

次に日は少し雨が振っていました。

旦那さんが起きて外を見て「あれ、雨が降ってる」って言ったとしましょう。

するとそれを聞いた奥さんが、

「あなた、やるって言ったじゃない」

「いつもうそうやって約束をやぶるのね!」

そう言って機嫌が悪くなりました。

旦那さんは「そんな事は言ってないだろう」「朝食を食べたらやるよ」と言って片付けをはじめました。

奥さんは、
「もう、いつも後でやらないとか言い出すんだから〜」って怒ってます。



はい。
これ旦那さん本音軸で奥さん建前軸だと、今回の麻生財務大臣の発言と同じですね。

旦那さんは「やらない」って気持ちは1ミリもなくて、ただ起きて目に入った光景を言葉にしただけなんですね。

でも、建前軸の奥さんは「そこでそれを言う」のは、「雨だからやりたくない」って思ってるから言ったんだと思ってるんですよ。


建前軸の人は相手の言葉から、そこにどういう思いがあって言ってるのかって察して、それがその言葉の「意味」だと思うんですね。


でも、本音軸の人はその「意味」の部分は全て「言葉」にして喋ります。

言い換えれば「言葉」にしてないということは(この場合は『やりたくない』)、そこの「意味」は「そう思ってない」から言葉にしてないんですよ。

「言葉にしていること」に意味があって、「言葉にしてない」ってことは「その意味は存在しない」のですね。


これ実は多くの人の人間関係のトラブルの原因なんですよ。

特に「男女」でのトラブルはほとんどの事にこの「コミュニケーショントラブル」が大なり小なり関わっています。

あと親子でもこれかなり問題になりますが、子供は親に従わされるで問題が表面化しないであとで別の形で出たりします。


これ逆に、建前軸は言った言葉から「そういう意味で言った」っていう思いのほうが重要で、それを伝えたつもりなんですよ。

でも、本音軸は「言葉」の方しか意味を考えませんから伝わらないんですね。


麻生財務大臣の言葉に戻ると。

「世の中にご意見ある」っていう「事実」を言ってるまでで、それはその訴えている女性に対してでもセクハラへの意識でもなく、「そんな意見」を言ってる人がいるって事実を言ってるんですね。

こう言うとね。

建前軸の強い人からは、「自分がそう思ってる(はめられたとか)から、『そんな意見も』って言うのでしょ」って言われるんですね。


そして、いくら事実そんな意見の人が世の中にいても、「それを言葉に出す」ってこと自体が「軽視」してるってことだってなるんですよ。


でもね〜
それ建前軸の人がそう感じるのであって、本音軸の人はそう感じないんですよね。

現に僕はリアルタイムでみててまったくそうは感じてなくて、「そんな事実」を言ってるだけにしか聞こえてないんですよ。


もしも、建前軸の人達が思ってるようなことが「意味」なら本音軸はこう言います。

「はめられて訴えられているんじゃないかとか、世の中にご意見あるがその可能性もあるので今は答えられない」

もしくは。

「はめられて訴えられているんじゃないかとかと言う意見もあるが、私もその可能性は否定できないと思う」


日本人ってどちらかとう言うと「察する」民族で世の中的には建前軸傾向なんですよ。

だから、よけいに言われちゃうんですね。

まあ、その事も考慮して政治家の人は発言しないといけないって事なんですけどね〜


でも、これってほんとにパーソナル心理学をよく知ってる人でないと、ピンとこないんですよ。

セッションでこの話をすると、「そんな事もわからないの。めんどくさいな〜」って建前軸の人が言う時があります。

「そんなのわかるわけないじゃない。めんどくさいな〜」って本音軸の人が言う時があります(笑)


多くの人って自分が「正しい」ってどこかで思っちゃてるんですよね。

それは自分に自信がなくて自己否定している人も、こんなコミュニケーションの部分にまで違いがあるって思わないから無意識に自分が「正しい」ってなってるんです。

この事を知ってるだけでも人間関係はすご〜く楽になるし、世の中の多くの話題ってパーソナル心理学で解説できちゃうので「見方」が変わるんです。

興味のある人はパーソナル心理学を学べる「メニュー」に講座の情報が載ってます(対面&通信どちらも可能)

それではこれで終わります。


●母の日に向けて、カーネーションを使ったオルゴナイト創りのワークショップをします。

講師は「惺ゆり」さんです。
母の日にいつまでも変わらない「カーネーション」を送ってみませんか。
ご自分でデザインしたオルゴナイトを送れば、一味違った贈り物になりますよ。
ご希望の方には別途、生花のカーネーションも用意します。
今回のワークショップは、期間中はご都合の良い日(時間は基本的に18時30分以降です)に予約できます。
今までになかった「2行程」で創ることもできます(別途料金)
より複雑なデザインの物も可能なりますので、創った事のある人もそうでない人も、プレゼントしたい人もそうでない人も参加してみてください。

詳しくは惺さんの告知記事を読んでみてください。

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/en try-123 6997712 7.html


惺さん&紡(つむぎ)さんのオルゴナイトやスマホケースを売ってるネットショップ
https:/ /lampli ght.buy shop.jp /


 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 05:31 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/574