鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自分と他人の取扱説明書

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

先日、ネットを見ていたら自ら顔出して発達障害の事を語るブロガーの「佐藤絵梨」さんと言う方のお話が出ていたんですね。

この方は、「アスペルガー症候群、軽度のADHD」だそうで、その生きづらさなどをブログにされているんだそうです。

同じような悩みを持っている人の為に勇気を持って活動されてるのは素晴らしと思います。

ただ、僕はどうしてもこう言った「発達障害」の事を聞くと、「素質」を調べちゃうんですね。

そこで失礼かとも思いましたが勝手に生年月日を調べさせてもらいました。

実名も全て公表されてるのでそのへんはお許しを・・・・

生年月日は公開されてないんですが、今の時代SNSをオープンにしているとすぐに分かっちゃうんですよね〜

なぜ気になって調べるのかって言うとですね。

僕のセッションを受けたことがある人で、体験したことがある人が多くいると思うのですが、自分の子供とか自分自身がこの「発達障害(とくにアスペルガーとかADHD)」だと言うことを僕に告げてないのに、僕の方から生年月日をみただけで「言い当てる」事があります。

でも、これ疑う人はこう言うでしょうね。

「話を聞いてそこから読み取った」のでは?


僕はセッションで「分析シート」というのを渡します。
それはセッションの前に生年月日をお聞きして作ります。

この時点では僕は相談内容を聞いていません(中には向こうから書かれている場合もありあすが)

聞いているのは相談者のお名前と生年月日だけもしくは、子供さんとか相談者以外の場合は性別と生年月日だけ。

そこから作るその分析シートに「アスペルガー症候群と言われてる可能性が」みたいに書いていて、本当にそうな場合が多いのです。

まだ、小さい子供さんで「将来、そう言われる可能性があるよ」って分析シートやセッションで言う場合もあります。

それも何年かしたら「言われました」と報告を受けることも多くあります


この女性のアスペルガー症候群とかは「脳の病気」と言われていますよね。

それならなぜ僕は「生年月日」だけで言い当てれちゃうんでしょうね〜


僕が見ているのは「持って生まれた素質」です。


て言うことはそれは、「脳の病気」ではなくて「素質」なのでは?

確かにこういう言われやすい素質の人は、組み合わせが偏っているんですね。

偏っているので集団生活の中では「平均」ではなくなることが多くあります。


でも、それは脳の病気や誤作動ではなくて「素質」でしかないので、「素質という理由」が存在しています。


では、何故に「病気」と考えるのか。


これは殆どの人が、人は「同じ素質」みたいに思っているからなんですよ。


「人はみな違う」と多くの人は思っていますが、物事の捉え方とか判断、感じ方とかは同じだと思っています。

要は「基本」の部分は同じで後は家庭とか親とかの環境での「好み」とか「思考」の違いだと思っているんですね。


その前提だと確かに「誤動作」に見えます。


でも、僕は自分で創ったパーソナル心理学というものを通じて人を見ていると、その基本自体がかなり違っているって事に気付かされられるんですよ。


言い換えればその「基本」の違いを知っていると、こう言うアスペルガーとか言われている人の悩みや行動って「素質」として説明できたりします。

間違った取扱説明書を使っている状態なんですよ。


もちろん僕は医者でも研究者でもありませんから、「本当に脳の病気」とか「欠陥」の場合も存在するのかもしれないと言うことはわかりません。

ただ、多くの「そういう言われてる人」って言うのが素質から説明できるし、生年月日から素質を見たら判別できるってのも事実です。

生年月日で何がわかる!って医者とか研究者の人が読んでたら是非、僕に「そんな人達」の生年月日と性別のデーターをください。

証明してみますから・・・・まあ、自分たちの信じてるものが覆される可能性があるから怖くてできないでしょうけど(笑)


話がそれました^^;


例えば先程お話をしたブロガーの佐藤絵梨さんですが。


生年月日から僕のパーソナル心理学で見ると・・・

僕のパーソナル心理学は普段は2つの素質を組み合わせます(深く見ようと思うと他も参考にします)

その2つともが非常に「フィックス」が強く「自分軸」が強いタイプ。

これ他の素質の要素のにも持っているので、組み合わせの上では最強クラスの高さです。

フィックスの組み合わせが強いほど、アスペルガー症候群って言われる事が多くなります。

とくにその中でももっともそう言われる可能性の高い素質が入っています。

だから、この方の記事を読み始めた時に「あの素質かな」って思ってたんですが、その通りなんですね。

特にこの方のような自分軸も強いと更に強まります

そして自分軸も最強クラスの強さなので、ADHDと言われる可能性もあります。

なので、この人は僕は生年月日を聞いただけで「アスペルガー症候群って言われるのでは?」って言います。

この組み合わせの子供さんが生まれたお母さんには、「将来、アスペルガーとかADHDって言われる可能性があるけど、それは素質からくる個性だからね」って話と、どうすればよいかを説明すると思います。

この素質の人は本来はかなり自分が強いんですが、親とかにそれを怒られたり周りから攻撃されるので自分をどう出したらよいかわからなくなってたりすることも多いんですがね〜


この方の解説をしていけばいくらでもできちゃうんですが〜相当長くなるので細かい説明はやめておきますが〜

ちなみにこの方の生年月日からの分析シートの「詳細」として載せている部分を、この記事の最後に載せておきますね。

決まった書面の中で書くことなんで文字数に限界があってかなり抜粋してるのと、分析シートは本人に渡る可能性があるのでかなりマイルドに書いていますが・・・

これは「この組み合わせ」のはもともと作ってあるもので、この人の記事を読んで作ったのではないのは信じてもらうしか無いのですが・・・・


多くの場合は「取扱説明書」が間違っているんですよ。

「同じ」取説でいけると思うほうが変なんです。

変なんですが、人それぞれの「取説」が無いんですよね。


今日、少し前にTVを見ていたら「色覚異常」の事をやっていました。

人と色が違って見えるというものなんですね。


その中で、小学生の男の子が検査を受けている様子が出ていたんですね。

そしてその検査が終わると男の子と母親にお医者さんが「色覚異常ですね」と言ったんです。

僕はこの「異常」という言葉にすごく「違和感」を感じたんですよ。


人と違うことは「異常」なんでしょうか?


「違う」と「異常」は別です。


確かに集団生活の中で多くの人と色が違って見えると言うのは支障もありますよ。

信号の色が違って見えるとか、案内板の経路図ので色の区別ができないとか・・・・

でも、それは「違う」事を認識すればよいだけで「異常」ではないのです。


そして「異常」と言われた時にどんな思いをこの男の子はしたんでしょう・・・・


能力が違うだけ、この子は僕らではすべて同じ色に見える程度の色の違いを識別できるんです。

だから、むしろ能力は僕らよりも高いんです。

もしも、どうしても「異常」でなければいけないのなら能力の劣る僕らのほうが「異常」なのでは?


肌の色が違うのは異常でしょうか?

白人しかいない世界では黒人は「異常」に写りました。

だから、「差別」があった。


でも、いまでは当たりまえに肌の色が黒い人がいると認識しています。

だから、一部のおかしな人を除いては黒人を「異常」などとは思いません。

 

素質でもそうなんです。

「違う」だけなんですよ。


「異常」ではないんです。


中には「大きく違う」人がいるだけです。


集団で生きるには「大きく違う」事は支障がある時もありますから、「違い」を明確に理解すればよいだけです。

それは他人もですが、「自分も」です。

それで、何が違うからこの場合はどうするとか、こういうふうに言えば理解できるとかってわかってれば良いんですよ。


そしてこれはアスペルガー症候群とかそう言われてる人だけの事ではありません。


多くの人も「違う」=「異常」だと何処かで思っています。


だから、成功者とかそういう人の「正しさ」になれないといけないみたいに思い込みます。


多くの人はこの「違う」=「異常」を自分にも向けてしまって、自分の素質らしい「自分らしさ」を「欠点やダメなところ」みたいに思ってしまっています。

 

僕の素質は成功者とかバリバリ働く人の素質とは「真逆」なですよ。

でも、それは「違う」のであって「異常」ではありません。


だのに「成功者」の人の中には異常とまでは言わないですが「間違い」と言ったりする人もいます。


本当は僕の方に近い素質なのに、成功者とかそんなセミナーとか自己啓発を受けてそうでない自分を「異常」とか「間違い」と思って苦しんでいる人も多くいます。

逆に本来はバリバリ働いたり稼ぐ素質なのに、「平凡」でいること「普通」でいることが正しいと思ってそうなろうとして苦しんでいいたり・・・・


そしてはネガテイブなのに「ポジティブでいないとダメ」と思い込んでたり・・・・


恋愛もそうでうですね。

自分の素質の正しさを相手に押し付けてたり、相手と違うことをダメだと思っいてたり・・・・

だから、僕はパーソナル心理学を使ってその「違う」が当たり前にあって、それで良いんだって事を伝えてるんですね。


そしてその「違い」が「自分らしさ」だとわかった人は、人間関係も恋愛も仕事もそして自分の生き方も楽に自分らしくなるんですよ。


自分の違いが「異常」ではなくて、「自分らしさ」だと受け入れた人には、「そう思う」人が縁として現れるので、自分らしくいて問題ない世界になります。

でも、それを異常と思っていると、それを異常と思う人ばかりが縁として現れるので自分らしく生きると攻撃されます。

そして自分からは大きく素質の違う「異常」と思えてしまう人ばかりが集まってきて苦しくなるんです。


素質だけではなくて、生き方や仕事もです。


それも自分らしくいればよいんです(素質が大きく関わりますが)


でも、どこかの誰かの言ったなんとなくの「正しさ」と違うことをしようと思うと「異常」と考えてしまいます。

「違い」があって当たり前ですよ。


自分と他人の取扱説明書を作るのがパーソナル心理学だったりするんですね。

それではこれで終わります。


「佐藤絵梨」さんの分析シートの詳細の部分。

超目的指向型で超リアリスト。目に見えるもの以外の存在は認めません。

マイペースなタイプであまり回りに合わせようとはしません。

一度決めた目標には「初志貫徹」最後までやり遂げようと黙々と頑張り「成せばなる」と思っています。
その為、頑張り屋な人が多くコツコツと仕事を続けたりします。このタイプはあまりコミュニケーションが得意ではなく誤解をされる事もあります。
「自分」を非常に強く持っていて「自分」の世界を作り上げようとします。
人には左右されず人と同じ事は大嫌い。なので団体行動も苦手で本人は悪気はないのですが、周りから「和」を乱してると思われることがあります。

非常に自立心が強くともすれば「親」からの助けであっても「ほどこし」と感じるほどで、「よかれ」と思って手や口を出したりされるのを非常に嫌います。本当に困って言ってこないのによかれと思って手を出すと怒られます。

思った事をそのまま口にする所があり、トラブルになる事も・・・しかし本人は「事実をそのまま言って何が悪い」と思っている為にトラブルの原因がわかりません。

「察する」とかも苦手でまさに「空気が読めない」時があります。基本的に「人と一緒」は嫌いなんですが、周りの人を良くしたいとも思っています。
人の言う事を聞かないタイプでどこか「自分の考えが正しい」と相手の意見を「間違い」と決めてくる時が有り、「自分の考え」を人に押し付けたりします。

本質的にはリアリストで現実主義、そして自分を貫き「人は関係ない」タイプです。しかし、「周りの人」の役に立ちたい周りの人を良くしたいとも思っていて面倒見も良いところもあります。
このタイプの人は「自分」を中心に考えることが多く、あまりにも「自分流」になりすぎて周りと摩擦をおこしてしまう時があります。
「自分が良い」と思ってると周りの目をあまり気にしませんから「変わり者」と言われる時もあります。しかしそれが返って心地よかったりもします。

「オンリーワン」で自分だけの世界で生きていたい自分と周りの人を助けてよくしたい自分が混在して「自己矛盾」もあります。周りの人をよく見ているところがあって、周りに気を使ってるのですが往々にして微妙にずれてる時があり他の人はそうは感じてなかったりします。
自分が正しいと思っている面が強く、相手の事を察さないので一方的に意見を押し付けてくる時があり集団に馴染めなかったりします。察するとか合わせるが苦手でアスペルガー症候群と思われてる事があります。

 

〜〜〜オルゴナイトワークショップの日程〜〜〜

・12月21日(木) 13時半から16時半

場所・・・ホームデコ米子店

参加料金は、前払いです。
参加希望の方は、希望日の1週間前までにお知らせください。


●円錐形、ダイヤモンド型・・・7,000円
(どちらか一つと小物創り)

●ピラミッド型+小物・・・・8,500円

●ペンジュラム+小物・・・・5,000円

講師:惺ゆり


〜〜〜お金のブロックを外す点描画ワークショップ〜
・お金とがっつり向き合うワークです。
・あなたの中の奥底にあるお金に対してのブロックが、見えてきます。
・見えてくると、お金に対する考えかたや、概念が変わります。
・人によっては、収入もアップした人も・・・。
(お金にまつわるプチ講座もあります。)

・12月21日(木) 18時半から21時半

参加費1万円 (前払いとなります)

※見本にする1万円冊は各自ご用意ください。

講師:惺 ゆり+ふじ原ツトム(プチ講座)


この「お金のブロックを外す点描画」ワークショップは

なかなか来られない方にも大丈夫な『通販キッド』も用意しています。

お金のブロックを外す点描画:通販キッド・・・12000円


〜〜惺ゆりさんからのお知らせ〜〜

オルゴナイトマスターコースを随時募集しています。
私がお伝えするオルゴナイトは・・・

私が幼少の頃から得意だった「絵」という芸術がベースにあります。


オルゴナイトとしての基本はもちろん
ネットでも検索してもでてこない私独自の表現方法をお伝えしています。

そして「only one」を大切にして、創る人の個性を引き出します。
マスターコースを受けてから作家デビューまでのお手伝いとフォローもしていきます。

作家名、屋号はもちろん、ネット販売のお手伝いもしていきます。あなたの作品が世にでるチャンスを、ここからスタートさせませんか?


◎デビューにあたってはゲッターラボでもコンサルなどのお手伝いをさせてもらいますし、販売するための通販サイトも用意しています。

まずは難しく考えずに、いまの仕事とかをやりながら「自分の楽しい」をはじめてみてください。


惺ゆりさんから〜
新たに、「アートな点描画」のマスターコースもメニューに加わりました。

「点」だけで描いていくアートです。
絵を描くことが苦手なかたでも大丈夫です。

綺麗な点を描くコツから、デザインも描けるようお伝えしています。


お問合わせは、惺ゆりさんでも僕の方でもどちらでもOKです。

惺ゆりさんのブログ
https://ameblo.jp/satoi-yuri0524/

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 00:47 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/559