鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
何のために生きるのか
 一昨日、20年来の知り合いが亡くなりました。

電気工事の仕事の関係で、僕の一番のお得意先の社員だった人です。
そこの社員の中でもとくに話が合い仕事上の付き合いがほとんどでしたが、とても仲良くしてもらっていました。

まだ40代後半でした。三人のお子さんの一番下はまだ小さいのに・・・・
原因は過労死じゃないかと言われています。

最近では僕がカウンセラーの仕事を中心にしているので、あまり会うこともなくなってはいたのですが・・・・


出合った頃からいつも遅くまで仕事をしていて、休みもよく仕事をしていたのです。

僕のパーソナル心理学でみても、「今」の結果を求めないタイプで長期的に結果を残して最後にヒーローになりたいタイプです。
そのためこのタイプの人は「今、争う事」を好みません。なので時として「イエスマン」になる時があります。

僕が見ていても「なんで断らないんだろう」と思うことまで引き受けては遅くまで残業していました。

以前、一緒に飲みに行った時に聞いた話では、大学を卒業して就職した会社が激務でほとんど家に帰ることすら出来なかったそうです。

たしかにその頃は景気も良くて何処でもそんな会社はありました。
僕もその頃は1ヶ月100時間の残業なんて当たり前でしたから・・・・

そのあと今の会社に転職したんだそうですが、ここでも同じように働かれていました。
月に200時間以上の残業もよくあったみたいです。

「月の残業代がボーナスより多いときがあるよ〜」と言われていたのを思い出します。

この会社は皆さんも名前は知っている超有名な会社なんですが、
確かに仕事柄どうしても残業になったりしやすいのは確かなんです。ですが他の人達はそこまでは働いていません。

他の人は出来ない事は断ります。なので断らない彼ばかりに上司も仕事をだします。
そしてお客さんの要望も聞き入れます。

「断れない」素質を持っているからなのか、とっても良い人なんです。もしかしたら「良い人」を演じ続けてのかも知れません。

今年から単身赴任で別の営業所に言っていたそうですが、一昨日の月曜の朝、出社してこないのでアパートに行って見ると亡くなっていたそうです。


人生はすべ「自分の選択の結果」です。
たしかにこれは彼が選んだ人生なんでしょう。

僕は以前、日記(人の命は尽きるとも)で「成功者」の中には成功してるが故に「本当の自分」に気が付けないで最後は「突然の死」を迎える人がいると書きました。

ですが彼は人よりは多少多い収入だったでしょう、この不景気の中でもボーナスもそれなりにもらっていたでしょう。でも「成功者」ではなく普通のサラリーマンです。

本当の自分に気が付けなかったのは同じでしょうが・・・・

どこかで本当の自分に気が付いて抜け出せれば、こんな事にはならなかったのかもしれません。

彼が幸福だったか不幸だったかは、彼が決める事ですから僕がとやかく言う事は出来ません。
でも・・・・なにか切ないです

「人は幸福になる為に生まれてきた」と言います。

僕も人の心の中にある望みは全て「幸せ」になる為にあるのだと思っています。

それなら、彼の人生は何だったんでしょう?

ただ、悲しい半面で「これでやっと彼も休めるんだ」って思う部分もあるんです。
| 00:45 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。