鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
3月のパーソナル心理学講座

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

今日のワークショップで5年ぶりのお客さんに会いました。

僕のブログは読んでくれていたそうで、それでオルゴナイトのワークショップに来られたんですね。

5年前はちょうど子供さんが生まれたときで、生まれた後にメールで生まれた子供さんのパーソナル心理学での分析やアドバイスをしたんですね。

そしてそろそろ5歳になる子供さんは〜パーソナル心理学で言われたとおりの子供になっているそうです^^

このお母さんと子供さんの素質は「真逆」なところが多くあるんですね。


思い立ったら吉日で「とにかくやってみたら」と思うお母さんに、「完璧主義で失敗したくない、その姿を見せたくない」って子供さん。


だから、子供さんは考えに考えてからしか行動しません。

でも、お母さんは「やってみたらいいじゃない」って言いたくなるんだそうです。

「失敗したらまたやればいいのに」・・・・


これはこのタイプには禁句です。


もちろん「素質の反対側」という意味での学びではよいんですが、「それが正しい」としてしてしまうと子供は素質とのギャップに苦しみます。

それは「大人」になってから、「悩み」と言う形で現れたりするんですね。


「自己肯定感の低さ」はこんな「素質のギャップ」から来ることも多いんですね。


そんな「素質」の秘密がわかっちゃう「パーソナル心理学講座」の3月の日程です。

今まで受けた人で「よくわからない」って部分がある人は言ってくださいね〜補習はいつでもしますからね〜

「パーソナル心理学講座」

3月18日(土)18:30〜21:30

場所:鳥取県立武道館 研修室3
米子市両三柳3192−14

料金:10000円

本人+4人まで分析シートを作って当日、資料と一緒に渡しますので、お名前(フルネーム)、生年月日(わかれば時間も)、性別を申込時に教えてください。

申し込み締め切り:3月11日


合わせて3月のオルゴナイトのワークショップのご案内

「オルゴナイト創り ワークショップ〜あなたに出会える神秘のオルゴナイト創り〜」

3月11日(土)13:30〜16:30
3月16日(木)18:30〜21:30

場所:鳥取県立武道館 研修室3
米子市両三柳3192−14

料金
・円錐形、 ダイヤモンド型 5000円
・ピラミッド型 8000円

どの型を創るかは選択できます。
余った材料で小物も創ります。

 講師:惺ゆり

・お申し込み締め切りは、2月21日は14日まで、2月25日は18日まで
3月11日は4日まで、16日は9日まで、
・当日は汚れても良い服装でお願いします。

・料金は締め切りまでに前払い、材料を前もって注文しますのでキャンセルの返金は応じられませんのでご了承下さい。

講師の惺ゆりさんのブログ
http://ameblo.jp/satoi-yuri0524/


写真のオルゴナイトは、惺ゆりさんのワークショップでオルゴナイト創りを学んで、僕のコンサルで作家デビュー中の「紡(つむぎ)」さんの作品。

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 01:17 | 告知 | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/526