鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
自分に何が向いているのか?向いている仕事は

JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

「自分に何が向いているのか?」「向いている仕事ってなんですか?」これよく質問されるんですね。

あと「子供には何が向いているのか?」って言うのもよく聞かれます。


気になりますよね。

今やってることでよいのかとか、将来やりたいことを見つけるのに何を探せばよいのかとか・・・・

子供に向いてないことをやらせたくないし遠回りをさせたくないって思うのも親心です。

 

これ多くの人は僕のパーソナル心理学のでの分析をしてほしいんですよ。


確かにパーソナル心理学ではその人の行動とか思考のパターンがかなり明確に出てきます。

メールでパーソナル心理学の分析と解説をしますが、そこで「驚くほどあってる」ってよく言われます。
対面だとある程度は話の中から推測できますし、誰にでもあてはまるような事を言うこともできます。

でも、メールでは生年月日しか聞いてませんからね〜

なので、対面や電話のセッションの時も前もって作っておいた分析シートを渡すんですよ。

「話を聞いて話に合わせて言ってるんじゃない」って意味を込めてね。


この「向いてる」「向いてない」って話をされる時に、パーソナル心理学での「素質」っていうのは「何に向いている」ではなくて「どうやるかにでる」ってよくお話します。


僕は素質は「やること」を決めるものではなくて、「やり方」を決めるものだと思っているんですね。


だから、「できない」ことや「向いてない」ことなんて存在しないと思ってます。


ただ、この「やり方」って言うやつは、その分野でのスタンダードって必ずあるでしょ。

そしてその分野での「有利なやり方」ってのも存在してたりします。

 

素質は持って生まれたものです。体格とかも同じく持って生まれたものじゃないですか。

そうしたらバスケットボールをするには身長が高いほうが有利に決まってますよね。
そして身長が高いのがスタンダードで、それを基準にした「やり方」になるはずです。

 

そうなるとどうしても、「難しい」し「不利」な「素質」ってでてきちゃうんです。


でてきちゃうからどうしても、「最初の段階」で選ばなかったり挫折したりしやすいわけですよ。


仕事なんかでのそうでしょ。


最初は先輩とかその分野での成功した人の教えを受けるわけです。


そこで上手くいってる「スタンダード」を教わる可能性がとても高いんです。

するとそれと素質が「違うやり方」に向いているとどうしても辛かったり続かない可能性が出てくるんですね。


結果的に「向いてる」「向いてない」になったりしますし、素質でやってる仕事がわかれたりもします。


特に自分のやりたいことをやってたり、多くの人よりも高い成績や実績を出している人ほどこれは顕著になるんですね。

 

でも、多くの人よりも高い成績や実績を出している人よりもずば抜けた人って意外とこれに当てはまりません。


その人達ってその人の素質らしいやり方でいるから、スタンダードでは無かったりするんですよ。


では、けっきょくは「向いてる」「向いてない」ってなにが決めてるんでしょうね。


その「ずば抜けた人達」ってのがスタンダードでないのに何故に挫折しなかったかですよ。

それは、そのことが「好き」だからでしょう。


実はこの「好き」の部分には素質が影響しているところもあるんですね。


ただ、素質が決めてるのはその人の「「あり方」みたいな方なですよ。

「どうありたいか」って言うのは大きく素質が影響してたりします。


そのあり方にピンとくる事が「好き」につながるんだと思うんですね。


あとはその人の環境から来る「経験」です。

その経験したなかで、自分の好む「あり方」を体現できるものを選んでいるように思います。

 

だから、よくこのブログで書いていますが「子供時代から」そんな事を決める事はできないんですよ。

「経験」が少ないですから選択のしようがありませんからね。


もちろん、なかにはそれを子供時代に見つける人もいますが、それはその人が「そんな役割」なだけですし、「子供時代にでもみつけれるのも」だからなんです。


多くのものは大人になって経験が無いとみつけれません。

 

その経験の中で、自分がいちばん「自分らしい」ってあり方を、そしていちばん「楽しんで」いられるあり方を見つけると、それが結果的に「向いてる」になるんですね。


多くの人はそんな事を考えもしないか、考えていても「自分らしい」でも「楽しんで」でもない、「誰か」の「自分らしい」での成功をやろうとして苦しんでいるんです。


「自分らしく」いられて「楽しんで」いられるなら、素質のやり方での向き不向きなんて関係ないんですよ。

その人らしいやり方でやれば良いだけです。


「小さかったら高く飛べ」

バスケットボールのNBAで活躍した、身長168センチのスパッド・ウェブ選手が出ていたミズノのCMのキャッチコピーです。


168センチの身長でダンクシュートを決めるスパッド・ウェブ選手は誰よりもバスケットボールが好きなんだと思いますよ。

 

それではこれで終わります。

素質がわかるパーソナ心理学に興味があるのでしたら「セッション」では詳しくお話します。

メールを使ったパーソナ心理学での分析と解説では、「メールのやり取り」で手軽に知れます。

もっと手軽にとりあえず知りたいのですしたら、セッションの時に参考にお渡ししている「分析シート」をメールなどでお渡しすりだけの「パーソナ心理学ライト」ってメニューも作りました。

ブログのメニューのページから確認してみてください。


「料金・メニュー」
http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 21:34 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/506