鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
舛添要一 生まれ日の呪縛

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

僕のパーソナル心理学で話題の人を分析する「生まれ日の呪縛」シリーズ。今回は舛添要一さんです(前回も書きましたが基本的に僕のブログではなんであれ「さん」で書きます)

いま、まさに話題の人ですからこの人をなんで取り上げたかの説明はいらないと思います。


政治資金の使い方が違法かどうかとか、政治家としてどうかとかはそちらの専門家の人に任せるとして〜

たぶん多くの人が感じているのは、この人の答弁に「そうじゃない」って感じゃないですか?


いろいろと釈明会見などをされてますが、するたびにむしろ見ている人を怒らせてるような・・・



聞いてて、ルール的には正しいかもしれないけど納得できない感がありません?


もちろん政治家の「いいわけ」ってそんなところがありますけどね。

でも、おそらくこの人が違う素質だったらやったことが同じでも、ここまでみんなに「辞めろ」とは言われてないように思います。


さて、この人の僕のパーソナル心理学的な解説は〜

まず、よくお話しますが僕のパーソナル心理学は主には2つの要素の組み合わせを重視しています(ここが僕のオリジナル)


ただ、このブログでパーソナル心理学に関することを書くときには本質的な片方の事を主に書いています。

それは、ブログの文字の説明では複雑すぎてむずかしいのと、それでなくても僕の文章は長いのにさらに長くなるからです。

まあ、それとここで全部明かしてしまったらお金を払ってセッションを受けたりパーソナル心理学の講座を受けてくれる人に申し訳ありませんからね〜


それと「その片方だけ」でも「ブログレベル」のお話なら説明できちゃうからです。



ですので、この「生まれ日の呪縛」シリーズも主には本質的な方の素質の事を中心に書いています。

ただ、今回の舛添要一さんは両方の説明をした方がわかりやすいので両方のお話をしますね。



なぜ、両方のお話をするかと言うとですね。

この人の場合は「2つを組み合わせることで、素質の悪い部分が強まってる」からです。


単純に本質的な方の素質だけだと、親分肌の面倒見の良い能力の高い人になっちゃいます。

確かにこちらも欠点はあって、横柄だったり自分が絶対に正しいって思っている「王様」なところがあるんですね。


でもそれだけだと、今回のお話は説明できないんですよ。


両方の素質を詳しく書いてしまうと先ほどのお話でものすごく長くなるので〜

詳しく見たい人は最後にその素質を詳しく書いたブログのリンクを入れておきますので参考にしてください。



この人の特徴的なのはまずは、この素質のタイプの人は「あやまらない」のです。

それは先ほど書いたように「絶対に自分が正しい」と思っているからなんですね。


まあ、政治家なのでねパフォーマンスとしては会見で謝りますよ。

でも、見ていた人の殆どは「謝った」とは感じてないと思います。


だって、謝る気ないですもん(笑)


自分が絶対に正しいのですから。

王様ですから自分が正しいことが絶対ですから。


このタイプの人って、自分の正しさが世間のルールと違おうが全ての人が違うと言おうが、自分が正しいが絶対でそれでよいんです。


だから、世間のルールとは違ってたから「違ってた」という事は言いますが、謝る気はないんですね。

そこは謝るところだと思ってないんですよ。


このタイプの人は、自分と自分以外が同じ答えである必要なんてないんですね。


なのでいくら最初に「言葉として」謝ってもその話の内容そのものでは、「謝ってる感」がないんです。



それと、どの答弁も「そうじゃない」感がありますよね。

これは僕がよくお話する「フィックス」がとても強いからです。

本質的な方の素質も強いんですが、もう一つのほうがとても強くて本質的な方の素質だけはここまではならないんですね。



こちらのもう一つの素質のほうは、「察する」とか「情緒」とかってのがさっぱり理解できません。

さっぱり理解できないので、どうしてもこのタイプの人の発言は「算数としては正しい」けど多くの人の心に届かないものになります。

感情がないというか心がこもってないというか〜文字的にも言葉のニュアンス的にもです。

ですので、このタイプの人って空気とかが読めない人が多いんですよ。


TVでコメンテーターの人が言ってましたが、

「言い方ってものがあるんじゃないのかな」


まさにその通り。

でもこのタイプの人にとっては「文字」が合ってればそれでよいんです。


それにプラスして、本質的な方の素質は自分が絶対に正しくて謝らないのですから・・・

それは謝罪会見は人に響きませんよ。



おそらく本人はなぜここまで批判されてるのかよくわかってないと思いますよ。


それと、このもう一つの方の素質の人は相手のこととか状況を考えずによく自分の要求を言ってきます。

それは一つには空気が読めないからでもあるんですが〜

このタイプの人って「自分は自分」「他人は他人」っていうのがものすごく強いんです。

その為に、言葉で言うなら「共感」しないんですね。


例えば、ふだんからよく自分の仕事を手伝ってくれている人がいるとします。

その人がある時に仕事を手伝って欲しいとお願いしてきました。

なにも問題なく手伝える状況なもちろん手伝いますが、少しでも自分の用事とかがあったら断ります。

その用事が今である必要もなく重要でもない事だったとしてでもです。


今までさんざん手伝ってくれた、その中には無理して手伝ってくれたこともある。その時には大変だっただろうな〜って共感していたらなんとか手伝えるように頑張りますよね。


でもそんな事はしません。

それはそれ、これはこれなんです。


自分がそうなので、相手もそうだと人は無意識に思います。


その為に、無理な頼みとかをしても相手は嫌なら断ればよいと思っているんですね。

自分がどんな状況でも断れるから。


なので〜遠慮しません。


そもそも「遠慮」なんて、数字にできない事は理解するのが苦手です。


だから遠慮無くルール上は問題ないから、「クレヨンしんちゃん」を買ったんですよ(笑)


でも、いまになって「ダメ」って断られたから「それならやめます」って話になってるんですね。



このタイプにはこの一連のプロセスに自分がなにか良くないことをしたって認識はないはずなんですよ。

そうできるルールが有る。

そのルールの中で自分はやった。

誰もそれをダメって断らない。

で?何が悪いの??


算数の上では悪くないんですが・・・・心情的にみんなが許せないんですね。


その部分はわからないから、釈明の度に「ルール的に正しいか」の方ばかりを言ってましたよね。


そうそう、それとこのタイプの人の特徴で「説明」は「言い訳」だと思っています。

だから必要な説明もしません。

必要な説明もしないから問題が悪化している事がよくわからないんですね。

その部分は自分側の問題だから話す必要がないと思ってます。

これは両方の素質がそうで、どちらもが強い目的志向型で結果主義だからです。



結果このタイプは、自分が絶対に正しくて、察せれなくて空気は読めなくて説明もなく共感しなく謝らない・・・・



このタイプの人は頭は良いし能力も高いし、自分の信念を貫く強さもありますが・・・

人の心って部分は苦手です。


ある意味で政治家としては真逆なタイプかもしれません。


素質的な解釈はこんな感じですが〜


僕は思うのですがね。

政治家の人がいろいろと良い思いをしたり、その立場でお金を手に入れたり高収入でもよいんですよ(もちろんルール違反はだめですが)

それに見合った働きをしてくれればね。

おそらく多くの人が「東京都が良くなった」って感じてたら「この程度のこと」でここまで騒ぎませんよ。


なにもよくなってない。むしろ悪くなってる。

仕事もしてないのに私腹を肥やすなって怒ってるんだと思いますけどね〜

それにやってることがセコいし(笑)


それではこれで終わります。

本質的な方の素質のお話をしているブログ。
「謝らない人」(△里曚Δ任后

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=490

もう一つの素質の方のお話をしているブログ
「嫌いな人、苦手な人がいる人の典型的な事例」

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=488



 
占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 02:41 | パーソナル心理学(有名人) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。