鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
厄年ってなんでしょう?
JUGEMテーマ:占い
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

この時期、年運のセッションをしていると「今年は厄年なんですよ〜」って人がおられます。

それ以外にも、年の始は「今年は厄年なんですが、何か気をつけることあります?」ってお客さんからメールが来たりします。


厄年・・・・・


なんでしょう??


知らない(笑)


「仕事で占い使うだろうが!」

そういう言われるかもしれませんが・・・・

知らないんですよ。そもそも何歳が厄年かも知らないし(笑)

まあ、そんなのGoogle先生に聞けばすぐにわかることですが〜そもそも調べる気がない・・・



占いっていろいろありますが、ある程度の共通点というか基本概念みたいなものがあるんですね。

でも、僕の知る限り「厄年」に関しては「占い的」にも根拠らしいものがはっきりしてないんですよ。


僕が思うに「バレンタイン」と同じではないのかと・・・・


バレンタイン→お菓子メーカーの策略

厄年→神社の策略(笑)


実際はよくわからないんですが、それ以前の問題として僕はこの「占い的」な捉え方をあまり好きではありません。



厄年以外にも「大殺◯」とか「天中殺」とかって言われて、年運のセッションに来る人の中にはそれを怖がっている人もいます。


え〜〜っと、「大殺◯」は別として「天中殺」は確かにその基本概念的なものの中にありますよ。


知らないより知ってるほうがよいのかもしれません。


でもね〜僕は去年は「天中殺」で「大殺◯」でしたが^^


楽しい1年でした(笑)




僕はよくこのブログで書きますよね〜

「占いは当てることよりも、改善する事が目的だ」って。



確かに悩んでいる人で、「当てる」ことで心が軽くなる場合もありますよ。


でも、悪い情報で怖がらせるだけになんの意味があるんでしょうね。



そう言えば先日来られた女性が、仕事関係の知り合いに「すごく当たる占い師がいるから」ってある占い師さんの所に連れて行かれたそうです。


そこでその女性は「結婚」に関して占ってもらったそうです。

すると〜〜

「35歳までに結婚すると、辛い思いをして離婚する」って言われたそうです^^;

ちになみにこの方は28才。

まだ先は長いですね〜〜〜


そこでこの女性は「どうしたらうまくいきますか?」と聞いたそうです。


するとこの占い師さんは・・・・

「頑張れ」と・・・・


(笑)(笑)


何を?どうやって?(笑)



いいな〜〜僕も今度からそう言おうかな〜^^

「なかなか彼氏ができないんです」

「頑張れ!」


「会社がこのままではやっていけそうにないんです」

「頑張りなされ!」


「病院では治療しても治らなくて・・・」

「頑張ってね!」


簡単でよいな〜(笑)




厄年はよくわかりませんが、確かに時期によっての「リズム」的な流はあるんですよ。

でも、それはよく言われているように「悪い」のとは少し違うんです。

いままでと少し方向性が変わる時期なんですね。



同じことを延々とやっていても何も進化しないんですよ。


だから時には方向性を変えていく時も必要で、そんな時こそ新しいことを学んでいく必要があります。



ちょっと今までと流の方向性が違うから、確かにいままで上手くいってたことがいかなくなるかもしれません。


だから違う新しいことなんですが、僕みたいに常に新しいことを好奇心を持って探しているとあまり関係ないんですよ。


占いといかこう言う考え方は、「道具」でしかないんですよ。

道具が主体になったら意味がないんです。




だから、僕が「当てる事」ではなくて「改善すること」って言うんです。


そう言えば先日来られた別の女性が、「米子で一番当たる占い師って聞いたんです」って来られましたが〜〜

誰ですかそんなデマを流したのは(笑)

僕は当てる気はサラサラありませんし、僕は占い師ではなくて「カウンセラー」「セラピスト」です。


占いも道具として使うカウンセラーです。


そう言われたから、元カレの容姿とかを当てましたけどね〜

そんなの「宴会芸」ですよ(笑)


だって当てたからってなんのやくにもたたないでしょ。


でも一つやくにたってるんですよ。


それはそうやって「当てる」と、その先に何を言っても信じるんです。


簡単な事を当ててあと占い師は当ててるつもりなだけで思い込みな事を言う。


これ占い師の常套手段だったりします。



これを信じてしまうとなにが起こるかって言うと、簡単なこと以外の事で結果は外れてもその時に「やっぱり当たってないじゃない」とは思わなくなるんですよ。


最初にわかるはずの無いことを当てられてるでしょ。

だから、もっと肝心な事を外れても「占い師が正しくて、自分の方が何かダメな事をしたんだ」って思う人がでてくるんです。



それがひどくなると、「洗脳」されてるレベルになってたりするんですね。





厄年も天中殺も、「当てる占い師」もダメとか間違いとか言う気はありません。

人それぞれの考え方や環境、レベルがありますから自分にあったものを選択すればよいんだと思います。


ただ、僕のスタンスは「当てる」のではなくて「改善する」とか「変わる」とかってのが目的です。

そして今の問題の解決ももちろんですが、「自分らしい楽しい人生」を見つけてもらうのが僕の目的なんです。



だから、それにあった人が来てくれたらよいんだと思ってます。


そうそう、途中に書いた相談に来た人の元カレの容姿を言い当てたりって「簡単な事を当てる」ってのはコツを知ってれば誰でもできますよ。


そんな「初歩の超能力講座」でもしましょうか(笑)

需要がないかな〜「受けたい」って人がいるなら連絡ください。

ただし、僕は知らない人苦手なのでセッションかヒーリングかアチューメントを受けたことのある人ね^^



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 23:20 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。