鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ストレスのない生き方
JUGEMテーマ:人生論
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

昨日、友人の車に乗せてもらって出かけていた時のことです。

車線変更をしたら後ろの車にクラクションを鳴らされたのですね。

それも短くではなくかなり長く・・・


でも僕も助手席で車線変更をするので気をつけて見ていたのですが、決して強引ではなくその車の前にスペースが空いたので入ったのです。

そこは田舎な地元では珍しくいつでも混んでいる交差点に通じるところで、車の通りが多い片道二車線の道です。

信号などの状況でその直線での車線変更をしないと、次の交差点で右左折はできないのです。

だから、ここでの車線変更は地元民ではかなり当たり前。


直線で車同士のスペースが空き入る手前からウインカーも出し、十分に車間も取りスピードも合わせての車線変更でした。

この車線変更でクラクションを鳴らされるなら、大阪では殺し合いになります(笑)


しかもこの車は、僕らの乗る車を煽った後、自分は強引に僕らが元いた車線の方に車線変更して右折していったのです。

みると県外車で岡◯ナンバー。

◯山県の人は乱暴な人が多いですからね〜(岡◯市とか)

でもこれ黒塗りのベンツとかじゃないんですよ。シルバーの普通の小型車。


車の運転をしているとこんなことってたまにありますよね〜


そういう言えば以前も、僕が駐車しているところの出口の交差点は次の交差点てとの関係で、青になっても直進が進めない時があるんですよ。

それで進めなくて止まっていた車の後ろで名◯屋ナンバーのワンボックスがクラクションを鳴らしまくって、助手席の窓からは身体を乗り出して怒鳴っている金髪のオバサンがいたな〜

名古◯の人も運転が荒っぽいので有名ですよね^^;




車の運転って性格が出るって言いますよね〜

僕のパーソナル心理学で「いい人の見られるのが上手い」って素質があるんですが、いい人に見られるのが上手い人は「いい人」ではありません。

ですから、このタイプの人って往々にして運転は乱暴だったりします。

僕の知り合いでも、周りからは「いい人」と言われてますが車を運転すると前の車を、とにかく煽るしパッシングはするし、煽ってどけないと昼間でもライトを点けて威嚇します。



思うんですがね〜そんな事をして何になるんでしょう?


「金持ちケンカせず」って言葉がありますよね。


これ調べるとこんな意味なんだそうですね。

「金持ち喧嘩せずとは、喧嘩すると損ばかりで得がないことを金持ちは知っているので、人と争うことはしないというたとえ」


僕これはもっと別の意味があると思ってるんです。


お金があるから幸せとは限りませんが、成功しているとか何かを成しているという意味で「幸せな人」って考えるとですね。



幸せを感じている人は、争う理由がないんですよ。


それはね。

そんな「どうでもいいような事」には思考を使ってないってこと。


ようはそんなスケールの小さな細かいことなんていちいち考えてないってことですよ。

そして、そこで争っている事で費やす時間がもったいないのです。
「時間」は誰にも平等に与えられてる資源ですが、逆に言えば誰も増やす事の出来ない貴重な資源でもあります。

それは、自分を幸せにするためや楽しむためにに出来る限り使いたいわけですよ。

仮にその争いに勝ったとしてもそこで損失した貴重な時間を考えたら費用対結果のコストが合わないのです。


例えば、レジで並んでいて割り込まれた。

常識とかルールの面では割り込んだ人が悪くて自分には非はありません。


ですが、その人に注意したしてもそんな人が簡単に引き下がる可能性は少ないです。


そうすると大きな時間を消費します。

もともとの自分の損は数分レシが遅れたことです。更に損失を増やす可能性の多いことをするよりも利口な人は「損切り」をするんです。


そしてここからが一番重要。

そこで争うって事は、自分もその人と同じ土俵に乗る事になってそんな「しょうもない人生」の人と同じ「心の状態」になってしまうんです。

心の状態っていうのはその人の「縁」を決めます。

「類は友を呼ぶ」ってやつですよ。


その「レベル」の人との出会いが多くなるんです。

だからこういう人って争ってばかりいないといけない「出来事」が起こり続けるんです。




そして幸せな人って言うのは、

「起こる事はすべて必要」

「自分に起こる事には意味があり、それはすべて自分にとっては良いこと」

そんな考えが腑に落ちています。



その出来事も「意味」がありそれは自分にとっては「好都合」な事だと思えるんですね。


「割りこまれてレジが3分遅れた」

「もしも、それがなくて3分早く店を出ていたら事故にあっていたのかもしれない」


これはそれが「無かった時」の検証が不可能ですから、本当にそうかはわかりません。


でも言いません?

「思考は現実化する」って^^


それは本当かどうかはわからくても、そう思って生きている人の世界はそうなっていくんです。



ストレスを多く感じている人をみていると、本人は気がついてないんですがそのストレスの大半は自分が作り出していたり引き寄せていたりするんです。


まあ、争うとか怒るとかって以前に僕にはそんな事はどうでもいいんですけどね(笑)


まとめると。

人生でストレスの多い人は、


小さな事に焦点をあてて、もっと大きな必要な事に焦点を当ててない。

勝ち負けや争うこと、怒ることで消費する「時間」ってコストがそれで得れるものにまったく見合ってない事がわかってない。

その行動や争う事で「縁」っていう、幸せになるためにはとても重要な要素の質を落としてしまっている。


起こることは意味があって好都合なんだって受け入れれてないから不都合な事ばかり起こる。


ストレスの大半は、自分が作り出してたり自分が引き寄せていることに気がついてない。




これを理解して少し行動を変えるとストレスは大きくなくなりますよ。


それでは終わります。



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 03:43 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。