鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
すれ違う親子
JUGEMテーマ:子育て
 鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。


またまたmixiのコラムから引用して書きますね〜

今回のコラムは「叱っている時にやってはいけない10ヶ条」ってやつです。
そのうち全部ではないんですが〜ちょっと「個性」とあわないような〜

生年月日をもとにしたセッション(カウンセリング)をしていると「親子関係」で相談に来る人がとっても多いのです。

始めた頃は「恋愛」が多いのかと思っていたんですがね〜

ちょうどこんな記事を見つけたのでちょっと書いてみます。

よくこう言った「親」への「How to」ものって見かけます。ですが何冊か読んでみるとまったくの真逆が書いてある物も多いんですよね〜

このコラムの内容を見ると〜いちがいにそかな〜と思える部分が幾つかあるんですよ。


『「●感情的に叱ってはいけません。」
感情的に叱らないためには、一度、深呼吸をして、気持ちを落ち着けてから叱るといいでしょう。感情的に叱ってばかりいると、情緒不安定な子どもになる場合もあります。』

確かに怒りにまかせて怒るのは良くないのかもしれません。人間は基本的には「怒り」の感情は持って生まれてないんだそうです。「怒り」の感情は何処で覚えるかと言うと「親」が教えるのだそうです。

「親」が自分の「思い通り」にいかない時に怒るのを見て「自分の思い通りに行かせる方法」として覚えるんだそうです。
エジソンの母親は何をしても怒らなかったそうですが、一度だけエジソンが実験中に火事を出してエジソン自身が怪我をしそうになった時にだけ本気で怒ったそうです。
愛情からくる「怒り」は良いのでしょうね〜

さて、生年月日の観点から見るとこれは「びみょ〜」なんです。

今まで何度か「すれ違う男女」で書いてきた「フィックス」「フレックス」の関係で違うんですよ。
子供が「フィックス」の場合はそれでよいと思いますが〜
子供が「フレックス」の場合は「感情」を落ち着けて怒っても「怒られてる」って思わない可能性があります。

何故なら彼らは「ロジカル(論理的)」に物事を判断するのではなくて「エモーショナル(感情的)」にものゴトを判断する為に、「相手の態度」「相手の感情」によって聞いた内容を大きく変化させて記憶します。

そしていくらその内容を理解していたとしても「イメージ的」な要素である「感情」の情報を優先して判断するんです。

すると「冷静」で「落ち着いて」話されると、それは「なんでもない事」だと記憶してしまう可能性があって何度でも同じ事をしてしまいます。その時に「前も怒ったでしょ!」と言われても「怒られた」と思っていませんし、仮に今度は感情的に怒っても「言葉」の内容が同じでも感情の部分が違うと彼等には「別の情報」に聞こえているんです。

逆に「内容」は良くわからなくても「怒ってる」と言う感情を受けると「これは大変な事をした」と記憶するんです。


『「●子どもの言い分を聞かずに、叱ってはいけません。 」
例えば兄弟喧嘩では、喧嘩の理由も聞かずに、上の子どもを叱ってしまう親も多いのではないでしょうか。これに限らず、子どもの話を聞かずに頭ごなしに叱ってはいけません。まず冷静に、子どもの話を聞いてあげましょう。 』

「頭ごなし」に怒るのはよくないのだと思いますが・・・

これも子供が「フレックス」の場合はちょっと違う気がします。

フレックスの子供は上でも書いたように「感情的」にものゴトを判断します。
ですので「特に理由が無い事」が多くあるのです。

ようは「その時はそうしたかった」だけなんです。それを無理やり「理由」を言わせようとしても子供は困ってしまいます。その場をしのぐ為に「嘘の理由」をいう可能性もあります。

「やった事が悪い事」だと言う事を怒るのは良いと思うのですが、「理由」を問いただされると「尋問」を受けているようにしか感じないのです。

これは実は男女間でもよくあります。男性のフィックスはよく「理由」を問いただそうとします。
しかし女性の「フレックス」はこれを「尋問」にしか聞こえなくて、例え自分が悪い事をしたとしても逆に怒り出してしいます。フレックスの人にとって「理由」をしつこく聞かれるのは「責められてる」ことにしか思えないのです。

お母さんはただ「理由」が聞きたくて聞いたとしても「その行為」が「責められてる」「非難されてる」と感じてしまうんです。


『「●くどくどといつまでも叱り続けてはいけません。」
これではかえって親の意図が伝わりません。親の伝えたい内容は心に残らず、怒られているという印象だけが強く残ってしまいます。 』


終わった事をいつまでも言われるのは誰でも気分の良いものではありません。

でもこれも親子の関係で微妙に違います。

実は親子の問題でカウンセリングする場合に一番多い組み合わせは「フィックス」「フレックス」ではないんです。
子供が「Hベクトル」(動物占いで言うとクロヒョウ、ヒツジ、タヌキ、コジカ)と
お母さんが「Aベクトル」(チーター、ペガサス、ゾウ、ライオン)の組み合わせなんです。

これは何故かと言うともっともコミュニケーションギャップを起こす組み合わせだからです。

この組み合わせの場合の子供は「なんで」「どうして」「いつ」「何処で」「誰が」と言う部分の説明がないと何の事だかわかりませんし、凄く「冷たく」感じるんです。

このお母さん達は全員が「フレックス」です、だから「感情」「イメージ」を優先して怒ります。
するとその時に「感じた」事だけを言ってきます。

「何でそうなるのか」が重要なこの子供達にはそれこそ「意味も無く」怒られたようにしか感じません。
同じ事を何度も繰り返すのは良くないですが、「説明」をしないとこれこそ「感情で叱っている」に感じてしまうんです。

ちなみにこの組み合わせで子供に理解させるのはお母さんには「苦行」ですからがんばってください(笑)
これも何かを学ぶ為なんでしょうから・・・


『「●自分の都合で叱ってはいけません。」
疲れているからといって、八つ当りで叱ってしまったことありませんか?後でお母さんが後悔するだけです。』

「八つ当たり」は良くないと思いますが・・・・これは生年月日は関係ないのですが、友人のカウンセラーさんが学校で父兄を対象に講演をしている時に「子供に正直でいてください」と言われたのを覚えています。

「親」であっても人間です。「親」も親として成長してるんですから「疲れてる」「辛い」時はあります。それを隠して「良い親」を装っても子供には簡単に見抜かれてしまいます。

「疲れてる」時は疲れてるって格好をつけないで良いのだと思います。

「イライラ」して怒ってしまっても、「疲れて」八つ当たりしても、何か「大切な日」を忘れても、後で「ごめんね」と言えば子供は理解してくれるんだと思うんです。それが「親子」ですから・・・
むしろカ格好を付けている親の方を子供は信用しなくなります。


何か一つの考えや方法で子供の育て方を決めようとする事、自体が間違ってるのです。

よく一つのクラスで「これが正しい」と「同じように」やる先生とかいますが、全ての「個性」が違います。

「皆の前で話せるように」「人をまとめるリーダーになれるように」と全員にやらせているのを見ることがありますが、それが「苦手」な個性もあるんです。そしてそれが苦手な個性を持っている子供は他のところに「得意」なものがあるんです。

子供にさ勉強をせる為に「テストの点でお小遣いをあげる」のを「良い」と書いている本もあれば「悪い」と書いてある本もあります。これも「個性」で違うんです。
個性にっよては「結果が自分の為に何の得になるか」が理解できないとやる気が起こらないタイプもいます。

そんな子供達が全員が最初から「東大に行って医者になる」と決めているのなら「テストの点」が自分にとっての「何の得」かはわかるでしょう。ですがそんな子供は少ないです(むしろそうじゃない方が良いと思う)

それなら「結果」に対して「自分の得」を渡さないとわからないんです。「お金で釣るのは良くない」と言う「成人君主」な方々がいるのかもしれませんが、「良い」悪い」なんて極めて「相対的」で「主観」の世界です。彼等の個性では「報酬」をもらうのが「良い」なんですから〜

「個性を変える」のではなく「個性を認める」のが一番だと思います。

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 06:54 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/44