鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
女性の敵?その理由がわかります
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

よくこのブログでよくお話するパーソナル心理学。

生年月日を使った統計学からその人の行動とか話し方や考え方を分析するものですが〜

世の中で起こってる事ってパーソナル心理学で見ると統計で出てきている「素質通り」だったりするんですね。

パーソナル心理学の初級講座に付けてる「重大な犯罪をおかした犯罪者」の分析でも、その犯罪の内容と照らし合わせると傾向が出ていたりします。

学校関係の人から「問題行動」をする児童の生年月日を提供してもらって見てみると、やはりそこには傾向があります。


なので、なにか話題になったり事件があったりすると必ず生年月日を調べてみるのですが〜

ネットをみていたら、AKB48の柏木由紀さんがジャニーズの手越祐也さんとの写真を撮られたとかなんとかで・・・・

いや、別にどうでもよいんですけどね。

AKBの主要なメンバーの素質は知ってるんですよ。あれだけ集団になると明らかに傾向が現れるんでね。

上位メンバーほほとんどが「他人軸」が入っています。

自分軸が強すぎると「集団」では生き残れませんからね〜


気になっったのは柏木さんの方ではなくて、手越祐也さんの方です。

TVをあまりみない僕はこの人が何者かいまいちわからないのですが〜

どうやらかなり女性の噂の多い人で、「女遊び」が凄いみたいですね。

こう言うタイプはパーソナル心理学ではほとんど決まってるんですよ〜そう思って調べてみたら・・・やっぱり(笑)

フレックスでホープなタイプしかないと思ったらその通りでした。


そんな事を調べていたら、ネットに面白い記事を見つけました。

「女性の敵っぽい芸能人ランキング」(笑)

女性の敵なのでこの手越さんのように「女遊び」とは限りませんが、「敵な理由」に素質がよくでています。

では、パーソナル心理学でちょっと解説してみましょう。

基本的は僕がパーソナル心理学で重視してるA+Bって形の144通りで分類してお話いています。


1位、高橋ジョージ

この人は、「今だから」って感じでしょうね。
三船美佳さんへの「モラハラ」で話題になりました。

この人はAもBも同じタイプが入るんです。
こうなることはは物凄く珍しいとまでは言いませんが数は多くありません。

同じになるとどんなタイプが入っても、その素質が強調されますし共通して「自分が正しい」「頑固者」になりやすいんですね。

そしてそのタイプも「自分は正しい」がとっても強いタイプなのです。

このタイプは正しさとかルール、倫理、正義とをとても重視します。
それは長所でもあるのですが、往々にして「自分ルール」にもなりやすく「自分の正さ」は「世間の常識」「世の中の正しさ」だとお思います。

そして、その「正しさ」から外れている人を見ると、それを正さないと気が済みません。

だから、良い悪いはいろいろな意見があるでしょうが、「環境問題」とか「反原発」みたいな運動には非常に積極的な人が多いです。

坂本龍一、加藤登紀子、大江健三郎・・・・

みんなAはこのタイプ、加藤登紀子さんは高橋ジョージさんと同じでAもBもこのタイプです。


「立場の違い」とか「性別違い」、「価値観の違い」ましてや「素質の違い」なんて認めません。

そんな違っている人は「個性」とかではなくて「非常識」とか「悪」「違反」だと思うんですよ。


これA側に入っているだけでも男性はこんな感じになりやすいのに、両方だとかなり強まります。

しかも先程書いたように、AとBが同じだとどんなタイプでも「自分が正しい」が強まり相手のことを考えなくなるのですから更に強まりますよね〜


そしてこのタイプの人は非常に強い論理思考です。このタイプの男性の特徴として悪い方に素質を出すと感情思考の強い人を「バカ」だと思い見下します。

女性は組み合わせの関係で75%ぐらいは感情思考になりますから、このタイプの男性は女性を見下してる人が多いんですよ。

何度も言いますが、A側だけでもそんな人が多いのに両方ですからね〜


その為にこのタイプの男性は、女性の情緒的な部分や共感というのがとっても苦手で理解不能。

泣いている女性を慰めるのではなくて、「良かれ」と思って問い詰めちゃうようなタイプです。

三船美佳さんは女性のなかでは論理思考が強いタイプなので、まだよかったんでしょうね。
しかも、相手に合わせるタイプですし、結婚した当時は16歳ですから全て合わせてOKだったんでしょう。

悪い人ではないと思うのですが、ある意味では女性からは「対極」の素質の人です。



2位、斉藤 和巳
スザンヌさんとの離婚の事でランクインしたんでしょうね〜

たしか浮気が原因でしたよね。

て言うか・・・・僕はこの素質のタイプの人で浮気をしない男性を見たことがありません(笑)

手越さんとは違うタイプですが、この人もフレックスでホープです。


以前、このブログでフレックスの人はモテる人が多いけど「チャラい」とか「浮気者が多い」って書きましたよね。

この人はAもBもフレックスです^^
もっと細分化してA+C+B+D+Eにしても5個中の4個がフレックス。

唯一のフィックスは普段の行動にはまったく関係のないDだけです。

これで「浮気者」でなかったらパーソナル心理学はやくに立たないってことになりますよ〜


たぶん「娘がこの組み合わせの人を好きになったのだけど」と友人に相談されたら100%反対します(笑)

それに感情の起伏が激しいし、キレやすいので暴力とかをふるわれてもおかしくないですからね。


ちなみにですね〜この前、たまたま最後の方をみた「しゃべくり007」に出ていた古田新太さんが「6股」していたって言われていましたが〜

この斉藤和巳さんと組み合わせがまったく同じ。

A+Bがじゃないですよ。A+C+B+D+Eがしかもかなり細分化してもです。

このタイプの人は天才肌で自由人でモテる人が多いのです。



3位、ISSA
この人は不動ですね〜(笑)

僕のフレックスのお話には必ず出てきますよ。

まあ、上の二人は時期的な事が大きいから実質の1位はこの人なんでしょうね。

とわ言え僕はこの人が何者かさっぱり知らないんですけどね(笑)


ちなみにISSAさん、手越祐也さん、石田純一さんはAが同じです^^

Bはどうなっているかと言うとですね〜


ISSAさんのBはこのランキングの8位に出てくる市川海老蔵さんのAと同じ。

手越裕也さんのBは市川海老蔵さんのBと同じ。

石田純一さんのBは斉藤和巳さんのBと同じ。



市川海老蔵さんはAもBもフィックスなんですが、ヤンチャで遊び人で俺様な組み合わせなんで誰にも従いませんから浮気者な人が多いのです。

そして、口が悪いのは「超本音軸」だからです。



4位、栗田貫一
この人もTVの番組での影響ですよね。

見てないのでよくわからないのですが〜

この人はAは周りに合わせて本音を見せないタイプで、Bもかなり親しい人以外には相手に合わせます。

ただ、Bの方は身内にはかなりわがままで毒舌なタイプなので、それが出たんでしょうね。
あと物凄く「怖がり」なので強気で発現するのは「怖い」裏返しです。

なので、自分の立場でもキャラが変わります。成功して「安心」があるとわがままで毒舌になりやすいですね。

でもこのタイプは依存心もかなり強いので、たぶんいろいろ言われても実のところは奥さんのほうが上なんだと思いますよ。

その安心感がなければ、このタイプは強気では発言しませんから〜


奥さんを調べてみましたが、凄く母性本能の強いタイプで「学校の先生」に多いタイプです。
きっと奥さんには「ヤンチャな子供」なんですよ。

とっても相性の良い組み合わせです。



5位、赤西仁
え〜〜っと、もはや誰かすらわかりません(笑)

この人が何故に女性の敵にランクインしているのかわかりませんが〜
「超自分軸」の人です。

超フィックスと超フレックスの組み合わせなんですが、どちらも「自由人」で束縛や枠にハメられるのが大嫌いです。
なので、場合によっては「非常識」な行動もします。

「常識」という枠を持ち合わせていないタイプです。


6位、玉置浩二
赤西仁さんとAは同じ。Bが「みんな一緒に」な他人軸の強いタイプなので赤西仁さんよりは落ちますが「人に合わせる」のは苦手なところがあります。

だから、どうしても自分勝手に見られやすいんですね。

それと、このタイプの人は「やさしさ」がわかりにくいんです。

フィックスが強いので本質的な優しさをするので、「やさしい」がわかりにくいのですよ。


どういうことかって言うと、例えば〜

身体の不自由な人を街で見かけたとしましょう。

フレックスの人の優しさは「手伝いますよ」「これ持ちますよ」「ドア開けますね」みたいにわかりやすく直接的なんです。

それに対してこのタイプの人の優しさは、「できる事は自分でやらないと」「できないって決めつけるのは失礼」みたいに思うのでこちらからは手はだしません。

はっきりと頼まれれば手伝います。


ですので「察して欲しい」女性には「冷たく」感じるの人も多いです。



7位、塩谷瞬
以前このブログで書いてますのでそちらを読んでください。
http://getterlabo.jugem.jp/?eid=129


8位、市川海老蔵
先ほど書きましたね。


9位、中村獅童
Aは栗田貫一さんのAと同じでBは赤西仁さん、玉置浩二さんのと同じ。


10位、藤森慎吾
Aはフレックスで他人軸。周りに合わせるのが上手いので、それが相手によって変わるので「チャラく」なりやすく、その場に合わせて適当な事を言います。Bは市川海老蔵さんのAと同じ。


後半面倒くさくなって手抜きになってしまいました(笑)


今回のお話にも出てくる「フィックス」「フレックス」。

これを知ってると人間関係のトラブルや恋愛でのトラブルはかなり減ります。
更に「組み合わせ」のことまでわかってると、より深く理解できます。

それらをお話する。「パーソナル心理学 初級講座」を7月にやりますので興味のある人はこちらを見てください。
http://getterlabo.jugem.jp/?eid=426

それではこれで終わります。



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 20:01 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/427