鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
自分にとって何が正しいかを見極めるには?
JUGEMテーマ:人生論
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

たぶん僕のブログを読んでくれているぐらいですから、他にもいろいろとブログや本、セミナー、講座なんかを読んだり見たりもされていると思います。


それは、自分の人生を良くしたり悩みを解決したり、なにか新しい力を手に入れたりのためでしょう。

そんな時にですよ。

どの意見やお話が正しいかって迷ったことありません?


いろいろなことを言っている人がいるわけですよ。


中には真逆な事を言っている人達もいたりしてね。


これ間違っちゃうと、おかしな考えにハマっちゃったりして、そうなると大変です。

「回り道」で済むならそれも「経験」で良いんですが、もうそれしか考えれなくなって他が見えなくなっている人ってたまにいます。


こうなっちゃうとなかなか大変なんで出来れば「正解」を見つけたいですよね。


では「正解」ってどうやってみつけれるんでしょう?





これ実はそんなに難しいことでもないんですよ。

難しくしているのは「正解」をみつけようと思っているからなんです。


ん??


「正解じゃないと困るじゃないか!」「間違った物を見たって意味が無いじゃないか!!」


そう思いますよね〜



では「正解」ってなんでしょう?


え?

「それをこれから話すんじゃないかって?」


まあ、そうですがね^^




こうやってブログを書いていると「ネタ」に困るんですよ(書いてほしいことがあったら言ってください^^)

ある「ブログで集客」をうたったメルマガを読んでいたら、「ネタ」は「教えてgoo」や「Yahoo!知恵袋」をみたらいくらでもあると・・・・


「なるほど!」


そんなんでたまに見ているんですがね。「ネタ」よりも質問への「答え」の方がちょっと気になっちゃって・・・・


何かって言うとですね。

多くの人が答えているような質問をみると、その答えている内容の多くに「◯◯な事をいう人がいて驚きました」とか「◯◯だと言うのは違うと思います」とか・・・・

他の答えている内容の「否定」が入っている人が結構多いんですね。


こう言う答えかたをしている人は、おそらく人生は楽しくも幸せでもないでしょうね〜


これ今回のお話の答えなんですよ。

質問者が自分の悩みや問題を、他の人に聞いている。

それに対して「自分の意見を言う」のであって「正解」をいう必要なんてないんです。

そして、質問者とその質問者と類似の悩みのある人は、答えてくれている人の中から「正解」を探すのではなくて「自分にあった答え」を探せばよいんです。


そもそも「正解」なんて存在しませんし、全てが「正解」でもあるんです。


答えている人にとってはそれは「正解」であって(自分でもわかってない人もいますけどね)、それに対しては誰にも「正否」を出せるものではありません。



だから、教えてgooでもYahoo!知恵袋でも「ベストアンサー」でしょ。

ベストアンサーは「正解」の意味じゃないですからね。

「もっともよい答え(質問者にとって)」です。

正解なら「right」か「Correct answer」ではないですかね。




「正しい」か「間違い」かでものを見ていると本当に自分にとって必要な「意見」「情報」「教え」「考え方」を見逃します。


これは、ブログやセミナーなどで情報を発信している側にも言えて、何かを「正しい」と言いそして何かを「間違い」というお話を多くしている人の意見は「参考」程度に考えた方がよいです。


ただ、よくわからない場合があるんですよ。

そんな時には、その人の意見を感情的に丸呑みするんじゃなくていくつかのお話(出来たら分野の違うこと)を聞いてみるんですよ。


「正しい」間違い」でものを見ている人のお話は分野やカテゴリーが変わると、一貫性がなくなって矛盾していますから。



それはなぜかって言うと、物事にはいくつも側面があって「正しい」か「間違い」かなんてのは「1側面」でしかないから、別の分野にまたがった時に側面が変わって矛盾してしまうんです。


そんな矛盾のある人は物事を「正しい」「間違い」でしか見れていなくて、多面的な物の見方の出来ない人です。


こうなってしまう人の多くは、それは自分の意見でなくて自分の頭で解釈したのでもなくて「誰か」から聞いたことを丸呑みしているからです(その誰かもそうだったりしますがね^^)




ただ、その人がそれなりに著名人んだったりすると余計に厄介です。


著名だから有名だから「ベストアンサー(自分にとって最もよい答え)」を言っているわけではありません。



多くの人が言っているからでも、有名な人が言っているからでもなく「自分にとってもっともよい答え」を見つけれればそれが自分にとっての「正解」なんです。


矛盾を見抜くにはそれなりの知識と洞察力が必要となりますし、「自分にとってもっともよい」を見つけるにはそれなりのセンスと感覚も必要になります。


「正しい答え」を探すのではなく「心地よい答え」を探してください。


何にか違和感があったり気になるならそこにあるのは、もしかしたら「矛盾」や「一側面」でしかない答えなのかもしれません。

ただし、「自分に都合の良い答え」とは限りませんからね。

都合の良い答えばかり求めている人は逃げてばかりになりますから気をつけてください。


それでは、これで終わります。

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 02:53 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/408