鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ダメ男と付き合って失敗をよくする女性が知ってるとよいこと
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。
先日、ネットを見ていたら「女性に手が早そうな芸人ベスト10」みたののが出ていました。

なんでも男女200人にアンケートをした結果なんだそうです。

1位 田村 淳(ロンドンブーツ1号2号)
2位 陣内智則
3位 宮迫博之(雨上がり決死隊)
4位 後藤輝基(フットボールアワー)
5位 綾部祐二(ピース)
6位 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
7位 徳井義実(チュートリアル)
8位 木村祐一
9位 ケンドーコバヤシ
10位 尾形貴弘(パンサー)

これ、僕のパーソナル心理学での分類でみるとこうなるんです。

田村 淳 フレックス+フィックス

陣内智則 フレックス+フレックス

宮迫博之 フレックス+フレックス

後藤輝基 フレックス+フレックス

綾部祐二 フレックス+フィックス

藤森慎吾 フレックス+フレックス

徳井義実 フィックス+フレックス

木村祐一 フィックス+フィックス

ケンドーコバヤシ フィックス+フィックス

尾形貴弘 フレックス+フィックス

どうです?フレックスが多いでしょ。

両方共がフィックスな人は2人だけです。もちろん10人では「統計」と言えないですが〜
パーソナル心理学での分類でフレックスの方が多いとかじゃないんですよ。

フィックスとフレックスは同じ数だけいます。


これは何故でしょう?

芸人さんにフレックスが多いのとも違うと思います。調べてみたわけではありませんがフィックスの方も多くおられます。


「女性に手が早い」って言うのは、ある意味では「モテる」って要素も必要ですよね。

いくら手が早くても相手にされないのなら話になりませんから〜


実際、フレックスの要素の強い人はモテる人が多いんですよ。

ちょっとにたようなアンケートが無いかとネットを検索してみたら、「若い女性が思っている 手が早そうな有名人!! TOP10!」ってのがありました。

ちょっと記事が古いので順位はその時のTVでの露出の多さも関係してはくると思うのですが・・

1位 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
2位 田村 淳(ロンドンブーツ1号2号)
3位 綾部祐二(ピース)宮迫博之
4位 後藤輝基(フットボールアワー)
5位 吉村 崇(平成ノブシコブシ)
6位 ISSA(DAPUMP)
7位 徳井義実(チュートリアル) 
8位 陣内智則
9位 武田修宏 
10位 JOY 


この中で上で出てこなかった人は〜

吉村 崇 フィックス+フレックス

ISSA(DAPUMP) フレックス+フィックス

武田修宏 フィックス+フレックス

JOY  フレックス+フィックス

これだけ見ると、フィックス、フレックスがどちらも入ってるんです。

ただ、1番目が本質なので1番目の方がその人の大まかなキャラを決めています。

すると、1番目はフレックスの方が多いのです。

そしてフィックスもいるんですがこの中に、よりフィックスの特徴が強く出る「Eベクトル」が1人もいないんです。

なのでこの中のフィックスは同じフィックスでもその特徴が弱くて、2番目のフレックスにかなり影響されてしまうんですよ。

ベクトルには「E」「A」「H」の3種類があるのに、この14人の中には1人もいません(3種類の分類の割合は同じ)

ようするに、フィックスの特徴の強い人はいないってことなんですね。


さて、これは何を表しているかというとですね。

フレックスの人っていうのは察する事が得意なんです。

フレックスは「感情思考」なので論理的に考えるよりも感覚的な判断や言葉を使います。

その部分が女性に近いので、女性には受け入れやすいんでしょうね。


それとフレックスの人は「状況対応型」なので、その場その場の状況に対応して行動します。

それが「察する」っていうのと相まって「その場で一番相手が喜ぶ言葉」を使うのがうまいんです。


よく女性が彼氏とかに質問する「私の何処が好きなの?」ってやつがありますが〜

あれ論理思考の強い男性には苦手な質問なんですよ。

論理思考の人って「好き」っていう感情が元になってる事を「言葉」には出来ないんです。


なので、無理ににしようとすると「説明」になってしまいます。

かといって喜びそうな事を言うのでは「嘘」になるので、答えに困ってしまうんですね。

ところが、フレックス傾向の強い男性はそれを「さら〜」って言います。

言いますがそれは「その時に女性が一番喜ぶ事を察して」言ってる事が多いんですよ。


それとフィックスの人は「リアリスト」なので、優しさも論理的に必要な事をします。

フレックスの人は感覚的に察した女性が喜びそうな優しいことをします。


ちょっとわかりにくいので、例えるとですね。

日本的なお話で「女性は男性の後ろを三歩下がって歩く」みたな考えがありますよね。

そしてそれが欧米だと逆で「レディーファースト」になります。


なのでよく「日本の男性は優しさがない、欧米人は優しい」なんて女性がいます。

いつかTVを見ていたら外国によく行くセレブな女性タレントが「日本の男性はダメだ」みたいに言っていたんですがね。


その時に一緒に出ていた、千葉真一さんが「お前らもっと歴史から日本の事を勉強してから言え」って一喝されていました。


日本ではなぜ三歩下がってって言うかって言うと、それは昔はどんな事で敵に襲われるかわからないから、戦いになった時に刀の当たらない距離に下がっていろって事なんです。

そして男性は命をかけて女性を守るから、その間に逃げろって事なんですよ。

これがレディーファーストなら女性を盾にするんですかね(笑)


これは、フィックスの優しさとフレックスの優しさによく似てるんですよ。

フィックスが日本的でフレックスが欧米的ね。


フィックスの優しさっていうのはわかりにくいんです。

それに比べてフレックスの優しさはわかりやすいんです。それは、フレックスが「女性がその場で喜ぶこと」を察するからなんです。

実際、欧米の人ってフレックスってぽい性質を持っていますからね〜



途中で書いた、「私の何処が好きなの?」にもフィックスは考えこんでしまうのに対して、フィックスは察して喋ります。

そうすると、まったくの嘘ではないにしろ「その場」の状況で言っている事が多くて、「本心」かって言われると微妙なんです。


どちらが、良い人でどちらが悪い人っていうのはまた別の問題なんですが、どうしてもフレックスの方が良い人に見られやすいんです。

それにフレックスの人は「良い人に見られたい」って願望が強いですから。

だから「見られる」為のアピールを自然とするんです。


そして、「その場その場」の感情で行動する割合の高いフレックスの人とって浮気症な人も多いんです。

もちろん、フィックスでも浮気症な人はいないわけではないんですが、割合的にはフレックスの方が多いんですよ。


特に尾形貴弘さんとJOYさんのタイプのフレックスの男性で浮気をしてない人を僕は見たことないです^^;


フレックスにも真面目で良い人はもちろんいるのですが、その場の感情で判断するので「チャラい」人も多くいます。


恋愛において、どうしてもダメ男に引っかかりやすい人ってこのフレックスのタイプの人に引っかかってる事が多いんですよ。


それは「表面的」な優しさとかしか見ていないからで、確かにフレックスの方が女性の感情を察しやすいのでそう言う意味では優しいのです。

しかし、男性と女性ではパーソナル心理学での分類の前に「男女」で脳の構造が違います。

男性は基本的にはフィックスの傾向が強くなるんです。


すると、男性の優しさはフィックス的な割合が多いので表面的にはわかりにくいのですが、どうしても女性は「女性的な優しさ」を求めてしまうんです。


結果、チャラいダメ男に引っかかる確率が上がってしまうんです。


男性の本質的な優しさっていうのはぱっと見ではわかりにくいってことで、逆に表面的な優しさがわかりやすい場合はフレックスの「察する」と「よく見られたい」がやっている事があるって事になります。

なので、優しく見えても男性の優しさと女性からわかりやすい優しさは違うって事を頭に入れて、出会った男性を見ないと失敗を繰り返しますよ。

それに本質的に優しい人を逃す結果にもなります。


ただ、これ男性の側は女性の喜ぶこと、女性の感情を「察して」あげないといけないってことでもあるんですよ。

そうしないと、いくら自分は相手のことを考えてるつもりでも伝わりませんし、察してもらえないとやっぱり女性はさみしいのでね。

パーソナル心理学のフィックスは男性的な特徴を、フレックスは女性的な特徴を持っているのでこれを理解していると異性にモテるのです^^

それでは終わります〜



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 03:41 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/403