鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
不安とポジテイブ
JUGEMテーマ:人生論
 
カウンセリングをしていると、殆どの人が「ポジテイブでいることが正しい」ってなんとなく思っている事に気づきます。

多くの人がポジティブでいる方が人生をよくするんだと「なんとなく」思っているんですね。

だから、悪いことやマイナスなことネガテイブな事を考えたらダメなんだと・・・


このブログでもこの話題はよく書きますよね〜

僕も昔、病んでいた頃には「ポジテイブ」が正しいと言っている所にいろいろ行きましたよ。

「ツイてる、ツイてる」

「感謝します」

「ありがとう」

とにかく起こっていることは全てが意味があって、それは必要なことだからどんなに悪い事でもそれは「ツイてる」で「感謝」して「ありがとう」だと・・・

「ありがとう」を10万回言ったら幸せになれるとか〜


他にもいろいろありましたね〜


どれか一つぐらいは皆さんも聞いたことぐらいはあるんじゃないですか?


これどう思いますか?


少なくとも僕は幸せにはなりませんでしたし、むしろ苦しくなって自分をドンドン追い詰めてしまっていましたね。


どんなに口で「ポジテイブ」な発言をしようと、心の中ではそうは思ってないんです。

いくらやってもそれが打ち消せない。

悪い方にばかり考え、起こってもない事で不安になりダメなことばかり想像する。



「このポジテイブな考えを実践している人の頭の中はどうなってるんだろう?」

いつもそんな事を思っていました。


結論から言うと、殆どの人にはこの考えは「毒」にしかなりません。

しかし、「答え」としてはあっているから厄介なんですよ。

確かに起こる事全てに意味があるし、それは必要な事でそれがどんない悪いことでもそこから気づきをもたらしてくれて人の人生の糧になります。



しかし、多くのこういった「ポジテイブに考えるのが正しい」って言ってやっている人達は、自分の心にある不安や恐怖を抑えこんだり無視してポジテイブに考えようとします。


そして「それが正しいのだ」と不安や恐怖を口にする人に説教してきます。


これね、例えるなら「間の方程式を教えずに答えだけを教えてる」状態なんですよ。

何故教えないかって言うと、そうやってる人も知らないからです。



極稀にいるんですよ。間の方程式なしに出来ちゃう人が。

でもやってる多くの人はその「極稀」ではなくて、そうやる事に「しがみついてる」のです。

そう、その人達の心の中でも不安や恐怖は消えてはいないんです。


ポジテイブな状態になるっていうのはね、不安な自分を打ち消してポジテイブな事を言うのでもなくて、マイナス思考な自分を否定して無理やりポジテイブな考えに持って行くんでもないんです。


本当にポジテイブな状態って言うのは「不安」や「恐怖」からしかもたらせれないんです。


「不安がポジテイブ?」


こういう例えをしましょう。


高層ビルの広い屋上にいるとしましょう。

そこにまったくフェンスとか柵が無かったとするとどうです?

怖いでしょ。

でもしっかりとしたフェンスが設置してあったら安心するでしょ。

安心してそこで走り回ったり出来ますよね。


ではそのフェンスってどういう考えで設置されたんです?

「落ちないため」でしょ。

「もしかしたら落ちるかもしれない」って不安や恐怖があったから設置されたんですよね。

もしも、これがポジテイブシンキングが正しいとするなら、「大丈夫、落ちる事なんて無い」ってフェンスなんか設置されません。

実際、走り回ったとしてもフェンスにぶつかる人なんかいないんですよ。

だから「フェンスに助けられる」事なんてよっぽどの場合以外はありません。


無くたって実際は落ちる事なんてほとんどありえません。


でも無いと不安なんですよ。怖いんですよ。


世の中の「ポジテイブが正しい」って言ってるのは、この「落ちるかも」って不安や恐怖を無視して「「大丈夫」って思わないといけないんです。


それは殆どの人には不可能です。


いくら口でポジテイブに言ったとしても、常に怯えてないといけないし端には近寄れません。

安心なんてどこにも無いんです。

これではまったくポジテイブな状態ではないですよね。


まずは不安があるから「柵」を設置するんです。

その柵があるからこそ安心して走り回れるんです。

そうやって安心してるからこそポジテイブなんです。




本当のポジテイブって言うのは、自分の不安や恐怖を受け止めてそれをどうしたら良いかを考えて悩んで学んでいった積み重ねなんです。


でもそれには時間もかかるし、その間は苦しいことも多いんです。


このとにかくポジテイブに考えればっていうのは、その積み重ねの部分をしなくてよいようにする「手抜き」の方法でしか無いんですよ。


身体になぜ「痛み」があると思います。

もしもこの痛覚が無かったら、人はぶつけたりしても気にしません。少々怪我していても気にせずにいるでしょう。
しかし、それはいずれ致命的なダメージになる可能性があります。

痛みがなければ致命的なダメージを負うまで気が付かないんです。

そして痛くないのですから平気で火の中に手を突っ込んだりするでしょう。それで火傷にしても痛くないんですからね。

痛みと言うのは、ダメージの回避のためと「身体を大切にする」為にあるんです。


もしも、このポジテイブな考えが本当にできてしまったら「痛覚」が無いのと同じ状態になるんです。
だから、途中で書いた「極稀に出来ちゃう人」って言う人って人の痛みがわからない事が多いんです。

それは自分の痛みもわからないからです。それではポジテイブなだけで幸せにはなれません。


このポジテイブって考えに振り回されて多くの人は、不安や恐怖を持ってしまう自分を否定してしまっています。

そして、心の中にある自然と出てくる不安や恐怖を打ち消しておこなう、ポジテイブな考えっていうのは「自己否定」でしかありません。

本当にポジテイブになるには、自分の中の不安や恐怖と向き合う必要があるんです。

それは悪いことでもなんでもなくて、自分を守る為にそう思っているんです。


あとは「柵」を作ることを考えれば良いんです。

そして「柵」を作ってしまうとその柵に助けられるような事は起こらなくなるんです。
柵を作ることに気づかないから、それに気づかすために「落ちそう」になるんですからね。

そうなったら安心して走り回れるのポジテイブな状態でいられるんです。


それではこれで終わります^^




占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 03:20 | ネガティブ、不安 | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/381