鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
信じるものは救われないよ〜
JUGEMテーマ:人生論 

すっかりブログをサボってしまってますね〜(笑)
たまに日記的なことは書いてるんですが〜「人生論」的な話はもう一ヶ月近く書いてないし・・・・
少数ですが僕のブログ楽しみにしてくれている人もいるのに

さて、今日のお話は「スピ系」のお話ではなくて「現実的」お話です。

何を書こうかな〜と思っていると先日、久しぶりに友人がやってきました。

そしておもむろに「こんな話があるんだけど見てくれない?」と・・・

そこには「なんとかって成分を配合したサプリが〜」「なんとかって成分のクリームが〜」「なんとかって成分の新聞記事が〜」そして「報酬プラン」が・・・・そう「その手」の話です(笑)

いつも思うんですが、必ず一緒に入ってる新聞や雑誌のコピーは「成分」の記事であって「商品」の事を「絶賛」してるわけではないんですよね〜そんな「ツッコミ」もとりあえずは黙っていて〜

この友人は僕を勧誘したいのではなく「その手」の話にとっても詳しい僕に「報酬プラン」が大丈夫なのかを見て欲しかったのです。

報酬プランは見て10秒でNGでした(笑)
それに「その手」の話は「改正特定商取引法」の影響で今はほとんど活動できないんです。
実際、友人のように「用件」を告げずに訪れて「その手」の話をする事は出来ませんし一度でも「No」を出した人には再勧誘もダメです。
現状では「会社名」「統括責任者」「商品名」、「勧誘が目的」などを告げた上でないと「会う」事すら禁止ですしそれらの全てを納得してでないと「セミナー」などには連れて行けません。
友人が持って来たように「会社」が発行した物ではなく個人が作成した資料、新聞等のコピーも使用は禁止されています。その辺の事が出来ていない会社自体、報酬プランうんぬん以前の問題なんですがね〜友人曰く「このクリームが良さそうだから〜」と・・・・
コンプライアンスや報酬プランがいい加減な会社が「よい商品」なんか作るわけ」ありません。

今回のお話は「その手」の事を語りたいんじゃなくて〜みなさんこんな話が来たらどうします?

「あやしい」「騙される」「ねずみ講」って断ります?
それは皆さんの自由なんですが・・・・

以前、経済の世界で大成功した人と話をした時にその彼がこんなことを言っていました。

「疑う」の反対語は?

辞書で調べると「信じる」になっていますよね〜

しかしこの人は「人生で成功する上では信じると疑うは同義語だよ」と言っています。

このブログを見ている人は「スピ系」の人が多いと思いますが、いますよね〜精神世界とか霊とか超能力とか異次元とかをまったく信じない人。
上の話で言うと「疑う」って事になるんでしょうね。

でもそれは彼に言わせれば「信じる」と同じ意味なんだそうです。

これを読んでいる「信じてる」みなさんなぜ「精神世界」や「霊」「超能力」「異次元」「神」「占い」etc..
これらを信じていますか??

誰かが言った?どこぞの偉い先生が言ったから?

じつはこの成功者の人が言いたかったのは「信じる」「疑う」は同じ意味でその反対は「確かめる」だって言いたかったんです。

そうなんです。「信じてる人」も「疑ってる人」も多くは「確かめて」はいないんです。

ようするに「自分の中で解釈」出来ていないんですよ。

だからどちらの行為も「盲目的」なんです。

「その手」の話を一方的に「あやしい」「ねずみ講」と言う人ほど「何十万もする健康布団」とか「何十万の健康器具」とか「何十万もする幸運のブレス」とかを買っているんです。

「盲目的に信じる人」も「盲目的に疑う人」も「詐欺師」にとっては「騙しやすい」相手なんですよ。
それはどちらもが「確かめる」って行為をほとんどしないからです。

上で書いた「スピ系」を信じない人もほとんどは同じですね〜「霊はなぜいないと思うんですか?」と聞くとたいがいが「科学的でない」「常識でない」と言う答えです。
「科学的」って何?「常識」って何?って聞くとほとんど答えられないんですよ。

別段、信じて無くてもよいんですよ〜だだ、そこには「自分なりの解釈、理論」がないとだめなんです。

いろいろな人が「成功法則」「幸せの法則」を言っています。でもそれも自分の中での「解釈」「理論」を作らないと「鵜呑み」にしてもだめです。だって「成功法則」なんてそれは「本を書いたその人のやり方」にすぎません。その中から自分のなかで納得のいくもの自分の理論に合うものを取捨選択していくのが重要なんです。

なので僕のブログも「鵜呑み」にしないでくださいね

「知ってるつもり」と「知ってる」は違います。

「知ってる」と「理解してる」は全然違います。

「知ってるつもり」を「理解してる」と勘違いしないようにしましょう。

その人の言葉を借りると「信じるな、疑うな、確かめろ」だそうです。

人生をよくする上で「自分を信じる」って言うのはとっても重要です。

でもこれも同じなんです。「誰かの言った事」を鵜呑みにしていてもそれでは「自分を信じる」って事にはなりません。「情報」って言うのは自分の外部からしか手に入りませんから極論「全ての情報」は「誰かの言った事」なんです。
なので「自分の中にある考え」はもともとは全ては「誰かの言った事」なんです。
それをただ「信じている」とそれは「疑っている」と同じ事になるんです。

それはいつまでたっても「他人の考え」でしかありません。

それでは「自分を信じる」なんて出来るわけがありません。

「確かめて」自分の中で「解釈」して「納得」していてこそ「自分の物」になるんです。

そうすれば「自分を信じる」ことが本当に出来るようになるはずです。


ブログランキング参加中



ホームページ


携帯用ホームページ
http://x62.peps.jp/getterlabo/


| 12:03 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。