鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
結婚するならこんな男性には気をつけろpart2
JUGEMテーマ:恋愛/結婚
 
part1からの続きです。

part1ではわりとありがちで、しかもわかりやすい事でした。

今回は、一見してたらわかりにくい場合をお話します。


僕のパーソナル心理学の分類で相手との「距離感」でキャラクターが変わるタイプがいます。

僕の所に相談に来られた人の中で、離婚を考えてる人や過去に離婚した人の「旦那」「元旦那」でろくでもなかったり離婚でもめた場合は多くがこのタイプなんです。


もちろん、このタイプが全て離婚になってるわけでもこのタイプ以外が離婚してないわけでもないんですが、「確率」が高いって話です。


問題はこのタイプは、距離感でキャラクターが変わるのでなかなか結婚してからでないとわからないって事なんですよ。

このタイプの特徴は「距離感」がある時は「良い人」だって事です。


大きく分けると2種類いるんですが、どちらもが「良い人」を演じるのがとてもうまいんですね。

「演じてる」と書きましたが、本人達も演じてるって意識はないんですよ。

これは何故こうなるかって言うと、片方は「良い人」「出来る人」と見られたいって願望がとても強いのです。

もう片方は「安心、安全」がとても重要で「守られたい」ってのを根底に持っているので、「味方」を得るために「良い人」なんですね。


どちらにしても「良い人」ではあるんですが、それは相手の為ではなくて自分の為なんですよ。

そしてこれは、距離感が近くなるとそれを演じなくなってしまうので「キャラクター」が変わってしまうんです。

前者は「良い人」と見られたい願望の理由は「世間体」だったり「自分の損得」だったりしますから、それに関係なくなくる「嫁」には演じなくなります。


後者はさっき書いたように「味方」に付けたいのですから、「結婚」したら味方に付いたことになるんで演じません。


どちらにも、言えるのがとても「世渡り上手」って事です。

前者は、影響力のある人、お金持ち、顔の広い人などを敏感に見あわけ、「そういう人」にほど「良い人」を演じます。

後者は、天然の愛されキャラな面があります。


どの距離感でキャラクターが変わるかっていうのは、その人の育ってきた環境や組み合わせでも変化するのでなんとも言えません。

付き合い始めたら変わる人もいれば、結婚するまで変わらない人もいます。


以前、こんな話がありました。

相談内容は別の事だったのですが、「気になる男性」がいるというのでお聞きしたらこのタイプでした。
ですので、いちおう「こんな可能性があるよ」とはお伝えしたんです。

しかし、その時にはとても優しく良い人で年上の自分の事を凄く敬ってくれるし、会話も敬語だし友達からも好かれれるから・・・ってことで僕の話は頭にあまり入ってなかったようです。

それから、少ししてこの人からセッションの依頼があり聞いてみると、「この彼は二重人格ではないのか」って言うのですよ。

なんでも、付き合い始めて初めて関係を持った直後から、命令口調になり「俺様」になって凄くぞんざいに扱われると・・・

いやだからそう言ったし^^;

あまりの急変ぶりと他の人がいる時との違いに二重人格ではないのかって事だったんですよ。


どちらのタイプも、「良い人」をやめた時に凄く厄介なんですね。

前者は思い込みがとても激しいので、理屈は通じなくて「俺がこう思った」が全てなんです。

後者は本来はとてもわがままで、自分の欲求が最優先なんです。


どちらのタイプも、距離感のある相手には「良い人」ですから面倒見が良かったりして、仲間は多く慕われてたりもするんです。

それと、どちらも仕事ができるタイプが多いです。

ただ違いは、前者は根幹に「不安」があのであまり「怠ける」って事はなく忙しく働きますが、後者は安全でない状態だと頑張るんですが、ある程度のお金を得たり成功すると急に自分の欲求に走りだして歯止めが効かなくなります。

なので、後者は安心するとお金や女性にとてもルーズになったりします。


こんな旦那を持った奥さんは、周りの人に相談しても「良い人」を演じるのがとてもうまいので信じてもらえず、むしろ奥さんが悪者になっていたりします。


問題はどうやって見抜くかなんですが〜

それがなかなか難しいのですよ。なにせ本当に「良い人」の場合もありますからね。


まずは、仲間が多くみんなから慕われてて評判の良い人は少し警戒したほうが良いかもしれませんよ。

どちらのタイプも「建前軸」なんすね。

実は「本当に良い人」って言うのは誰からも評判が良いわけでは無いことがあるんです。

何故なら本当に良い人って言うのは、相手の為に「嫌われ役」を演じる事があるからです。

相手の為になるならダメなことはダメってハッキリ言うし、怒る時もあります。

しかし、このタイプの人は「建前」が重要なんで絶対にしません。

特に前者のタイプはしません。
後者は育ちによっては「熱血」なタイプにもなりますからする人もいますが。


前者のタイプは、少し距離感が縮まってくると「話を聞いてない」とか「昨日の話と今日の話が違う」みたいな「会話」のすれ違いが起こります。

それと、時間にルーズになってきたり「ドタキャン」が多くなったりします。

良い人なんだけどそんなところが見えたら要注意です。


後者のタイプは、距離が縮まるとだんだんと「わがまま」になってきます。それとやたらとなんでも一緒にしたがります。

あと、「見た目」を怖く見せてることが多いです。

ちょっと不良っぽかったりアウトローな感じだったり、「ちょい悪」な感じを出している人が多いです。

なぜか顎の所にうっすらとヒゲを生やす人が多いですね^^
とくに30才過ぎたあたりになると多くなります。

これはどちらも「怖がり」だからなんです。

口が悪かったりしますが、どれも「怖い」から「威嚇」してるんです。


わかりやすいのは「車の運転」ですね。

これは都会の人だと車に乗らない人も多いんでわかりにくいですが、車の運転は性格がよくでます。
とくにこのタイプの人のは出やすいようで、大体が乱暴になります。

お客さんの旦那さんでこのタイプの人は周りからとっても「良い人」と思われているんですが、車を運転すると前の車をやたらと煽るし遅いと昼間でもライトを点けて煽ります。

やっはりこのお客さんはとてもこの旦那の事で悩んでいますが、周りの人に言ってもあまり信じてもらえず奥さんの方がわがままを言ってるように思われてしまっています。

どちらも結婚すると厄介なんですが、特に後者の方はストーカー率も高いですし、もめると間違いなく「奥さんが悪い」って人のせいにしだします。

困るのは後者のタイプは、8割は大なり小なりこんな感じなんですが育った環境で凄く変化するので2割は本当に良い人で能力もとっても高かったりするんです。


前回のpart1と違って今回のはちょっとわかりにくいですが、頭の片隅にでも入れて置いてもらうと気がつけるかもしれません。

まあ、僕に聞いてくれれば簡単にわかりますけどね(笑)

それでは、今回のシリーズは終わります。

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 21:58 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/366