鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
生まれ日の呪縛(アニメ編)
JUGEMテーマ:占い
 
この生年月日から割り出す「生まれ日の呪縛」も三回目になりました。

そして今回のテーマは「アニメ」

「実在の人間じゃないし」「作り話ジャン」とツッコミどころが満載のテーマなんですが(笑)
しかもまだ三回目って事でネタが切れてるわけでもないの・・・・

しかし、ヒットするものには「意味」があります。

将来の事を知りたかったら「現在、子供達が見ているアニメ&マンガを見ろ」って言うほどです。
子供の頃に見た記憶が潜在意識に残っていてそれを実現するのか、実現できる事を優秀なクリエーター達は「予知」しているのかは定かではありませんが・・・(僕は両方だと思っています)

日本が世界で圧倒的なトップの二足歩行ロボットを代表するロボット技術を支えているのは「マジンガーZ]や「ガンダム」を見て育った大人達なのは間違いありません。
「アニメ〜そんな子供の見る物〜」っていわれる方は一度「本物」の日本のアニメを見てみると良いと思います。そのクオリティーの高さは素晴らしいですからね〜
実際、いろいろな所に影響を与えていますよ〜自衛隊には「ガンダム開発プロジェクト」って正式な部署がありますし三菱重工の入社用会社説明ビデオは「将来、自衛隊からZガンダムの発注を受けた」って設定で作られています。フランスではマジンガーZシリーズの第三弾「UFOロボ グレンダイザー」は最高視聴率100%と言う大ヒットですしスペインではマジンガーZの平均視聴率は80%だそうです。
大ヒットした「マトリックス」は押井守の作った「攻殻機動隊」をフューチャーされて作られています。 

そんなアニメやマンガの作者や監督のなかでも「天才」「鬼才」と呼ばれる人達の作品は「未来予知」をしているような作品も多くあります。
手塚治虫のマンガに出てくる「未来の町」の絵には現在の町並みそっくりの所がったり、ブラックジャックの中で描かれている手術の描写ややり方は当時は専門家達は「空想」だと思っていましたが最近の医学では「正しい」とわかったりしています。

さてそんな作者達が生みだした「アニメ」のキャラクターの誕生日から見るとどうなのだろうと言う事でやってみようと思うのです。

実は昔、アニメ「デスノート」を見ている時に主人公の「夜神 月」の誕生日が出てくるシーンが有ったので調べてみるとまったく「ライト」そのものの答えが出てきたのです。


ただこれには一つ問題が・・・・生年月日が出てこない物やあやふや(話によって違う」とかそもそも僕らの住んでいる世界と別の世界を描いている、もの凄く未来、そんな事でなかなか生年月日が特定できません。

幾つかわかった物があるので書いて見ますね〜

マズは以前の「鳩山首相」の時にある人がコメントでくれた「宇宙戦艦ヤマト」の「古代進」と「森雪」です。
2181年生まれとかなり未来の人なんでそこまで出ている生年月日のデーターがないので自分で計算しました・・・多分あってると思います。

「古代進」
「世のため人の為、人類の為」が好きな人です。基本的に「自己犠牲」そのものが「快楽」の人。
ただ、一人で何かするのは苦手なんで「みんな一緒」を好みます。
とても人当たりは良いのですが「嫌い」な人は自分にどんなに利益があってもその人とは絡みたがりません。「店員が嫌い」になるとその店には来なくなるタイプです。逆に店員と仲良くなっているとその店ばかりに行きます。良くも悪くも基準が「他人」の人なんです。なので頼まれると断れません。
物事を「客観視」したり「ロジック」に考えたりするのが得意で「感情表現」が苦手です。
しかし、この人の中にある理想が「ワンマン社長」タイプなんで「自己犠牲」をしたいと思いつつも「オレ様が助けてやるから皆しあわせになれ」と思っています。

「森雪」
このタイプは「おしゃれでスマートでクール」な人が多いいです。しかし反面正義感が強いので「間違ってる事」は正そうとします。あと何故か「黒」の服を好む人が多いです。
正義感が強いのでリーダーシップを取る事が多く一見「優しそう」な所がありますが「芯」は強い人が多いです。この人も「他人」を中心に考えるタイプなんですが古代と違うのは、古代が「自分の能力で人の役に立とう」するのに対して森は「自分の能力で皆を引っ張って行こう」とします。
古代と理想とする部分がと同じくなのでこの辺がちょっと「私の正義を守って入れば良いに決まってる」みたいなところがある人です。 一歩間違うと「自分の正義」を他人に押し付けてしまう所がありあます。「教祖様」とかに多い組み合わせかもしれません。
他人に見せる顔は「人気者」になりやすい性質をしています。

このように何処か同じ部分を持っている男女は惹かれあう傾向にあるようです。
そして古代と森のタイプは同性同士だととても「苦手」なタイプなんですが男女なら合うと思います。

「兜甲児(マジンガーZ)」
とってもお調子者のタイプです。
思い立ったら考えるよりもマズ行動、頭に浮かぶよりも先に体が動いてしまうタイプです。
この人の頭の中には「成功」のイメージしか沸いてこないで行動する時は「出来る」と信じ込んでいます。逆に出来なかった時は非常に困ります。
器用で人を喜ばすのがうまいので「人気者」になりますがとっても「頑固者」で人の話を聞きません。
行動する時は常に「フルパワー」で全ての力を一点に注ぎ込みますが、それ以外はまったく集中していません。他人に見せる顔は「正義感」が強いのですが基本的には「自分が楽しいか」が重要。
「勝ち負け」にこだわりすぐに結果の見える勝負を好みます。逆に長期戦は苦手です。

「碇シンジ(新世紀エヴァンゲリオン)」
四六時中「不安」な人。
とにかく何をやるにも不安が付いて周ります。その不安を解消する為にやたらと忙しく動き回ったりします。不安が原動力で動いていたりもします。
そのわりに「出たとこ勝負」な所もあり不安でしょうがないので散々前もって準備してたりするんですがいざとなったら「突進」していったりもします。
人の話を聞かない「天才」でもあり聞いた事も「間違って覚えてる」事が多いです。
「イメージ」優先で物を考えるのであまり「理屈」で物を考えません。なので「悪い」イメージを持つと理屈無く「嫌」になってしまいます。
キレると一番手が付けられないタイプで「暴走」します。

「夜神 月(デスノート)」
上でも書いていますが非常にイメージにぴったりです。しかしマンガ版とアニメ版では生年月日が違います。マンガの方だと非常に「お調子者」のおっちょこちょいで「計画」よりもマズやっちゃいます(笑)
なのでアニメの方でやります。
実は「森雪」よく似ています。しかし一部が違うのと「男性」というファクターが大きいと思います。
非常に正義感の強いタイプで物事を「論理的」に思考します。そして自分の能力の向上をモチベーションにします。その手に入れた能力で他人を「正義」に導こうとします。
この人はどの部分を見ても「人の上に立つ」タイプなんで人を支配したがます。それも他人に見せる姿が「あまり表舞台に立ちたくない」タイプなんで隠れてやる可能性が高いです。
しかしちょっと外れると人前で堂々と人の上に立とうとします。
このタイプが本質にある人は「教祖様」になりやすく理想とするのは「ワンマン社長」か「帝王」です。
そして人に見せる顔は不安が先に出るので矢面に立たない「裏のフィクサーを好みます。
ちなみに本質は「オーム」の麻原、理想はアメリカのオバマ大統領、他人に見せる顔はアメリカブッシュ元大統領(親子とも)、石原都知事、北朝鮮の将軍様と同じです(笑)
このタイプの人は正義感が強く人よりも「先見の明」があるので本来は「よきリーダー」になるのですが「自分の正義」を他人に押し付け始めると「自分の正義が正しくてお前達がおかしい」と思うようになります。それと「他人の目」を気にするので結局は他人に振り回されやすいです。

「鉄腕アトム」(人間でもなくなった
基本的は「保守的」です。「安心安全」が欲しくそれを自分の力で手に入れようとします。
新しい物にはなかなか手を出さず散々考えてから出ないと行動しません。
自分から前に出て行くタイプではなく、いつでも出れるように後ろに控えて声がかかるのを待っています。わかりやすい「ウソ」を付くのも特徴で困ると別のキャラクターになりきってしましますが簡単に見破られます。トラブルとか争いが嫌いなので出来るだけそう言う場面は避けようとします。
しかしわりと「キレやすい」ところもあり心の中には「正義感」も持っています。
とにかく「他人」が中心に物を考えてしまうので「人間関係」で悩んだり出来もしない事を頼まれて困るタイプです。

とりあえずこんなものかな〜
キャラクターの事を知っているんでどうしてもそう言う風に見えてしまうのはあるのですが、でも出来た結果は「見当違い」のものでもないようです。


ブログランキング参加中クリックしてね〜





| 05:27 | パーソナル心理学(有名人) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/33