鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
生まれ日の呪縛(鳩山首相編)
JUGEMテーマ:占い
 
前回のこのテーマのブログはmixiでもグリーでもけっこう反響がありました。

僕にこの生年月日から分析するのに基礎になっている「素質論」を教えてくれた人は、「子供さんが精神疾患」になった事が切欠でで勉強を始めたんだそうです。

いろいろな所を周ったんそうですが原因がつかめずある切欠で素質論を学んだらその子供さんだけが家族の中で一人だけ「真逆」のタイプだったんだそうです。
子供が最初に学ぶ「ルール」は親から教わります。その親が自分とは真逆でしかも他の兄弟も真逆だとしたら・・・「自分の感覚がおかしい」と思ってしまいますよね〜

でもやっぱし「持って生まれた」部分には逆らえない。このギャップに病んでしまったんでしょうね。
素質論を学んでその子に合わせるように接したら病気は治ったそうです。

僕もカウンセリングの中でここまでではないにしても「逆」の事をやってる親御さんに出会います。
いつかは「この本が子育てに役立つと勧められた」とあるお母さんが言っていた本があったんで読んでみたんです。
そこにはあるご夫婦の教育のやりかたが載っていました。もちろん凄くうまくいった話なんですが読んでいて「この子は『このタイプ』だよな〜」と思って途中に出ていた子供の生年月日から見てみると、まさにその通りでした。
しかしこれ他のタイプにやったらダメなんですよ〜

違うタイプの子供だったら「成功例」にはなってないでしょうね〜

さて、相変わらずの前置きの長さなんですが〜


今回は「鳩山首相(ついでにファーストレディも)」です。

いろいろな人がいろいろなリクエストをくれました。ありがとうございます

おいおいやっては行きますが、やはり今が「旬」なのはこの人でしょう〜(旬がすぐ終わったりして

実は鳩山首相に関しては、何処かで聞いた時には違うタイプだと思っていたんです。
そのタイプなら「何か面白い事をやってくれそうだ〜」と期待していたんですが今回調べてみたら違いました

実は「小泉元首相」と同じタイプなんです(細かい部分は違います)

これをみて一気にテンションが下がりましたね〜

小泉元首相が「変人」と呼ばれ鳩山首相が「宇宙人」と・・・納得
確かに最初に聞いてたタイプの「顔立ち」じゃないと思っていたんです。

もうこれで説明は要らないようにも思うが・・・でも折角なので〜

この人は「完璧主義者」です。
確かにこのグループの人たちは「変わり者」とか呼ばれやすいのですがそれは物事を「イメージ」で捉えるタイプだからです。だから理論思考の人には考えも付かないような「ぶっ飛んだ」答えを出す時があります。それでも彼らの中ではちゃんと繋がっているんです。
ただこのタイプは「完璧主義者」であうがゆえに「出足が遅い」のです。完璧にわかったり出来たりしないと行動しません。
しかし、鳩山首相の場合は真逆の「思い立ったら考える前に即行動」って部分も「理想の自分」として持っています。ここには大きな「ギャップ」が生まれるのでかなり「自己矛盾」を起こしているのではないかと思います。
そしてこれは「咄嗟」の時とか「追い込まれた」時とかにでやすいのでこの先、なにか大きな問題にぶつかったり有事の際にはかなりの「出たとこ勝負」をする可能性はあります。
そしてこの人が小泉元首相よりも「冷静」に見えるのは「人に見せる姿」が前回の「沢尻エリカ」と同じだからです。
このタイプの特徴は「自分の想像が出来ないもの」を理解するのがとても苦手なんです。
理論的に「これがこうだから〜これはこうなって〜そしたらこうだ!」みたいな理論の積み上げは出来ません。イメージの及ばない物はどんなに「理屈」を言ってもこの人の中では「存在しない」事になるんです。

小泉元首相が「弱者切捨て」をしたのも彼の中では「お金に困ってる人」「貧乏な家庭」なんてイメージが出来なかったんでしょうね〜
今回の鳩山首相にそれが出来るかはわかりません。

それとこのタイプはとても「プライド」が高いので「出来ない」「わからない」ことがあってはいけないのです。なので「出来ないかも」「よくわからない」って事には決して手を出しません。
なので、「あの人から学んでやる〜」ってのもあまりしないので「負けるケンカ」は絶対にしないタイプです。だからこのタイプの人は「お山の大将」的に自分が勝てる相手を周りに配置したがります。

面倒見の良い「親分肌」の部分もあってよけいに周りは「子分」だけになるのです。

小沢さんを外したのはその辺かもしれませんね。

ただ、プライドが高い分、人の見てないところで努力はします。そして「他人に助け」を求めるのが苦手なんです。だから「頑張り過ぎ」ちゃってだめになる人も多いんです。

ちなみにファーストレディーなんですが〜
たぶん家ではこちらが上です(笑)
このタイプの人は「キャリアウーマン」とか男なら「ワンマン社長」の人が多く、自分中心に物を考えるのですが「この人はこうする方が幸せなんだ」って決め付けて人を動かしたがります。
さらに「自分の正義」を人に押し付ける部分も持っているんで得だと思えば「宗教家」になりやすいですね〜一説には「サイエントロジー」って宗教団体の信者だって説もありますが・・・
鳩山首相のタイプは「王様」的なんですがファーストレディは「帝王」です
そして鳩山首相のタイプは外では強いのですが家に帰るととたんに「赤ちゃん」になって甘えます。

アメリカのオバマ大統領はファーストレディと同じタイプなんで話があうかも知れませんね〜

ちなみに小泉元首相からの総理大臣のリレーを生年月日から各一言で表すと

王様(小泉)→赤ちゃん(安倍)→人は知らん(福田)→お調子者(麻生)→王様(鳩山)


ブログランキング参加中


ホームページ


| 05:46 | パーソナル心理学(有名人) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/32