鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
職場の人間関係ってどうですか?part2
JUGEMテーマ:人間関係

 
前回、職場の人間関係のことで相談に来られる人が、うまく行かなくて困っている上司は主に2種類だって言いましたね。

これは、僕のパーソナル心理学の分類で12分類したうちの2種類です。
もっと細分化していけば他のパターンの場合もあるんですが、今回は相談で圧倒的に多いこの2種類に絞って話しますね。

この2種類は、素質的にみると「真逆」の部類に入るんですね。
僕がよくお話する。フィックスとフレックスなんです。それもどちらもそれが強いタイプ。

ところが、これが上司となると結果として同じような感じになるんですよ。

するとですね〜単純に同じような対応や対処をしていてもダメってことになるんです。

そして、悩んでいる本人の素質も関係します。上司がフィックスの場合はフレックス、上司がフレックスの場合はフィックスの人が悩んでいます。

これは、みてるとほぼ100%がそうですね。

まず、この2種類の共通してるのはどちらも仕事が出来る人が多いってことです。
もう一つ、見方やその人の経験から来る器が広いと面倒見の良いタイプになるってことです。

ようは、面倒見が良くて仕事もできる「良い上司」とは紙一重って事なんです。
仕事はできるけど、「器」が小さいとこのタイプはとんでもなく厄介な上司になります。

前回書きましたが、この2種類の共通点に「自分ができること」「自分が思ってること」は相手もできるし同じ考えでいるって思い込みがあります。


ただ、その思い込みの原理が違うんです。

片方は、言葉通りに「思い込む」のですね。
このタイプは、察するとか相手の気持ちを読むとかはうまいのですが問題は思い込みが激しいのです。

その為、相手のためにと勝手に思い込んで決めつけます。

しかも、感情思考が強いので理屈が通じません。
実はどちらも、頭の回転が早く理屈っぽいのですがこのタイプはその言ってる理屈の基準が「感情」な事が多いんですよ。

具体的に言うと、僕がレイキってヒーリングを教えています。
それは比較的高額になるんで、受けたいけどどうしてもお金で悩んでしまう人も多いんですよ。

そんな時に、僕は「分割で払える時に払ってくれればよいですよ」って言うのですが〜

「そんな、悪いですからお金がたまってから受けます」って言う人がいるんですね。

まあ、そこは人それぞれの考え方がありますからそれは良いのですが〜
でも、僕に悪くはないんですよね〜

これ、いまお話している上司のタイプと同じカテゴリーの人がよく言います。

僕の立場からみると、教えるのに特別に高い経費がかかるわけでもないのですから貯まるまで1円も入ってこないよりも、いま幾らかでももらったほうがぜんぜん助かるんです。

「悪いから」と言いながらも自分の感覚で相手を判断してるんですね(別にこれがいけないと言ってるじゃないですよ。僕はただ分析しているだけですから)

このタイプの上司はこれがとても強く、自分が感覚的に思っていることを「相手の為」と命令してくるんですね。

しかし、その感覚の部分が極めて思い込みだったりします。
それでいて、弁が立つ上に頭の回転も早いためにいかにも「相手にとっても正しい事」のように言って来たり命令したりするんですよ。

さらに、上で書いたように基本は感情思考ですから、「それは違う」とか「自分はそうじゃない」といくら説明してもわかってくれません。

例えば、部下がいい加減な事をしてミスになってそれに腹を立ててるとしましょう。
でもそれは本当はそうではなくて、取引先のミスで部下は何も悪く無く、その事を周りの人が説明しても怒るのです。

このタイプの人にとっては、理屈ではなくて「腹が立った」っていう感情が行動原理だからです。
それが自分の思い込みだろうが勘違いだろうが誤解だろうが関係なく、しかも頭がよく回るのでその感情での行動をうまく正当化します。

さらに、指摘魔でもあるのでズバズバ言ってくるんですね。
ちなみにこのタイプはフレックスですので「建前軸」なんですよ。

僕のブログを読んでくれてる人ならわかると思いますが、建前軸の人はその場を壊さないように言葉をオブラードに包んでストレートに言いません。

それなのにズバズバ言うって?

そんな疑問がある人もいると思うのですが〜それは上で説明したように「相手のためにと思い込んでる」からなんです。
建前軸の人がストレートに言わないのは「良い人に見られたい」からで、相手のためにと思い込んでるのですから言ってあげるほうが良い人なんですよね。

問題は大元がズレてるってことですが(笑)

その大元が感情思考ですから、前言った事と今回言ったことが違ったりするんです。
それは前と今回では感じたことが違うからです。そしてフレックスの人は違う事を気にしません(厳密に言うと本人は違うと思ってません)

すると、論理思考をするフィックスからは話がコロコロ変わるように見えるんですよ。

ちなみに、このタイプの人の有名人は「橋本大阪市長」です(笑)

よく僕のブログを見に来た人の「検索ワード」に「橋本 アスペルガー」ってのがあるんですよ。

それは多分この人が周りの空気を読んでなかったり、身勝手な事を言う時に「察せれない」とか「相手の立場で考えてない」とかってアスペルガーの特徴に見えるからでしょうね。

でもこの人はアスペではなくて本人はお相手の立場でとっても考えてるんです。ただ、それが感情思考の思い込みな特があるだけです(笑)

さて、片方の説明で長くなってしましましたね〜次回はもう片方の説明をしますね。


それではまた〜

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 22:34 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。