鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
三日坊主で終わる理由Part2
JUGEMテーマ:人生論

前回のブログを書いてから、続きを早く教えてって人が多くいました。

皆さんなかなか続けれなかったり、やろうと思っても出来ないことが多いんでしょうね。

さて、どうやったら出来るかの前に〜
まずみなさんに考えてもらわないといけないのが、「本当にそれは必要なことか?」って事です。

前回のブログで書きましたね。

「重要」って部分です。前回も書きましたが、多くお人は「重要」じゃないことを「重要」と思い込んでそれが出来ないことで悩んでいます。

その理由の多くは「常識」とか「正しさ」ってやつです。このことに関してはいままでこのブログでいろいろ書いていますよね〜多くの人の持ってる「常識」や「正しさ」は間違ってることが多いのです。

間違ってるわけは、「正しい」とか「常識」なんて人の数だけあるって事ともう一つそれは時代とともに変化するってことです。
変化する理由は、時代が変わったことで価値観が変わったからと、昔は正しかったんだけど研究が進んで来たらそうじゃなかったって事がわかったりするからです。

前者の価値観の変化はわかると思います(気づいてない人はいっぱい居ますが)

後者は意外と皆さん知りません。だから昔の「科学」を信じてたりします。

例えば、昔は飛行機が飛ぶ原理は「ベルヌーイの定理」でしたが今では「よくわからない」が答えです(笑)


ちょうど習慣に関わることで調度良い例えがあります。

「机の上は整理しないと仕事がはかどらない」だから仕事の出来る人は机も片付いているって思ってませんか?

確かに物が積み上げてあるような机では、何かを取り出すときに積んであるもんをどけたり何処にあのかを探したりしないといけませんよね。

これはまずその人の素質によっても差がでます。もともとが几帳面で片付いてないと気がすまないって素質があるんですね。これは生年月日からみてもはっきりと表れます。

逆に片付けるって事をしない素質も居ます。

これは自分が心地好い方で良いとは思うのですが〜

そうすると、片付けれない素質の人は困りますよね。

でも本当にそうですか?

こんな実験がありました。
綺麗に机の上を整理整頓している人と、片付けてない人達でいろいろな作業をしてもらいました。

そして作業にかかるまでの時間を測った見たんです。

すると単独の作業で見ると整理している人が圧倒的に早い場面があります。

そうですよね〜片付けてない人は本をどけたり書類の下を探したりと・・・・

ところがですよ。
いろいろな作業を複数していくと平均時間は片付けてない人の方が早かったんです。

なぜかって言うと、整理している人は毎回、引き出しを開けたり蓋を開けたりって作業が必要です。しかし片付けてない人はその辺りに出ていますからその動作が無いことが多いんです。

たまに、本の下とかになってるものに時間がかかるだけで、しかも片付けてない人は当然使ったものは片付けません。するとよく使うものほど近くに置いてあるんですよ。

片付けない人ってその置いてある場所を無意識に覚えてるんですね。なので結果として平均値は片付けない人が早くなるんです。

さてどちらが効率的?(笑)

まずは自分が「重要」と思ってることを本当に必要か考えてみてくださいね。

実はこの例えをしたのには理由があるんですよ。

この行動が習慣の一番の妨げだからです。

さんざんじらしたので^^結論から言いましょう。

人には「20秒の壁」ってのがあるんです。

人は命が関わってたっり、どうしてもっていう緊急な事以外の事で、習慣になってないことを始めようと思うとその事を始めるまでに「20秒以上」かかってしまうとそれが出来ないって事です。

これはハーバード大学で実証されています。

3日坊主になるのは、3日ぐらいは気合ややる気で出来たりするんですがそれ以上はこの20秒がとてつもなく面倒なんですよ。

上で書いた、机の上を片付けるっていうのもそんな素質の人は面倒とはもともと思いませんから問題なく出来ますが、そう思って無い人がやろうと思うと「しまうのにも20秒以上」、「出すのにも20秒以上」かかってしまうのでやらないんです。

さらにこれは他のことにも響きますね。

例えば「毎日30分勉強しよう」と思ったとしましょう。

毎日勉強するのがもともと習慣の人は出来ますが、そうじゃない人は勉強に取り掛かるのに20秒以上かかると3日坊主になります。

それなら、机の上に出しっぱなしのほうが方が良いんですよ。「片付けるのが正しい」って常識が邪魔してますよね〜ただしそれは毎日、机に向かう習慣があるならですがね。

学生でもなければそれはないですよね。仕事の関係で何かの試験を受けないといけないって場合は、「自分が普段座ってる場所」から手が届く所に一式置いておかないと3日坊主になります。

ハーバードの教授が「朝のジョギング」を習慣にしようとした時は、ベッドの横にジョギングシューズを置いて(これは日本ではできませんよね)、トレーニングウエアーで寝たそうです^^

ちなみにこれはずっとそうしてる必要はありませんよ。人は「21日間」続けると習慣になるんだそうです。
僕が教えてるレイキヒーリングでも最初は「自己ヒーリングを21日間してください」って言うのですがこれも習慣にするためです。

これと同じ理由で、「やらなきゃ」って思ってることが出来ないのもそれを始めるまでに20秒以上かかるからです。
こんな時は「ついで」にするんです。いちど座ってしまうとそこから20秒の壁が発生します。だから「トイレに行った」みたいなどうしても行動しないといけない事の「ついで」にするんです。

それと「あれもこれも」っていっぺんに考えないことです。
人が行動を起こすには、行動を起こすためもエネルギーっていうのが必要なんですが、それがかなり少ないんです。
しかも「これをやらないと」「あれもやらないと」ってやることを考えるだけでこのエネルギーは消費するんだそうです。

なので、あるもこれもって考えてる間に「行動を起こすためのエネルギー」がなくなってしまうんですね。例えるならエンジンがかかる前にバッテリーが上がった状態です。

もう一つ3日坊主にさせるのは、この「20秒の壁」を切ってる物の存在です。

一番わかりやすいのが「TVのリモコン」です。

いつも座ってる所から手がとどく所にあって押した瞬間に始まります。確実に20秒切ってますよね〜
だから、20秒を超える習慣でないものよりも「はじめやすい」のです。そんなもの達が邪魔します。

毎日、無駄にTVをみてしまうとか、習慣を作るのに邪魔なものは逆に20秒以上かかるようにすればよんですよ。

リモコンの電池を抜いて台所に置いておくとかね(笑)
どうしても必要なら取りに行きますから〜

この方法はすべての事には使えないかもしれませんが、前回書いたように多くの上手くいかない人は「重要」な事を後回しにしています。

それは、「重要じゃないこと」を優先するって習慣なです。目の前にあることばかりを優先して「重要」な事を後回しにするって習慣が変えれないんです。

そんな人は、それだけでなく他の事も自分が持ってる習慣を人生が良くなる習慣に変えるって「習慣」を持っていません。

「習慣を変える習慣」を持ってないんです。

だから何かまずは小さな事から、やってみたいことを習慣にしてみたらどうですか?
そうやってるうちに「習慣を変える」って習慣が出来ますよ。

それではまた〜


占い&カウンセリング ゲッターラボ

Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話(通信料はかかりません)でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
情報サイトまいぷれ掲載中の「口コミ、評価」、「連絡先等」が見れます。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookページ。よかったら「いいね」してください。https://www.facebook.com/getterlabo1 Twitter。「フォロー」お願いします。@getterlabo
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 04:17 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。