鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
レイキってなに?Part4
JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング
  前回は「骨折したお婆さん」の話の途中でしたよね〜

ヒーリングを終わって部屋を出てきたお婆さんは、来る時は「痛くて歩けない」と息子さんに抱えられてきたのですが、帰りは自分の足で普通に歩いて帰られたのです。

「なんか、よくわからんけど凄いな〜」

でもこの話にも後日談があります。
そのお婆さんは次の日の朝になっても痛くないので、また病院に行きました。
そして昨日レントゲンを撮ったばかりなのにもう一度撮れとお医者さんに頼んだんだそうです。

あまりにしつこいので撮ってみると・・・・「骨折してない・・・・治ってる・・・」
確かに昨日のレントゲンの写真を見ると「骨折」してるんです。

お医者さん曰く「お婆さん、何の魔法をかけてもらった?」(笑)

確かにこんな事はたまに起こります。ただ、誤解してもらうと困るのですが全てではありませんしレイキをしても何も変化の無い時もあります。

そんな事があり是非、「アチューメント」を受けようと思っていたのですが・・・・
お金がね〜アチューメントはそれなりの金額がします。

「一生」使える事や自分自身を変える「きっかけ」になる事なんかを思えば出せない金額ではないのですが・・・・

ちなみにレイキには段階があります。

「ファースト」「セカンド」「サード」

「ファースト」だけで「ヒーリング」も出来ますし自分自身にもエネルギーは流れています。セカンド以降は「パワーアップ」や「用途を増やす」などの事が出てきます。

これを段階的に受けてもよいし一度に全部受けてもよいのです。

そして金額ですが、僕は「ファースト=3万円」「セカンド=3万円」「サード5万円」でやっています。これが高いか安いかはその人それぞれでしょうし「ヒーリング」を受けるだけももちろんよいです(ちなみに1時間弱で4000円です)

この金額は比較的、平均的な金額か少し安い金額です。

一概には言えませんが、「アチューメント」を受けようと思うのでしたら、この金額よりも極端に高い所や極端に安い所は用心してください。

アチューメントは誰がやっても同じなんです。それなのに「自分は特別だから」と高くしたり、逆に極端に安くして後のフォローをしなかったりする人がいます。

金額もですが、決めるのはティーチャの「人となり」や「人柄」「考え方」です。それに共感できたり信用できたりする人を選んでください。

さて、話を戻しましょう。

こう言うふうに悩んでいるとき時に、自分にとって本当に必要な時は「やるように流れ」が来る物です。そんな時は見逃さずに乗ると人生は上手く行くようになるんです。

僕の場合は知り合いの女性が「乳ガン」になったのです。

何回もヒーリングに通うよりも「アチューメントをした方がよいのでは」と言う話になり、僕も一緒に受ける事になったんです。
「流れ」に乗ったときは不思議なもので「お金」はなんとかなっちゃう物なんですよ。
結局、僕は1ヶ月の間にサードまで一気に受けたのにそれが払えるだけの臨時収入が入ってきたのです(宝くじが10万円当たりました)

この後、この友人の女性は抗がん剤治療を止めて、「レイキ」「占いでの改善策」「自分の心と向き合う」これらでガンを治そうとします。

続きは次回〜

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 02:09 | レイキ(心と体の癒し) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。