鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
心の強さPart2

JUGEMテーマ:人生論
早く続きを〜と言う要望があったので続きです。

「強さは愛」。

じゃあ、「愛ってなんですか?」ってところで終わりましたよね〜

なんですかね〜答えは一つでは無いだと思いますが、今回のテーマに関して言えば〜

それは、「ありのままに受け入れること」ではないですかね。

心が不安定な人の特徴って、「自分の外の出来事」に物凄く左右されるんですよ。
前に日記の「トラブルによく合う人」っていうのも実はこれ。


「トラブル」って事は「自分の外、じゃなくて自分自身に降りかかってるじゃないか」って言う人がいるでしょう。

そうですよ。だから、「自分自身に降りかかってる部分」だけに対処すればよいんですよ。

でも、多くの人は「相手の間違え」や「相手が悪」だと思う所を正そうとしたりその行動に出なくても心の中では「正そう」と思ってるんです。

「自分が正しい」と思うなと言ってるんではないんですよ。
だからって「相手が間違い」や「悪」でも無いんです。

そもそも、「正しい」と「間違え」の二極で判断する時点で「ありのままに受け入れる」事が出来なくなるんです。

この二極で判断してると、「自分が正しい」と思った時点で相手が間違いでなければなりません。
逆に「相手が正しい」と思った時点で自分が間違いって事になってしまいます。

相手がどうかは関係ないんですね。それは「その人から見た世界の問題」なんですから〜

「自分が正しい」と思ったならそれで完結です。それを相手に向ける必要はないんです。

「それじゃ、気持ちが収まらない」「気分が悪い」「イライラする」って人がいると思います。

それは、心の中で「正そう」って気持ちがあるからです。その気持が無い人は気分悪くなったりイライラしたりはしないんですよ。

現実的や物理的に自分に害のある部分や、損害のある部分に関してはただ淡々と処理をして、相手の事や起こった出来事に関しては「ありのままに」受け入れる。

ただ、勘違いしないで欲しいのはその出来事や相手を「好きになれ」とは言ってないんです。
「好き」「嫌い」は「感情」です。それえは人にはどうすることも出来ません。

だから「好き」と「愛する」は違うんです。

自分に害をなす人を好きになる必要はありません。自分に起こる辛いことを好きになる必要もありません。

でもそれを「ありのままに受け入れる」必要はあるのです。

「ありのまま」ですから、それは「どうなって欲しい」「これは間違いだ」「こうなるべきだ」って思いは必要ないんです。

何処かで起こった出来事に関して「自分の思い通り」にしたいんですね。そしてそうならないから「正したい」のです。

そして「ありのままに受け入れる」事が出来ると、「思い通り」の事が起き始めるんです。

逆に言えば「ありのままに受け入れてない」からそれは起こってるんです。

この辺りのことは、書き出すとすご〜く長くなるんで、僕の日記の「正義vs悪1〜6」とか「自分の中心は何処にある?」を読むとより深くわかるんじゃないですかね〜

この「ありのまま」は全てのことにするのは難しいのかもしれません。

どんな出来事にでもってレベルはそれこそ「仙人」のレベルになってしまうのかもしれません。
でもこれに近づけれれば近づけれるほど人生は「豊か」で「穏やか」になっていきます。

そして、いま「そんな事は出来ない」って感じてる人。
そんな自分も「ありのままに」受け入れれば良いんですよ。

結局は、外の出来事に左右されてる人は「自分」に対して「ありのまま」に受け入れてないんですね。
だから、「外を」正すことで自分を「正当化」しようとしてるんですよ。


この話はなかなか、「文章」で伝えるのは難しいですね〜
なので最後に、こんなお話を〜

このテーマを書こうと思ってた時に知り合いのプロのピアニストの方が左手を骨折されました。
ピアニストにとって腕を骨折するなんて大事件です。

しかし、この方は嘆くわけでも悲しむわけでも怒るわけでもなく右手だけで演奏されてます。

ちなみにこの場合の「現実的な対処」って部分は、病院に言ってギブスをしてもらったり痛み止めの薬を飲むこ事です。

何度かセッティングのお手伝いをさせてもらったんですが、ペダルの高さをミリ単位で気にされたりして「やはりプロだな〜」と思った事があったんですが、そんな繊細な演奏を片手でなんて・・・

でもこの方が言っていました。
「左手が使えないことで、大きな学びと、掛け替えの無い何かを、手に入れていると感じています」
「左手に頼らない演奏に、新鮮な驚き」
「息子さんのサポート、奥さんの愛情、そして今までどれだけ自分の左手がサポートしてくれたか」
「起きることに偶然はない。全て必然、想いの現れ」

これが「強さ」ではないですかね。

それではまた〜

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 04:36 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。