鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
当たる占いPart2

JUGEMテーマ:占い
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

占いのお話の続きです。

前回は僕の易を使った占いを習ってる人達の練習に、「物品透視」ってのをやってもらってるって話をしましたね〜

これは、紙袋に何かを入れます。

それを代表して誰かに占ってもらいます。その占いの結果をみて中に何が入っているのかを当てるんです(占う人は中身をみていませんよ)

これは「当てる」って訓練よりも「読み解くコツ」みたいなのを練習してるんですよ。

最近、練習の中でいろいろとやったんですがね〜

実はこれを当てるのはかなり困難なんですよ。何でかって言うとですね〜
あまりにも正確に答えが出てしまうんですよ。

「え?正確なら当てれるのでは?」って思うでしょ〜

実はそうとも限りません。

何故ならですよ〜最初に僕が入れたのは「電池」だったのです。

易の占いでは「電池」って言葉で出てくるわけではありません。いろいろなキーワードが出てきます。それを組み合わせてインスピレーションを働かすのです。

なので、どうしても「霊感」とか「直感」の部分も必要になってきます。

ところがこの電池に対する答えがあまりにも正確すぎたんです。何がって言うと「内部構造」までキーワードで出てきちゃんったんですよ〜

更に僕が入れた電池は使用済みの「切れた」電池でした。使用済みなので少々傷も入っていて細かくは錆びてもいます。
それのことまで・・・・

するとね〜「電気」「金属」「磁力」「中身が消費されるもの」「対になってる」まではよいのですよ〜

「外部が金属で覆われている」「中に炭素が入っている」「液体も入ってる」なんて情報まで・・・
電池って金属の筒の中に「炭素棒」や「電解液」が入ってるって知らない人には余計にわからなくなります。ましてや今回の生徒さんは全員が女性。

電池の中身なんて考えたこともありませんよ。

その上、「破損してる」「古くなってる」ってところまで・・・それが「使用済み」の情報だとわかるには・・・・・・・

次に入れたのは、もっと構造の単純な物にしようと「本」を入れました。

出てきたキーワードは〜「四角い柔らかいもの」「文字」「木から出来ている」「複数が連なってる」・・・これならわかりますよね〜そして「名前」・・・・・・・「名前」って??

実はこの入れた本、「名前の不思議」って本だったんです。

題名まで出てこられると、そいれが「題名」とわかってないと理解できませんよね。

次は「ハサミ」でした。

するとハサミとわかる情報以外に「衣類」「洋服」って・・・・このハサミは「洋装バサミ」だったんですよ〜

確かによく当たります(笑)

「当たるも八卦、あたらぬも八卦」って言葉の意味には「占い」はあたってるんですが「解釈」が出来るかは別だよって意味なんですね。

最初に書いた電池のように、内部構造を知らない人にはいくら正確な情報が出てきてもそれが「電池」だとはわからないんです。わからないから「自分の中の知識」に答えを詰め込みます。

これは全ての占いに言えることなんです。

易でも霊能力でも、それがどんなに見えていようが当たっていようが「その人の知識」以上の答えは出ないのです。

でも「映像」として見える人なら〜って思うかもしれませんが〜これは、「見える」人でも同じなのです。人は見たものを見たままに頭の中で見えていません。
自分の記憶や知識に照らしあわせて知らなければ「近いもの」に映像を変換します。

そして、「こうだ」って思い込みも「そのように」映像を変換して見ています。

茂木先生って脳科学の先生が作られる「アハ体験」ってのがまさにそれですね。
写真の中の何かが変化していきます。例えば屋根の色が変わっていきます。でもそれに殆どの人は気がつけないのです。
「何処かが変わる」って言われてるから目を凝らして見ていてもです。

それは、脳の中で「屋根の色が変わる」って言う記憶や知識がないから「屋根の色は変わらない」って思い込みを作って、実際に頭の中では「変化してない屋根」が見え続けるんです。

でも、「屋根が変わってるよ」って言われると認識が変わるからわかるようになります。


これは「霊感」と言うやつでも起こるんですよ。むしろ頭の中だけで起こるのでこちらのほうが影響を受けやすいのかもしれません。

Part1で書いたことにつながりますよね〜占う人も占われる人も「常識」とか「当たりまえ」とか「こうであるべき」とかって思い込みに邪魔をされるんです。

なので僕はよく、「占い師」を選ぶ時に「当たる」事ではなくて、その人の「考え方」「知識」「人となり」をみて信頼出来る人、自分にあってる人を選ぶのがよいんだって言います。

まあ、僕がそうなのかは皆さんの判断に任せます(笑)

世の中の活躍されてる占い師さんはきっとこれらが素晴らしいのでしょうね〜〜

たぶん(笑)

それではまた〜

Photograph by:kelsey_lovefusionphoto

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 06:23 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。