鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
自分がよくわからない理由Part2


JUGEMテーマ:自分探し
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

前回は、「自分がよくわからない」って理由の中に生年月日が影響している場合があるってお話をしました。


これは、自分の中に相反する素質を持っているのが原因です。

僕の所に来られる「自分」の事でなやんでいる人の多くが、この相反した部分を持っているんです。
逆に相反した部分ののない人はあまり自分の事で悩みません。

特に前回お話した、生年月日で出てくる5つの要素のうちの1番目と3番目が近いもしくは同じだと「自分」では悩むことが少ないのです。この場合は、むしろ「頑固」になります。

では、どんなふうに「相反する」のかと言うと〜

まずは、生年月日で出てくる5つの要素のうちの1番目と3番目が相反している場合です。

素質には幾つかのわけかたのカテゴリーがあります。

おおまかに言うと、「ポジティブとネガテイブ」、「行動してから考えると考えてから行動する」、「論理思考と感情思考」、「自分軸と他人軸」など、細かく見ていけばまだありますがおおまかにはこんな感じです。

これらが組み合わさって素質は出来ています。

そして、何度も書いているように一つの生年月日に対して一つの素質ではありません。
その中でも行動や選択、意思などに大きな影響をする2つの要素が相反する場合が有るんです。

具体的に言うと、1番目が強い「ポジティブ」なのに3番目が強い「ネガティブ」なんて場合です。

この、1番目と3番目のどちらが影響力が強うかと言うと本来は「1番目」なんです。
しかし、この「強さ」の割合は一部「組み合わせ」と「育った環境(主に親の素質)」で変化します。

自分がよくわからなかったり、自分が変だと思える場合はどちらか「強い方」の素質がも片方を「否定」している形になっている事が多いのです。


仮にどちらかが強かったとしても、もう片方も自分な中にある素質であるのは間違いないので時折出てきます。その時折出てきて行った行動や考えがもう片方の素質からは逆の行動なんですね。

そうなると「なんで?」って思い始めるんです。

とくに、変に「成功論」とか「成功法則」みたいのが出まわってしまって「こうするべき」が強くなってしまっています。

だから、「ポジティブで思い立ったら即行動」みたいのが「成功」の秘訣で「幸せ」になる為に必要だ〜みたいになってしまっています。

片方の素質がそれに合っていてもう片方が真逆だと、よけいに強い「否定」が起こってしまうんですよ。

「自分はなんでこんな行動をするんだ」ってね。

実は、この「ポジティブで思い立ったら即行動」とは逆な素質しか持ってないタイプの人はそれができ無い事をあまり来にしてない人が多いのです。

気にしてないと言うよりも「気がついてない」って言う方が正確かもしれません。

今回の日記とは関係ありませんが「ポジティブで思い立ったら即行動」が正しい訳ではありませんからね。むしろ、ほとんどの人には「間違い」なんです。

この「前向きに考える」が良くないんじゃないんです。これをやっている人の多くは「前向きに考える」ことで「現実的に考える」事をやらなかったり、「なんでこうなったんだ」って悩むことを否定するので「同じ失敗」を繰り返していたり・・・それすらも「前向き」に捉えて進もうとするから「経験値」になってなかったり・・・・・

この「前向きに考える」をやってる僕が知っている人達は、たんに「思慮の浅い人」になっていて「堂々巡り」をやっています。

このへんな「ポジティブシンキング」や「前向きに考えるのが正しい」的な話が大なり少なり伝わっているので、相反している場合も片方の「ポジティブ」な素質がもう片方の「ネガティブ」な素質を否定したり、その行動に疑問を持っていることが多いのです。

これは、「ネガティブとポジティブ」、「行動すると行動しない」だけでなく上で書いたような相反する部分があれば起こります。

そしてその理由のほとんどは「親」だったり「常識」って言う偏った考えだったりが、相反した「どちらか」を正しいとしてしまっているからその反対を「否定」して起こっています。

今回は素質の中で「1番目」と「3番目」が相反していた時のお話でした。
もう一つの「時間」による場合も「原理」は同じなのですが〜こちらはもっとやっかいです。

それでは次回は、「時間」の場合と「どう対処するか」をお話しましょう〜


Photograph by:Snapies




占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 08:23 | 自分を知る | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。