鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
面倒な人間関係を呼び込む理由Part2
JUGEMテーマ:人間関係
 鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 前回は「甘えれない人」って話をしましたよね〜

それが面倒な人間関係を生み出すって。

ただ、ここで言う「甘える」「甘えない」は〜
例えば、いい年して親にお金を出してもらってるとかの「甘やかされてる」のとは少し違います。

まあ、いまのご時世ではなかなか「一人暮らし」とかも賃金そのものが低すぎて、いくら本人がその気がなくても結果的に親に甘えた格好になってしまうこともありますけどね・・・

このあたりは非常に区別がつきにくいところでもあるんですね。

この「甘えれない」って言う原因は実は子供時代にあるんです。

子供時代に、親が厳しく育て過ぎてる場合や逆に親がきちんと子育てをしなかった場合などに多いのです。
なんらかの理由で子供が自分が頑張らないと「捨てられる」とか「ここに置いてもらえない」と感じてしまう場合にも多いです。

離婚なんかが理由になる場合や他の兄弟ばかりを可愛がったりが理由だったりもします。

これは、僕のパーソナル心理学での素質でも左右される部分も大きくて、こうなる素質の人の多くは「自分」がとても強いタイプです。

「自分」が強いのでもともともが「人に頼る」とかを「良し」としないんですね。
特にこれが強いタイプの人は子供の頃から「自立心」がやたらと強かったりします。

もちろん、そうじゃないタイプでも環境が強くそうであればなる場合があります。

「甘える」っていうのは、まずは絶対的に相手への「信頼」が必要なんですよ。
どんなに甘えても、「せいぜい怒られる」事まででそれ以上の事は怒らないって、核心がないと心から甘えることは難しいのですよ。

上で書いたような場合で言うと、「厳しすぎる」なんて言うのは親が管理したい典型なんです。
管理したい理由は親が子供に依存しているからです。

「え?逆では?」って思うでしょ。そうではないんですよ。

例えば、会社とかで上司が「おまえの好きにやってみろ、責任はオレが取ってやる」、
みたいなカッコイイこと言えるのは「部下を信用している」と言う部分もありますが、部下の失敗をカバーできるだけの「実力」と「自信」があるからでしょ〜

全て厳しく管理したい親は「信頼」も「実力」も「自信」もなく「責任」もとりたくないんです。そんな相手を「信頼」しきれないでしょ。

子育てをきちんとしてないとか、他の兄弟を贔屓するなんて場合は、「甘えてる」のではなくて「良い子」でいないと「捨てられる」とか「相手にされなくなる」と思ってしまったりするんです。

当然これらは、その子供は明確に「自覚」してやっているわけではありません。
そしてこれらのことは、「親が悪い」訳ではなくても大なり小なりあったりするんです。

すると、子供時代に健全に「甘えてない」状態で大人になってしまいます。

ではその「甘えてない」って状態がなぜに面倒くさい人間関係を生み出してるか?って事ですよね〜

それはまた次回〜〜


人間関係を面倒と感じる人がやはり多いようでこの日記は僕の日記の中でも常に閲覧数が多いのです。そこで人間関係に関することをまとめた物を書いているのでそちらもどうぞ〜

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 03:00 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。