鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
夫婦でセラピストをしていますので、嫁さんと読んだ人の人生が楽しくなるよう話を書いていきたいと思います。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
論理思考と感情思考
JUGEMテーマ:人生論
  日記を書くのがすっかり空いてしまいました。
お陰様で「年運」を占いに来るお客さんで忙しいもので〜

2月に入ってもまだ年運は占えますから興味のある人は来てくださいね。


最近、巷に出回ってる本で「論理思考をしなされ」的な本がありますよね〜

読んだことあります?

「論理思考」と聞いただけでアレルギー反応が出る人がいますね(笑)

論理思考は「理数系」の頭ってことですからね〜〜

理系か文系かって聞いて「文系」って答える人の多くは「文系が得意」なのではなくて「理系」が苦手なんですよね。

逆に「理系」って答える人は「文系が苦手」なんではなくて「ほんとうに理系が得意」なんですよ。

理系の頭の人って文系が苦手な訳ではないんですよね〜

さて、この論理思考ってやつですが〜皆さんはどちらですか?
論理思考の逆は感情思考です(情緒的思考とか物語的思考とも言います)

人間は基本的には「感情思考」なんですよ。
なぜかって言うと極端な言い方をすると「動物」だからです。
「論理的に考えるタヌキ」とかいないでしょ(笑)

だから多くの論理思考も出だしは感情思考なんですよ。
例えば「大嫌い」な人の話は最初から聞こうとしないでしょ〜その人がどんなに良いことを言ってるとしてもです。

これは「やりたい事」「欲しいもの」「自分の夢」なんかを見つけるのにとっても重要なんです。
「どうしたい」かは感情思考から見つけださないといけないんですね(僕の日記の理性と感性のバランスを読んでください)


なので「感情思考」はとっても重要なんです。
では何故に巷には「論理思考」をしろって本やらセミナーが?

論理思考をしている人の方が「高学歴」だってのもあります。感情思考はあまり「勉強」には向きませんからね〜


僕の日記の「理性と感性とのバランス」でも書いていますが、「どうしたいか?」は「感情思考」でその「どうしたい」で出てきた答えを「どうするか?」は論理思考が必要なんです。

とくに悩んでいる人はまずは目の前にある「問題」を解決しないといけない事が多いです。
その時は「感情思考」はあまり必要としないのですよ。

何故って?

「どうしたいか?」は決ってるでしょ〜「問題が解決したい」に決まってます。
だから必要なのは「どうするか?」の方です。

ところがですよ〜上に書いたように「論理思考」が苦手な人が多いのです。
実際に見ていてなかなか問題から向け出せない人の多くは「論理思考」が上手く出来ません。

ここで「論理思考が出来なくても感情思考ができるなら『夢』とかを見つけやすいのでは?」って思うかもしれませんね〜

しかしね〜多くのセラピストや占い師は「問題の解決」は考えますが、「夢」とか「幸せにする」ってことに関してアドバイスをしません(と言うよりも出来ません)

それともう一つ、論理思考が苦手な人が感情思考が得意と言うわけでもないんです。
むしろ感情思考に振り回されてます。


さらに、「好きなことでは食っていけない」とか「我慢する事が美徳」みたいな教育を受けてるのでこの感情思考を肝心な時に使いません。


多くの悩んでいる人のパターンは、「問題解決」の時に感情思考を使って解決できなくてはまっていて、「やりたい事」とかを探す時に論理思考を始めて「やれること」がなくて困ってる・・・そんな状態ですね〜

実はこの論理思考と感情思考でどちらを多く使うかは、僕の生年月日から導きだすパーソナル心理学で完全にわかるんです。
ようするに「持って生まれたもの」なんですよ。

ただ、「100%感情思考」とか「100%論理思考」とかって人はまずいません。「割合」が違います。
男性はもともとが「論理思考」です。女性はもともとが「感情思考」です。
なので、男女と生年月日からきまる持って生まれた物の組み合わせで「割合」が気まります。

女性でなおかつ生年月日からも「感情思考」の強いタイプだと、非常に強い感情指向タイプです。
こんな人は普段は良いのですが、「問題」にぶつかった時が問題です。論理思考をしないのでそこから抜けだせません。
そんな時のパターンは2つです。「偶然抜け出してしまうか」、「逃げてしまうか」のどちらかです。

偶然抜けだした方は「なんでそうなるか」がわかってませんから「学習」出来ていません。なのでまた同じ問題にぶつかりまた悩みます。「逃げた出した」方は当然何の解決になってませんから・・・

そしてそのうちにその問題にハマってしまいます。

ただ、感情思考の強いタイプの人は別のことでなんか「良いこと」が起こるとその事で気分がよくなって問題を頭の奥に忘れ去ってしまうんですが・・・

するとまた、同じ問題にぶつかった時に同じように悩み・・・・・・・・


実は日本人はあまりこの「論理思考」と言うやつが得意では無いんですよ。
そのれは「会話」が一つの理由です。

日本人は世界の中でもずば抜けて「感情思考な会話」をします。
逆に言えば一番「ロジカル(論理的)な会話」をしません。

これは、「感情思考」だからではなくて日本語の「繊細さ」や「相手のことを察する」事が当たり前だからです。日本語は英語などに比べて一つの事を表す表現が圧倒的に多いのです。

例えば「風」の表現方法は英語の数十倍あります。「強風」「微風」「そよ風」「突風」「木枯らし」「春一番」・・・・「晨風」とか「神渡し」なんて言葉知ってます?ものすごい数あるんですよ。

だから、いちいち「どんな風だったか」の説明があまりいらないんですよ。「説明」って言うのは「ロジカル」な能力が必要になってきます。

そして、「察する」って文化があります。「あ・うんの呼吸」ってやっですよね。細かく言わなくても何が言いたいか察してくれます。

これを、個人主義の欧米の人はあまりしません。


そういえば、年末ギリギリまで仕事で、大晦日に忙しくて近くのポストに小走りで行って帰ろうとしたら〜後ろから「コンニチハ!コンニチハ!」と・・・振り返ると「ワタシハ〜○○○トイイマス」と外人が・・・・・自転車で街中を走っていて親しげに話かけてきて、仲良くなるとキリスト教に引きこもうとする「フランシスコ・ザビエル」の末裔ですよ(笑)

「察しろ!!」
大晦日に忙しげに小走りで移動してる人間にそんな時間があるか!!「師走」って言葉の意味を勉強しろと心の叫びが〜〜


話がそれました〜

ようするに、日本人が「ロジカル」な会話を余りしないのは必要がないからなんです。
そして、欧米の人がロジカルな会話が得意なのは「そうしないとわかってもらえない」からなんです。

しかし、この事が日本人の「ロジカルな考え方」を苦手にしている原因でもあるんです。


ロジカルな考え方が苦手だと、おもに2つ問題がおきます。

1つは、問題が起こった時に解決がやりにくいです。
上でも話したように、問題や悩みを抱えててなかなか脱出出来ない人のパターンは「感情思考」ばかりしてるからです。

感情思考を多くする人の特徴に「知識」をあまり持っていません。
何故そうなるかと言うと、例えば悩みの解決方法で「AかBか」って選択肢が現れた場合に、「感情」や「感覚」で選ぶので「中身」は知らなくても選択できるんです。

だから、カウンセリングの場でも「Aで解決できるのでは?」って言うと「Aは嫌なんです」。
「なんでAは嫌なんです?」って聞くと「Aをするとこうなるでしょ〜それからこんな事が・・」

たいがいこういう場合は「A」に関する知識が間違ってます。

どちらを選択するかは自分で決めれば良いのですが、どちらの事もわかっての選択じゃ無いことが多いのですよ。ただ単に「Aは嫌だ」って感情で調べようともしてないんです。

もう1つの問題は上の話に通じますが、感情思考の人はとっても「騙しやすい」のです。
理由の一つは上のように「知識」が少ないっていう事。

そして、論理的に考えないから「問題」に気が付かないのです。そうすると「感情論」に訴えられると簡単に騙されます。

「民衆がものを考えないということは、支配者にとっては実に幸運なことだ」
「嘘を大声で、充分に時間を費やして語れば、人はそれを信じるようになる」
「大衆の多くは無知で、愚かである」
「熱狂した大衆だけが、操縦可能である」

全部、アドルフ・ヒトラーの言葉です。

日本は世界から「世界で一番成功した『社会主義国』だ」と言われています。
社会主義国の特徴は国が「情報」をコントロールしていることです。そして国民が情報を得ようとするのを力づくで抑えつけるんです。
でも今の時代は「インターネット」があるからそれが崩壊してるんです。

ところが「情報統制」をしていない、情報はいくらでも手に入るのにそれを取りに行こうとせずに与えられた情報を「考える」ことをせずに「鵜呑み」にしているのです。

武力もなにも使わずに情報をコントロールできるという、「理想的」な社会主義な状態になっています。

極端な言い方をすれば、いまの日本が多くの問題を抱えてるのは国民の多くが「ロジカル」な考え方をしないからです。
多くの感情思考をするタイプの人は、本当は何が問題かを説明しても耳を塞いでしまうんです。
そしてTVなどで言った事を論理的に考えずに「正しい」と思い込んでしまうんですよ。



ただ、勘違いしないでくださいね。すべてを「ロジカル」な考え方にするのが良いわけではありません。「やりたいこと」「楽しいこと」は感情思考からしか生まれません。

どちらも、バランスよく持ってる事が重要なんです。

人は感情思考はもともと持っています。だからそれを引き出さえばよいだけです。
生まれ持ったタイプで「論理思考」が苦手な人はいます。でもそれは「鍛える」事が出来るんです。

まあ、もっとも「感情思考」の強いタイプの人はこの手の内容の僕の日記は最後まで読みませんからね〜っここに書いても無意味なのかもしれません(笑)

それではまた〜

占い&カウンセリング ゲッターラボ

Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
情報サイトまいぷれ掲載中(クチコミ、写真等見れます)ネットで「まいぷれ ゲッターラボ」で検索しても見付かります。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookをやってます。よかったら友達申請してください。https://www.facebook.com/tsutomu.fujihara.9
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 02:20 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://getterlabo.jugem.jp/trackback/114