鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
幸せになるために必要なこと

JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

こんな話を聞いたことないですか?

「人は自分の人生を選んで生まれ来てる」


スピ系の人達とかがよくこんな事をいいますよね。


自分で選んでそこに生まれて、そんな人生になることを選んでるんだって。


ようは今の人生は「自分が選んだ」って結果で、そうなる事もわかってそこに生まれてきたんだってことですよね。


これは、よく「だから起こっていることは全て自分が決めた事」「全てが自分の予定通り」なんだって事でだから思い通りに言ってるんだと・・・・・


確かに「真理」とかって意味ならそれは正しいのかもしれません。


でもね〜「そう思えます?」

 

思える人もいるのかもしれないし、そう思えてしまったらそれは人生は「幸せ」と感じれるでしょうね。


でも、僕はこういう事を言う人はあまり好きではないんですよ。

 

だって、それ言われても思えないんですよ〜


で〜だいたいこういう事を言う人って、「思えない」って言うと「思うようにしなさい」って・・・・・


いやいや、「はい、わかりました」ってできるなら悩まないし相談もしないから〜

正しい答えを知ったからってそれができるとは限りませんよ。


陸上の100メートルで「9秒台」の走り方を聞いたらできるのかって話ですよ。

それなら日本の多くの選手達もそれは「知ってます」よ。

でも、いまだに9秒台では誰も走れて無いじゃないですか〜


そもそもの話、これ僕はできないんだと思うんですよ。


じゃあ、できてる人は??


本当の意味での相手の心の中の状態までは見ることはできないので「真実」はわからないですが・・・・・他人の心の中に入って「その人」になってみることはできないですらね〜


ただ、僕が感じる多くの場合はそれを言ってる人って、そんなに苦労をしてないようにみえます。


だから言えれるような・・・・でもそれで言えてるの人は本質的にはこれはできてないんです。

何故って、そんな人では本当に辛いことが起こった時には途端にそれができなくなるからです。

 

「そんなに苦労していない」って言うのはね。

そんな人が「苦労」とか「辛いこと」が起こってないって言うのではないんですよ。


そんな人っていうのは「自分の力の及ばない苦労」っていうのが無いか少ないんです。


「自分の力の及ばない苦労」って言うのの一番はやはり「生まれ」からくる苦労です。


なので、「自分で選んで生まれてきた」って言ってる人は、生まれながらに大きな障害持ってる人とか親に酷い虐待をされてる人、内戦で貧困な国に生まれた人にそれが言えるのかって思うんですよ。


そこまででなくても、「生まれ」は平等ではありません。


かなり「不公平」です。


貧乏な家に生まれれば裕福な家に生まれた人よりは「不利」な面は多くあります。

これ、「それは自分の努力で」みたいに言う人いますけどね。


それを言う人は、そこまでの「貧乏」では無いんですよ。


「努力ではどうにもならない」って事も起こるんです。


例えば、僕には「血縁者」が1人もいません。

これ僕の努力でどうにかなるものではありませんよね。


結婚して新しく家族を作る事はできても、親戚とか先祖とかってのはどうやっても増えません。


今みたいに「お盆」になるとこれ凄く身に沁みるんです。


先日、知り合いが部屋を借りるのに一緒に不動産屋さんに行ったら、申し込みに「血縁者」を1人書くようになってたんですよ。


保証人とかなら知り合いとか、今なら保証会社とかもありますがこれはそれとは違うらしいのですね。

もしも、亡くなったり居なくなった時に部屋の荷物を整理したりするのに必要だからみたいです。


僕も部屋を探しているんでこれはちょっと困った問題です。

誰か大家さんとかオーナーさんとか、これを読んでてそのへん融通を利かして貸してくれないかな〜^^

 

自分の努力ではどうにもできないことって存在します。

とくに「生まれ」に関することはね。

 

でも、それも「自分が選んでる」だって言う人がでてきます。


それは絶対になっとくできません。

 

だって、そもそもが「そんな記憶」ないんですからね。


「覚えてないけどそうなんだ」って言われても、覚えてないことは自覚できてるわけないじゃないですか〜

 

このお話ってね。

本質は「そこ」じゃないと思うんですよ。


そんな目に見えない記憶もない事を思うんじゃないんだと思います。

それってある意味では「逃げ」ですからね。


「人は1日に9000回の選択をする」

いろいろ説はあるそうですが、そうみたいなんですよ。

 

これはもちろん選択をした記憶がありますよね。


「自分がした」って自覚できます。

 

本当に「全て」は無理な部分もありますけど、この「自覚」している「選択」を「自分が選んだ」ってきちんと思えてるか。

これの割合が多い人ほど、人生に「幸せ」を感じれるのだと思うのですよ。


究極の言い方をすれば、道を歩いていて飲酒運転の車が突っ込んできて轢かれたとしてもそれは「その道を歩くって選択」を自分がした結果です。


もちろん、悪いのは飲酒運転のドライバーです。

でも、「そこ」を「その時間」に歩くのを決めたのは「自分」です。


ここまではなかなかできないとは思います。

でも、人生がうまくいってない人をみると、自分の選択を常に誰かや別の何かのせいにしています。

 

何かをやってうまくいかないと、「その何か」が悪いって言いだします。

もちろん始める時は良いと思ったけど、やってみたらそうでもなかったなんて事はよくあります。


確かにやってみないとわからない部分も多くはあるんですね。

でも、それを選んだのは「自分」です。


別に拳銃を突きつけられてさせられた訳では無いはずです。


それなのに「相手が悪い」とか「物が悪い」とか「内容が悪い」とか・・・・・


それって「相手」とかでは無くて「自分の選択」を「ダメ」って自分で否定しているですよ。

 

そうやって自分の選択を否定している限りはそれは本当に自分にとってマイナスな物でしかなくなります。

でも、それを「自分の選択の結果」だって思えてる人は、その内容がどんなに悪いものであっても、それは「経験」という財産になって必ず「よい人生」の糧になります。


「生まれ」はどうする事もできないって言いましたよね。

確かにそれはどうすることもできないし、「選択した」って自覚もありません。

でも、それで起こったことからどう自分が選択していくかは、自分の選択です。

 

生まれでマイナスな事が起こったとして、だから自分はうまくいかないんだと「選択」してそれ以後の自分での選択も誰かのせいや生まれのせいにして生きればそのようにしかなりません。

でみ、「そうであっても」そこから自分が幸せになるために選択をして時には失敗や辛い事も「自分の選択」と思えれば、その「マイナス」は大きな「経験」って言う糧になってくれます。


全ては「自分の選択の結果」です。

でも、勘違いしないでくださいね。

その結果が良くないことも自分の選択の結果だから、それで我慢しろってことではないですからね。

良くなかったり悪かったら、それは修正すればよいんですよ。

自分が選択した結果だってわかっていればよいんです。

 

ただ、全てを思うのは難しいです。

だから、時には誰かのせいにする時もあるのはしかたがないです。

時には政府が悪いとか先祖が悪いとか過去のカルマだとかにする時も必要です。

そうしないと心がもたない時もありますからね。


でも、それをやり続けても人生は良くなりません。

それは「一時しのぎ」でしかないのです

少しづつでも自分の選択だって思えていかないと人生は変わりません。

 


もしも、多くの事をそう思えるようになれたなら人生はとっても楽になります。


例えお金がなくても独身でも地位がなくても頑張れなくても、それは自分が決めてそうしているって、「自分の選択」だって思えているのならその人は幸せなんですね。

これは「諦め」とはまったく違います。


そしてそう思える割合が増えれば増えるほどに、人生は自分の思い通りになり始めるんですよ。


自分の選択を「誰か」「なにか」のせいにしていると、「それは自分の選択の結果」だってのをわからせる為に、悪い結果やダメな結果ばかりを引き寄せるんです。

 

そしてこれが本当に多くできると記憶はないから「自分が」とは思えないですが、今の人生を選んだたぶん「自分」に「良いのを選んだ!」とは言えるんですよ。


その選択は「誰」がしていますか?

 

それではこれで終わります。


8月、9月ワークショップの予定

●お金のブロックを外す点描画ワークショップ

8月17日(木)13:30〜15:30
8月27日(日)13:30〜15:30

9月14日(木)18:30〜20:30
9月23日(土)18:30〜20:30

場所:鳥取県立武道館 研修室(3) 米子市両三柳3192−14

参加費:10000円

オルゴナイトペンデュラムのワークショップの同時に申し込み(別の日でも可)の場合はセット料金で両方合わせて12000円

参加希望日締め切り:希望日の1週間前(前払い)

講師:惺ゆり


●オルゴナイトペンデュラム創りワークショップ(ご希望の人は別のオルゴナイトも可)

8月17日(木)16:00〜19:00
8月27日(日)16:00〜19:00

9月14日(木)18:30〜21:30
9月23日(土)18:30〜21:30

場所:鳥取県立武道館 研修室(3) 米子市両三柳3192−14

参加費
オルゴナイトペンデュラム:5000円(ペンデュラム2個+小物数点)

円錐形、ダイヤモンド型:7000円(円錐、ダイヤモンドいずれか1個+小物数点)
ピラミッド型:8500円(ピラミッド1個+小物数点)

参加希望日締め切り:希望日の1週間前(前払い)

講師:惺ゆり

オルゴナイト?点描画?って人は惺ゆりさんのブログを読んでみてください。
https://ameblo.jp/satoi-yuri0524/

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ

 

 

 

 

 




ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/

ゲッターラボ運営のYahoo!ショッピングサイト

http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 01:28 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
ドタキャンする人と会話が伝わらない人

JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

僕のブログの人気のある記事に「ドタキャンする人」と「約束をまもらない人」っていうのがあります。

興味がある人はこの記事の最後にリンクを入れておきますので読んでみてください。


その中でドタキャンとかする人の「素質」のお話をしています。

こういう事をする素質の人って大体が決まっているってってことなんですね。


ここで、勘違いしないで欲しいのは「その素質」だと必ずそんなそんな事をする人になるって事ではないですよ。

そうなる「可能性」が高い素質があるって事で、その素質でもそん事は全くしない人も多くいます。


人の行動って言うのは、僕が使っている「パーソナル心理学」での持って生まれた素質+育った環境で決まります。


ただ、環境があっても「素質」にそうなる要素がないとそうはならないので、あくまでも「素質ありき」なんですね。

 

これらの記事が人気があると言うのは、それだけドタキャンとかされて困ったり怒ったりしている人が多いって事ですよね。

 

僕も先月、セッションの開始時間20分前にドタキャンされました^^;

電話セッションですから、前もって分析シートとかも渡しているのにですよ。

まあ、どうにもならないことは起こりますからね〜病気とか身内に何かあったとか・・・・


でも、そんな時には理由を言いますし、その後に別の日に変わりの予約を入れるでしょうがそれもなし・・・・


知り合いからは「キャンセル料を取った方がよいよ」って言われたんですけどね〜


こんな人間はキャンセル料なんて理解できる知能はないから払わないでしょうから、言っても無駄なんで連絡してないですけどね〜


以前、ネットの記事で「レストランの予約をドタキャンとか来ない人の電話番号を共有するサービス」ってのが話題になってましたね。


それだけ多いんでしょうね〜

 

この先月のドタキャンした人も、以前のブログなどに書いている素質のタイプなんですね。


2年間ぐらいドタキャンした人の素質を記録しているんですが、11件中8件がこの素質のタイプなんですね。

それ以外の人のは本当に仕方のない場合も含まれているんですよ。

それでこの数字はやはり「しやすい素質」ってあることになると思います。

 


でも思いません?


そうなりやすい「素質」があったとして、それにそうなるような環境があって(厳密にはそれをダメとしない環境)、仮にそんな行動の人ができたとしましょう。

でも、僕のブログに多くのアクセスがあったりするように、この行動は嫌われるわけですよ。


場合によってはキャンセル料とかって可能性だってあったり怒られたりもしますよね。

 

そうなれば、そんな行動をしなくなるのではって思いません。

 

もちろん怒られたりしてしなくなる人もいますよ。

でも、そうでない人も多くいるから僕のブログを読む人が多くいたり、そんな人の電話番号を共有するようなシステムを作る人が出てきたりするんですよね。

 

これ実はですね〜そんな行動をする素質の人ってある特徴があるんですよ。

それは「会話が伝わらない」のです(やっと今回のタイトルの話が出てきた^^)


もちろん、全てではないですよ。


これもその素質の特徴からきています。

 

この素質の人の特徴として「イメージ」とか「感覚」とか「感情」って言うのを、すごく行動を決める時に使っているんですよ。


ただ、この素質のタイプの男性は殆どが一見すると「理屈っぽい」人が多いんです。


なので、どちらかと言うと論理的に考えているように思われます。


これ「論理的」には考えてはいるんですが、「そう思った理由」とか「そう発想した」って部分が「イメージ」なんですよ。


言い換えればこのタイプの男性は、自分のイメージとか感覚で発想した事に理屈をつけるが上手いんです。

 

どんなに論理的な理屈を付けてもその根拠が「そう思ったから」なんですね。

 

でも、これだけだと先程の疑問は解けませんよね。

 

この素質の人でこの「イメージ」の部分がとても強い人って、自分がイメージしたり発想した事は「相手(他の人)」も同じようにイメージしたり発想したりしてるって思うんですよ。

 

これよく僕のパーソナル心理学の講座を受けてくれてる人に説明するんですが、この状態は理解しにくいみたいです。

 

非常にイメージ力が高いので、そのぶんで自分がイメージした事が「すべて」に思えてるですよ。


以前、知り合いでこの素質のタイプの人とこんな会話がありました。

僕があるパンを食べていると・・・・


知り合い「そのパン、不味くない?」

不味かったら食べないだろうってツッコミもあったのですが〜
僕「いや、そんなことないよ。むしろ好きかな」


知り合い「え?そんな事ないでしょ。前に食べたら不味かったよ」

僕「そう?でも、それはあなたがそうだからって僕もそうとは限らないのでは?」

知り合い「は?だって不味いんだよ。」

僕「いや、味の好みは違うでしょ」

知り合い「好みは違うけど、味は同じでしょ。不味いってのは誰でも思うよ」


僕「いや、だからその不味いかってのが人それぞれでは?」

知り合い「だったら、塩はしょっぱくない?砂糖は甘くない?同じだよ」

僕「めどくさ・・・・じゃあ、不味いとしよう。そしたら作った人も全ての食べる人も不味いんだね。そんな物を何故売ってる?仮に売り出しても売れなくて淘汰されて消えるのでは??このパンはもう何年も売っってるけどそれはどう説明するの?」


知り合い「・・・・・・」


(笑)(笑)

若かったので思わず論破してしまいましが・・・今なら「はい、はい」って終わってます^^


さて、この人はようは自分が「不味い」と感じた食べ物は「全ての人」が同じようにそう感じると思ってしまってるんですね。


先程も書いたように、この素質のタイプの特徴なんですよ。


自分がそう感じたら「それ以外」を想像できなくなるんです。


だから、そのそう感じた「不味い」は絶対で、「違う」って言っている僕の方に何かそう言う理由があるのだと思ってしまいます。


でも、思いますよね〜僕が「不味くない」って言ってるのだから、それは僕の側の問題だから僕の「答え」以上の答えなんて存在しないはずです。


でも、それでもこのタイプの人は自分のイメージが絶対なんです。


だからいませんか?

どんなに説明してもわかってくれない人とか、「私はこうだ」と自分の事を言ってるのに「それは違う」と言い張ってくる人。

 

先程書いたドタキャンとか約束をまもらない人って、「そうなる」のも素質からの行動です。

でも、結果的にドタキャンとかして相手に迷惑をかけたり困らせたりしているって事を気にしてないのかが疑問ですよね。


実は気にしてません。


なぜかと言うと〜「自分がイメージしているから」です。


理由は何であれ自分が「行けない」って思ったのですよ。だからそれは相手もそうイメージすると思ってるからです(厳密には「思ってる」とかとは思ってませんけどね)


先程の「パン」のお話と同じです。

「自分が不味いと感じた」→「それは他の人も同じように感じる」

「自分が行けないと感じた」→「それは他の人も同じように感じる」


あえて言葉にしているだけで「他の人も同じように感じる」とは思ってませんけどね。

 

自分が感じた事がすべてにしか思えてないのですから〜


昨年、相模原で障害者の人を19人殺したって事件がありましたよね。

あの犯人は「障害者は周りに迷惑をかけているから必要ない」って今でも言ってますよね。


殺された人の肉親や同じように障害者を家族に持つ人から「そんな事はない」「自分たちには大切な家族だ」とどんなに言われてもそうは思わないようです。


この犯人も同じタイプで非常にその素質が強く、さらそのイメージが特殊なタイプです。

だから、「自分がそうイメージしている」って事はすべての人も同じようにイメージしているとしか思えないのです。


だから、この素質のタイプの人達には「話が伝わらない」って思うんですよ。

 


何度も書きますが、「素質」がそうでも「環境がなければそうはなりません。

なので、そんな状態の人は往々にして甘やかされて育ってるか、逆にあまり関わりを持たれないなくて「怒られる」事がなかったりです。


先月、ドタキャンした人も「ゆとり世代」でしたからね〜^^

 

大人になっちゃうとなかなか修正は難しいのです。

なにせ本人は気がついてませんから・・・・


仮に怒られても、「相手もイメージしている」のに怒ってくるから「逆ギレ」でもしているように感じるのです。

 

なので、そんな人に出会った時は腹が立ったりするのは「感情」なのでしかたないですが、それをいつまでも引きずらないことです。

どこかで「正したい」とか「わからせたい」って意識があると、ずっとその事に執着してしまいます。

 

執着すると自分も同じレベルに落ちてしまいます。

そうなると、「縁」がそうなってしまうんですよ。


「縁」はその人の「心の反映」ですからね。


縁がそうなるとどんどん同じような人を引きよせるので、自分の周りの環境がどんどん悪くなります。


どう考えてもそんな人が自分の周りに増えたら人生が良くならないでしょ。


だから、執着しないことです。


時折、現れるのは「試されてる」だけですからね。


だから、僕もキャンセル料とか言わなかったんです。

その数千円よりそのレベルになる方が大損害ですからね〜


言い換えれば、そんな行動をしている人は「そんなレベルの人」としか縁ができないので、人生はよくはなりません。


そんな人の周りには「同じような人」ばかりなんです。

 

でも、お店とかだと金銭的な損害とかあるんでそうも言ってられないんですけどね〜


ちなみに、自分で商売とかしてない人の勘違いなんですが〜

会社勤めの人の感覚でドタキャンとかってのは、「仕事を休む」って感覚の人が多いですが、実際は勤めている人の感覚で言うと「給料が払われない」ですからね。


きっとドタキャンとかする人も、「給料が払われない」と怒るだろうし困るはずですよね〜


まあ、先程も言ったように「相手も『行けない』ってイメージしてる」っ思ってますから、そう考えないですけどね^^;


それではこれで終わります。

「約束を守らない人part1〜2」
http://getterlabo.jugem.jp/?eid=304

「約束を守らない人、ドタキャンする人の理由」
http://getterlabo.jugem.jp/?eid=385

「ドタキャンする人Part1〜4」
http://getterlabo.jugem.jp/?eid=156


8月、9月ワークショップの予定

●お金のブロックを外す点描画ワークショップ

8月17日(木)13:30〜15:30
8月27日(日)13:30〜15:30

9月14日(木)18:30〜20:30
9月23日(土)18:30〜20:30

場所:鳥取県立武道館 研修室(3) 米子市両三柳3192−14

参加費:10000円

オルゴナイトペンデュラムのワークショップの同時に申し込み(別の日でも可)の場合はセット料金で両方合わせて12000円

参加希望日締め切り:希望日の1週間前(前払い)

講師:惺ゆり

オルゴナイト?点描画?って人は惺ゆりさんのブログを読んでみてください。
https://ameblo.jp/satoi-yuri0524/

 

 

●オルゴナイトペンデュラム創りワークショップ(ご希望の人は別のオルゴナイトも可)

8月17日(木)16:00〜19:00
8月27日(日)16:00〜19:00

9月14日(木)18:30〜21:30
9月23日(土)18:30〜21:30

場所:鳥取県立武道館 研修室(3) 米子市両三柳3192−14

参加費
オルゴナイトペンデュラム:5000円(ペンデュラム2個+小物数点)

円錐形、ダイヤモンド型:7000円(円錐、ダイヤモンドいずれか1個+小物数点)
ピラミッド型:8500円(ピラミッド1個+小物数点)

参加希望日締め切り:希望日の1週間前(前払い)
 
講師:惺ゆり

オルゴナイト?点描画?って人は惺ゆりさんのブログを読んでみてください。
https://ameblo.jp/satoi-yuri0524/

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ

 

 

 

 

 




ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/

ゲッターラボ運営のYahoo!ショッピングのサイト

http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 00:56 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
お金がないのはお金に「不安」を感じているから?

JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

少し前に「お金」に関することを書きましたよね〜

その時にお金のブロックを外すための「点描画」のワークショップの告知もしました。

その時に僕も参加したんですね。

僕は実験を兼ねた予行演習で一度やってるのでその時で2度目です。


ワークショップの翌日は仕事の予定は入れて無くて、その後の1週間で通常の1ヶ月の収入が入って来ました^^

しかも、ワークショップをするまではその週の予定はむしろ暇だったのに・・・・・


ということですでにあまり働く気が無くなっていたりします(笑)


いや、勘違いしないでくださいね。


僕は「好きなことを仕事にしてる」ので楽しいんですよ。でも、好きな事や楽しいことは一つじゃないんですよ〜

ハンバーグも好きだけどラーメンも好きなのと同じ。

お金は無限に増やせるけど時間は有限ですからね〜他の好きなことになかなか時間が無くて・・・・

 


これワークショップの効果なのか偶然なのかはよくわからないんですが・・・・


ただ、一つ面白い発見はありました。


このワークショップは「点描画」で「1万円札」を描くってもので、とにかく「1万円札」と対峙しないといけないんですよ〜


そして描くわけですから(下書きがあるので誰で描けます)、細部まで観察しないといけません。

 

いかに普段からこの「お金」をよく見てないかがわかりますよ。


そんないい加減にしか見てない物ならなかなか手にはいらないのも当たり前ですよね〜


描いてみてかなり身近なものに感じれるようになったのは確かですね。何年も前から身近にあったのに・・・^^;

 

それだけ多くの人は「欲しい」と言いながらも「お金」を知らないんですよ。


人が本能的に不安になるものっていくつかあるんです。

一つは高い所。

もう一つは大きな音。

これは「慣れ」とか安全が確保されてたりするとかなり軽減されます。

そして最も不安になるのは「未知」のものなんですよ。


「おばけ」がなぜ怖いのかは、それがよくわからないからです。

科学的に解明されたら怖くなくなります。

 

人間は「未知」のもの「よくわからないもの」に不安や恐怖を感じるんですね。

 

ハリウッドのホラー映画は最初の30分でだいたい人気のない所でいちゃついてるカップルが襲われて正体が出てくるんですよね〜(笑)


そうなるとあまり怖くなくなるんです。

だから、その後は「びっくりさせる」か「見た目がグロテスク」にして怖がらせるしかなくなるんですよ。


その点、日本のホラーは最後の方まで正体がはっきりとわかりませんから怖いんです。

 


話がそれましたが、何であれ人間は「正体不明」なものは不安だったり恐れを抱いたりしまね。

 

 

「お金のブロック」って言い方をすると、それは子供の頃や育った環境なんかで、できている無意識の中に入っているお金に対する「恐れ」「不安」「恐怖」「苦しさ」の事だったりするんですね。


もちろん子供時代だけでもないですが・・・・TVや映画や小説を見れば「お金」が原因で人が殺されたり不幸になるって物語だらけでしょ。


だから、お金=不安になりやすいんですよ。


でもそれだけじゃなくて、「お金」っていうのものを理解」していないからってのも理由なんですね。


さきほど書いたように、「1万円札」を描いてみると驚くほどその構図も色も絵も「知らない」のです。


自分の車が何色でどんな形なのか知らない人いないと思います。

自分の持っているバックの色や形を知らない人も、自分の家の色や形や場所を知らない人もいないですよね。


でも「お金」は知らないんですよ。


そもそも「お金」って何ですかね?


お金って何だと思います?

例えば別の次元から来た人がいて「お金」を知りません。

その人に「お金」の意味や理由をを説明するとしたらなんて言います??


「物を買う為の券」?

「なんでも手に入れれる紙」?


これ明確な答えはないのかもしれませんが、自分なりの解釈は必要だと思いますよ。


そこを漠然としているから、「正体不明」なものになってしまうんです。
そしてそもそもが多くの人は「そんなこと」すら考えずに使っていて、「欲しい」と思っているんですから手に入らないわけですよ。

 

僕の解釈は言葉にすれば「価値を溜めておくもの」かな〜


よくスピ系の人なんかで、「お金があるから不幸になる。お金なんてない世の中にすれば良い」って人がいます。

そんな人に「では、どうやって物を手に入れる?」って聞くと「物々交換をすれば良い。そうすれば平等だ。富の集中がなくなって貧富の差がなくなる」って・・・・

「野菜を作っている人は野菜を、動物を飼っている人は肉を大工ができる人は大工仕事を『物々交換』すれば良い」


そう言いますね〜でもこれは僕はお金の事を理解してない人の意見に思えますよ。

 

例えば、Aさんは「野菜」を作ってます。Bさんは「お米」を作ってます。Cさんは「瓦職人」です。Dさんは靴を作っています。

Aさんがお米を欲しいからBさんに大根とお米を交換してもらいました。

Bさんは靴が欲しくてDさんに靴とお米を交換してもらいました。


Cさんがお米が欲しくてBさんにお米を交換してもらいに行きます。

しかし、Bさんの家の瓦は壊れていません。それでは交換できませんよね。


Dさんが野菜が欲しくてAさんの所にいきました。しかし、Aさんは今、靴は足りています。
これもDさんは野菜を手に言えれませんよね〜


これ殆どの人が必要でしかも食べたら無くなる「米」を作ってるBさんが圧倒的に有利ですよね。


すると、Cさんはお米がないと飢えてしまうので、Fさんの瓦を直した時に物々交換した「服」を交換してもらえないかとBさんに頼みます。

しかし、Bさんは服は必要ありません。

Bさんが必要なのは「本」です。


今度はCさんは瓦と本を交換してくれる人を探さないといけなくなります。


都合よく見つかればよいですが・・・・・・


これ必要としているものと時期が違うから起こることですよね。

 

それを解消するために、「お金」は「価値を溜めておくことができるんです。


Cさんは瓦を必要としているFさんから瓦の価値分の「お金」をもらいます。


Cさんはそのお金の価値分のお米をBさんと交換します。Bさんは瓦は必要ないですが本は欲しいのでその「お金」でその価値分の本と交換すれば良いわけです。


これね。

最初の物々交換のシステムで、Cさんがどうしてもお米が欲しいなら方法はBさんから「借りる」しかなくなるんですよ。

いずれ交換できるものが手に入るまで、必要なお米を借りておくしかありません。

すると「借りる」のですから利息が付きます。


しかも、Bさんには逆らえなくなります。


あれ?貧富の差が(笑)富の集中が(笑)

 

お金って等価交換をするためのエネルギーを溜めておくものなんですよ。


僕がセッションをして瓦をもらっても困りますからね(笑)

物とか情報とか技術と等価交換をする時に、相手が必要としている物、情報、技術が自分にあるとは限りません。

なので、一時的にその物、情報、技術って「エネルギー」をお金に溜めておくんですね。


僕がセッションで「情報」ってエネルギーを渡します。


すると相手はお金を払うのですが、そのお金には僕が渡した「情報」分のエネルギーが溜まっているわけです。

そしてそれを僕は必要な「何か」と交換できるわけですよ。


だから、お金は別に人を不幸にするものでも汚いものでもなわけです。

 

こんなふうに考えたことあります?


漫然と「お金」って使ってません??

必要なもので欲しいのに、ちゃんと考えたことない人が多いんですよね〜

 

そんな「お金」ですが、せっかくワークショップをしているのでちょっと実験をしてみようと思います。

「1万円札を描く」って点描画と一緒にやっているオルゴナイトのペンデュラム創りをやってるのですね。


なので、その創った「オルゴナイトペンデュラム」を使って数字をだし、1ヶ月間「ナンバーズ3」を買ってみるって企画^^


何故に「ナンバーズ3」か?

ナンバーズ4とかロトだと僕の財運の上限を超える可能性があるのと、なによりも数字が多すぎて面倒くさいです^^


毎日、ペンデュラムでダウジングをしてその数字で買います。

そしてこちらの↓ブログで結果を発表しますね。

http://getterlabo.blog.fc2.com/


ちなみに先に数字を発表して、当たれば「当てた」感が高くてかっこいいですが・・・・

これだと、それを見て買う人がいたらその人の財運とかお金のブロックなんかと「平均化」されてしまうんですよ。


なので、結果を発表します。もしも当たったら証拠を載せますから〜


これ当たったら、点描画とペンデュラムのワークショップに申し込みが増えるからそちらの儲けのほうが当選金よりも・・・・・

ってよく考えたら、1万円札を点描画で描くって企画は僕がしたんですがワークショップは惺ゆりさんですから儲かるのは惺ゆりさんだ(笑)

まあ、いいか〜^^

 

そして、本文中に出てきた「お金のブロックを外す 1万円札を点描画で描いてみよう」と「オルゴナイトで自分専用のオルゴナイトペンデュラムを創ろう」のワークショップは随時やってます。

1万円札を2時間近く見る機会ってなかなかないですよ〜

オルゴナイトペンデュラムは2個のペンデュラムと小物数個を作ります。

簡単なお金のブロックの話とペンデュラムの簡単な使い方は必要ならワークショップの時に僕がお話します。

写真のペンデュラムは惺ゆりさんの生徒さんの「紡(つむぎ)さん」が創ったオルゴナイトペンデュラムです。


*講師の惺ゆりさんのブログからコピペ

,金のブロックを外す点描画ワークショップ

・7月29日(土) 13時半から15時半

・8月17日(木) 13時半から15時半
・8月27日(日) 13時半から15時半

参加費 1万円


▲ルゴナイトワークショップ(2通りコースあります)

〜あなたに出逢える神秘のオルゴナイト〜

今月は、毎月のオルゴナイト創りと「オルゴナイトペンジュラム」が創れる日を設けました。
日程は下記に載せています。

※ペンジュラムとは?
占いの道具の中では、誰でも使いやすい物の一つです。
意識を通さずに潜在意識を識っている情報を知る方法で、潜在意識の声を聞くためのツールです。

〜〜〜円錐形、ダイヤモンド型、ピラミッド型コース〜〜〜

・8月17日(木) 16時から19時まで
円錐形、ダイヤモンド型、ピラミッド型のどれかを選んでください。


●円錐形、ダイヤモンド型は7,000円
●ピラミッド型は、8,500円
(余った液で小物も創ります。)


〜〜〜オルゴナイトペンジュラム+小物コース〜〜〜

・7月29日(土) 16時から19時まで
・8月27日(日) 16時から19時まで

参加費 5,000円
(余った液で小物も創ります)

オルゴナイトペンジュラムコースとお金のブロックを外す点描画の両方参加の方は12,000円です。

,鉢△里匹舛蕕一方のみの参加も可能です。


,鉢△領省参加すると?
お金のブロックが外れる、またはブロックに気づいてから
ペンジュラムを創ります。
そのペンジュラムを使ってグラウディングをすることで
意識が変わり、より理想を現実化しやすくなり、現実を動かしやすくなります。


※グラウディングとは、地に足が付いている状態のことです。「生きる」ということを意味しています。
つまり、生きることを行うということです。
ペンジュラムを使う前にグラウディング(ダウジング)をすることをお勧めします。基礎中の基礎の部分になりますので、とっても大事〜〜。

 

8月も同じ内容のワークショップをしますので
7月と8月と分けての参加も対応いたします。

最後にこのワークの流れを簡単に・・・・。

お金のブロックが外れるお金の点描画を描き

・・ブロックが外れる・・またはお金に対するブロックに気づく
その状態でペンジュラムを創る・・

ペンジュラムでグラウディングし

ペンジュラムを使って、理想の現実を引き寄せることができます。

簡単に言うとこんな流れです。


場所・・・ いずれも、鳥取県立武道館 研修室(3) 米子市両三柳3192−14

 

なお希望参加日の1週間前までにお知らせください。


皆様の参加をお待ちしております。

申込みは僕の方でも惺ゆりさんの方でもどちらでもOKです。

 

惺ゆりさんのブログ
http://ameblo.jp/satoi-yuri0524/entry-12287968350.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----satoi-yuri0524_12287968350

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ

 

 

 

 

 




ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/

ゲッターラボ運営のYahoo!ショッピングのサイト

http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 22:05 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
悪口を言う人、陰口を叩く人

JUGEMテーマ:人生論

 

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

悪口とか陰口とかを言う人っていますよね〜

言われたりしたこともある人も多いと思います。


言われると不快ですよね。

まあ、人間なんで愚痴ぐらいは言うでしょうから本当に親しい間柄で愚痴るぐらいは良いのですが〜


全く根拠の無いことや、自分のマイナスな部分は全部隠して相手が悪く聞こえるように「編集して」他の人に話したり、場合によっては「人から聞いたこと」をあたかも「事実」のように言ってまわる人とかもいますよね〜


まず、思うのはよっぽど暇なんですよね〜

僕なんて1日の24時間ではやりたいことが全部できないぐらいなのに、他人の悪口を言ってる時間なんてもったいなくて・・・・


さて、こんな人達の心理や言われてる時の自分の受取かたはどうしたらよいんでしょうね。


そういう人って、大きく分けると2種類いるんですよ。

「自分がない」

「自分が正しい」


これ表面的に2つに特徴が別れるから2種類って書きましたが根幹は同じです。


この場合の「自分が正しい」もそれは「こうでなくては」を自分にも他人にも向けている状態です。


本当の意味での自分が正しいは「自分だけ」でよいはずなんですよ。


そしてその本当の意味での正しいは「こうでなくては」ではなくて、「ありのまま」だったりします。

 

こういう人は自分の心の中で、自分に向けている「こうでなくては」を心の底では拒否しているんですよ。

だから、「そうでない人」にイライラして「口撃」を初めるんですね。


人は自分自身にむかってやっていることしか他人にしません。

僕のブログでよく書きますよね。


自分自身を「こうでなくては」で縛ろうとしているから、他の人にも「こうでなくては」を向けて「そうしてくれない」その人の悪口とか陰口を言うんですよ。

 

だから、これは自分が自分と思っている「自我」と本質の自分である「真我」のギャップが大きい人ほどやるんですね。

 

人生ってザックリ言ってしまえば、この自我を真我の言うことにどれだけ合わせれてるかが「幸せの度合い」を決めます。

なので、言い換えればこう言う悪口や陰口を言う人は「ギャップが大き」のですから「幸せではない」のですよ。


だって幸せな人は、他人の考えとか行動なんてどうでもよいですからね〜


「意識が外に向いてる」って言うのも「幸せでない人」の特徴です。


でも、こう言う人ほど思ってるんですよね〜「自分は人のために行動している」って。

 

だから、そのこうでなくてはを向けて悪口とか陰口も、「相手を正そう」といしているつもりもあったりするんですよ。


もしも、そうだとしたら、それは相手に直接言えばよいだけの事です。

 

本人のいないところで言ったり、ネットに書き込んだり会ったこともない人の事を言う時点で、それはその「こうでなくては」を誰かに「同意」してもらいたいんですよ。


心の底では自分に向けた「こうでなくては」が苦しいから、他の人の「同意」をもらう事で自分を納得させようとしているんですね。


結局は「本質的な自分」に気づけてないので「自分がない」のですね。

 

そしてもう一つの表面的にもの「自分がない」人もいます。


そんな人も同じように「同意」をもらうことで、仲間になってもらいたかったりするんですよ。


「敵の敵は見方」でしょ。


相手も自分の悪口に賛同してくれたら「敵の敵」になるじゃないですか。


そんな人は「好かれたい」「認められたい」って願望が強いんですね。

そして嫌われたくないんですよ。


こういう人って、相手と「正しい」が同じでないと仲良くしてもらえないって思ってたり認めてもらえないって思っいてます。


だから、「正しくない」相手の悪口を言うことで相手に同意してもらえたら「正しい」が同じになって認めてもらえるみたいな錯覚を持っています。


でもそれ同類がいただけで認めたのではないんですね。

「同類」なんで、いつでもその相手は自分の悪口を言うわけですよ。


同類を見つける事で集団の中にいようとします。

こういう人は嫌われたくないって本質があるので、集団に執着するんですよ。


それは自分がないから自分の力で「自立」していられないからです。


だから、見た目では華やかで素敵そうな集まりに言ってみると最初は良いんですが、だんだんと苦しくなってくるって事ってありません?

そこの人達の意見や考えと違う事をしたり言えばとたんに攻撃をうけてしまう。

そこから抜けようものなら、悪口や陰口の標的にされてしまうんですね。


何故苦しいかは、華やかに見えても少し馴染んできたら集まれば、「そこ以外」の人の悪口や陰口が話題の多くに出てくるからです。


それはいつ自分に向けられるかわからない見えないプレッシャーになるんですね。


こう言う集まりは、だいたいがトップにいるのが最初に書いた「自分が正しい」ってタイプでそれ以外は「自分がない」人が集まってます。


自分が正しいというタイプは自分に賛同する人が、自分がない人は賛同することで「仲間」にしてもらえる。

ある意味では「Win-Win」になってます。


まあ、その集団そのものが「Lost」だから意味ないんですけどね(笑)


セッションでお話しているとよく聞くのが、僕が「やりたいこと」とか「好きなこと」ってお話をよくするのででてくるんですが〜

「◯◯をやりたくて、始めたんですがそれを習いに行く集まりが嫌になって・・・」

「行くと、他の集まりや他でやってる人達のやり方とか、辞めた人の悪口や批判ばかり聞かされて・・・・」

それでやりたくなくなったって人の話ってよく聞きますね〜

 

 

さて、それではそんな人達に遭遇しちゃった時の対処法ですよね。


結論は「気にしない」なんですが・・・・


そうは言われてもね〜ってなりますよね。
でも、これって本当に重要なんですよ。途中に書きましたよね。

「幸せな人は他人の考えとか行動なんてどうでもよい」って。


これは外と比べてないとか意識を外に向けてないとかってことなんですが〜

それ以外にも、幸せな人も人間ですから悪口とかを言われれば嫌な思いはしますよ。しますけど、それ以上に楽しいことや好きなことが多いから「そこだけ」に意識を奪われないんですよ。

 

これ言う人も言われて苦しむ人もなんですが、そこに執着しちゃうんですよ。


それは一つには「他がないから」です。

 

最初の方に書きましたよね〜「暇なんだろうな〜」って、そう「暇」なんですよ。


やりたいことや好きなことが楽しいことが他にいっぱいあれば、そちらに割いている時間なんてないんです。


だから、嫌な思いはしても執着はしないんです。と言うかそんな暇ないんです。


生きていれば嫌なこととかをゼロにするのは不可能です。


確かに幸せ感が高いとその「嫌なこと」って基準が下がっちゃうんで気にならないことも多いんですよ。

逆に幸せ感の低い人ほど、そこは高いからちょっとした事でも気になるんですね。


そう考えるとね。


この悪口や陰口を言う人とちょっとしたことでも気になる人は「イコール」なんですよ。


その人がどうであれ、他人をコントロールすることはできませんからね〜

となると対処方法はそんな人の事をどうこうすることではないんですよ。


それこそ、「同じ土俵」に乗って同じレベルになってしまうだけです。

 

自分の幸せ度を上げることをしていれば、人間ですから瞬間的に嫌な感情にはなるんですが気にならなくなるんです。

そこに囚われなくなるんですよ。


いつまでのそこに囚われているのが人生の無駄ですからね〜

 

そうやって自分の幸せ度を上げる方に目を向けて、そんな人達は気にしない。

そうしていると、「類は友を呼ぶ」って言うでしょ。


「縁」って言うのは「心の状態」が反映するんですよ。


だから、そんな人達の話を聞いてそう思う人は同士が集まっていくんです。


そして自分の方にそうでない人はが集まっていきます。

けっか自分に快適な世界になっいくんですね。


だから、そんな悪口や陰口を言う人は自分の世界には必要のない人の「ゴキ◯リホイホイ」みたいなものです(笑)


それではこれで終わります。

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ

 

 

 

 

 




ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/

ゲッターラボ運営のYahoo!ショッピングのサイト

http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 21:55 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
お金が欲しいけど入ってこないのを入ってくるようにする方法

JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

唐突ですが、「お金欲しいですか?」(笑)

欲しいですよね〜

「いや、そんなの欲しくない」って人はきっと自分に嘘をついてるのかもしれません。

 

お金は多く有ったほうが良いに決まってます。


ところがこの「お金」って奴がなかなかに強敵で手に入らないんですよね〜


僕も昔は「成功者になる」とか「フェラーリを買う」とか「お金と時間に縛られない生活を」とかって、「お金」を稼ぐためにいろいろ習ったりやったりしてました^^

 

でも、多少は稼げたんですが、そこまで・・・・・


なぜ僕も含めた皆さんはこんなに「お金」を望むのに手に入らないのでしょうね〜


それを手に入れれるようにするために、セミナーだとか自己啓発だとか本だとかコンサルだとかが溢れてますよね〜

僕も昔からいろいろ見てきて、今も自分自身の知識や「最新」のものを見たいからといろいろと可能なかぎりは目を通してます。

目は通してますが、昔と変わってない・・・言い方とか言葉とかがちょっとかっこよくなったり横文字になったり・・・・

 

僕がいろいろ見たり体験したりして気がついたことは、お金が手に入らない理由は「お金へのブロック」と「お金が欲しい理由」それと少し「財運」。


お金へのブロックっていうのは多くは子供時代とかとかに作られた、お金への不安とか恐怖とか劣等感なんですね。

 

これは多くはその家庭環境で作られてたりします。


これ単に「貧乏だった」と言うのだけでないんですよ。

例えば、そんなに貧乏ではなかったのだけど両親がお金の事でよく喧嘩したりしてたとかだと、両親が喧嘩することで子供は「怖い」とか「不安」を感じるわけですが、それと「お金」が結びついてしまうんですね。


大人になればそれは別の話だっとわかるのですが・・・・・


人間の行動は多くは無意識の中にある「プログラム」でやってます。

自分で考えているようで意外と無意識が支配しているんですね。


このプログラムを「習慣」と言ったりします。

「頭」ではわかっていても、このプログラムに入っていると「そうなるように行動する」のですよ。

こう言う邪魔をするプログラムを「ブロック」って言ったりします。


言い換えればこのブロックって奴があると、頭や意識では「お金が欲しい」と思っても、「手に入らないように行動」をしているんです。


そこで、このブロックをなんとか消そうっていろいろな物があるんですけどね〜

 

そして、もう一つの「お金が欲しい理由」です。


実はこっちのほうが遥かに重要なんですね。


でも、多くのものはブロックの方のことばかりなんですよ。

 

でも、最初にお金欲しいかって聞いて、「みんな欲しいよね〜」って話してますよね。

だから欲しいに決まってるじゃないかって思いますよね。


本当にそうですか??


まず、話を整理しないといけないのは基本的に「お金は欲しくない」ってことです。

 

そうでしょ。

例えば僕が1億円をあげるとしましょうか。

べつに何の見返りも求めないとしたら欲しいですよね〜


でも、その1億円を使ったらダメだとしたら?

「お金」は手に入りましたよ^^

 

そう、欲しいのは「お金」そのものでは無くてその価値なんですね。


言い換えればそのお金で買える「何か」の方でしょ。欲しいのは。


実はこの部分って、僕のパーソナル心理学での素質の違いがかなり出ちゃうんですよ。

 

だから、◯◯ビジネスとかお店をか商売とか投資とかで「稼いでる人」って素質がかなり決まってます。

このブログではあまり話した事がなくて、パーソナル心理学の講座ではお話するんですね。

 

その分類で見るとほとんどそういう人は入っています(もちろん例外はいますよ)

 

僕はって言うと見事に入ってない^^;

それどころかカスッてもない(笑)


パーソナル心理学だけじゃなくて、四柱推命で友人に見てもらったら1個もお金に関する星がないそうで・・・・お金を稼ぐことを考えると病むだけだそうです・・・・


まあ、たしかに成功しようってときは思いっきり病んでましたからね〜それだけではないんですけどね。

 


だから、僕は早い話がお金で買えるようなもので欲しい物って言うのがとっても少ないんですよ。


そうすると「お金が欲しい理由」がかなり減ってしまいます。


いや、もらえるならもらいますけどね(笑)


成功している人が言ってましたが、お金を稼げるか稼げないかの違いは「稼ぐのに必要な行動」を集中してやっているかどうかと、「その方法は正しいか」って違いだけなんだそうです。

 

確かにそうですね。


いろいろな成功者とか億万長者と言われる人を見てきましたが、ほんとうにやる時は凄いやるんですよ。


多くの人はそういう人の、もう軌道にのって安定している状態でしか見ないから「やってない」ように見えちゃんですね。

 

そう考えるとね。

僕は「そこまでして」欲しい物ってほとんど無いんですよ。

 

でも、これって多くの人も僕ほどじゃないけどそうなんじゃないですか?


だから、多くの人は「簡単に」みたいのに飛びついちゃうんです。

 

本当に稼いでいる人は「簡単に」なんて思ってはないですから(効率的にとは思ってますが)

 

でも、そうは言っても多くあるに越した事はないじゃないですか〜


そこで発想の転換です。


昔、億万長者の人がこんな事を言っていたんですね。


「お金欲しい?」

「欲しいって人がほとんだよね。では、ここに紙と鉛筆があるから『1万円札』を何も見ないで描いてみて」

「上手い下手は関係ないかから、どこに何が描かれてるかだけでもいいから」

 

これ皆さんできます?


たぶんできないと思います。


その方がこう言ってました。

「そんなに欲しいのに、なんで覚えてないの?子供が好きなゲームのカードは覚えてるよ。そのぐらいのレベルで見てないってことだから手に入らにんだよ」

「好きなカードを集めるように思えたらお金は手に入るよ」

 

途中に書きましたよね。

「欲しいのはお金ではなくて、それで買える物の方だ」って。

 


実際にほとんどの人はそうなんですが、この人の発想は「お金」って物その物を集める事を考えろってことなんですよ。


お金を描けるようになるぐらいになれば、お金を集めることはできるってことなんです。

 

確かにそうなんですよね〜

「欲しい欲しい」って言いながらそんなに真剣に見たことも無いし覚えてもないんです。


それは集めれませんよね〜

 

でも、これ昔から知っていたんですが一つ問題があったんですよ。


「画力がない」・・・・^^;


「下手でも」と言われても、絵が描けない人ならわかりますよね。


下手とかそういう問題以前にどう描いてよいかすらわからないんですよ。


こんどはそんな「ブロック」が・・・・(笑)

 

しかい、最近になってあったんですよ。

絵の描けない僕でもなんとなく描けちゃってそれなりにきれいに見える描き方が〜〜

「点描画」


しかも、点描画は集中して点を打ち続けるので瞑想にもなってるんですね。

「動の瞑想」ってやつです。

 

お金を点描画で描くことで、お金を見つめて瞑想になる。

すると自分の中にあるブロックが表面にでてくる。

出てくると無意識のブロックは浄化されて消えちゃうんです。


お金と真剣に向きあう事もできる。

1万円札を何十分も観察したことなんてないですよね〜


これ一石二鳥も三鳥にもなる可能性が・・・・


でも、いくら点描画だからって描けないって思う人もいるとは思います。

点描画をされたことがある人ならわかると思いますが、初心者向けの点描画にはガイドになる「下書き」があるんですよ。

それを自由に点を打つことで様々な図形の点描画になるんです。


そこで作家の「惺ゆり」さんに1万円を点描画で描いて下書きを作ってもらいました。


なので誰にでもできます。

そんなワークショップを惺ゆりさんに企画してもらいました。


あっ!もちろん「そこまでして」欲しくないって思うのも自由ですよ^^


ついでに、オルゴナイトのワークショップと告知します。

今月から「ペンデュラム」も創れますよ〜「オルゴナイト ペンデュラム」は凄く反応がよいですよ。

自分で創ればさらに反応はよくなります。


ペンデュラムは誰にでも簡単に使える占い道具の一つですからね〜

点描画でお金を集めれるようにして、自分専用のペンデュラムを創って・・・・・あとは「ロト」でも「ナンバーズ」でも「競馬」でも当て放題かもしれませんよ(笑)


ペンデュラムを創る人には「使い方、占い方」を簡単にレクチャーしますね。

もちろん、普通のオルゴナイトも創れます。


7月、8月のワークショップの日程

惺ゆりさんのブログからコピペです。


,金のブロックを外す点描画ワークショップ

・7月13日(木) 13時半から15時半
・7月29日(土) 13時半から15時半

・8月17日(木) 13時半から15時半
・8月27日(日) 13時半から15時半

参加費 1万円

 
▲ルゴナイトワークショップ(2通りコースあります)

〜あなたに出逢える神秘のオルゴナイト〜

今月は、毎月のオルゴナイト創りと「オルゴナイトペンジュラム」が創れる日を設けました。
日程は下記に載せています。

※ペンジュラムとは?
占いの道具の中では、誰でも使いやすい物の一つです。
意識を通さずに潜在意識を識っている情報を知る方法で、潜在意識の声を聞くためのツールです。

〜〜〜円錐形、ダイヤモンド型、ピラミッド型コース〜〜〜

・7月13日(木) 16時から19時まで
・8月17日(木) 16時から19時まで
円錐形、ダイヤモンド型、ピラミッド型のどれかを選んでください。


●円錐形、ダイヤモンド型は7,000円
●ピラミッド型は、8,500円
(余った液で小物も創ります。)


〜〜〜オルゴナイトペンジュラム[m:822]小物コース〜〜〜

・7月29日(土) 16時から19時まで
・8月27日(日) 16時から19時まで

参加費 5,000円
(余った液で小物も創ります)

オルゴナイトペンジュラムコースとお金のブロックを外す点描画の両方参加の方は12,000円です。

 ,鉢△里匹舛蕕一方のみの参加も可能です。


 ,鉢△領省参加すると?
お金のブロックが外れる、またはブロックに気づいてから
ペンジュラムを創ります。
そのペンジュラムを使ってグラウディングをすることで
意識が変わり、より理想を現実化しやすくなり、現実を動かしやすくなります。

 
※グラウディングとは、地に足が付いている状態のことです。「生きる」ということを意味しています。
つまり、生きることを行うということです。
ペンジュラムを使う前にグラウディング(ダウジング)をすることをお勧めします。基礎中の基礎の部分になりますので、とっても大事〜〜。

 

8月も同じ内容のワークショップをしますので
7月と8月と分けての参加も対応いたします。

 最後にこのワークの流れを簡単に・・・・。

 お金のブロックが外れるお金の点描画を描き

・・ブロックが外れる・・またはお金に対するブロックに気づく
その状態でペンジュラムを創る・・

ペンジュラムでグラウディングし

ペンジュラムを使って、理想の現実を引き寄せることができます。

簡単に言うとこんな流れです。

 
場所・・・ いずれも、鳥取県立武道館 研修室(3) 米子市両三柳3192−14

 

なお、材料の準備などがありますので希望参加日の1週間前までに参加費をお願いします。

 
皆様の参加をお待ちしております。

申込みは僕の方でも惺ゆりさんの方でもどちらでもOKです。

 

惺ゆりさんのブログ
http://ameblo.jp/satoi-yuri0524/entry-12287968350.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----satoi-yuri0524_12287968350

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ

 

 

 

 

 




ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/

ゲッターラボ運営のYahoo!ショッピングのサイト

http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 22:56 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
好きな事を仕事にするときに勘違いしていること

JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

好きな事を仕事にして生活していけたら幸せですよね〜

「生活のための仕事」をしている人が圧倒的に多くて「好きな事を仕事にして生活している」って人は少ないと思います。


僕のセッションを受けられる人も、最初の相談は恋愛とか人間関係の問題でもいろいろ話していくうちに「好きな事を仕事に〜」って話になることはとっても多いです。


これは、全ての人がどこかで望んでいるはずですよね〜

でも、なかなかできない人が多い・・・・なぜでしょう?


いろいろな理由はありますよ。

そんな事を僕のこのブログでもいろいろ書いていますよね。

 

その中でも多くの人が勘違いしているのが、「好きな仕事をみつける」って言うところ。


これが無いとなにも始まりませんよね〜

 

これブログとかセッションでも「さら〜」っと話してるんですけど・・・・けっこう「ピン」と来てない人が多いんですよ。


ちょっと質問です。

 

「好きな事を仕事にして」と考えてみてくだださい。


なにをしたいと思います?


思いつかないとかって人も多いでしょうけど〜

 

今、どう考えました??


「できる?できない?」って考えて「できそうなもの」を考えました?


資金の事とか技術とか資格とか考えました?


自分の地域でできるかとか考えました?


「これはお金を稼げるか?」とか「これで食べていけるか?」って考えました?

そもそもが、「仕事」を考えましたよね〜


それだと見つけれないんですよ。

 

「仕事」を探すから見つけれないんです。


だって、探すのは「好きなこと」ですからね。


多くの人は「仕事」を考え始めます。

そして「それは向いているか」「自分には能力があるのか」「どういう条件で?」「いま住んでいる所でできるのか?」、「それはお金になって食っていけるのか?」。

これらの条件に当てはまるものを探し始めます。

 

なんども言いますが、だから見つからないんですよ^^

 

それは生きていくための仕事を見つける時のやり方です。

 

「好きな事を仕事に〜」というのは、「好き」な事を見つけてそれを「仕事」にして、それでお金を稼いで食っていくってことですよ。


ということは、まずすべきことは「好きなこと」を見つけること。


多くの人は「向いているか」とか「適しなのか」ってのを気にするんですよ。


僕のパーソナル心理学で「素質」をだすと、「何に向いてますか?」って聞く人は多くいます。

 

このブログでよく書きますが、パーソナル心理学での素質は「向き不向き」を決めるのではなくて「やり方」を決めます。


「何をするか」では無いんですよ。

純粋に「好きなこと」を探せば良いんだと思います。

「適正」は「事」をきめるのでは無くて「やりかた」なのですよ。


「好きな事」が見つかれば自分の適正にあったやり方でやればよくて、好きな事が見つかれば「自分のペース」で行動すればいいのです。


「それは仕事になるか、食べていけるか」で考えるのではなくて、見つけた「好きなこと」でどうやったら「仕事になるか、食べていけるか」を考えれば良いんですね。

 


「そうは言っても・・・これではお金にならないし・・・」


本当にそうですか?


30年前ならそれが正しかったかもしれませんよ。


でも、今の時代は違うんですよ。

 

個人で簡単に全国に情報発信が出来ちゃう時代です。

30年前ならこのブログで書いているような事を全国の人に読んでもらうなんて不可能ですよ。


今なら簡単に個人がネットで物を売ったり、受注したりできちゃうんです。

それだけじゃなくて、それはただ「自分が知らない」だけなんですよ。


そしてね。

その「好きなこと」、一個で食っていく必要も無いわけですよ。


好きなことですから何個も持てば良いわけですよ。


「え〜何個も仕事をするなんて大変」っ思った人は、頭が「労働」に染まってますよね。


多くの人の「仕事」は、「生存を維持するためにやむをえなく行われる苦痛に満ちたもの」になってます。


そしてどこかで日本人は「苦労」することが「まじめ」で「美徳」のように思っています。

 

「好きな事を楽しく」は仕事ではないって刷り込まれてるんですね。


好きなことをするのですから、「苦労」ではないわけですよ。


他人から見たら「努力」だったり「苦労」に見えるかもしれませんが、本人はそう思ってないんです。


好きなことをするのだから「楽しい」のですよ。


楽しいの「楽」は「楽(らく)」でもあるでしょう。


好きなことをすれば「楽しい」から「楽(らく)」なんです。

 


好きなことを見つけて、それから「どうやたらできる?」「どうやったらお金になる?」って考えるのは「苦労」は無いんです。

 

よくね。

ネットワークビジネスとか最近のネットビジネスとかをやってる人が、「これで成功してお金と時間を手に入れてから好きな事をすればいい」って人がいます。


これね〜多くの人をみてきましたが、そう言う世界で自由になるほどのお金と時間を手に入れてる人は「それ自体が好きなこと」だからですよ。

 

少し前に、ネットビジネスで成功している人のFacebookを読んでいたらこんなことを書かれていたですよ。


「成功する人としない人の差は、やることをやってるかやってないか」だって。


確かにそうですよ。間違いなく正しいと思います。

 

その人はこうも書いていました。

「しない人は必要でないことに時間を使っている。優先順位が間違っている」


するべきことを優先してどんどんやっていけば、成功はするんだってことですよね。


そうですよ。


ただ一つ違っているのは、しない人は「それが好きなこと」ではないってことです。


それを優先して寝る間も惜しんだり、何時間も集中して毎日したりは「好きだから」できるんですよ。


言い換えれば、好きでなかったら最初の数日や数週間は続いてもその先は続かないんです。

 

優先順位は間違ってないんですよ。

その人の中ではね。


好きじゃないから、優先順位は低いんです。

その人が必要のない時間の中で「TVをみたり」って書かれてましたが、それは言い換えればTV番組よりも好きじゃないんですよ。

 

そうでしょ。

楽しくてしょうがないテレビゲームを買ってきたらTV番組なんて見てないでしょ。

 


まあ、僕が言っているような事はその方はわかっているんでしょうけどね〜

でも、そう言っておかないと自分のビジネスをやってもらえないですから・・・・(笑)

 

どんな仕事だってそれで食っていけるようになるのは簡単じゃないんですよ。

だからこそ「好きなこと」でなければできないんです。


「好きなことだけではお金にならない」って言う人がいますが、僕は反対だと思いますよ。

「好きなこと」だからこそお金になるまで頑張れるのです。


むしろ、好きでも無いことでお金を稼ぐほうがよっぽど難しいですよ。


でも、多くの人はその好きでもないことで「生活のため」にお金を稼いでるじゃないですか。

 

だったら「心から好きなこと」だって稼げるんじゃないですか?


今回はこのあたりで終わります。

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ

 

 

 

 

 




ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/

ゲッターラボ運営のYahoo!ショッピングのサイト

http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 03:40 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
その生き方は疲れませんか?自分らしいですか?

JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

「自分はダメだ」って思ってる人多いと思いすが、そもそものその「ダメ」と思う基準になってる目指してる生き方は、本当にあなたらしい生き方ですか?


「意識高い系」なんて言葉がありますよね〜

皆さんはどうですか?


自分の人生を成功に導くために、目標にコミットして夢に向って積極的に行動してますか?
同じく志の高いレベルの高い仲間と出会って、成功している人に学んで、Facebookにそんな仲間と夢を共有したりのキラキラ写真をアップしたりしてますか?


僕は?してませんよ(笑)

昔はしてましたよ。でも疲れるんです。

だからやめました(笑)

その場は良くなってるような気がするんですけどね〜ごっそりエネルギーが奪われるんですよ〜


あっ!でも僕は成功者では無いかもですが幸せではありますよ^^


なぜかって?

そんなファンタジーを追うのをやめたからですよ(笑)


誤解しないでくださいね。

そんな「意識高い系」がダメだとか嘘だとか詐欺だとか言ってませんよ(そんなのも多いけど^^)

それで幸せな人もいますからね〜あなたかそうならそれは素晴らしいことです。

ただ、僕のブログは必要ないでしょうから、時間がもったいないからキラキラしたブログの方を読んでくださいね。


このブログは、そうじゃない僕みたいにやろうとしても「できない」とか「疲れる」とか「なんか違う」って思った人が読むものです。


あと、「そう思おう」と自分に嘘をついている人も読むとよいかな〜

ただ、そんな人には「痛い」ですけどね(笑)


僕のブログってそうやって自分に嘘をついてたり、気がついてない人が読むと「痛い」らしいんですよね。

なので、そんな人は痛いから批判するか痛いので気づくかみたいなんです。



僕が「成功したい」とか「お金持ちになりたい」って、いまで言う「意識高い系」の人達の所にかよったり、セミナーや本屋や自己啓発をしてたのはもう20年近く前です。

10年近くはそんな世界を行ったり来たりしてましたよ。


でも、20年たっても言葉や手法は新しくなってますが、本質や基本的なやってることは変わってないんですよね。


だから、起こることも同じ。



その時は、夢とか目標とか成功に踊るんですが・・・・けっきょくは疲れちゃう。



これどうしてでしょう?


と言うか、疲れちゃったらもう人生は諦めるのしかないのか?



先日、サッカーの本田圭佑さんがTwitterで「若い世代の死因は自殺最多」という記事にたいして、
「他人のせいにするな!政治のせいにするな!!生きていることに感謝し、両親に感謝しないといけない。今やっていることが嫌ならやめればいいから。成功に囚われるな!成長に囚われろ!」

というツイートをされかなり批判されていましたね。


ご自身のサイトで「両親に感謝するべきという言い方は、僕の想像を超える虐待を受けて、深く傷付いてる方には当てはまる言葉ではなく配慮を欠いてしまったと反省しています。正直言って自殺を考えるくらい深く悩んでいる人の気持ちはわかりません。」

などと補足されて、「言葉足らずだった」と反省されてます。


この人は僕のパーソナル心理学でみたら超本音軸で超自分軸ですからね〜「言葉足らず」だったり「自分の側」からの発言になるのは「素質通り」なんですけどね〜


それも含めて僕はこの人の発言は嫌いじゃないんですけどね〜純粋な言葉だと思うので〜


でも、これに反応した人達の気持ちもわかるんですよ。


「成功に囚われるな!成長に囚われろ!」って言われています。


確かにそうなんですよ。


最近の日本人ってこの「成功」って言葉に振り回されている気がするんですよ。


だから、成功者と言う「物理」では勝ってるけど精神面では幸せでない人と、成功って意味に振り回されて両方で不幸な人・・・・・・

まあ、その両方で不幸な人が「成功者と言う『物理』では勝ってる人」にお金を払ってるんですけどね(笑)


お金が有るか無いか、社会的に成功しているかそうでないか。


その違いはあるけども、「幸せ」を感じていないと言う面では同じですね。


「成功者と言う『物理』では勝ってる人」で「この人は幸せなんだろうな〜」って思える人ってほんとに少ないですよ。


幸せを演出している人や、勘違いしている人はいっぱいいますが・・・・・


本田圭佑さんの言われるように成功を目指してそうはならなくも、そこには「経験」っ言う成長があります。

だから、「失敗」なんて存在していません。

その経験の積み重ねが、自分の「本当にやりたいこと」を見つける材料になります。




ただ、この話に多くの人が反感を持ったのは、多くの人はその状態にすらいないないからです。


成功とか成長とか、失敗とか経験とか「まったくのゼロ」ではないでしょうけども・・・・

本田圭佑さんのような「世界に挑戦する」なんて事はおろか成功者と言われる人の言うような、日々の事もできないんですよ。


でも、それは「やらないんだ」って言われますよね。


確かに「やらない」ってのも、嘘じゃないですよ。

僕が見てても、「もう少し真剣に生きようよ」って思う人は多くいます。


でも、その「できない」の半分以上は「やれない」のですよ。



だから、このツイートは「上から目線」に感じちゃうんですよ。


今回のお話の「意識高い系」の発言に聞こえるんです。



本田圭佑さんは、「戦えば勝敗は関係なく、経験で成長できる」って話をされてるんですが、自殺を考える人や多くのできない人は「戦いに参戦できない」、「戦いたくない」から悩んでいるんです。


そもそもの論点が違うんですよ。

自殺する人が、何かに失敗して目標を失っているからと思われているんでしょうね。


もちろんそういった人もいるでしょう。

でも、多くの人はそれすら見いだせてないんですよ。

「今やっていることが嫌ならやめればいい」って言われてますが、じゃあ、やめてなにをすればいかわからないんですよ。


そもそも、いまやってる事ですらやりたくてやってるわけではなくて、なんとなくだったり生活のためだったりなんです。

嫌でやめても、またその「なんとなく」をしないといけないだけって感じちゃうんですね。


「生きていることに感謝」とも言われています。

これも、自殺する人に向けてよく言われる言葉ですが、自殺しようとする人は「死にたい」のではないのですよ。

「生きるのが苦しい」のですよ。

その苦しいことに感謝しろと言われても・・・・・



これは「できる側の人」の発言になっちゃてるんですね。

だから反感をかったんだと思いますよ。




僕は自分が成功したいとかお金持ちになりたいって思うようになって、行動してみていろいろな人を見てきました。


自分自身がそういう人達と同じ行動をしたり、教えてもらったことをしたりそんな思考になろうとしたり・・・・・


そこで気がついたのは、「それをしても楽しくない」ってことだったんですよ。


もちろん、その経験があったから気づけた事もいっぱいありますよ。

なので、そういった世界を「あやしい」とかで知ったふうな事を言ってるだけの人は何も変わりませんから、1度くらいはチャレンジしてみる事はおすすめしますけどね。


でも、やっぱりそんな生き方をしたいわけではないんです。


だから、それを目指して行動してたらどんどん病んじゃったんですね。

心が病むだけじゃなくて、「運」まで悪くなるんですよ。ほんとにあり得ないようなトラブルが続発してましたから・・・・・・


本当の自分である「真我」と、自分と思い込んでいる自分の「自我」が乖離して行けば行くほど苦しくて運が悪くなるのが人生です。



どうやら、僕の本体はかなりナマケモノでのんびり生きていたいみたいなんですね。


これね〜ほんとに持って生まれた性質なんですよ〜

僕のパーソナル心理学で自分を分析してもてもその通りです。


僕は小学6年の頃に国体強化選手になるチャンスがあったんですよ。

え?子供の頃はスポーツをがんばってたのかって、いえいえそんな事してませんよ。

全く別の理由でたまたま連れて行かれた、ある競技の国体選手の強化合宿でそれをやったら、そこにいた高校生や社会人の人達よりうまかったんですよ。


でも、まったくスポーツをしてない僕は体力がないから長時間維持できないので競技としては負けるんですけどね^^

漫画の熱血スポーツ物なら「天才現る」的な展開ですよね〜(笑)

そして主人公はそこからそのスポーツで大活躍を〜〜^^


もちろん、「やってみないか」って誘われましたよ。

ここで、本田圭佑さんのような人ならチャレンジしてみるんでしょうね〜

僕は・・・・^^


知らない人が苦手だし夕方のアニメがみたいから(当時は録画できません)断りました(笑)



そんなもんですよ〜「子供時代から目指す」なんて意識すら無いのが普通です。


いろいろ、みてきてわかったのは、その意識高い系の成功している人達(真似て勘違いしてる人じゃなくて)って、それも素質の通りなんですよ。

パーソナル心理学でこのブログはあまり話してなくて、講座でははなすお話がいくつかあるんですが〜


その中で「生き方」みたいなのがでる素質の性質があるんですよ。


詳しく話すとかなり複雑なんですけどね。

意識高い系の成功している人達ってそれで見ると、やっぱり素質通りでその成功論も「自分の素質」を言ってる事が多いんですよ(もちろん例外はありますよ)


僕の見方は「組合せ」もあるし、「できる素質の組合せ」であるほど「子供の素質を削るタイプの母親」が親だと「やれない人」になったりもします。



まあ、でもそんな人は素質は素質なので、何かの気づきがあれば「できる人」になったりはしますが。。。。


でも、これは組合せの関係で「できる人」って組合は全体的には少ないんですよ。


僕の素質にはそんな部分は無し(笑)


こんな話をするとね。


「自分は生まれつき何をしてもダメなのか」って怒り出す人いますけど・・・・・


怒ってことは「自分の中にあるから」なんですがね〜^^;



ダメなわけじゃないんですよ。


「そういう生き方じゃない」ってだけの事です。


途中に書きましたよね〜成功に振り回されてるって。



ステレオタイプな成功しか幸せになれない、それしか目指してはいけないって思いこんでしまってるんですよ。


それは外からの情報でしかないのにあたかも「自分の望み」みたいに思い込んでいます。


「こうでなくてはならない」って思い込み。


だから、そういう人達といると疲れるんです。自分らしくないからね。

さらに、その意識高い系の多くの人も実は「こうでなくてはならない」って思い込みでやってる事が多いのです。



だから、Facebookなんかみていると痛々しいですね。


しかもそういう場って集団になるんで、自分だけが「違うかな」って言えないし周りがやってるからそっちが正しそうに見えちゃうんですよ。



この前、そんな中に昔いたことがある人が言ってましたよ。

自分だけが「違う」って思ってたからかなり浮いてたって。

それで、個別にその事を話すと多くの人が「そうだよね〜」と賛同してくれるんだそうですが、それが集団になると急に意識高い系の方に変わるんだそうです。


けっきょくは殆どの人は「なんか違う」って思いながらも、自分だけがマイノリティーになりたくないから「ふり」をしているんですよね。


そうやって「ふり」をしている限りは「仲間」にしてもらえるから、「帰属欲求」が満たされてるような勘違いをするんです。


まあ、それも経験なんでそうやってるうちに気づければ良いんですけど・・・・


別の集団に移動するか、「自分らしい生き方」なんてできないって諦めるかになりやすいんです。



そこで見せられてる「正しい」が「自分らしい生き方」では無いって事に気が付けないんですよね。


このブログでこの世界は「仕掛けてる人」と「仕掛けられてる人」に2種類いるって書いた事ありますが〜


仕掛けてるつもりなんですが、実はその集団そのものが「仕掛けられてる側」だったりするんですけどね^^;


なんども言いますが、このお話は「そんな素質だから諦めろ」って話じゃないんですよ。

本田圭佑さんはサッカーは素晴らしいです。

だから、僕はサッカーでは全く勝負にはならないです(まあ、運動全部でしょうけどね^^)

でも、Twitterを見ればわかるように「相手の痛み」とかを汲み取るのは苦手です。

だから、人の相談にのるとか問題を解決をするのは僕のほうが勝ってます。


それが僕の素質であり僕のやりたいことであるのです。

そして、今僕がいろいろな人の手助けができているのは、僕が「できない人」な素質だったからで人よりもかなり過酷な環境に生まれたからです。

できない人だからそんな人の気持がわかるし、それも僕の素質だからその通りに生きていたら楽で自分らしく生きられれる。


できる人な素質の人で環境にも恵まれてるならそう生きればよいし、でもそれだけが「正しい」ではないと言うこと。

自分らしさは自分だけのものですからね〜



自分が「できる人」だと思うならそういう人のやり方や考えをやればよいです。

でも、「そうじゃなく」ても幸せにはなれるって知ってほしいのですよ。



でも、僕は今までいっぱい「できる人」をみてきましたが、殆どは5年以内・・長くても10年ぐらいで消えちゃうんですよね・・・・・・


僕は月に何百万円とか年収ウン億円なんて稼いでないですが、もう20年は会社勤めをしたことないんですよ〜

なんかこう言うと長いことニートしてるみたいですね(笑)

ずっと自営だってことね^^

僕みたいにのんびりしてても、そうできちゃうって事ですよ。

自分らしく生きてればね^^



あなたの「あなたらしい生き方」って、本当にそれですか?


長くなっちゃいましたね〜

この辺で終わります。

今月のオルゴナイト&点描画のワークショップの予定はこちら

 

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=537

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ

 

 

 

 

 




ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/

ゲッターラボ運営のYahoo!ショッピングのサイト

http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 20:24 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
変われない自分が嫌いな人

JUGEMテーマ:人生論

 

 

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

先日、お客さんからこんなこんな連絡がきたんですね。

「あなたは強運だけど、その強運のツケが周りにいく」

こんな事をある人に言われたんだそうです。


それで、本当にそうなのかと聞きたくて連絡されたんですね〜


そんな事を言われてもね〜だったどうしろって話なんですよね。

 

僕は思うんですが、「解決策」とか「改善策」が言えないなら問題提議だけするのはどうかと思うんですよ。


それって単に不安になったり悩んだりするだけだと思うんですよ。


それに「運」なんてその人の問題であって、自分の運の影響が誰かに行くとかってのは・・・・まあ、そのへんは考え方はいろいろなんですが・・・・

 

そこでこのお客さんは、「どうしたらよいか」を聞きに行ったんだそうです。


すると、「どうしたらよいか」を教えてくれたんだそうです。

それが「自分の為よりも他人の為をしてください」って言われたそうです。


この人が「そうしたいけどできない」って答えたら・・・・・

「切り替えてください」と言われたそうで〜

いや、それができないから悩んでるんだけど(笑)

常に自分が気分の良い状態でいれば、それはできるんだそうで〜


でも、そんな「常に気分の良い状態なんかできない」と答えると・・・・

「気にするな」って・・・・


気にしなければ気分の良い状態になるって・・・・・

 

あ〜〜僕もセッションでこれからこうしようかな〜

「彼氏ができないんです」

「できると思え」


「一流大学に合格したいんです」

「勉強しろ」


「お金がなくて困ってるんです」

「気にするな」

 

簡単でいいな〜〜〜(笑)

 

考え方ややり方は人それぞれだから、正しいとか間違いはないんですが・・・・

悩んでいる人の状態もそれぞれですし、素質も環境もみんな違うわけですよ。
だから、この答えが全てが間違いという気はないんです。

でもね〜少なくともこのお客さんはとても不満だったそうです。

そしてこれは昔、僕もさんざん感じて来たことなんですよ。


みなさんの中にもそんな人がいるんじゃないですか?

「そうなんだけど〜」「確かに正しいように聞こえる」

でも・・・・「はい。わかりました」って切り替えたりできない自分がいる。


これは、「自分がダメな人間」なのか??って。


このお客さんも「できない自分が駄々をこねているだけでは・・・」と・・・・・

 


僕自身が悩んでいて、いろいろな物を見たり習ったりしていた時に感じていた事そのものなんですよ。

 

僕は今から20年近く前の「お金持ちになりたい」とか「成功したい」って時期から、いろいろ悩んで困って苦しんだ時期にいろいろなセミナーとか自己啓発とか本とかなんとかしようとしていたんですね。


そして新しいものに出会って「これこそは」って思っても最後には、同じ結論になるんですよ。


「こうすればいい」


「やればいい」


もちろん僕も仕事の時には、「こうしたらよいですよ」みたいな事は言いますよ。

なので、最後の最後は「自分がどうするか」ではあるんです。


もっと言えば「やる」か「やらないか」でしかないんですね。


そうなんですけど・・・・・・なんかね〜どうも、こう言う事を言う人とは間に何枚か壁があるように感じるんですね。

 

「できない」って事をなんとかする話ではなくて、「できる」って思ってやればいいって話なんですよ。

でも、それって最初からできる人かもしくは本人もできてるって思い込んでいるだけでできてない人(体験してない人)の言葉なんですよ。

 


以前、ある人が僕が「できない」って言うと、「それなら、君の子供が誘拐されて『殺されたくなかったらやれ』って言われてもできないのか?」って言われたんですね。


確かにそうなればやるかもしれないですよ。


でもね〜それは物理的に言えば「できる」ではあるけど、「メンタル的にはできない」なんです。


そのメンタルが異常な状態まで持って行けば物理的はできるのですから、それは「できる」にはなりますよ。


これ言い換えれば、メンタルが壊れるくらいの異常な状態の時にしかできないことってことなんですよ(その人にとっては)


その事に、こういう事を言う人は気がついてないんですね。

だから、僕はその時にその人に向って「そうですね〜と言うことはあなたが『やれ』と言っている事は、『子供が殺される』ぐらい異常な状態でないとできないことだってことですよね」って・・・・

ごめんなさい。何も言い返せなくなって恥をかかせました^^;


僕がセラピストになろうと思った理由なんですよ。

この部分をわかってくれる人がいないんです。


それが正しいとか良いのはわかるんですよ。

でも、それと「できるか」は別なんです。

 

こんな話をありました。

ある大成功している方がいました。この人の話は心理学やスピリチュアルも使っていてわかりやすかったんですね。

それでよくお話を聞いていたんですが〜ある時こんなお話をされました。


「なかかな行動できない人の理由はなんですか」と聞かれてこの方は・・・・

「例えばお金儲けで話すと、それはその仕組が理解できてないからだ」と言われたんですね。


その方の話だと。

「例えば僕が100万円だすから、週休2日で1日8時間労働で『電話でのアポ取り』を1日に100件してくれ。アポの電話をするだけで「アポが取れたかは」関係ない」

要は1日に100件とにかく電話して「会ってくれ」って言えば、「会ってもらえる」「もらえない」は関係なく月に100万円を払うって仕組みがあったら、誰でもそれはやるだろうって事らしいのです。

だから、やらないのは「やれば確実に100万円が手に入る」事を理解してないからで、その理解さえすれば誰もがやるって言うことだったんですね。


僕はこの話を聞いた瞬間に、「あ〜この人はわかってくれてると思ったけど違うんだ」って感じたんですね。

 

たぶん僕はこの例えは理解したとしてもできません。


100件中の殆どは話も来てくれずに切られるわけですよ。

そして中には怒鳴ってくる人もいるかもしれません。


いくら電話越しでも知らない人が苦手な僕は途中で血を吐きます^^


現に20代前半の頃に一時期営業的な仕事をしてた時に、数日「テレアポ」をさせられた事があるんです。

ほんの2〜30件に3日間ぐらいでした。それでも会社に行きたくなくな来る程の苦痛だったですよ。


それを毎日なんて・・・・・


でも、たぶんこんな話をしてもこのお話をしてくれた人は理解できないでしょうね〜

「え?電話するだけだよ?直接会うわけでないし・・・」ってね。

 

「できない」っていうのは、そんな理屈ではないんですね。


後に分かるんですが、この人は僕のパーソナル心理学でみると「知らない人」を全く気にしないタイプなんですね。

道端で歩いてくる人全員にでも平気で声をかけれてしまうタイプ。


そして、すぐにリアルな結果が出るものが大好きで、行動力もある。

リアルな結果といえば「お金」がわかりやすいので、お金って「数字」の結果が何よりもモチベーション。

だから、このタイプの人は「何をする」はあまり関係なくて「結果(お金)」っていう数字が出るものが大好きなんですね。


なので、その結果がでるのであれば「手段」はなんでもOKなタイプです。


ネットワークビジネスとか最近ならネットビジネスで成功している人にとっても多いタイプです。

 

この人は「そこは」持って生まれた素質でできちゃうんですよ。


できちゃうから、「できない」って言われるても「やらないだけ」って思っちゃうんですね。

 


そう言えばこのブログを途中まで下書きしてて、今日書く前にFacebookをみていたら〜

ある人が「ブロック」を解除する方法を書いていました。


自分はそれで解除されたって事みたいなんですが〜


そこに書かれていたのは、エレファント症候群のお話。

ゾウは子供の時に杭に繋がれて育つと、大人になって力が強くなっても同じようにつながれているだけで逃げ出さない。

「逃げれない」って思い込みがあるからですね。

そして魚のカマスを水槽に入れて、ガラスで仕切って仕切りの向こうに餌の小魚を入れておく。

するとカマスは食べようとしますがガラスの仕切りがあって食べれない。

これをしばらく繰り返すと、仕切りを取っても食べようとしなくなるってお話。

これもゾウの時と同じですね〜


確かに心の「ブロック」って言うのは物理的にはできるのに、メンタルが邪魔してできなくしている状態です。


で〜それを解除するには〜〜

「野生のカマスを水槽に入れてやればよい」

そう目の前でバクバク食べてるのをみて、そのブロックは解除される〜〜〜めでたしめでたし(笑)

だから、できている人をみればいいんだと。

その人はこの話で衝撃を受けて動けるようになったと・・・・・


このお話は〜昔からネットワークビジネスとか自己啓発では「定番」のように話されてることなんですよね〜


だから、むかし僕も聞きましたよ〜20年近く前にね〜

僕と当時、同じように「成功したい」って動いていた仲間も聞きましたよ〜


で〜どうなったかって、「そうなんだ!」って思いましたよ。

だから、そのように行動しましたよ。

でも、誰一人それで変われた人はいませんでした。


多分、変われなかった人の方が多いでしょうね〜

 

なにが面白いって、昔このエレファント症候群の話をしていたのはその「テレアポ」の話をしてくれた成功者で、こんかいFacebookで読んだ記事を書いていた人もその人とパーソナル心理学でみたら全く同じ素質。

さらに、この人はその20年前にテレアポの例え話をした成功者の人とFacebookで友達になってるし(笑)

過去のタイムラインを見たら、いろいろこの人から教わってるし(笑)

だから、このお話も同じ人から聞いたんだろうね〜^^

 


同じ素質だからね〜そりゃあピンとくるさ。


話がそれてきましたね〜

 

この正しいのかもしれないけど、できにないって事ってどうすればよいと思います?

 

だって、今も昔も同じことをやってるわけですよ。

で、できない大半とたまたまできた少数がいるんですよ。


多少は内容が変わったり進化してるけど、結局はそこの壁を失くしてるってのは少なくとも僕は見たことがありません。

 

これはね。

僕が思うに〜

僕のお客さんのお話を例に話すとね。


そもそもが「切り替える」なんて必要ないんです。


「いま、それができない」って事実が重要で、それが「自分自身」なんですよ。

 

その事を無視して切り替えたら、それは「自己否定」です。


そこができないしたくない自分がいるんですよ。

そこに隠れている自分の中の感情や記憶があるんです。


言い換えればそこで泣いている「自分」っていう「子供」がいるんですよ。


実際の子供に向ってそれを無視して、「さっさとやれよ」って言ったらどうなります?


その子は二度とあなたの言うことなんて聞かなくなりますよね。


できちゃう人って言うのは、そこにあるブロックは大したブロックではないんですよ。


昔、よくこんな例えをしました。


幅が1メートルの橋があります。
頑丈で揺れることも無ければ風も吹かないとしましょう。

同じ構造の橋が2本あります。

正し、一つだけ違いがあります。

それはAの橋は高さが30センチです。

Bの橋は高さが300メートルです。

 

幅も同じで揺れもしない。

物理的にすることは全く同じですよね。

 

でも、Bの橋を渡れる人は殆どいないと思いますよ。


それをAの橋を渡った事がある人が、Bの橋を渡れなくて困っている人に「普通に真ん中を歩けば渡れるよ」と言ってる状態と同じですよね。

 


ただ、「渡れば良い」と言う事しか言えないって言うことは、もともとがBの橋を渡ったことがないんですよ。

 

これはね。

できちゃう人が凄くてできない人がダメって事では無いんですよ。

 

できちゃう人は「そこはその人の課題」ではないって事だけです。


持って生まれた素質がそこは得意なんですよ。


だから、さっきの人たちが素質が同じだったでしょ。

 

そしてもう一つは、それぞれが「ゴール」が違うんですよ。


300メートルの橋の人はその橋をわたる必要が無いのかもしれないです。

 

僕のお客さんで言うなら、「人の為」なんてする必要が無いんですよ。


そもそも、人は「自分自身」が満たされていないのなら「人の為」なんてできません(一部、素質的にできちゃうけど)


よくこのブログで話しますが、「人は自分自身にしていることしか他人にはできない」のですよ。


という事はね。

「自分の為」ができている量と同じ量しか「他人の為」はできないんですね。


だから、人の為ができないならしなくて良いんです。

自分の為が満たされてきたら、自然と人の為はできるようになりますから〜

 


人生は、「誰か」の答えではなくて「自分らしい生き方」をみつけて、その生き方のペースや価値観でいければ「幸せ」って思えるんです。


だから、「言われてもできないよ〜」とか「それが正しいかもしれないけど、できないんです」って時は、「それは自分らしくない」のかもしれないんですよ。


できちゃってる「すごい人」と同じように、生きても「幸せ」と思えるとは限りません。

まあ、そのできちゃってるすごい人も、「経済」とか「物理」の中では成功してるかもしれませんが「幸せ」で無いことが多いんですけどね〜

素質的にそれが得意(ブロックが薄い)だけで、その人にとっての本質的に必要なことはできてなかったりしますからね〜

そんな人は違うとことにブロックがあったりしますから〜〜


僕は「できちゃわない人」だったからこそ、お手伝いできる人がいるんだと思っているんですよ。

なので、できちゃわなかったことも「自分らしさ」なんですね。


これは僕のセラピストになる原点の一つ。

だから、プロフィールにこんな事を書いていますよね。


読んだ事がある人もいるでしょうけど〜

「特別な人が変われるのは他に幾らでもありますが、
特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「『幸せ』で楽しい方に変えるのが僕の理念です。

そんな「特別」がなくても『人生は楽しめるんだ』って証明したいのです。」

それではこれで終わります。

 

 

☆5月にオルゴナイトと点描画のワークショップをします。

詳細は一つ前の記事で告知していますので、興味のある人は読んでみてください。

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ

 

 

 

 

 




ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/

ゲッターラボ運営のYahoo!ショッピングのサイト

http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 23:58 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
自分を受け入れることと認めること

JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

よく僕がセッションの中で「幸せな人は、自分の事を受け入れている」って話をするんですね。

これって人生を幸せだと感じるのにとっても大切なことなんです。

もちろん、いきなりすべてを受け入れてしまうことはできないですが、受け入れれてる範囲が広がっていくににつれて人生が楽になっていきます。


僕のパーソナル心理学とかで「素質」を分析するのもこれが目的の一つ。


自分の持って生まれた素質を知ることで、自分の行動の理由がわかったりします。

すると今までは、それが悪いことやダメなことに思えていたのが、実はとっても必要なことだったりするのがわかるんですね。


そして自分の苦手な事もわかりますから、その苦手の原因も理解できてどう対処したらよいかもわかったりします。

まあ、多くの場合の苦手は「そのまま」で良いことがほとんどなんですけどね〜

 

多くに人ってこの「自分」を受け入れるって作業の時に、「受け入れる」の意味を少し履き違えてるんです。


受け入れるは「認める」事だと思ってるんですね。

もっというと「認めれる」だと思ってます。


認めれる自分だと「受け入れる」事ができるってね。

 


そんな部分も全く無いとはいいませんが〜これ実はそう思っている以上は本当の意味での「受け入れる」にはならないんですよ。

 

多くの人が思っているその「認めれる」ってやつには、「こうなったら」が付いています。

「この部分がこうなったら」


「これがこう変えれたら」

「ここが無くなれば」


みたいにね。


まず、この「こうなったら」ってう言う、「こう」が目指しているものがすでに外からの情報なんですね。


本当の自分にとって必要で無いことだったり、「こうでなければ」みたいに思わされていてその「こう」に変われないと、幸せや成功はできないって「誰か」の言葉を漠然と思ってたりします。


そもそも、子育てだって成功論だって幸せになるって事でもですが、1人1人が違うんですよ。


それだのに、「こうならなければ」みたいのが本とかセミナーとかででまわってますよね。

それ自体が「一部の人」の話だし、そう言ってる本人が幸せの本質を理解してない事も多いんです。

 


そんな「こうでなくては」を、よく理解して無くてただ漠然と「そうでない」自分を否定してたりするんですね。

その結果で「認めれない」と、そして「認めれる自分」にならなないから「受け入れられない」となってたりします。


これそもそもの「ゴール」が違いますから認めれるわけないし、たまたまできちゃった人はそれは「もともとがそんな素質」なだけだったりするんですね。


「もともとがそんな素質」の人は、そんな人は「他」が受け入れれてなかったり勘違いしてりもします。


そしてね。


その「認める」って事がそもそもおかしいのです。


できないことや苦手なことをすべて無くして、そうなったら認めれて受け入れれるみたいな感じの人って多いんですよ。


そんな必要なんてないんですよ。


できないことや苦手なことってほとんどが、持って生まれた素質からきています。

でも、その原因になっている素質って自分の「長所」を作ってる素質でもあるんですよ。


長所があるから短所があるんです。


だから、その短所も含めて「ありのままに受け入れる」ってすればよいんですね。

 

ただ、そうは言っても「変える」必要のある部分はでてきます。

それに「成長」もしないといけないから、「今は」できなくてもできるようになる必要があることもありますね。

とくに何かやりたい事があったりするとそれに必要だったりするってのもありますからね〜


まあ、多くの場合はそれも「誰か」から聞いた漠然とした「こうでなくてはならない」だったりして、実はそれがなくてもやりたいことはできちゃったりするんですが・・・・・

 

その「変える」にしてもですよ。


変えるためには「受け入れ」が先に必要なですね。

 

多くの人は、「変えれたら」→「認めれる」→「受け入れる」になると持ってますが、それはいつまでも「自分」との戦いになります。

 

「受け入れる」に「認めれる」は必要ないんです。


言葉のあやでもあるんですが、「認」って言葉の語源って知ってます?

 

「心」に「刀」を突きつけて「言う」のです。


これは心臓に刀を突きつけて「こうなれ」って脅している状態なんですね。


もともとは、王様とか権力者から言われたことに納得してなくても我慢して従うことなんですよ。

逆らうと殺されますからね。心臓に刀を突きつけられてるのと同じですよね。

 

そんな状態で変わったとして「受け入れる」ができるでしょうかね?

 

これね。

「自分」じゃなくて「他人」にたいしての行動だと考えたらわかりやすいと思いますよ。


例えば、仕事での後輩の教育係をしているとしましょう。


その後輩の欠点やダメなところを指摘しまくって否定してダメ出しばかりをしてる。

それで「こうなれば」って言うことを指導しても相手は本心から聞こうとしないでしょ。


欠点やできないことも含めてその相手を受け入れてあげたら、こちらの「こうなれば」って言う言葉にも真剣に耳を傾けてくれるでしょ。


それと同じですよ。自分に対してもね。


「お前ダメなやつ」

「こんなこともできない」

「それじゃダメだ」

そういやって否定してたら、「自分」が聞いてくれるわけありませんよ。


それではいつまでたっても「受け入れる」にはなりません。

 


それっぽく見える状態になるのは、昔の部活と同じですよ。

「先輩が怖いから」ただ、そうなったふりをしているだけです。

 

多くの人って受け入れている人と言うのは、優秀な人で自分を「ダメ」だと思う部分なんて無いのだと思っています。

それは「受けれる」と言いながら「こうなれば受け入れる」って言う「条件付き」でのことです。

そしてその「条件付き」での受け入れは、仮にその条件をクリアーしたとしても「受け入れる事はできません」

なぜなら、それをクリアーするとまた別の「こうなれば」が発生するからです。


変えたい自分があったとしても、それは受け入れることができるからそうなれるんです(多くの場合は受け入れると変える必要がないって気づくんですけどね)


「受」けるの中に「心」って書いて「愛」なんですよ。

多くの人の「愛」は、相手の心臓に刃物を突きつけて「私の言葉を認めなさい。そうしたら受け入れてあげる」って言ってるんですね。


それは「束縛」であって本質的には愛ではありません。

 

愛しても受け入れてもあげれてない相手が、心を開いて自分の言う「こうなると良いよ」を聞きいれてくれるわけがありません。


これは自分にも他人にもやってます。

人は自分に向ってしている事と同じことを他人にしますからね。

 

だから、他人を否定している人はその心の中では「自分を否定」しているんですね。


なので、まずは「ありのままに受け入れること」。

いまは必要と思えないような「短所」もそれがあるからできることやわかる事が、「幸せ」を感じ始めるとあるんです。


まずは、小さなことからでよいので「それでもいいかな」って受け入れてみてください。


それではこれで終わります。

 

ネットショップをはじめましたのでよかったら見てやってください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 04:25 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
将来のために必要なもの

JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

みなさん「シンギュラリティ・ポイント」って知ってます?

最近、ネットとかでよく見るようになってきました。


これはざっくりいうと、AI(人工知能)が人間を超えてしまって人類の知能が通用しなくなる時期みたいな感じです。

それが今は2045年と言われてます。

今から30年弱ですよね〜これもっと早いのではって話もあります。


こういう話をすると映画のターミネーターみたいな世界を想像する人もいるでしょうけど、そうなる可能性もなくはないんですが〜

少し意味が違うんですね。

僕も発達した人工知能が人間を駆逐するみたいな考えには懐疑的なんです。

物語としては面白いですけどね〜


人間を邪魔者とか地球環境を壊す地球に必要のないもなんていうのは、「人間」の理屈であってシンギュラリティ・ポイントを向かえた人工知能にはそんなレベルの観念はないと思います。


この話はし始めるとなが〜くなるので止めときますが〜

 

どんな世界になってるんでしょう?


こんな記事とかをみたことないですか?

「あと20年で今の仕事の半分は機械に置き換わる」


人工知能などの発達で今人間がやっている仕事の半分は「人間」である必要がなくなるって話ですよね。

最近、スーパーとかで「セルフレジ」とか増えてきてますがそういう事じゃないですよ。

あれは結局は「人間」がやってますからね。

店側の人件費削減のためです。


「Amazon GO」とかがそうですよね〜

「レジ」というもの自体が存在しなくなる日がそう遠くないって事かもしれませんよ。

なんでも、このAmazon GOを使えば大型スーパーが3人で運営できるようになるそうです。

こんな話を聞いて「へ〜自分には関係無い」「AmazonGO??なにそれ?ポケモンGOの新種?」なんて言っている人が真っ先にこの「半分」の中に入ります^^


シンギュラリティ・ポイントって言うのはそんなレベルの話ではないんですね。

これはまだ「人間の真似」を人工知能などがしているに過ぎません。


人工知能はすでに「人間では理解できない事」までわかり始めているんですよ。

シンギュラリティ・ポイントを向かえた時には人工知能が考えていることや開発しているとなどはすでに人間は理解が出来なくなっています。

実際に今でも人工知能と人間が囲碁などで対局すると、人間が勝てなくなっているんです。

今までは過去の膨大な対局のパターンから最適な物を見つけ出していた人工知能ですが、それなら人間にも勝つチャンスはあります。

ところが最新の人工知能がやっている打ち方は世界のトップ棋士でも理解できない部分があるんだそうです。


囲碁って打ち方のパターンがチェスとかに比べて膨大なので人工知能が人間に勝てるのはまだまだ先立って少し前まで言われていたんですが・・・・


人工知能が自己学習をして新しいものも生み出している。

それが人間の知識とか理解を超え始めている。

 

するとどんな世界になるのか、人工知能が人工知能を作り出して開発やメンテナンスも人工知能がし始める。

すると「仕事の半分」がなくなるのではなくて、「すべて」がなくなります。


しかも、人間を遥かに超えた知能を持ってますから人間の「科学」なんてあっという間に覆されてしまいます。

今まで人間ではできなかった事をいとも簡単にしてしまいます。


今まで作れなかったもの、今まで治せなかった病気、今まで行けなかった場所・・・・人工知能には「簡単」な事なのかもしれないのです。

 

さて、そんな世界が生きているうちにやって来る可能性があるのですが〜


その時に人間はどうしているんでしょう?


僕が思う答えは「何もする必要がない」ですね^^


だってそうでしょ。
生産、開発、維持を全て人工知能がしてくれて、病気もなく危険もない世界ですよ。


もっと平たく言えば「働く必要がない」のですよ。


え?そんな優秀な人工知能がいたら支配されて働かせる?


それはないと思いますよ。

だってそれは「人間の理屈」ですからね。

「支配」とか「駆逐」は生存本能から来るものです。

人工知能は自分たちを無限にコピーできるんですから「死」と言う概念がありません。


有史以来はじめて「死」と言う概念のない「生物?」が生まれる可能性があるわけですね。


働かせるって自分たちよりも知能も体力も劣る者を働かせても効率が落ちるだけでしょ。


優秀な人工知能が「そのことだけする」人工知能を作ってそれに働かせたほうが遥かに効率的ですよ。


「働かなくても安全で快適で何でも手に入る世界」


するとここで人間がすることは「楽しむ」って事になるんです。


でも、これができない人って多いんですよね〜


ずっと働いてきた人が定年したらとたんに鬱になるみたいな人が増えるんじゃないかな〜(まあ、それも人工知能がなんとかするかもしれないけど)


よくね。

僕のところにセッションとか遊びに来たりする若い子たちが言うのが、「親が自分たちの価値観を押し付けてくる」ってことです。


これは今に始まったことではないんですが〜

昔はそれでも良い部分があったんですよ。

今でも必要な部分はありますよ。


でもね〜テクノロジーの進歩とか時代の変化って加速度的に早くなっていくんです。


昔は100年かかった変化が今は10年かからなかったりします。

iPhoneが発売されてからちょうど10年になります。その時に今のスマホが当たり前の世界を想像できた人は殆どいなかったのではないでしょうか?


今ではスマホは生活の中で当たり前になってますが、言い換えればまだこの世に出てきて10年足らずのものなんですよ。


すると昔なら親の世代の理屈や価値観は1世代ではそう大きく変わりません。

でも今ではまったく別の世界になりつつあります(とくにこれから先は)


殆どの今やっている教育は無意味になる可能性が高いんです。


日本の学校での「優秀」さは単に「単純記憶」の能力です。

極端な話、見たものを全て覚える能力があればどんな大学でも入れます。


でも、この単純記憶なんてコンピュターや人工知能に勝目はすでにありません。

 

記憶している事なんてほとんど意味がないんですよ。

だってGoogleに聞けばすぐわかるわけですよ。


とりあえず、ここ30年ほどは働いて生きていく必要があるわけですが〜

それも、そんな単純記憶とか考える必要のない仕事からどんどん消えていきます。

 

「創造」するものならって思う人もいるでしょうが、それも多くは人工知能にとって変わられる可能性があるんですよ。

チラシとかを作るっていうのは少し前までは「残る」方の仕事だといわれてましたが、これも人工知能の方が優位だって言われ始めてます。


これってね。

究極のところ残るのは人間が「楽しい」って思えることだけだと思うんですよ。

ある人が言ってました。

人間は「生きるって事に対してムダであればあるほど楽しい」って。


その「生きる」って方を人工知能が完全にしてくれる世界では、人間はそのムダを「楽しむ」ことが「生きている理由」になっていくんではないでしょうか?


でもこれって、僕が「好きなことを仕事にする」って言うお話の時のよくするお話なんですよ。


今はまだ「生きる」を自分でなんとかしないといけないから「仕事」なんですけど、それを人工知能がやってくれても「楽しむ」は変わらないんです。


だからこのお話をいろいろな人に話すと、いま好きなことを仕事にしたりして「楽しんでる人」はそんな世界になるのを「楽しみだ〜」って言います。

でも、そうじゃない生き方の人は「不安」に思うみたいなんですね。


将来の為に必要なものは「楽しむ」って言う能力だと思いますよ。

これだけは人工知能にはとってかわられないですからね〜

 

そうそう、途中で人工知能が人間を支配して駆逐する事はないと思うっていいましたが〜

これ人工知能が自分たちを無限にコピーできるから「死」がないって言いましたよね。


でも、これ一つわからないことがあるんですよ。


その人工知能が「個性」とか「自我」を持った時なんです。

その「個性」はコピーできるのか?

でもそれをコピーして複数いたらそれは「個性」ではなくなります。


もしも、個性をもつならば・・・・・その個性が消えたくないと思えばそれは「死」があると言うことになります。


将来、人間の記憶や感情が全てデーター化できてそれをコピーしたら・・・・それは誰になる?

いま「自分」って思っている自分はどうなるのか?


完全なコピーは他人から見たら同一人物ですが、「自分」って言う意識や自我は一つです。


友人がこんな事を言っていました。

「ヒットする映画やアニメ、漫画はこの世界を表している」


1995年にアメリカで大ヒットした日本の劇場版アニメ「「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」。
その後、日本でもTV版が作られたり高い評価のアニメですが〜

これが今年の4月にハリウッドの実写版として公開されます。

ここでは人間の記憶や人格が肉体を離れて外部記憶媒体へ移動などしても、それは同一であるのかって事が描かれています。


個性や自我がデーター化できるのかっていうのは、人工知能が個性や自我を持つのかって事に大きく関わってきます。

これが「人工知能、元年」って言われる2017年に公開されるのも何か意味があるのかもしれませんね。


まあ、ハリウッド版は駄作になることも多いですからどこまで描かれるのか・・・・かと言ってあまりこの辺の事を深く描くと途中で寝ちゃう人も出てくるだろうし(笑)

楽しみなのは確かです。


それではこれで終わります。

 

Yahoo!ショッピングにネットショップを立ち上げましたのでよかったら見てやってください
http://store.shopping.yahoo.co.jp/g-fountain/

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ

 

 

 

 

 




ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 20:05 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |