鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
お金への恐怖心part2
JUGEMテーマ:人生論
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

前回のpart1からの続きです。


part1ではお金への恐怖が育った環境と持って生まれた素質の組み合わせから来ているってお話をしましたよね。

いろいろな人を見ていて、何か商売とか初めてすぐに稼いじゃう人となかなか軌道に載せられない人っているんですよ。

もちろん、「やりかた」の部分がダメな場合もありますしその人の「技術」とかの差の場合もあります。


でも、そんなにたいしたこと無くてもお客さんがすぐに増える人もいれば、かなり技術とか才能はあるんだけどなかなか人が増えない人もいます。


みていると単純に技術ややり方だけでもないんですね。


「運」に見えちゃう部分がすごくあるんですよ。


もちろん純粋な「運」の部分もないわけではないのですが、この「運」と言う奴の大半はその人の「心」の問題なんです。



心の中にどんな「設定」が入っているかって事が「運」っていう目に見えない物を作り出しています。


その運って存在の中でも特に「お金」に関する部分はこの「設定」っていうやつがとても強力に作用します。




すぐに稼いじゃう人とそうでない人って見ていると一つ興味深い違いがあるんですね。


「素質」ってやつも顕著に差があるんですが、稼いじゃう人って子供時代に住んでいた家が「持ち家」の人が多いんです。

逆にそうでない人は「借家」な事が多いんですね。



もちろん「すべて」ではないですがね。



都会だと超高級な賃貸マンションとかありますが、僕の住む地方ではそんなものは存在しませんから単純に親の所得の違いだったりするわけですよ。



持ち家だからって裕福とは限りませんし、その家も祖父母の代やもっと古い場合もあります。




part1で育った環境からくる「恐怖心」だって言いましたよね。

その恐怖心は「お金がなくなる」って事への恐怖なんです。


そしてそれの根源は「生存本能」です。


お金が無くなれば住む所を即座に失う「借家」と、無くなっても当面はそこに住める持ち家では「恐怖心」の度合いが違うわけですよ。


それに持ち家は最悪は売ればよいわけです(簡単じゃない場合もありますが)


子供心にもそれって感じていたりするんです。



それと「設定」だって言いましたよね。



子供時代に刷り込まれている「設定」。

言い換えればその人にとっては「普通」な事です。




子供時代に持ち家に住んでいた人にとっては、「家を買う」ってことが設定されていて普通になってるんです。


家を買う為にはそれなりの収入が必要になりますよね。


だから、その人は「家が買える収入の設定」に最初からなっているんですよ。


逆に借家で育った人はその設定が無いわけですから、「買える収入」の設定は最初から持ってないわけです。



これは、その持ち家が新しい古いとか高い安いってのも影響はしますが、「持っていた」って事が重要なんです。



「持つ」って設定になってますから、「持てる」って状況を作り出す為に収入を得ます。

言い換えればそこに対してはお金への恐怖心は無いんですよ。



ただ、こんな場合は違いますよ。


持ち家だったけど親が破産して家を取られたとか、その家のローンで常に苦しんでいて食べるのもままならなかったとかだと、逆に恐怖心が強まります。



もちろん恐怖心を作り出す理由はこれだけではありませんが、家の事一つとってみても違いがあるんですね。





もう一つ恐怖心を生み出すものがあります。

それは「現状」です。


現状で「逃げ道」があるかないかっていうのの度合いで恐怖心には差がかなりです(素質や育った環境の方が影響力は強いですが)




例えば、僕みたいに親も兄弟も親戚もいないのと普通に親や兄弟や親戚がいるのでは恐怖心がまったく違います。


これを言うと、「親や親戚なんて頼れないかわらないよ」っていう人がいますが、それを言う人はみんな親や兄弟や親戚がいる人です。


僕がセッションで出会ってきた僕と同じような境遇の人や、もっと大変な環境の人はみんなが口をそろえて言いますよね。


「この不安や恐怖心はなってみないとわからない」って。



例えるならこんな話ですよ。


真夜中の森のなかで迷子になりました。

大嫌いな親戚の伯父さんと一緒なのと一人っきりなのとはどっちが不安かってことです。



「誰であれ」

実際に助けてくれるかわからくても存在しているって事で不安はかなり減るんです。



もちろん、親が借金ばかり作るような人やギャンブルにはまってるような場合は違いますけどね。


むしろそれはマイナスですからね〜


森のなかで一緒にいる伯父さんが殺人鬼なようなものですね(笑)



さて、ここまで色々書いてきましたが〜

肝心の対処の仕方ですよね。



本質的な部分まで変えるのはここでのお話では難しいですが〜

考えるきっかけになることをお話しておきましょう。





まず、無理したり頑張ったりして何十万とか何百万を出せちゃう人はもともと「恐怖心」や「不安」は薄いです。

足らないのは知識やノウハウです。


ただ、これはそんな何十万とか何百万をかけるようなセミナーや集まりを見ていると何割かは、無理してじゃなくて「無茶をして」の人がいます。

本当は強い恐怖心や不安があるのに、無茶をしてでもそこにお金を出せば変われると勘違いしてしまってるんです。


多くのそう言うものは、それを誘うようにもできていますから「無茶」をした人のお金で成り立っていたりもするんです。


前々回の「お金がない」ってブログで書いたように、僕のように生まれつき水への恐怖がある人間が泳ぐために足の着かない水の中に飛び込むようなものです。

泳げるようになるどころか、恐怖で体がすくんで溺れてしまいます。



まあ、水の話とちがってこの場合は溺れても死にませんから、一度ぐらいは溺れてみるといろいろ気がつけますけどね^^


自分はどっちなのかを理解しておく必要があります。


「お金がない」と言う言い訳をしているのか、それとも本当に恐怖心があるのかです。


区別する方法はね。



「お金がない」って言い訳する人は、同じように「時間がない」って言い訳をします。

これは「お金」と「時間」は同じ性質のものだから。


真剣にそのことや自分の人生に向きあおうとしていないんです。


逆に恐怖心が強い人は「怖いから」こそそこに真剣に向きあおうとします。

そして、お金に恐怖があるからお金は出せなかったり物理的に無かったりしますが、「時間」は平等に持っていますからそれを出すためには寝る時間でも削ります。


真剣に向き合わないのは、恐怖心が薄いから今は良いのかもしれませんが、「人生」って時間はどんどんカウントダウンしてるんですからいずれは「後悔」に変わるんですけどね。

だから、恐怖心が強い人の方が真剣に向き合いやすくて、それは言い換えればそれだけ幸せになる為に必要な事に気がつく機会が多いんです。

今回のお話を聞いていると、環境や素質や今の状況が強い恐怖を作り出す状態だとすごく不利に思えている人もいるかもしれませんね。

確かに「お金」って分野では不利です。

でも、人生を幸せに生きるって分野では有利なんです。


お金が稼ぎにくいのに幸せになえるわけがないとかって言い出す人がいますが、そういう人こそいつまでたってもどんなにお金を稼いでもお金から本当の意味で自由になれなかったりします。



恐怖心が強い人が深いプールにいきなり飛び込むと溺れたちゃいます。

なのでまずは子供用プールに入らないといけません。



僕の水の恐怖心て言うのは生まれつきですが、克服できた可能性もあったのです。

でもそれを強めちゃったのが、早生まれの僕は周りより身長が低かったんですね。

だから学校のプールで足がとどかなかったんですよ。

昔の話ですからね〜「怖いから入りたくない」なんて通用しないわけです。

それで何度も溺れそうになって余計に怖くなっちゃったんですね。



設定をゆるやかに書き換えないといけないんですよ。


それにはお金を出すことを覚えないといけないんです。


ここでは主に2つの必要な事をお話します。

自分の身の回りのも物を少しだけ高級にしてください。

と言ってもブランド物のバックを買えとかって事ではありませんよ。


100均で買った茶碗やお箸、コップを使ってませんか?

バーゲンで買った一枚数百円のバスタオルを使ってませんか?



消耗品やアイデア商品はよいのですが、極力100均のもは使わないほうがよいですよ。

だからってコップをバカラにする必要とかはないんです。

まずは500円でも1000円でもよいんです。


「100均で十分に事足りるのにもったいない」

そう思ったのなら、それこそがお金への恐怖心でありブロックなんです。



100均のコップでも茶碗でも「機能」としてはなの問題も無いんですよ。

機能としては問題無いのならそれ以上にお金を出すのは「無駄」なんですね。


お金への恐怖心と言うブロックは、この無駄なものにお金を出せるか出せないかが差が出ちゃうんです。

この生きる上で無駄なことにこそ「楽しみ」があって、そこにこそ「幸せ」があるんですね。

そしてその無駄な物、無駄なことを楽しむって心の延長線上に「本当にやりたいこと」って言うのがあるんですよ。

財運っていうのも、この無駄なことを楽しむって事にお金を出すと上がっていくってんです。



以前、「100均はやめて」ってある人にアドバイスをしたら、

「もったいない」

「私は100均でも気に入ってる」

「そんな事に余分にお金を出したくない」

そんな事を言われました。


100円を500円にするだけなんですから、ダメでもたいしたダメージはないでしょ。

そこに抵抗すること自体がブロックだって気がついてないんですよね。


お金を出すことへの恐怖心が根底では働いてしまってるんですが、だいたいそんな時はそれらしい「言い訳」や「ポリシー」を言います。

そうやって恐怖心をすり替えているんですね。


これは出す時だけでなく、お金を稼ぐときにでも起こります。


自営のアドバイスとかをしている時に、「それは私はやらない主義です」とか「そのやり方はやりたくないんです」とか「人に迷惑がかかるから」とか〜

そんな事を言ってる時はだいたいがポリシーとかじゃなくてこのブロックなんですね。

そんな時は僕は、なま暖か〜く見守ってますけどね(笑)


バスタオルをすべて一気に替えるのはお金がかかるかもしれませんが、毎月1枚づつでも替えればよいんですよ。

今治タオルでも1枚が2000円程度です。


「バスタオルに2000円も!高い」


って思う気持ちが恐怖心でありブロックなんです。


考えてみてくださいよ。


月に2000円ぐらいなら普通に生活できているんならなんとかなるはずです。

でも、それが「高い」って思う事がブロックって事なんです。


もちろんこれは食べることでも遊ぶことでも同じ。

毎日は無理でも月に一度くらいは、少し高級な物を食べて見ることですよ。




もう一つは、自分への投資には少しは無理をすることです。


もちろん溺れない程度にやらないといけないんですが〜


たまにね。こういう仕事をしていると「人のためになる仕事をしているのにお金を取るのはおかしい」とか言うおバカさんがいます。

こういう事ってね。無料でやっちゃうと自分自身が生きていけないから本末転倒だってことはもちろんなんですが、無料で受け取った情報とかスキルってものすごく効果が低いんですよ。


それは二重の意味でなんですが〜

一つは自分への投資を無料でしちゃうと「自分の価値が無料」って事になっちゃうんですよ。


フェラーリに乗ってる人が安物のワックスなんて使わないでしょ。

それはそのフェラーリが価値が高いと思ってるからですね。


悩みを解決したり幸せになるための自分への投資なんですから、お金ってエネルギーを使わないと自分自身で価値を落としてしまうんです(自分も情報も)


もう一つは、それこそがお金に対する恐怖の現れなんですよ。

自分への投資ってダイレクトに、いま生きているって事には関係ありません。
言い換えればやらなくても死にはしないんです。


もしも、そうしないと死ぬ可能性があるのなら人は恐怖心があってもお金を出します。

そうじゃない所に出せるように、少しづつ慣れていかないといけないんです。


これ無しに絶対に人生はよくなったりしませんからね〜

最初から高額は必要ありません。

数百円でも数千円でもよいんです。


ここにお金を出せない人ってこうも思ってるんですよね。

「お金を出しても効果がなかったら」


それこそがブロックですよね。


効果があるかないかなんてやってみないとわかりません。

ある人には効果がっても自分にはにかもしれないしその逆かもしれない。


そのもの自体には効果がなくても、「自分に投資する為にお金を出した」って事は意味がありますし経験値にはなるんです。


そんな目に見えない事にお金を出せないのはブロックでしかありません。



恐怖心が強い人ほどそうやって少しづつ自分の習慣を変えていくと、お金は「恐怖」ではなくて「楽しい」を連れて来てくれる便利な道具って気がつけます。



長くなっちゃいましたが、読んでて思いませんでした?

この情報自体が無料だって(笑)

part2までに間が空いたのは年末で忙しかったのもあるんですが、「これ無料でいいか?」って考えていたからです。

かと言って、ネットにいっぱいいる自称コンサルの人達みたいに「この程度」の情報で何万も何十万もとるなんてする気はないし〜


数百円だとかえって支払い方法が難しいし・・・・と考えていたら面倒くさくなってしまいました(笑)



なので書いちゃいました^^;


まあ、有料にするのだったらもっといろいろ書こうとは思っていたんですけどね〜


お金ってエネルギーをどうしても使いたかったら、年明けからは「年運」もありますから(年運で財運もみれるし改善策もできます)「運」の部分の改善に投資にきてください^^


それではこれでこのシリーズは終わります。



ゲッターラボの年末年始の予定

12月26日〜1月4日まではお休み。

1月9、10、11日の三連休に予約が集中し始めています。今の時点で10日午前中と15時以降、11日午前中は空いています。

ここに予約をしようと思っている人はお早めに〜

他はまだ比較的空いていますが、年運のセッションの予約は三が日が終わると一気に入って来るので、予定がわかる人はお早めに〜

もちろん通常のセッションもしますよ〜

それと後で正式に告知しますが、1月28日(木)にレイキの会をします。
いままで、土日しかしてなかったので平日にしようと思ってます(土日もどこかでやります)

時間は13時スタートですが、夜はどうするかまだ決めていません。
「夜なら来れる」って人がいたら教えて下さい。

場所は前回と同じで「アクアノタート」さんです。



これが今年最後のブログになりそうですね。

2015年も新しい出会いがいっぱいでした。

皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです^^

それでは、良いお年を〜〜





占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 03:44 | 財運 | comments(0) | trackbacks(0) |
お金への恐怖part1
JUGEMテーマ:人生論

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

前回のブログで「お金」のことについて書きました。

その中でお金への「恐怖心」「不安」と言うことを書いたのですね。


お金を儲ける人はこのお金への「恐怖」や「不安」が少ないからなんですね。

もちろんそれだけの要素じゃない部分もありますが、これがある限りはいくらテクニックや知識があってもどうにもならなかったりします。


前回も書きましたが、この「恐怖」とか「不安」って言うのは多くは持って生まれた「素質」と「育った環境」から来ています。


その為に「不安」になりやすい素質のタイプの人ほどなりやすいんですね。

だから、いろいろな人を見ていると儲ける人は多くが、「ホープ」って言うポジテイブな素質の要素が強い人が多いんですね。


同じ環境で育ったとしても、ホープの素質の強い人とその反対のケアの素質の強い人では「不安」とか「恐怖」の度合いがかなり違います。



ではホープの人は有利なのかと言うとそうでも無いんですよ。

ポジテイブな故に気が付けないことがいろいろあります。そしてなまじ「お金」はわりと簡単に手に入れてしまうので余計に本質的な「幸せ」に気がつけません。


逆にケアな人の方が「お金」と言うカテゴリーでは苦労しやすいですが、本質的な「幸せ」に気がつつきやすかったりします。

だから「幸せになる」って言う事に関してはどちらが有利とか不利は無いんですね。


ただ、前回からお話しているように「お金」と言うカテゴリーではその差が出てしまいます。



もちろん素質だけではなくて「環境」も重要です。

ホープとケアでは差があるとは言っても、圧倒的な恐怖が植え付けられるような環境ではホープでも「恐怖」や「不安」ができてしまいます。


例えるなら、無人島に漂着して食料がない経験をした人と、家で食料を買い忘れて食料がない経験ではその恐怖心はまったく違いますよね。


前者だとどんなにホープが強くても「恐怖」や「不安」が心にできます。

後者ではホープは気にしませんが、ケアは次はそうならないように買い置きをします。





このお金へ不安や恐怖はお金を出す時に強く働きます。

特に「生きること」以外に出すことにね。

「生きるって生存本能」の為にお金が必要ですが、それだけでは「楽しむ」ができません。

「財運」と言うのは「楽しむ」為に働くものなんですね。


だから、楽しむことにお金を出せないと財運というのは上がらないんですよ。


出すのが怖いのは「無くなったら入ってこない」って思い込みがあるからなんですが、根底にあるのはその「生存本能」なんですね。


生存本能ですから、さきほどの例えのように「食料」に例えるとわかりやすいんですよ。



無人島に漂着して食料の確保ができない。

手持ちの缶詰を食べていくのに、「無くなっていく恐怖」がついて回ります。

そんな時に間違ってもその缶詰を他の動物に与えたりしないでしょ(その動物を食べるって手もありますが^^)


でも、魚や樹の実や果物が豊富に採れれば缶詰を動物に食べさせたりできますね。




心の中で「お金」って存在がこのどちらの状態なのかで違ってきます。



お金への「恐怖」や「不安」って実は「飢餓」への恐怖心と同じなんですね。


だから、これを強く持っている人に対して「大丈夫と思えば」とか「なんとかなるから」とかって言われても難しいのですよ。


実際の所は食料と違って「お金」は、物質と言うよりは「エネルギー」の要素が強いので「大丈夫と思えば」ほんとうになんとかなったりするんですが・・・・



でも、思えない物は思えないんです。


前回も書きましたが、高額のコンサルとかセミナーとかは結局はこの「出す恐怖」の強さを試されているに過ぎないと思うんですね。


「出せる」って事はそれはお金がある無いにかかわらず、その恐怖心は低いんです。


そうですよね?


だってそんなコンサルとかセミナーは「生きる」ためのものでは無いでしょ。

「生きる以外のこと」だから最も恐怖が働きやすいんですよ。


別に僕はそう言うのを否定しているわけではないんですよ。それによって本当は恐怖心が無いこと(少ない)気がつけたりノウハウを手に入れたりできますらね。


それに前回書いたように、「商売」としては正しいわけですよ。


受けるために「お金」を出せた時点で、恐怖心が低い可能性が大きいのですからね。

その分は結果も出しやすわけですね。


逆に恐怖心の強い相手は、高額を払えませんし「恐怖心を取り除く」って難しい作業があります。

面倒くさい相手な上に金額が少ないわけですよ。当然ですが結果も出にくいわけです。



誰が考えても前者が商売としては正しいでしょうね〜

でも、僕のやりたいことではありませんが^^


実はこう言う高額をとる人はっていうのも「恐怖心」が薄い人が多いのですよ。


実際にネットなどでそういったことをされている人で「稼いでいる」と思われる人(フリの人も多いので)、そんな人たちをパーソナル心理学でみると「ホープ」の要素が強い人が多いんです。

僕のブログを読んでいる人で「動物占い」だと思っている人がいますが、そんな単純な物ではないですからね〜


話がそれました^^;


そうなんですね〜恐怖心が薄いから稼げているのです。

ん?

恐怖心が強い人は「出すのが怖いのでは?」


そうなんですよ。


そうなんですが〜実は手に入れることにも不安や恐怖を感じているんです。


おかしいですよね〜無くなることが怖いならどんどん入って来たら安心しそうなんですが・・・


実はそうでも無いんですよ。




「PTSD」って知ってます?

心的外傷後ストレス障害ってやつです。

災害や事故、犯罪などで強い精神的な衝撃を受けることで起こります。

その症状の一つに「原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向」っていうのがあります。

例えば事故にあった場所には、その後はどんなに安全な状況でも近づこうとしないとかです。


なにかの原因で「お金」に対して恐怖や不安を着く持っている人は、このPTSDの症状と同じでお金に対して「回避傾向」を持ってしまうです。


PTSDでは、「行きたくない」と言うよりは無意識に近づこうとしないんですよ。

お金も同じです。


なので「お金」と言う存在そのものに対しても、「不安」や「恐怖」を感じているんですね。




だから、無意識に「入ってこないように」しちゃうんですね。



最初の方に書きましたよね〜

出すのを怖がるのは「無くなったら入ってこない」って思い込みだって。

その思い込みの源は「自らが避けている」って事なんですよ。



さて、正体がわかってきたところで長くなってきたのでpart2に続きます。



ちょっとここで、年末になってきたので年末年始の僕の予定を〜


12月20(日)魔女のお茶会

僕以外にホロスコープができる人やマッサージができる人がいますので、ちょっぴり体験してみたりお話してみたり〜
ふだんは出会えない人との交流や自分の仕事の営業なんかもOK。

僕のなが〜い話を聞きたい人もどうぞ(笑)」

ぬる〜い集まりなんで気軽に来てください。

場所はアクアノタートさんです。
スタンスビルの左のビルの2階。

参加費は500円

*夜の部は参加者がいないみたいなので中止する予定です。


ゲッターラボの営業は26日(土)までの予定です。

年明けは5日から営業予定です。

1月、2月は「年運」のセッションで混み合いますからこられる予定のかたは予約はお早めに〜

*「年運」はその年の各運の調整とその年で気をつけること、それと1年を通じて使える改善策を出します。


それではpart2へ続きます。



 
占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 09:43 | 財運 | comments(0) | trackbacks(0) |
金運と財運Part3
JUGEMテーマ:人生論
 
今回がこのお話の最終回です。

前回までのお話で「金運」のお話をしました。

今度は財運のお話です。

さて、この財運っていうのは「金」じゃなくて「財」なんですよね。

Part1でもお話しましたが「財」の意味は「経済学で、人間の欲望を満たし、人間が支配・処分することのできるもの」なんだそうです。

なんだかこれを読むとあまり良いことには思えないような・・・なんか「悪代官」のイメージが(笑)

でもこれはある意味で人間の本質なんですよ。
「悪いこと」ではないんです。

自分の欲求や欲望を出すのが「悪いこと」みたいに何処かで教わってしまっているんですね。

この書き方だと「悪い」イメージに聞こえますが、これ書き換えれば「自分のやりたいことや欲しい物を満たし、それを自分で手に入れれる」ってことでしょ。

どこかに「自分のやりたいこと、欲しい物」を手に入れtるのは「悪」みたいな部分を持ってしまってるんですよね〜
それは、「支配」したい側の人間には、自分のやりたいこと欲しい物を考えない「言われるがままに」働く人間が必要だからなんではないですかね。

そしてこの「欲しい物」に関しても、「支配」する側の思惑がかなり入ってしまっています。

要は、自分で欲しいと思ってるものも、実は「だれか」によって「欲しい」と思わされているいるに過ぎないって事です。


この「財運」って言うのは、「欲しい物」を手に入れるための物だったり、「やりたいこと」をやるための物だったりします。そして、もっと広く言えば「人生を豊か」にするた為の物なんです。

欲しい物を手に入れる、やりたいことをやるのに一番簡単な方法、それに必要なだけの「お金」を手に入れる事です。

しかし、これは「お金」でなくても良い場合もあります。

財運っていうのは、「欲しい物」「やりたいこと」を手に入れれるかの「運」ですからその方法は、「その人」それぞれなんですね。ただ、一番簡単な方法が「お金」なだけです。

どうやら僕は「お金」ではなて、「人からもらう」事が多いのですが・・・・

だから「財運がある」=「お金持ち」とはならないんです。

そしてそうならない理由がもう一つあります。それは、「欲しい物」「やりたいこと」の価値は「自分」だけの価値観だからです。

上に書いた「だれかに欲しいと思わされてる」っていうのは、「自分以外」の価値観でそれを欲しいと思っている状態です。

こんな話を知ってます?
「豊かな人は物を買う時に値札を見ない」。

これを多くの人は、豊かな人=お金持ちだからどんなに高くても買えるから「値札を見ない」のだと解釈して、「成功論」などのセミナーでは「そうなるんだ〜」って煽ります。

確かにそんな側面もありますが、僕はそれは全てではないんだと思うんですよ。

豊かな人は「金額」って言う価値では決めないからなんです。
成功論の話では洋服を買おうとしてそれが10万円でも「買える」、それが豊かんなだ〜って説明します。
ではそれが「500円」だったらどうなんでしょう?

値札を見ないで買うっていうのは、その洋服が10万だろうと500円だろうと「自分が欲しい」と感じた「自分の価値観」で選べるって事です。「どんなに高くても買える」って意味ではないんですよ。

そして「どんなに高くても買える」って事だと思ってる人には「金運」をあっても「財運」はありません。

繰り返しになりますが、財運は「欲しい物」「やりたいこと」を手に入れる為の「運」です。

「やりたいこと」には「やりたい仕事」なんかもあります。

「やりたいこと」を「仕事」にした状態ですね。そしてこの状態の人はとても豊かな人生になります。
その「やりたいこと」をやり続ける為に「お金」が手に入るんですよ。

だから財運は「欲しい物」「やりたいこと」があるからこそ、多くの場合はそれを手に入れ維持できる為に「お金」が入ってくるんです。お金があるから「欲しい物」「やりたいこと」が手に入るのではありません。

本当の意味での財運を作り出すためには、まずは「誰か」の価値観ではない自分の心が望んでいる「欲しい物」「やりたいこと」を見つけ出さないとダメなんです。

そして、このあたりの考えが「お金じゃない」「幸せはお金で買えない」って発想を作るんです。

だから、確かに「お金」ではないんです。

でも、それがいくらわかったところで前回の例えです。幅1メートルで高さ300メートルの橋は、無風で揺れなくても渡れないんです。

きっと、その橋の上ですくんで動けない人に「幸せはお金で買えない」「お金お金言ってもダメ」とか言う人は、一度も「高い橋」を渡ったことが無いのでしょうね。

高さ300メートルですくんでいる人に、「心が欲しいと思うもの、やりたいことを考えろ」って言われてもそれは無理なんですよ。

スカイツリーの展望台の外に立たされてて「今夜、何が食べたいか考えろ」って言われても無理でしょ(笑)

かと言って「金運」だけでは、人生は豊かに楽しいものにはならない。そこをバランスよく手に入れていく必要があるんですね。

いま、あなたに必要なのは「金運」?それとも「財運」?

それではまた〜



占い&カウンセリング ゲッターラボ

Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
情報サイトまいぷれ掲載中(クチコミ、写真等見れます)ネットで「まいぷれ ゲッターラボ」で検索しても見付かります。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookをやってます。よかったら友達申請してください。https://www.facebook.com/tsutomu.fujihara.9
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 20:25 | 財運 | comments(0) | trackbacks(0) |
金運と財運Part2
JUGEMテーマ:人生論
 
前回に続いて、金運と財運のお話です。

そもそも、このお話の要の「お金」ってなんですかね?

多くの人やスピ系の人達は、「あまり良い物」とは扱ってい無いことが多いです。
確かに、これは人を変えてしまったりそれによって身を滅ぼしたりと「毒」になることが多いです。

しかし、これ無いとそれはそれで問題です。

「お金じゃない愛なんだ」って言う人達は一銭もお金無しに生活しているんでしょうかね?
こんな事を言う人ほど「お金儲け」ばかり考えている人が多いような・・・・

以前、ある人がこんな事を相談してきました。
「皆が幸せになれる施設をいま作ろうとしてる」「困っている人を助けることがしたい」「多くの人がこの考えに賛同して今プロジェクトが・・・・」「これをしようとしたら素晴らしい人達が集まってくれました」

え〜〜っと、で?相談てなに??
「これは儲かりますかね?」(笑)

思わず吹き出しそうになりましたが・・・・

それまでが、あまりにも「愛」だのなんだの言ってたのでその落差に笑ってしまったのですが、でもこれはある意味で「本質」をついた質問なんですよ。

どんなに素晴らしいことを考えても、「お金」が回らなければそれは単なる絵空事なんです。

以前、億万長者の人に言われました。「本当に人助けがしたいのなら、まずは自分が成功しろ」。

これが全てだとは言いませんが、これも確かなんです。その人は難病の友人の医療費を毎月100万近く払っていました。
自分が住む地域は田舎なので「勉強」の場が少ないからと、都会でしか行われないようなセミナーなどを自費で呼んで格安で受けさせてくれていました。

確かに「愛」はお金では買えません。でも「お金」がないと困ってる人は助けれませんし自分も困ってしまうことが起きます。

「金運」っていうのはこの「困らないため」のものなんです。

人には「生存欲求」があります。生物である以上は「生きていく」って事は大前提なんですね。
そしてこの「生きていく」を解決するのが「お金」って言う「システム」なんです。

今までの日記で書いてきてますよね。

「意識の焦点」って話です。

この「困らないため」って言うのがどうもかなりの「個人差」があるんですよね。

「生まれ育った環境」「持って生まれた素質」「いまの環境」などなど・・・
それによってこの感覚はかなり変わります。

以前の日記でこんな例えをしました。
「幅は1メートルの橋がります。手すりもロープもありません。この橋の地上からの高さは、片方は30センチ、片方は300メートルあります。風も吹かなく揺れもしないのですが同じように渡れますか?」

「幅、1メートルの橋を渡る」って事実は変わりません。しかし、30センチは楽に渡れても300メートルはほとんど誰も渡れないのです。

「お金の問題」「お金に困ってる」と言ってもこの違いのように感覚の違いは大きくあります。

だから、300メートルの方の人にいくら「お金じゃない愛なんだ」とか「人生に困ったことは起きない」「全ては必要で起こるんだ」って言っても足がすくんで動けないのです。

この感覚の差っていうのがどうも、占いとかカウンセリングが上手くいかない原因になることが多いのですね。そうこれが「意識の焦点」が術者と相談者でずれてるんですね。

そしてこの「意識の焦点」は相談者の方でもズレがあるんです。上で書いたように金運は「困らない」為のものなんです。逆に言えばそれ以上は「望んでない」のです。

なのにそれ以上を望んでそれを「意識の焦点」に持ってくると・・・・答えがズレてしまいます。

なので「金運」って言うのは「純粋」に「お金」が入ってくるかの「運」なんで、それは「良い」も「悪い」もなく人が生存していく為の手段に必要な物なんです。

ところがですよ〜そう考えると年収ウン億円」なんて必要なくなりますよね〜そんなに無くても生きていくことには何の支障もありませんからね。

そこで出てくるのが「財運」なんです。

金運が「生きていくために困らない」為のものなら財運は?

それは、人生を豊かにする為のものです。

だから金運は「不幸にならないため」で、財運は「幸せになるため」のものなんです。

ではこの財運とは何者??
それはま、また次回〜〜



占い&カウンセリング ゲッターラボ

Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
情報サイトまいぷれ掲載中(クチコミ、写真等見れます)ネットで「まいぷれ ゲッターラボ」で検索しても見付かります。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookをやってます。よかったら友達申請してください。https://www.facebook.com/tsutomu.fujihara.9
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 03:25 | 財運 | comments(0) | trackbacks(0) |
金運と財運Part1
JUGEMテーマ:人生論
 

唐突ですが、「金運」と「財運」の違いってわかります?

どちらも、占いでは定番の「運」ですよね〜


ネットの辞書で調べると金運は「金銭に関する運勢」ってなってます。

財運は辞書では出てこないんですよ〜

そう言えば前に使ってた携帯では「ざいうん」は変換されませんでしたね〜

iPhoneではすんるんですが・・・・

そこで、「財」で辞書で調べてみると〜「 経済学で、人間の欲望を満たし、人間が支配・処分することのできるもの。」こんな事が書いてありました。


どうやら、感覚的には金運は「お金」そのものを示していて「財運」はもっと幅の広い感じですね〜



さて、本当の意味としてはよくしりません。これは僕の考え方なんですが〜


「金運」と「財運」とどちらを上げたいですか?


前回まで話していた、僕の易の占いではこれはよく占う事の一つですね〜

占ってみて「悪い」なら「改善策」をします。それによって上げていくんですよ。

でもね〜これも前回、書きましたよね〜占われる側が「意識の焦点」が合ってないといくら占っても正しい答えは出ません。当然ですが改善策も正しくは出ませんね。


この「意識の焦点」を合わせるためには、この「金運」と「財運」の違いを理解していないとダメなんですよ。

まあ、これまた前回の話ですね〜術者もそうでないとはダメなんでしょうが・・・・


最初にこれは言っておきますね。


こんな「お金」に関する話をすると、「お金じゃない『愛』なんです」とか「お金では幸せにはなれません」とか「お金の事ばかり考えてるから幸せになれないんだ」とか言い出す人が出てきます。


これはまったくの間違いでは無いんですがね〜

でもね〜こう言う事を言う人はこの「金運」と「財運」の違いを理解していないんです。

そして、一つ結論を言うとどちらも人生には必要な事なんです。


だから、人生を豊かにする上ではどちらも必要になってくるんですね。


それではまた〜



占い&カウンセリング ゲッターラボ

Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
情報サイトまいぷれ掲載中(クチコミ、写真等見れます)ネットで「まいぷれ ゲッターラボ」で検索しても見付かります。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookをやってます。よかったら友達申請してください。https://www.facebook.com/tsutomu.fujihara.9
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 02:26 | 財運 | comments(0) | trackbacks(0) |
What's「お金」
JUGEMテーマ:人生論
 
前回の「電光石火」はmixiの中ではえらく反響でした(このブログはjugemとグリーとmixiに書いてる)
mixiの中で僕のブログを読んでくれてるマイミクさん達は「精神世界系」の人が多いからね〜
現実的な話は珍しいのかもしれない・・・

そこで、今回も「現実的」なお話を〜

なににしようかな〜と考えたのですが・・・やはり現実的なお話と言えば「お金」
これですよね〜

「お金」と言うと「そんなお金、お金言ってたってダメだ〜」「お金なんか無くったって愛があれば〜」
とか言う事を言い出す人がいますね〜特に精神世界にどっぷりな人は・・・

お金が「よいか悪いか」はわかりません。「無くなってしまえば〜」って人もいますが・・・そうかもしれませんが現状での僕らの世界には「お金」が存在する以上は「必要な物」には間違いありません。

ある人が言ってました。「お金なんて〜」って言う人は「本当にお金の苦労をした事がないんだろう」って僕もそう思います。この国はすでに「お金が無い」とまともに「医療」すら受けられないのですからね〜
TVのCMで「国の境目が生死の境目ではあってはならない」ってやってますよね〜
それはこの国にも言えるようになって来ています。お金が無いから治療を受けれない人は一杯います。ヨーロッパの多くの国では医療費は無料です。

しかし、余談ですが上のCMの「国境なき医師団」とかって一度でも寄付するとDMを何回も送ってくるけど「そのお金を医療に使えよ」って思うのは僕だけ?

話を戻します。

お金の話で欠かせないのは「財運」なんですが〜これはとっても「深い」話になっちゃうし精神世界的なお話満載になるのでまたそのうちと言う事で〜

とっても現実的なお話。

でも意外と考えてない人の多いのも確かなお話です。

さて質問、「お金の稼ぎ方って知ってます?」(笑)

そりゃ〜知ってますよね〜

でもほとんどの人が「知ってる」お金の稼ぎ方って「自分の時間を売ってる」だけだって気付いてました?
前回のブログでも書きましたが「時間」は皆に平等に与えられています。それを「売って」お金にしてるんです。

だからほとんどの人は「時給」で働いてるんですよ。

え?「僕は月給」だって〜それでも1ヶ月の給料を働いた時間で割った「時給」をもらってるんです。
だって自分の時間を「売らなかったら(使わなかったら)」お金は手に入らないでしょ〜

この辺で今日のお話でなにを話そうとしているかがわかる人は「金持ち父さん」を読んだ人ですね

世の中の9割の人は自分の時間を売ってるんです。その中で収入の差があるのは「1時間の単価の違い」なんですよ。
これの極端に高い人が「スポーツ選手」ですよね〜プロ野球選手なんかだと年間「億」のお金をもらいますし「F-1ドライバー」にいたっては多い人だとスポンサーからの収入も含めると年間「100億円」とかもらう人もいます。
でもこれも自分の「時間」を売っている事には変わりはありません。

ここで問題になってくるのは「1日は24時間」って事です。これが増やしようがありません。
すると収入を増やすには1時間の単価を増やす事になるんですが・・・これもそう簡単に増えませんよね〜そうすると「寝る時間」を削ったり「楽しみ」に使う時間を削ったりする事になります。
それでも生活が大変な人は多くいます。

これでは「人生を楽しく」って言っても「何の為に生きてる」かさえわからなくなってしまいます。

ちなみにこの「時間を売っている」人達にも2種類います。

会社とか個人に雇われている「従業員」と自分で全てをやっている「自営業者」とがあります。
英語では従業員を「Employee」
自営業者を「Self-employed worker」
どちらも「Employee」で「雇われてる」って意味では一緒なんです。
会社に雇われてるか自分に雇われてるかの違いなんですよ〜

だからよく「雇われるのは嫌だから」と自営業になる人がいますがそんな人はまず続きません。
「従業員」がこなせないのに自営業は出来るわけがないんです。だって自営業は「従業員」+「経営者」の仕事があるんですからね〜

さて話がそれました〜

ここで気になるのが残りの1割の人は「どうやってお金をもらってるのか?」ですよね〜

残りの1割の人は「自分の時間」や「自分のお金」を「お金を稼ぐ仕組み」に使ってるのです。

ここで質問です。

あなたはある王国に住んでいてとても貧乏です。ある時に王様から仕事をもらいました。
「この城には井戸が無いので500メートルほど離れた川から水を運んできてくれ」「運んできた水は全て買う」とのことです。
さあ〜あなたはどうやってお金を稼ぎますか?


毎日、せっせっとバケツで運びます?それとも車を用意してタンクで運びます?

いやいや〜正解とか不正解はないんですよ。どんな方法でもよいんです。
でもね〜「時間を売る」ことしか知らないと「新しい発想」が出来ないんですよ。それは自分の可能性を狭めてしまいます。知ってないと「選択」できません。

「水路を掘る」

それが残り1割の人のお金の稼ぎ方なんです。

水路を掘るときに自分の時間とかお金を使いますが、水路が出来たら後は自分の時間は必要ありません。そして収入を増やしたかったら空いた時間でもう一本水路を掘ればよいんです。
なのでこちら側の人の方が高収入な人が多いです。
お金全体の9割はこの「1割」の人達の方にあります。

ちなみにどんな仕事があるかって言うと〜わかりやすいのが「預金の利息」ですかね〜でもこれはバブルの時なら1億も銀行に預けていると生活できましたが・・・でも僕のお金持ちの知り合いの外国の知り合いは「総資産1京」だそうですからね〜1兆の1万倍です(笑)

株の「配当」なんかもそうです。トレーダーのように「売り買い」の差額を儲けるのではなくて優良株を保有していて「配当」をもらうのです。

あとは家とかマンションとか駐車場とかの不動産でお金をもらう。
え?ぜんぶ仕事じゃないって〜そうなんですこちら側の人は基本的に働きません。
だって「人が動く」と書いて「働く」。
この人達は自分の時間を売っていないのですから〜

あとは「本を書く」とか「CDを出す」って「著作権」でお金をもらう場合です。最初に自分の時間は使いますが後は「売れる」ごとに勝手にお金が入ってきます。
身近な物で「自動販売機」ってのもありますね〜町にある自動販売機のほとんどは「ベンダー屋」と呼ばれる会社が所有していて場所を借りているんです。その 場所の所有者は場所を提供して電気代を負担すると(条件によってはベンダー屋が負担します)あとは「1本売れるごとに幾ら」って形でお金をもらいます。
その他では〜なにか発明するとか「特許料」ってやつです。

ちなみに僕も月にほんの2〜3万ですがこの「自分の時間を使わない」収入をもらっています。

さて、いろいろ書きましたが〜要は知っていて欲しいのです。
お金を必要としているのに「お金の勉強」をしている人はほとんどいません。
ただ、闇雲に「お金が欲しい」「お金が無い」って言っているだけなんです。
それでは「財運」も上がりません。

よく友人の講座に行くとそこで「欲しい物は?」とみんなに尋ねると「家」とか「車」とか「海外旅行」とか・・・でもじゃあ「そのお金はどうやって手に入れますか?」って聞くとみんな「宝くじ」って答えるんですよね〜
宝くじがいけないわけじゃありませんが〜「自分の中で納得している方法」でないと財運も上がらないと思うんですよ。ほとんどの人は「宝くじ」が当たると真剣に思ってないように思うのですが・・・
そもそも「欲しい物」の方が自分の中で間違ってるんですけどね〜これはまた何かの機会に。

最後によく「お金を稼ごう」みたいなセミナーとかに行くとこの「1割」の方に行くのが「良いことだ」みたいに言われます。その人達の理屈は「お金を稼ぐ事と好きな事は別」だからだです。
確かに世活をしていく上では「好きな事」をやっていては生活できないのかもしれません。

でもね。究極的にはどちらでお金を稼いでもよいんですよ。
一番良いのは「好きな事でお金を稼ぐ」ことですからね。

上の人達は自分の本当に「好きな事」「やりたい事」を見つけていないんです。そしてそれはどんなに稼いでいても何処かで「破綻」します。
逆に自分が本当にやりたい事を見つけてそれをやれば時間はかかるかもしれないけどそれは必ず生活に困らなくなるんです。
そしてそれはどんなに「自分の時間を売っても」良いんです。
何故って?
だってそれをしている事自体が「楽しい」のですから〜遊んでいる時も「楽しい」、仕事をしている時も「楽しい」これなら1日中たのしいでしょ

占い&カウンセリング ゲッターラボ

Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
情報サイトまいぷれ掲載中(クチコミ、写真等見れます)ネットで「まいぷれ ゲッターラボ」で検索しても見付かります。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookをやってます。よかったら友達申請してください。https://www.facebook.com/tsutomu.fujihara.9
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 01:27 | 財運 | comments(0) | trackbacks(0) |