鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
厄年ってなんでしょう?
JUGEMテーマ:占い
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

この時期、年運のセッションをしていると「今年は厄年なんですよ〜」って人がおられます。

それ以外にも、年の始は「今年は厄年なんですが、何か気をつけることあります?」ってお客さんからメールが来たりします。


厄年・・・・・


なんでしょう??


知らない(笑)


「仕事で占い使うだろうが!」

そういう言われるかもしれませんが・・・・

知らないんですよ。そもそも何歳が厄年かも知らないし(笑)

まあ、そんなのGoogle先生に聞けばすぐにわかることですが〜そもそも調べる気がない・・・



占いっていろいろありますが、ある程度の共通点というか基本概念みたいなものがあるんですね。

でも、僕の知る限り「厄年」に関しては「占い的」にも根拠らしいものがはっきりしてないんですよ。


僕が思うに「バレンタイン」と同じではないのかと・・・・


バレンタイン→お菓子メーカーの策略

厄年→神社の策略(笑)


実際はよくわからないんですが、それ以前の問題として僕はこの「占い的」な捉え方をあまり好きではありません。



厄年以外にも「大殺◯」とか「天中殺」とかって言われて、年運のセッションに来る人の中にはそれを怖がっている人もいます。


え〜〜っと、「大殺◯」は別として「天中殺」は確かにその基本概念的なものの中にありますよ。


知らないより知ってるほうがよいのかもしれません。


でもね〜僕は去年は「天中殺」で「大殺◯」でしたが^^


楽しい1年でした(笑)




僕はよくこのブログで書きますよね〜

「占いは当てることよりも、改善する事が目的だ」って。



確かに悩んでいる人で、「当てる」ことで心が軽くなる場合もありますよ。


でも、悪い情報で怖がらせるだけになんの意味があるんでしょうね。



そう言えば先日来られた女性が、仕事関係の知り合いに「すごく当たる占い師がいるから」ってある占い師さんの所に連れて行かれたそうです。


そこでその女性は「結婚」に関して占ってもらったそうです。

すると〜〜

「35歳までに結婚すると、辛い思いをして離婚する」って言われたそうです^^;

ちになみにこの方は28才。

まだ先は長いですね〜〜〜


そこでこの女性は「どうしたらうまくいきますか?」と聞いたそうです。


するとこの占い師さんは・・・・

「頑張れ」と・・・・


(笑)(笑)


何を?どうやって?(笑)



いいな〜〜僕も今度からそう言おうかな〜^^

「なかなか彼氏ができないんです」

「頑張れ!」


「会社がこのままではやっていけそうにないんです」

「頑張りなされ!」


「病院では治療しても治らなくて・・・」

「頑張ってね!」


簡単でよいな〜(笑)




厄年はよくわかりませんが、確かに時期によっての「リズム」的な流はあるんですよ。

でも、それはよく言われているように「悪い」のとは少し違うんです。

いままでと少し方向性が変わる時期なんですね。



同じことを延々とやっていても何も進化しないんですよ。


だから時には方向性を変えていく時も必要で、そんな時こそ新しいことを学んでいく必要があります。



ちょっと今までと流の方向性が違うから、確かにいままで上手くいってたことがいかなくなるかもしれません。


だから違う新しいことなんですが、僕みたいに常に新しいことを好奇心を持って探しているとあまり関係ないんですよ。


占いといかこう言う考え方は、「道具」でしかないんですよ。

道具が主体になったら意味がないんです。




だから、僕が「当てる事」ではなくて「改善すること」って言うんです。


そう言えば先日来られた別の女性が、「米子で一番当たる占い師って聞いたんです」って来られましたが〜〜

誰ですかそんなデマを流したのは(笑)

僕は当てる気はサラサラありませんし、僕は占い師ではなくて「カウンセラー」「セラピスト」です。


占いも道具として使うカウンセラーです。


そう言われたから、元カレの容姿とかを当てましたけどね〜

そんなの「宴会芸」ですよ(笑)


だって当てたからってなんのやくにもたたないでしょ。


でも一つやくにたってるんですよ。


それはそうやって「当てる」と、その先に何を言っても信じるんです。


簡単な事を当ててあと占い師は当ててるつもりなだけで思い込みな事を言う。


これ占い師の常套手段だったりします。



これを信じてしまうとなにが起こるかって言うと、簡単なこと以外の事で結果は外れてもその時に「やっぱり当たってないじゃない」とは思わなくなるんですよ。


最初にわかるはずの無いことを当てられてるでしょ。

だから、もっと肝心な事を外れても「占い師が正しくて、自分の方が何かダメな事をしたんだ」って思う人がでてくるんです。



それがひどくなると、「洗脳」されてるレベルになってたりするんですね。





厄年も天中殺も、「当てる占い師」もダメとか間違いとか言う気はありません。

人それぞれの考え方や環境、レベルがありますから自分にあったものを選択すればよいんだと思います。


ただ、僕のスタンスは「当てる」のではなくて「改善する」とか「変わる」とかってのが目的です。

そして今の問題の解決ももちろんですが、「自分らしい楽しい人生」を見つけてもらうのが僕の目的なんです。



だから、それにあった人が来てくれたらよいんだと思ってます。


そうそう、途中に書いた相談に来た人の元カレの容姿を言い当てたりって「簡単な事を当てる」ってのはコツを知ってれば誰でもできますよ。


そんな「初歩の超能力講座」でもしましょうか(笑)

需要がないかな〜「受けたい」って人がいるなら連絡ください。

ただし、僕は知らない人苦手なのでセッションかヒーリングかアチューメントを受けたことのある人ね^^



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 23:20 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |
猫と占い
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

桔梗さん体調不良です。今朝からトイレを出たり入ったり・・・血尿が出て病院へ。膀胱炎でおしっこに砂が混ざってるそうです。
結石はないようですが、10日ほど様子見で再検査です。
原因で一番考えられるのは食べ物だそうですから、今日から国産のフードは一切与えない事にします。

基本的にサイエンス・ダイエットなんですが、国産も混ぜてたんです。特にウエットはサイエンス・ダイエットだと桔梗さんが「これじゃない」みたいな顔するので・・・^^;

でもやっぱり国産はダメですね。

ちなみに、占ってみました。
僕の占いの特徴は「改善策」が出せること。だから、普通の占いと違い病気とかにたいするこんな時がいちばん使えるんです。
過去にも病院から治らないと言われた猫が改善策の後ですっかり元気になってます。

物事には現実的な意味と目に見えない意味がありますからね〜

占った結果は、「災難」の情報がはっきりと出てます。
もちろん病気ですから災難ではあるんですが・・・
実は先週から車の調子が悪いんですよ。それの修理代がかなりかかりそうなんですが、どうもそれと関連しているみたいです。

この災難情報は猫の方じゃなくて僕の方に影響しているんです。
車の調子が悪くなるとかではなくて、事故とか大きなトラブルの可能性があるんですが、それを猫が止めてます。

よくペットの病気の事で占いを頼まれると、ペットが飼い主のトラブの身代わりになっていることがあるんですね。

ペットって言うのは飼い主を純粋に愛しているので、身代わりになってでも守ろうとします。

代わりに災難を引き受けてしまうんですね。

それはどんなに酷い飼い主にでもなんですよ。

だからこそ、僕は動物を虐待する人間が許せないんです。


車の調子が悪いのはその引き受けきれない分の「おつり」みたいなものと、そうなることによって災難の回避をさせてるんだと思います。

実際、車の調子が悪くていくつか遠出を中止したし車に乗るもの最低限度にしてます(いつ止まるかわからないだけで走れないわけではない)

占いの結果はこんな感じでした。

あとは、この災難そのものを止めてしまう改善策をすればよいのでこれからおこないます。

桔梗さんにはもちろん早く元気になってもらわないといけないのですが、これで車も直ったらよいな〜^^

あとは桔梗さんに粉薬を飲ませる戦いに勝たないと(笑)



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 23:55 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |
占いをして欲しいって人
JUGEMテーマ:占い
 
鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

僕の仕事は「占い」そして「カウンセリング」、あと「ヒーリング」など。

でも僕の中では「占い」とかは単なる「道具」なんですよ。


例えるなら料理教室での「包丁」のようなものです。


料理教室に通う目的は、「料理がうまくなること」ですよね。

別に「よい包丁」に出会うことでも「よく切れる包丁」を使う事でもないはずです。


それは「包丁」が道具であって「目的」ではないから、道具はその目的に到達するために使うものです。


言い換えればその目的が達成できるなら、道具はなんだってよいですし時には必要ないときもありますよね。




僕はネットで宣伝を多くしています。

このブログも宣伝の一部です。


ただ、僕のネットでの宣伝は出来る限り「まずはブログを読んでもらう」ように行ってるんですね。

だから、ホームページとかに電話番号とかのすぐに連絡がとれる事が書いてありません。


ホームページを最初に作ってもらった時には、大きな文字で目立つように電話番号が「ば〜〜ん」って載ってたのですが消してもらったんです。


本来はこれだと多くの人が逃げてしまうんですね。


でも、僕はあえてそうしています。

それは、僕が単に「占う」とか「未来を見る」って事では何も解決しないと思っているからです。

もちろん、それを望む人を否定する気はありません。

時には人はどうしても決めれないこともあるでしょうから・・・


それがその人の望ならそれはその人にとっては「正しい」のですから、そしてそれを必要としているならそれもやります。



ただ、あえてブログを読ませるって宣伝効果が落ちるのに面倒な事をしているのは、僕が本来望むのは人生をよくしようって思っている人のお手伝いをしたいからです。

その為に必要なら今起こっている問題を解決することもしますし、望みが叶えれるように改善策もします。

しかし、最終的には自分の本当の望や自分らしさに気づいて「僕を必要としない幸せな人生」になって欲しいのです。


だから、あえて宣伝の段階でブログを読んでもらうって事で「単に未来を占いたい」のか「人生を変えたいのか」の選別をしているんですね。

単に未来を占いたいならいくらでも素晴らしい先生方がおられますからね〜



ところがですよ。

最近、なぜか単に占って欲しいって人の問い合わせが増えているんですよ。

確かに「ブログへ」と言ってもまったく僕の連絡先がネットに無いわけではありませんからね〜

特にGoogleとかが勝手にページを作っちゃうんで・・・・いちおう「僕の事」って証明すると僕が編集できるようになるんですが、電話番号と住所が先に出てきちゃうし「説明」的な事を書くところがないんですよね〜

「米子 占い」だとトップにでるからありがたいことですが・・・・



先ほども書いたように、いくらでもやりますが・・・・

それが本当に決めれなくて悩んでいるとか、自分の考えはあるんだけど「占い」って違う側面からの答えも参考にしたいとかって言うのはぜんぜんかまないんです。

実際、僕の所によくこられる僕の考えを理解している人も、単に占って欲しいって言われる時はよくあります。

そういう人は、自分の人生を変えてよくしようって言う前提があってのことです。




ところが、「単に未来を占って欲しい」だけの多くの人はそう言う前提がないんですね。


今の問題から抜けだしたいって事でもないんです(潜在的にはあるんですが)


そう言う人って「道具」である占いの方にやたら拘ります。



「どんな占いをするんですか?」


こういう質問をしてきます。

これ説明してもたぶんわからないんですよ。


ぼくが使う占いは、あまりメジャーではないんですね。


それは「少数派」という意味ではなくて、「会得が困難」だからです。

むしろ「占い」というジャンルでは、歴史的にも内容的にも多くの占いと言われるものの「大元」になっているものの一つです。



だから、「占う」を仕事にしている人やセラピストの人などにはわかってもらえるんですが・・・

僕のお客さんにプロの占い師さんやセラピストさんが多いのはそれも一つの理由。



ただ、別に僕のやってる事が凄いんじゃないんですよ。

別に占いなんてなんだってよいんですよ。「よく切れる包丁」ならね。


僕がこの占いを「道具」として使う理由は、僕がやりたいことに大きく関わっているからです。

それは「改善策」が出せるからです。


「当てる」なんて条件さえ整えば簡単な事なんです。


たまに遊びでしますけど、明日の「野球の試合結果」とかを占えば「結果」だけでなく「試合内容」まで当てれますよ。

あくまでも「条件」がありますけどね。


でも、それって実は大した意味はないんです。

大事なのは「当てれる」のではなくて「改善できる」事の方です。



これ、ピンと来ない人にはほんとにいくら言ってもピンときません。


大前提が違うんですね。


「当てる」事を望んでいる人は、自分の人生を自分がコントロールできないと思っているんです(そんな事すら考えてないですが)


でもね。

幸せな人は、自分の人生はコントロールできるんです。

自分が望めば叶うんです。


もちろん「すべて」ではないですよ。


その望が「心の本当の望」ではない場合もありますし、それを叶える課程での努力や悩みで「学ぶ」必要があるとそれはすぐには叶いません。


でも概ね自分の思い通りになるんです。



そして、その簡単に叶わないことも「それも必要」とありのままに受け入れます。


起こることをありのままに受け入れれると、望は叶いやすくなるんですね。


だから、幸せな人は起こることに「一喜一憂」しません。


そんな生き方をしていたら、「未来の情報」なんて必要ないでしょ。



だから、未来の情報を欲しがる人ほど自分の人生を自分の思い通りに生きていないんです。

こういう人が道具である「占い」の方に拘るのは、いろいろな占いや占い師さんの所に行っているからです。

それは結局は「よい未来」の話が聞きたいからなんですね。
「当たる占い」で「よい未来」を言ってもらって安心したいからです。



起こることを知ってそれに備えるのも時に必要ですが、起こることを自分の思い通りにすればよいんです。


そしてすべてがそればかりだと面白くないんです。


「次に何が起こるか」がわかっている映画なんて面白くないでしょ。



幸せな人は自分のコントロールできないな部分での出来事も楽しんでします。


それは「自分に起きることはすべて意味がある」っていうのを理解しているからです。



未来予知なんて本来あまり意味がないんですよ。


それは、未来の情報を聞いた瞬間にそれは「聞く前」の状態とは変わってしまうからです。

だから、個人レベルの未来予知ってあまり意味がないんですよ(野球の結果は1個人が行動を変えたぐらいでは変わらない)


そして時には「失敗」することからしか学べない事もあります。

その失敗から学ぶことで本当に自分らしい幸せな人生に近づけるんですよ。


こんな「必要な失敗」はいくら予知して回避したとしても違う形で起こります。

だから僕は今までの事から何を学んで気づかないといけないかを、「セラピスト」としてアドバイスするんです。

そこには占いなんて必要ありません。




占いを、

「単に未来を見るため」に使うのか。

「人生を自分のものするため」に使うのか。

この使い方の違いは、そのままその人の「自分の人生」との向き合い方でもあるんです。



なんて、書きましたが〜「単に未来を見るため」な人はこのブログなんて読まないんですよね^^;



まあ、それで来る人もそれもまた何かの縁ですし、最初はそうやって来たけど自分の人生をどんどん変えていってる(よい方に)人もいますからね〜

僕の事が必要な人は来るし、必要でない人は来ないでしょうから。


それでは、これで終わります。







占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 21:46 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |
占いで宝くじは当たるのか?part2

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

前回に引き続き、ダウジングのできるお客さんがナンバーズ3を占ってみました。

「787」

前回の反省での改善も特になく、今回は僕は立ち会ってもないという他力本願(笑)

今の状態だと「おしい」って状態が続いてしまうかも・・・

今考えているのは、次回は僕の易の占いで「ナンバーズ3を当てるには」で占って改善策と良い日にちをだして購入をと考えています。

ちなみに今回も上に移ってるのは桔梗さんの手です^^



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 16:54 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |
占いで宝くじは当たるのか?

鳥取県米子市で占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。


占いをやってるとたまに聞かれるんですよ。

「宝くじは当てれないのか?」って。

もともと、いま使ってる易の占いを覚えた時はナンバーズの数字を当てれないかとか、競馬を当てれないのかをやってたことで占いを覚えれたんですよ。

この質問の答えは「当てれる」なんです。

じゃあ、占いをできる人は当て放題じゃないかってなるんですが、そうはいかないんですよ。

何故なら「当てる」事は可能でも、その人の財運が邪魔しちゃうことがあるんですよ。

だから結果論、外れたり買えなかったり買い間違えたりみたいな事が起こります。


最近、お客さんでもともと霊感のある女性がいるのですが、レイキアチューメントをしてからそれが強まったのです。

そして「ペンデュラムでのダウジング」が出来るようになったというのです。

せっかくの能力なんで何に活用しようかと考えたのですが〜

ここはやはり宝くじでしょ。

楽しくないと使っても面白く無いですからね^^

今日はその女性にレイキのサードのアチューメントをしたので、さらに霊感は活性化してるのではないかとダウジングで「ナンバーズ3」を予想してみました。

その結果は「351」。

さて、どうなるんでしょう^^

まあ、今日がダメでもせっかくなんでまた研究してみようかな〜と思ってます。

ちなみに写真の上に写っているのは、桔梗さんの手です。
写メを撮るのに押さえてくれました^^



占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 18:51 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |
未来を当てることの意味
JUGEMテーマ:占い
 
占いをしていると「未来」を知りたがる人に多く出会います。

確かに、世の中の人の多くは「占い」ってものの役割を未来を「当てる」ものだと思っていますよね。

ちなみにウィキペディアで調べてみると、

「人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう」

こんなふうに書かれています。

この中で「心の内」って言うのと「運勢」っていうのはよいと思うんですよ。

自分でも気が付けない「心の内」っていうのは、いま起こっている悩みや問題の原因の一つになっていることがあります。

カウンセリング等で見つけれるものならよいんですが、膨大な時間がかかったりする時が多いので占いは大いに役に立つんです。

「運勢」に関しても、こんな仕事をしていると確かに「流れ」みたいなものはあるんですよ。

それを見極めておくことで気をつけたり、行動を変えたりができますからね。

僕の場合はこれにさらに、「それを改善する」って事もします。


では「未来を当てる」ってのはどうでしょう?


最初にも書きましたが、多くの人はこれを「占い」だと思っているのだと思います。


未来がわかれば有利にいろいろな事が出来ますからね〜


しかし、これは本当は意味が無い行為なんですよ。



実は多くの有名な経営者なんかは表立っては言いませんが、「占い師」に相談していることが多かったり「お抱え」の占い師がいたりするんです。

有名な話では経営の神様「松下幸之助」はよく占い師の意見を聞いていたそうです。


「だったら、やはり未来がわかるほうがよいじゃない」って思うかもしれませんよね。

でもこういう人達は、占い師に「未来」を聞いているんじゃないんですよ。

自分がやろうとしていることの問題や邪魔を聞いて、どうやったらそれが上手くいくかを聞いているんです(それも未来だって言えば未来なんですがね)

そしてその占いの答えが悪くてもそれに全面的に従うのではなくて、「じゃあ、どうしたらよいか」を考えてたんですね。



多くの人の占い師に求めているのはそうではなくて、「未来がどうなるか」を聞こうとしています。

そこには自分の意思や行動、考え望がないんですね。


一番多い質問は「私はいつ結婚できますか?」「私は結婚できますか?」ってやつ。


これって「30年後です」とか「出来ません」って言われたらどうするんでしょうね^^

こう言う人のよく言うのが「良いことは信じて、悪いことは信じない」ってやつです。

それなら占う意味なんかないように思うんでうが・・・・


僕がこの質問をされるとよく聞き返すのが、

「いつまでに結婚したいんですか?」


自分の意見や意思がないんですよ。


そこの根底にあるのは、「人生は自分の思い通りにはならない」って考えでしょうね。

だから「起きるであろう未来」を聞きたがるんです。


「人生は自分の思い通りになる」って思っている人はこんな質問はしませんよね。

ただ、その思い通りにしようとすると問題や邪魔が発生する時があるから、それが何なのかそれを排除するにはどうしたら良いのかを「占う」のが本来の占いの使い方だと思うんです。

まあ、これは意見はそれぞれだと思うんですがね。



究極的な話をすると、幸福か不幸かはその人の「パーソナルイメージ(セルフイメージ)」の問題なんです。

人生はその人の潜在意識が思っている「自分」の通りになっているんですよ。

不幸な人は単純に言えばその人の潜在意識が「そんな自分」だと思っているからです。


占いに未来を聞く人は、自分で人生において起こる事をコントロールできないって「パーソナルイメージ」があるんですね。

本当はこれが完璧に出来ていれば、占いなんて必要はないんです。

しかし、そう簡単に最初からできませんから「占い」とかも必要になってくるんですね。



そして、も一つ大きな問題があります。

それは〜

「バタフライ効果」って知ってます?

「ブラジルで1匹の蝶がはばたくとテキサスで竜巻が起こる(地名に関しては諸説あり)」

いろいろな解釈が出来るんですが、「竜巻」も遠くで起こった小さな蝶の羽ばたきから起こっているのかもっていう話です。


という事は竜巻を人間が消すことは現代科学では不可能ですが、その原因の蝶を殺せば竜巻は消せるかもって話にもなります。

これ言い換えればね。そんな小さな関係無いようなことでも未来には大きく影響しているって事なんです。


何故これが問題かって言うとですね。

その占いで出した「未来」はどんな事が関わって起きているかなんて予測不可能なんですよ。

それを予測するには、「今」からその未来が起こるまでの「全ての出来事」を把握してないといけないことになるんです。

これをしようと思うと「ラプラスの悪魔」って問題が出てきちゃうですね・・・

って、そろそろ頭がウニになり始めてる人がいると思うんで(笑)わかりやすい例え話を〜

ちなみに「ラプラスの悪魔」ってスピ系の話じゃないですよ。

「物理学」のお話です^^


例えば、ある優秀な占い師がある彼氏が欲しいけどなかなかできない女性に「今年の9月に恋人が現る」と言ったとしましょう。

この占い師はとても優秀でこれは本当に起こることです。

しかし、これ意味が無いんです。


意味が無いというよりもむしろ「危険」な事なんです。

この占い師がだした「未来」と言うのは、「占いの答えを知る前の女性の未来」です。

それを知ってしまった女性は、知る前とまったく同じ行動はしません。


例えば、その恋人との出会いは、6月に合コンに行ってそこで出会った女性と友だちになって、その友達の従兄弟かもしれないわけですよ。

でも9月に恋人が現るって知ったその女性は、6月の合コンに行かなくなりますから・・・・


そうでなくても、9月に現れるって知っているので、9月に出会ったそれらしい男性に「猛アタック」をするかもしれないですよね。

本当は、最初は「喧嘩すること」がきっかけだったかもしれないのに・・・・

そのそれらしい男性の友達の方だったかもしれないのに・・・・

「知ってる」が故に行動が違ってしまいます。


そうすると、最初の未来と同じかどうかもはやわからなくなってしまうんですね。



だから、「うまくいくこと」なんて知る必要はないんですよ。

未来の予知って言うのは「その未来を変えるため」にあるんです。


それに「知って」しまったら人生は面白くなくなります。

全ての内容を知ってる映画やゲームっておもしろくないでしょ。

人生を楽しんでいる人は、その何が起こるかわからないことも含めて楽しんでいるんです。

その根底には「人生に起こることは全て自分に必要なこと」っていうのがあるからです。

「起こること」には時折「難題」があったりするんですね。

その難題をクリアーするための「アイテム」の一つが「占い」って事なんですよ。

見ていると、占いを「難題のクリアー」や「願望実現」に使っている人と「未来を知る」事に使っている人ではあきらかに「幸福」に近づいてるのは前者で、後者はより悩みが増えていっています。


それではこれで終わります。





占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 01:48 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |
占いについて思うこと
JUGEMテーマ:占い
 
世の中にはいろいろな占いってありますよね。

信じる信じないはそれぞれの自由だとは思いますが・・・

僕は自分で仕事で占いを使いますが、あまりいろいろな占い師さんを知らなかったんです。

今年はもっと県外の人を対象にした「電話セッション」を増やそうと、昨年後半ぐらいから東京を中心に電話占いをしている人などを見てみたのですよ。


う〜〜ん。

多くが良いとか悪いとかじゃなくて「占い師」っていうものの目的が違うんですね。

まあ、これは前から思っていたことではあるんですがこんなに違うんだな〜と。


多くの占いは、何かを「占って」それがどうなるかをだすのですよ。
僕の占いの目的は、何かを占って「どうやったらうまくいくか」を出すんです。

このブログの中で「改善策」って言葉ってたまに話してます。


確かに時にはAかBかって悩んでしまって、どう考えても答えが出ないみたいな時もあって、そんな時に占ってみるって事もあります。


そして今だと多くの人が今年の「年運」をみてほしくて来られます。

確かにこれも今年どんなことが起こるかとか何に気をつけたら良いかってことは話します。


でも来られた方はわかると思うのですが、僕は年運を占う前に「今年はどんな年にしたいですか?」「今年の抱負は?」「今年ならではの事はなんですか?」みたいに「どうしたいのか?」を聞きます。

それを中心に今年1年使える「改善策」をだすんですね。

そんな時に言われる人がいるのは、「今年は◯◯だから運が悪い」とか「私は◯◯だから今年はよくないらしい」って事です。

占星術系のものにはこんな「運気」の流れで年によって違いがあります。


だから、初めて僕の所に来られる人で年運のセッションだと「今年どんな年になりますかね?」って聞いてこられるんですよ。

それに対して僕が「どんな年にしたいんですか?」って聞き返すもんだから「えっ!」ってなる人がいるんです。




確かに運気の上がり下がりってありますよ。

でもこれは、年運の事を説明しているブログでも書いていますが、仮に今年は「運気が下がる年」だとしても、そもそものその人の持っているもので同じ「下がる」でも違ってくるんです。

わかりやすく「お金」の運気だけの話にすれば、年収200万の人がお金の運気が下がって50万円の損失が出た。

これは大ダージですよね。その年はどん底でしょうね。

ところが年収200億の人がお金の運気が下がって50億円の損失がでた。

ダメージが無いとは言いませんが、大問題にはならないでしょ。

でも、損失の割合は同じ。

だからこの二人は同じようにお金の運気が下がったのです。

これはわかりやすくするために、お金って数字にしましたがそもそもの運気の高さによって下がっても大きな問題にならないんです。

僕の改善策はこの高さを変えることをしてるんですね。



それと、確かに運気の下る時期ってのは存在します。

「大殺界」とか「天中殺」とかいろいろな言葉で言われますよね。


でもこれを多くの人が勘違いしています。

これは「悪い」のではなくて、「今までとはパターンが変わる」のです。

だから今までのことが伸びなくなります。


ようするに「次」のステップに行く時期なんですよ。


そんな時期には一度、運気が今まで違う状態になります。

これにかんしては僕はよく「農業」に例えます。

多くの場合は「秋」に収穫ですよね。


年ごとの運気の上がり下がりもこれによく似ているんです。

そして多くの人はその秋になって収穫の「多い」「少ない」に一喜一憂します。

でも考えてみてください。収穫量は植えた苗や蒔いた種の量で決まるでしょ。

だから、秋に考えても遅いんですよ。

では、種を蒔く春に?

それも遅いです。


蒔く時になってさわいでもダメです。


冬の時期にどれだけ準備したかです。

新しい苗を買って、農機具をメンテナンスして、あたらいい農法を勉強して、畑を広げて・・・

これで春に蒔く量や質がかわるでしょ。

結果、秋の収穫量が増えるんです。


そしてこの「冬」が皆さんが言う運気が下がった時なんです。


確かに「冬」なんで新しい種を蒔くには向いていません。
だから、「やりたい事」を始めるのには向いてないのかもしれません。

僕ならそれでもうまくいく改善策を出しますけどね^^

だからって「悪い時期」ではないんですよ。



どうも「悪い事」を言って恐れさすのが占い師の人は好きみたいですね(笑)




いろいろと調べていたら、「人気占い師に聞いた相談されて困る内容」ってアンケートがあったんですよ。

それで上位にあったのが「病気のこと」でした。

「そんなこと相談されても治すわけじゃないし・・・」みなたいなコメントが多くありましたね。


これも見てびっくりしたんです。

僕は僕の周りにいる占い師さんしかあまり知らないのですが〜これ普通に皆さん相談されてますが・・・・もちろん僕も。


やはりこれも、占い師さんのスタンスの違いなんですね。

「当てる」ことしか目的としてないのでは確かに「病気」を相談されても困ります。

でも「改善」を目的にしているので、むしろ病気は一番やりやすいんですよ。

答えがシンプルですからね。

「治りたい」以外にないですから。


それに僕の場合はレイキもありますし。


もちろん、とりあえずは病院ですよ。
でも、癌とか多くの場合は治らないじゃないですか。


ここで治るとか治らないとかは、いろいろな所から怒られるので言えないですが相談に来られる人が多くいるっていうことは・・・・


僕の住んでいる山陰って人口の割に占い師さんとか多いんです。

そして受け入れている人も多くいます。

だから、レベルが異常に高いんです。

もともと神々の国ですからね〜「目に見えない物」に対する抵抗が少ないんですよ。

占いとかを仕事にしていない人でもけっこう「視える」人も多くいます。



よく占いを「良いことは信じる」って人がいますが、これがまさに「当てる」のが目的の占いをしている場合ですよね。


改善する為にやるのなら、「良いこと」でも「悪いこと」でも改善してしまえばよいんですから同じなんです。


どちらの占いを選択するかは来られる人が決めれば良いことで、どちらが正しいとかってことではないんですがね〜



僕にとっての占いは、人生を良くしたり楽しんだりするために願いを叶えたり問題を失くしたりするための便利な「道具」なんです。

決して遠くを見てそれで一喜一憂するだけに使うものではないんですね。

もし、興味を持って新しくセッションを受けてみたいと思う人がいたら、そのあたりのことを理解しておいてくださいね。

相談にこられて「いつ結婚できますか?」なんて質問すると、「いつまでに結婚したいんですか?」って僕に聞き返されますよ(笑)


では終わります〜





占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 01:54 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |
行動や考えだけでは変えれない「運」の部分
 JUGEMテーマ:占い

鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

僕が「占い師」と言いながら、セッションに来られた人にあまり占い師っぽくないと言われるんです。

それは、僕のセッションの全体に占める「占い」の部分が少ないからなんです。

それはなぜかって言うと、「占う」にはその人の心の焦点がその事柄をきちんと認識していないといけないと言う事が一つ。

僕の占いの目的は「当てる」よりも望を叶えたり、今の悪い状況を終わらせるための「改善策」を出すのが目的だからで、それには自分の心の方の「どうすれば」とか「気づき」が伴ってないと効果が弱いからなんです。

その為に、「心理学」や「スピリチュアル」なお話が多くなってしまうんですね。

とは言え、「どうすれば」とか「気づき」の部分のお話だけで終わらないのは(たまに凄い納得されて終わる時もありますが)、どうしても目には見えない部分でも「運」とか「流れ」のような部分もあるからんです。


ここで、説明しておくと「運」と言うのの上がり下がりっていうのは最初からある程度決まっているんですよ。


でもそれでは占ってもあまり意味ないって思いません?

僕はそう思うんですよ〜決まってるものを聞いたってしょうがないって。


だから、来年の運気はみたいなのってそれだけを聞くこと自体にはあまり僕自身は興味がなかったんです。だって「悪い」って言われたらそれで決まってるんでしょ^^;


でもそれを聞きたがる人って多いんですよ。

そんな人って、「自分に都合のよい占いの答え」を出して欲しかったりするんです。

だから、占って自分の都合の悪い答えだと他の占い師さんの所に行ったりして、そして「よろこぶ」ような事をいう人を好みます。

そう言えば知り合いで、ある占い師さんの所で「運命の彼が年内に現れる」って毎年言われてる人がいたな〜(笑)


話がそれましたが〜

運の上がり下がりのその「波形」とか「バイオリズム」みたいのは変えれないんです。

でも、その「位置」は変えれるんですよ。


どういうことかって言うとですね。

例えば、年収が150万円の人がこれからお金の運が下降して行って収入が減ったら生きていかれないでしょ。

でも、年収が150億円の人なら下降してもたいして問題では無いでしょ。

これどちらもお金の運が下がってるんですね。

普段から物凄く元気な人が健康運が下がったら、ちょっとお腹が痛くなったりすることが多くなったりするかもしれないですね。

でも、普段から病弱な人が健康運が下がったら入院しないといけないかもしれないです。


この「どの位置」にその波形があるかは変えれるんですよ。

これが僕の占いでの「改善策を出す」ってのの目的の一つ。


もう一つは、何かの問題や悩み、困難なんかは「自分の心」が仕掛けてきてます。

それはお金だろうと人間関係だろうと仕事でも、病気でも恋愛でもです。

言い換えれば「心がそうなろうとしてる」のです。


それはそうやって問題を起こすことで「何かに気づかせよう」ってしてるんですよ。


だから、「気づき」さえあればその問題は消えるはずなんです。


心っていうのはその問題を起こすために、色々な物を引き寄せています。その引き寄せたものを使って問題を起こしてるんですね。

ところがですよ〜

「気づいた」からってその引き寄せたものが一気に消えてくれたりはしないんです。
それには時間がかかったりします。

それに、本当に苦しい状況では「気づく」にもその余裕が無かったりもするんです。



だから、気づいてもらうことが一番重要なんですが、それだけのカウンセリングでは「気づいても」その悪い流れのほうがすぐに変わらないから、また元に戻っちゃったりするんです。


「気づく」といっても一気に全てがわかるわけではなくて、「気づき」っていうきっかけでいろいろな事がわかってくるんです。

例えば病気なんかがわかりやすいですね。

病気になるのは、どこかで「心」と「頭で考えてること」がずれていて「心」が望んでいない行動をしていると「それをやめさせるために」起こります。

精神疾患なんかもその一つ。

あとは「癌」もそうです。


だから、その事に気が付かないといくら薬や手術をしてもまた再発したり別の形の病気になったりするんですね。

薬や手術はあくまでもその「症状」に対する「対処」をしてるに過ぎませんからね。


問題はその気がつかないといけない部分に気がついても「朝起きたら治ってた」なんて事にはなかなかならないんですね。

それに病気の状態ではなかなか気づこうにも、それを考える余裕もなかったりします。



なので、そんな時はその「気づく」って作業と同時に今起こってる問題を止めちゃわないといけないんです。

「気づく」って作業はカウンセリングの方でお話ししますが、止めるにはやはり目に見えない「力」って必要なんですよ。

それに場合よっては目に見えない変なものも引き寄せて悪化させてる時もあります。


その目に見えない力っていうのが、僕が占いでする「改善策」ってやつなんですね(病気だとレイキもその一つ)

僕は占いは「便利な道具」だと思ってるんです。

だから、「どうするか」「どうなるか」を占いに聞くんじゃなくて(必要な時もありますが)、「どうしたいか」を叶える「道具」として使うものだと思うんですね。

病気なんて言うのはこの「どういしたいか」がはっきりしてますから占いやすいし、答えもハッキリ出ることが多いので改善策も出しやすいことが多いんです。

もちろん心が病気にして気づかせようとしたことに気づかにといけませんけどね。

仕事とかお金、人間関係や恋愛なんかはこの「どうしたいか」が自分が思っていることと心がズレてることが多いんですてたりもするんですけどね〜


そななわけで、僕が「占い師」ではなくて「占いって道具も使うカウンセラー」です^^


それではまた〜


占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
お問い合せ







ゲッターラボ公式ホームページ
http://getterlabo.net/
ゲッターラボ公式ホームページ(スマホ、携帯版)
http://x62.peps.jp/getterlabo/
セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1

ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
| 01:31 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |
年運の心得
JUGEMテーマ:占い
 
年の初めから体調を崩してたのでブログの更新がすっかり遅れてしまいました。

この1月〜2月は「年運」と言うのを占いに来られるお客さんがとても多いのですね。

「年運」・・・今年の運勢ですよね〜

何度か来られてる方はわかっておられるから良いのですが、初めて来られた人とかはちょっとびっくりされるようです。

それは、僕がこう言うからですよ。

僕「今日は年運のことですね」

お客さん「はい。お願いします」

僕「では、今年はどんな年にされますか?」

お客さん「えっ!?どんな・・・・・・」

(笑)

普通は占い師がどんな年になるかを答えるんですものね〜(笑)

もちろんそれも答えますよ。必要なことはね。
一年終わってみるとそのとおりになってたりする事がよくありますから。

でもね〜これはブログで書いていることですが、決めるのは「自分」なんですよ。

例えば、未来を予知する人がいて「あなたの将来は、○○という会社に就職して28歳で行きつけの歯医者で出会った女性と結婚して、子供は二人生まれ・・・・」

みたいに言われて「その通り」に生きます?

確かに就職も結婚もできるから安心するのかもしれませんが・・・・

でも、それじゃ意味ないんですよ。そして安心してしまったらそれは起こりません。

多くの占いを求める人って、「こうなる」とか「こうすればよい」って言って欲しいですよね。
確かに時にはそれも必要な時はあります。


僕はセッションの時によく言うのですがね。

僕は占いは「便利な道具」だと思ってるんですよ。

よく「カーナビ」に例えます。

カーナビは便利な「道具」ですよね。

自分の行きたいところに案内してくれます。間違えてもすぐにリルートして新しい道を教えてくれます。

でも、占いに「どうなるか」を聞いているのではそれは、カーナビが行き先をきめてそこに人間が運転して行ってるようなものです。

そんな人生の何がおもしろいんです?

だから僕は「どうしたいか?」を聞くんですよ。それもより具体的にね。

「どんな年にしたいです?」って聞くと「良い年にしたい」って答える人がいます。

「いくらでもお金を出すから、何が欲しい?」って聞かれて「何か」って答えてるようなものですよね。


これは普段のセッションでもです。

もちろんこれを明確に決めれてる人は少ないです。特に僕のところに初めて来た人はほとんどは考えてはいません。

ですが、考えてなくても大丈夫ですよ。僕が考えるように話しますから(笑)
僕のセッションが長くなりやすいのはこれが理由です。

そして何度か来られた人ってそれをし始めるんですよ。

あとはそれがうまくいくように占いを元に改善策を出せば良いのです。
年運の場合は一年使える「お守り」のようなものですね。

もちろん「こんな病気に注意してくださいね」とか「この月ぐらいまではあまり動かないほうがよいですよ」とか必要と思える事は「どんな年になるか」答えますけどね。


自分の「こうしたい」「こうなりたい」「これが欲しい」を叶える便利な道具が占いだと思います。
なかなかこの感覚はピンとこない人に来ないようですがね^^

それにこうやると「依存」の高い人がお客になりませんから儲かりませんし(笑)


さて、今年はどんな年にしたいですか?

それではまた〜


Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
Yahooロコプレイスページ

http://locoplace.jp/t000152870/

ゲッターラボ ホームページタイトル(中)
情報サイトまいぷれ掲載中(クチコミ、写真等見れます)ネットで「まいぷれ ゲッターラボ」で検索しても見付かります。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookをやってます。よかったら友達申請してください。https://www.facebook.com/tsutomu.fujihara.9
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 01:32 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |
改善策の効果は?
JUGEMテーマ:占い


 たまに、「どんな事をされるんですか?」とか「占いはどんな占いをするんですか?」って問い合わせをされる人がいるんですよ。

どんな内容なのかが気になるのは当然ですよね。

ところが、僕のやっていることは説明しにくいんですよ〜

「タロット」とか「ホロスコープ」みたいに名前の知られてるものなら名前を言えばそれでわかってもらえるんですがね・・・

とくに説明できないのが「易」の占い。

ホームページとかに説明は書いてるんですが、それでも一度も来られてない人にはよくわからないようなんですね。でも「占い」の本家は「易」なんですけどね。

なかなかわからない理由に、僕がブログであまり書かないのもあるんですよね。
パーソナル心理学の事は記事にしやすいのですが、こっちは記事にしにくいんですよ。

何故かって言うと、パーソナル心理学は「こんなタイプがいる」とか「タイプによっての違い」「なんでこんな行動をするんだろう」みたいな事をパーソナル心理学の素質で解説できます。

ところが、易の方は占いのやり方とかは説明しても意味ないし理解も出来ないと思います。
そうなると、「実例」を書かないといけないんですよ。

ところが、それには「守秘義務」がありますから・・・・
いくら名前や住んでる所を伏せても「相談内容」とか「状況」でわかる人には分かる可能性がありますし、相談に来た人の許可も取りにくいんですよね〜

そこで、人間の事は書きにくいなら動物の事を書こうと〜

友人が猫を拾ったのです(最近、猫ネタが多い・・)
なんでも知り合いの所にいついてたらしいのですが、首輪をもしてるしかなり高齢だし元は飼い猫のようなんですが、捨てられたのか逃げたのか・・・・

捨てたのなら許せませんね〜

動物を粗末に扱ったり虐待する人は、人間にも(とくに子供)同じ事をする因子を持ってる人なんです。

友人が見るに見かねて連れて帰ったのだそうですが、高齢なのと外での生活からかかなり体調が悪かったのだそうです。

動物病院に連れて行ったのですがあまり改善せず、どうも治すのは難しいと言われたそうです。

そこで、僕の所に相談に来ました。

実は、初めての人や余り良く知らない人は「病気」の相談には来ないんですよ。
それは、「占い」=「当てるもの」って考えてる人が多いので、病気の場合は当てても意味がないんですよね。

ところが、僕の易の占いは必要な時には「当てる」って事もしますが(AかBかで悩んでいるような時)、本来は「改善する」のが目的です。

だから、病気はどちらかと言うと易の占いは相性がよいんですよ。

その事を知っている人は、病院でどうにもならないとやって来られます。

もちろん、全ての病気に結果が出るわけではありません。
病気にはそれを起こす「心の原因」が絡んでいる場合が多いからです。そちらが解決できないと闇雲に病気に対しての改善策をしてもイマイチなんですね。

それと、「寿命」っていうのもあります。
僕は「寿命」は決まっているものだと考えます。しかし、「寿命まで生きる」とも限らないんです。

寿命の場合は改善は効果ありません。そんな時はどんなに重病でも占うと「健康」って出てしまうんです。それだと「改善策」の出しようが無いんですね。

でもそれが「寿命」ではないなら改善策にもチャンスはあります。

動物の場合は飼い主やその家族の「身代わり」に自らがなる時があります。

動物は純粋にその飼い主や家族を愛してるんですよ(だから余計に捨てたり虐待する人間は許せないんです)

さて、その猫さんですが占いの結果から改善策を出しました。

改善策は「池の写真に黒で『子』と書いて北側に飾って」と言うものでした。

早速、帰って飾ったのだそうです。

すると、治らないと病院で言われた猫がすっかり元気に〜

偶然だったのかもしれませんよ。

でも、その写真を飾り直そうといったん外しておいたら(飾るのには決まった時間でないとダメなんです)、猫さんが何故か大騒ぎを始めたらしいです。

それは飾り直すまで続いていたんですが、飾った途端にピタッと止まったそうです。

それから、1ヶ月以上経ちますが今は友人に飛びついて噛み付くほど元気です(^^)

それでは、また次回〜

占い&カウンセリング ゲッターラボ

Share (facebook)

お問い合せ
セッションは対面だけでなく遠方の方は電話でも可能です。お問い合せは「まいぷれ ゲッターラボ」で検索
情報サイトまいぷれ掲載中(クチコミ、写真等見れます)ネットで「まいぷれ ゲッターラボ」で検索しても見付かります。
携帯  http://yonago.mypl.net/m/shop/315526/?hid=33240&
パソコン  http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=33240

携帯版(スマホ)ホームページ   http://x62.peps.jp/getterlabo/
パソコン版ホームページはこちらをクリック→ 占い・カウンセリング・ご相談

Facebookをやってます。よかったら友達申請してください。https://www.facebook.com/tsutomu.fujihara.9
おもしろかったらクリックお願いします。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 こちらもクリックお願いします。人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
| 22:55 | 占いについて | comments(0) | trackbacks(0) |