鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
目先のことしか考えれない人〜離婚してでも入りたい家族割〜

JUGEMテーマ:人間関係

 

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

なにか行動をする時って慣れていることなら別ですが、初めての事とかだとあれこれ考えますよね。

この「あれこれ考える」ってところは、僕のパーソナル心理学での「素質」が凄く出るんです。


よく「成功論」とかみたいな話だと、「考えてばかりでなく行動しろ」とか「できるイメージですぐに動く」みたいな事を言われますよね。

いつまでも何もしないと、何も変わらないのは確かです。


では、「直ぐに行動」できる方が良いのでしょうか?


これ一概に言えないんですよ。

まず、素質によってその行動する「ペース」や「タイミング」はぜんぜん違うんですね。

だから、早いことが正しいのではなくて自分のタイミングやペースを知ってる事が重要。


この「すぐに行動」ができる人って確かに成功者とかに多かったりするのですが、同時にダメな人にも多いのです。


どういうことかって言うと、そのダメな人って場合は「目先の事」しか考えてないから、「すぐに行動」できてたりするんですよ。


これは僕のパーソナル心理学では「ホープ」って言って、行動する時に「プラス」側の発想が強いタイプの人に多いのですが、もう一つ「感情思考」「イメージ思考」が強いタイプでもあるんです。


このイメージ思考とか感情思考って言うと、普段からそんな感じの人に思われますがとくに男性は普段はむしろ理屈っぽかったり論理的だったりします。

ただ、このタイプはある程度以上のイメージとか感情が発生するとそれを理屈で抑えることができないんです。

だから、衝動的な行動や感情の起伏が大きかったりします。


さっきまでニコニコしてたのに急に怒り出したりするのは、だいたいがこのタイプ。

その怒ってる理由も自分のイメージとか感情が出だしで、「事実」で無いことでも例えそれが事実でないとわかっても一度その状態になると止めれないんですね。


「行動力」という面では、いちどイメージしてしまえばどんどん行動できるのでとても強い面を持っているんですね。

だから成功者という人に多いのですが、半面でその素質の性質でとってもダメな人にもなるんです。

だから、とっても「紙一重」なんですよ。

 

ダメな側の方になると、すごく「目先の事」しか考えれない人になります。

このタイプの人は「5円安いテッシュ」を買うために車で遠方のスーパーに行ったりするんですね。

ガソリン代や時間のロスって「トータル」ではなくて、目先の「5円安い」ってイメージが全てになってしまうんです。


「そんな事ぐらいわかろうだろう」って思うかもしれませんが、そんな人って実際にいるんですよ。


ある女性のお話なんですが〜


この女性は旦那さんと離婚したいんですね。

その事はもう何年も前から旦那さんに言っているんです。
でも、旦那さんは絶対に離婚する気はないようなんですね。

その女性はそれでも「もう、無理だ」と言い続けたら、「別居はしてもいいが離婚はしない」とか「仮面夫婦でいいじゃないか」とまで言って、やはりどうしても離婚する気はないようなんです。


それでどうしたら離婚できるんだろうとこの女性は悩んでいたんですよ。


ちなみに、もうおわかりと思いますがこの旦那さんが今回お話している素質の「ダメな方」になっている人です。

その事でもこの女性はさんざん振り回されてるんですよ。

そんな時です。

この旦那さんが「携帯の乗り換え」をしたいと言い出したんですね。


旦那さんの携帯が主回線で、この女性と娘さんが家族割で入っていました。


旦那さんが別の携帯会社に乗り換えるということは、この女性と娘さんも携帯を乗り換えないと「家族割」が適応されませんよね。


この旦那さんが乗り換えたい理由は、一つは携帯を落として画面にヒビが入ってしまったからみたいなんです。

でも、思いますよね〜保険は?って。


そんなものに入ってるわけないじゃないですか〜

5円安いために隣町のまででも車でいくような素質ですよ。

将来、壊れるかどうかもわからない修理代よりも「月々の数百円」のほうが重要ですよ^^;

 

で〜どうやら乗り換えキャンペーンでキャッシュバックと家族割に入る条件で月々「自分の携帯代が1万円近く安くなる」と言うのが目的みたいなんです。


その事を突然言いだして、もう「明日にでも変える」みたいなことを言い出したのです。


その女性だって仕事もしていますし、データーの移行もあるしメアドも使えなくなるわけですから、急に言われても困るわけですけですよ。


それで、ケンカになったんだそうですね。

そこで、「いつもそんなのだから離婚したいんだ」「もう、すぐに離婚届を書いてくれ」と言ったのですが、そのことよりも「乗り換え」の事が優先で話にならないんです。


すると、その女性が離婚の事を持ち出してきて乗り換えの話が進まないと思った旦那さんは、とつざん「離婚届を書く」と言い出したんですよ。


あれだけ、嫌がっていたのにです。


でも、皆さんは思いますよね。

それはたまたまそのタイミングなだけで、もう旦那さんも離婚しようと気が変わっててケンカの勢いもあって「書く」って言い出したんだと・・・


違うんですよ〜

だって、離婚届を書くのにこの旦那さんは「離婚届は書くけど『家族割』には入ってもらわないと困る」って言うのです。


ん??

離婚したら「家族」じゃなくなるような・・・・(笑)


大事なのそっち???

大事なのはキャッシュバックと家族割での月々が安くなる事と自分の携帯が新しくなる事で、その事しか考えてないようです^^;

それであっさりと離婚届を書いたんですよ。


でも、何度も言いますが離婚したら「家族」じゃなくなるんですが・・・・(笑)


ツッコミどころ満載ですが、その女性は離婚届を書いてもらうことが優先ですから「家族割」に入ることはOKしたんのですよ。

そしたら、離婚届を書いた直後に「お前も早く携帯のバックアップをしておけ」って自分の携帯のバックアップをしだしたそうで〜

離婚の事よりも、家族割に入れることで頭が一杯のようです(笑)


離婚ってかなり大きな出来事じゃないですか。

でも、それよりも「家族割」なんです^^;

 

このタイプの素質の人は、自分がそこにイメージが入ってしまうと「もうその事」にしか見えないんですよ。

そして「理屈」とかの方はそのイメージに勝てません。

でも、思いませんか?

仮にそうだとしても。

人間は素質は関係なく「思い込み」になることはあります。

その思い込みの囚われて、他に目がいかなくなる事は誰にでもあります。

家族割に思いがいって離婚に目がいかなくなる人は少ないかもしれませんが(笑)


もしもそうなったら、今度はその思い込みが終わった時に「なんであんなことを」とか「あの時はどうしてみれなかったんだ」とか後から思いますよね。

でも、このタイプはそうならないんですよ。


乗り換えが終わってしばらくして、その「思い込み」や「イメージ」が終わって、「離婚」の方にイメージが言ったら、こんどは「そっち」しかイメージしないので「
最初から離婚のことをずっと思ってた」ってなっちゃうんですよ。


このタイプの人は、記憶すらその時のイメージで「改ざん」されますから・・・・


なので、このタイプの人とは「言った言わない」とか「やったやってない」みたいな話になりやすいんですよ。

 

その時は「そのイメージ」でやったけど、あとになって「別のイメージ」になると、最初からその「別のイメージ」の方しかしてないって記憶になってしまうんです。


それぐらい「イメージ」が優先してしまうんですね。

ここの部分って「そうでない人」にはなかなか理解不能なのですが・・・だからって「そうな人」は自分では「そう思ってない」ので・・・^^;

こんな例えになりす。

何かのイメージになりました。

今回の女性の話でいくと、旦那さんが「家族割で1万円安くなる」「キャッシュバック」「携帯が新しくなる」ってイメージにハマりました。

この状態を「赤色」で見ている状態だとしましょう。

そして、「離婚」、「離婚したら家族割使えない」、「旦那さんの回線は1万円安くなるが『家族』は高額なパケットプランに入らないといけないから、自分が全て支払うのだからトータルでは高くなる」、「その『1万円』も10ヶ月なんでその後は今よりも遥かに高くなる」「それに付き合わされる家族は振り回されてる」乗り換え前の家族の携帯電話に残ってる機種代の残債を別に払わないといけない・・・・などの事は「白色」だとしましょう。

このタイプの人は、イメージになってしまうとその「赤色越しにしかものを見なくなる」のです。

要はその色の眼鏡で全てを見ている状態です。

だから、白のものも「赤」に見えちゃうんですよ。

 

これっていい方に出ると「失敗しても引きずらない」とか「失敗してもクヨクヨしない」にもなるんです。


ところがそれは「失敗から学ばない」ということにもなるんですね。

 

だから、このタイプの人って即行動するので、遠目にみていると常になにかやってて上手くいってるように見える人も多くいるんですよ。

いるんですが、それって同じ失敗を繰り返してて同じところをグルグル周ってるだけのことも多いのです。


すぐに行動できるって言うのは、言い換えれば「目先のことしか考えてない」からの場合も多くあるんです。

 

しかも、目先の事しか考えないし、その時々のイメージで変わるから話しがコロコロ変わるんで周りは振り回されます。

目先の事しか考えないので、人生って面でも「思慮が浅い」状態でいろいろやるんですが、結局は何も学べてないって事によくなるんですよ。

 

いろいろな自己啓発とかセラピーとかをやるんだけど、いつまで変わらない人ってこのタイプも多いのです。


その時の目先の「良さ」だけしかみてなくて、深いところまで落とし込めてないのにまた次のイメージで別のものに移る・・・・これはいくら繰り返して意味がないんですね。


「1+1」ならいずれ100になりますが、ゼロになにをかけてもゼロですからね〜


素質って言うのは持って生まれた「種」で、それが「習慣」を作り出すんですよ。

それには「良い面」と「悪い面」の両方があります。

悪い面を減らすには、「自分の素質の反対側」を学んで少しできるように「習慣」を変える必要があるんですね。


でも、このタイプの人は「イメージ」が優先して「目先」しか考えないから・・・・


なかなかそこから抜け出せなかったりします。


この女性みたいに「そういう人」に振り回されてる時の対象法は・・・・

イメージで何処かにハマっている時は何をやっても無駄です。


話をするにしてもそのイメージが終わるのを待たないと、その状態では「それにしか見えない」ので意味がないんです。


あと、そのイメージを変えてやるってのもあるんですが・・・

途中の例えの話を使うと、「赤」越しにしか見れなくなってるから別の強い色を混ぜてやれば、そこからは抜け出せます
これできると劇的に振り回されなくなるんですが〜なかなかテクニックが必要です。

 

まあ、後ろから思いっきり棒で殴って気絶さて一度「イメージをリセット」させれば何とかなりますが(笑)


さて、このお話は続きがあります。

乗り換えには翌日に行くと騒いでいた旦那さんですが、翌日になったら「明日にする」って言い出したんですね。

その理由が、「その女性が今の携帯のバックアップをしてないから」みたいなんですよ。

え?なんだかんだと言いながら心配しているじゃないかって??

違いますよ。

この女性は離婚届を書いてもらった直後に、友人のところでバックアップをしてもらって移行の準備は万端に整えています。

そしてそれは知っています。
だって、離婚届を書いた直後に離婚のことよりも「お前もバックアップを済ませておけよ」って自らが言ってるんですからね。

では、なぜそんな話になったのか・・・・

それは、最初に「乗り換える」と急に言いだした時に、その女性が「そんな事を相談も無しに急に決めたって、仕事もあるし携帯のバックアップとかもしないといけない」という話をしてケンカになったんです。

この会話が「赤い色」です。

だから、離婚届を書いた後にバックアップにでかけた「白い色」も全て「赤」にイメージしているんですよ。


で〜結局は次の日の夕方に行くことになったのですが・・・・

当日の昼前になって「今から行く」と言い出したのです。


その女性は夕方まで仕事の予定を入れています。
だから、「無理だ」と言ったら「自分と娘だけで行くから、後でしたらいい」と・・・

いや、その女性と娘の携帯は旦那さんが主回線で旦那さん名義なんだけど〜


その旦那さんが乗り換えたらその女性の携帯は使えなくなる可能性があるじゃないですか・・・・

それは大丈夫なのかとか「お店の人に電話して聞いてくれ」と言うと、「今から聞くのだからその時に聞けばいい」と・・・・

それで「ダメ」って言われたらどうするの??

「ダメなら貸出の携帯を借りる」とか言い出すし・・・

何も解決になってない^^;

もう、「家族割で1万円安くなる」一色なんですよ〜(笑)

なにせ「離婚」よりも重要な事のようですからね〜とにかく邪魔されないうちに「家族割」に入らないといけないんですよ(笑)

けっきょく、何を言っても無駄なのでその女性のほうが仕事の予定を変更してもらって一緒に行ったそうです。

 

僕も仕事柄、「離婚」の相談はよく受けるんですが・・・・

離婚したい方と離婚したしたくない方。

「したくない」方に離婚を説得するための「条件」って、なかなか難しいのですよ。

「お金」なのか「親権」なのか「謝罪」なのか・・・・・


「家族割に入ること」ってのは初めて聞きました(笑)

旦那さんは「家族割」に入れたことで、すっかりその話はしなくなってるみたいですが〜何度もいいますけど離婚するんで「家族」じゃなくなるんですけど(笑)


それではこれで終わります。

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 05:48 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |
イカサマ占い師

JUGEMテーマ:占い

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

あることをネットで調べていたら、「イカサマ占い師の手口をまとめ」みたいなブログがでてきた〜

まあ、信じる信じないは自由だし全てが「本物」でないのも確か。


ただ、このブログ読んでて思ったんですよ〜

この人は、「占い師」の手口を「ホットリーデイング」「コールドリーデイング」それに「マルチプルアウト」「確証バイアス」「ショットガニング」などの言葉で説明しているんですね〜

これは確かに「イカサマ占い師」とか「詐欺師」がよく使うテクニックです。

これをわざとやってる人もいれば、「経験則」で意識せずに使っている人もいますね。


ホットリーデイングって言うのは、あらかじめ相手の情報を調べておいてあたかもそれを占いで出てきたかのように言うものです。

コールドリーデイングっていうのは、相手の外見とか会話の中から推理して相手のことを言い当てるもの。

マルチプルアウトは、どうにでも解釈できるように曖昧な表現をすること。

そしてこれには「確証バイアス」がセットではたらきます。


確証バイアスは、先入観で自分に都合のよい情報だけを集めてその先入観を強めるって現象で、これが強くなると無意識に自分と反対の情報を無視しはじめます。

「無視」って言うの「意識的」ではんくて、目で見ても読んでも「脳」が無視するんで、その人にはその「反対の情報」は存在しないように感じるんですね。



誰にでも当てはまる事を自分だけって思うのを「バーナム効果」って言ったりするんですね。

ショットガンニングは大量の答えや情報を言って、その中で確率的に当たってたりする部分から全てが当たってるように勘違いさせれるものです。


で〜これらの事でTVでの有名な占い師や霊能者の話を「こういうテクニックでイカサマ」と言ってるんですね。


この人はそ言うTVに出ている人だけでなく、そういったたぐいのものを全て「否定」しています。

まあ、最初に書きましたが「どう思うか」はそれぞれの自由ですからね〜

でも、僕はこの人が一番「確証バイアス」にハマってるように思うんですが・・・(笑)


ご自分でこんな事も言ってるんですね。

自分のブログに「本物の占い師や霊能者にあったことがないんだろう。TVなんて俗悪な嘘ばかりだのに、それを本物と思ってしまうなんて」ってコメントが寄せられたそうで〜

それに対して、この方は「その本物が、ホットリーデイングなどのテクニックを使ってないと言えるのか?こういったテクニックを知った上で信じるというなら『もう止はしない』。盲信しているなら少しは疑ってみたらどうだろう」と書いています。

たしかにそうですよね〜

占い師だけでなくてコンサルとかそんな人達にも「まやかし」は多いですね〜

「受ける側」はそれなりの知識と情報は持っておくべきだと思いますよ。

僕のブログでよく書いてますが、そんなものにいつまでも騙されてるのは「反応しているだけ」の人だったりもしますからね〜

何度か騙されるのはしょうがないんですよ。それも勉強だし体験ですからね。

そうやって自分も成長していけばよいんですが・・・・「同じレベル」をぐるぐる周ってる人が多いですから・・・・



ただ、この人こそ「その本物が、ホットリーデイングなどのテクニックを使ってないと言えるのか?」といい切ってますが、「その反対」がないと何故にいい切れるのでしょうか?


その「本物」と言われる人が、偽物である確率と同じだけ「本物」の確率もあるわけですよ。

でも、この人って「全て偽物」って前提からしか話してないですよね。

「こういったテクニックを知った上で信じるというなら『もう止はしない』」

ここで書いているこの人の言葉は原文通りではなくて、僕が意味を変えずに編集したり言葉を変えています(著作権とかありますから)。

でも、『』このカッコの中だけは原文なんですよ。

これ「全部偽物なんだけど、それでも信じるならあとはご勝手に」って意味の「もう」でしょ。


僕もコールドリーデイングはそれなりに使うので(笑)

まあ、この人の生年月日がわかればホットリーデイングもコールドリーデイングもマルチプルアウトもなしで「どんな人」かはわかりますけどね〜(笑)

他の記事を読んでいたら検討はつきますが・・・

僕のセッションを受けた事がある人ならわかると思いますが、僕は最初に分析シートを作ります。

それをセッションの前に渡すのですが、これはホットリーデイングもコールドリーデイングもできません。

だって、フルネームと生年月日しか知らないんですからね〜先に相談内容を書いてくる人もいますが、それも殆どはないですしそもそも何処に住んでいるかも知らないし・・・

それに僕の分析シートって曖昧な表現じゃなくてかなり言い切ってるつもりですが^^;


こういう人って、他の人のことは決めつけて書くくせに「自分」は生年月日どころかまったく明かしてないんですよね〜

でね〜まあ、この人はこの人でよいんですが〜

いろいろなもの(特にネットの情報)、書いている人が自分はすごい広く知ってると思いこんでいるのですが、実はそうでもなかったりすることって多いんですよ。

要は自分の見ている「小さな」部分をこの世界の全てだって、解釈してそれで「確証バイアス」状態になっいている人。


以前もあるビジネスをしている人が、「自分はビジネスだえけでなくスピリチュアルとか超常現象もすべて理解して極めた」みたいに書いているんですね。

その人が言うには自分の友人で凄いことができる人間がいて、そんな人も通じてるみたいに書いてましたが・・・・その内容をみたら〜その人レベルの人なんて僕の周りには普通にいますが・・・(笑)



この記事を書いた人や占いとかカウンセリングに反応だけしている人が一番気がついてないことは、「当たる」「当たらない」「嘘」「本当」なんてどうでもいいことで「役に立ってる」かどうかがってこと。

「当たってる」けど何のやくにもたってなくて、受けた人が何かに気がつけたり人生をよい方に変えれたりできないならそれは意味がない。

逆に「当たってない」「嘘」だとしても、受けた人が幸せになれたり、何かに気づけたり人生を変えることができたり、本質的な生き方ができるようになったりしたら、それが「正しい」ではないのかな〜


「当たる、当たらない」に受ける側もやる側も一喜一憂して、本質が見えてない。

宗教だって同じ。

その宗教が「正しい事を言ってる」かなんてどうでもいいことで、だって正しさなんて人の数だけ存在するんですからね。

それで人が幸せになってるかどうかが本質。


それにこの人の記事では霊能者と言われる人達が「前世」と言う話をすると、その前世の殆どは「中世ヨーロッパ」の人になるって事も書いています。

たしかにね〜

ほとんどの場合は、「中世ヨーロッパのお姫様」とかですよね〜

江戸時代の農民とか出てこないよね(笑)


それを言うと受けている人が喜ぶんですよ〜(笑)


騙す人はそうやって騙すのもたしかですが・・・・

でも、受けている人も「そう言ってもらえて気分良くなる」とか「そう言ってもらえて気持ちが楽になる」って場合もあるんですよね。

そうならば、「本当の前世」なんて関係ないし・・・

そもそも、「前世」ってものの定義もあるから・・・


僕は少し「前世」って考え方が違うんですよ。

人の無意識の「底」はみんなつながってて「一つ」で、一つから伸びて三次元世界に出た一部分が「個」だと思ってるんです。

だから、「前世から生まれ変わった」って言うよりも、全ての時代の全ての人が自分の言わば「前世」だと僕は考えます。

ヒプノセラピーとかで出てくる「前世」は、その時にその人の無意識の中にある「劣等感」とか「苦しみ」「恐怖」なんかを「一番現している誰かの人生」を見せているんだと思うんですよ。

みんなつながってるんですからね〜

話がそれました〜


確かに何かっていると「前世のカルマ」だとか「先祖」だとかいいたがる人はいます。

それは「そういう証明できない原因」を言ってごまかそうとする占い師と、本当は「自分」を見つめ直すしかなくて原因は「自分」であってそれに気がつくことが解決なのに、「そうするのは痛い」から目をそらしたい受ける人との「利害」が一致してるのでもあるんです。


どちらもが「逃げ道」を作ってる状態ですね。

だからこの人の言うことも一理あるんです。

でも、人はそんな単純ではないんですよ。

この人は他の記事を読むとすごく「理系」みたいですが、人は「理屈」だけではよくなれないんです。


時にはその時の状態から「逃げる」って場合も必要なですよ。

だから「ヨーロッパものお姫様のカルマ」だって言って、「自分ではない」って逃げないと心がもたないときもあるんです。

ずっとそのファンタジーの中にハマって、延々とそんな占い師達を儲けさせ続けてるの人もいますが・・・^^;


世の中にはそんなコールドリーデイングとかのテクニックでは絶対に説明のつかないようなことを当ててしまうような人はいくらでもいます。

きっとこの人自身は、「数百人の占い師に鑑定してもらった」とかではなく、TVで見た程度の事に自分の知識を当てはめているに過ぎないのでしょうね。

だから一番「確証バイアス」が働いてるのはこの人自身だと思います。


そして、占いとか霊能者とかセラピストの人達が必要とされている本質は、受けた人が幸せにとか人生を変えれるようにお手伝いすることで、「当てる」なんてのは「宴会芸」でしかないんですよ。

確かに「騙す」ことをしている人達もいるのもたしか。

「当てる」って事しか考えれてない人がいるものもたしか(やる方も受ける方も)


でも、幸せになれた人がいるのもたしか。


「嘘」だけど人生が本質的なほうに変わるものと、「本当」だけど何も変わらないもの。

どっちが「正しい」かじゃなくて、どっちが「必要」ですか?

この人みたいに「理屈」だけで表面しかみてないと、「本当」だけど何も変わらないものに振り回され続けますよ。



僕は最初から「当てる」なんて言ってませんからね〜

「幸せに変える」とは言ってますけどね^^


それではこれで終わります。


僕がお世話になる惺ゆりさんとその生徒さんの「紡〜つむぎ〜」さんの作品を販売している僕のネットショップです。

よかったら覗いてみてください。


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 23:50 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
大人に必要なもの

JUGEMテーマ:人生論

 

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

僕のブログは主に人間関係の事と「好きな事を仕事にする」って事の内容が多く書かれています。

その「好きなこと」って話なんですが、セッションでもその話になることは多いのですね。
それを「相談」される場合もありますが、実はこれって「恋愛」とか「お金」とかもっと言うと「人生」ってものにも強く影響するんですよ。

なので、「好きなこと」って相談でなくても、「好きなこと」ってお話になることが多いのですね。


そうやっていろいろな人と話していると、人生が「幸せ」って方に近づかない人って一つの特徴が見えてくるんですよ。


そういう人に「趣味ってなんですか?」って質問すると、「ん〜〜とくになくて」とか「いや、何もないんです」とか・・・

あったとしても、「音楽鑑賞」とか「映画を見る」とか「旅行に行く」とか・・・・「よくある」趣味だったりするんですよ。

いや、これらが趣味としてダメって言うんじゃないですよ。


ちょっと僕の言いたいニュアンスとは違うんですよね。

言葉にすると「ハマってるものはなんですか?」とか「夢中になってるものはなんですか?」ってなるのかな〜


これこんな人達に聞くとそんな「ハマってる」とか「夢中になる」ってのは、若いときや子供のときでもなかったりする人が多いんですよ。


逆にね。

好きなことを仕事にしている人とか人生が上手くいってる人ってこれが凄くあるんですよ。


多くの人は「大人」であることを凄く頑張ってるんですね。

それは「社会性」という意味でなくてはならないものなんですが・・・・

そのかわりに「子供」である自分を完全に見失ってるんですよ。

幸せに来ている人って「大人の自分」と「子供の自分」をバランスよく持っています。


言い換えると「子供の自分」がよくわかっていて、その行動とか欲求に素直なんですね。


「好きなことを仕事にする」ってのが幸せな状態だってのは、多くの人がわかってるんですがこれができない理由の一つはこれができてないから。

多くの人は「大人の自分」で「好きな仕事」を探して「大人の自分」で「無理」と思ってるんですよ。



だから、僕が言う「好きな事」って言うのを多くの人は「大人の自分」で考えているから、僕が言いたい「好きな事」とは根本的にずれてることが多いんです。


好きなことっていうのは「子供の自分」が発想して「大人の自分」で叶えてあげるものなんですよ。


でも、多くの人がここがすごく頭が固くなっています。


想像力ではなくて「発想力」がなくなってるんですよ。


ある大学の実験で大学生の2つのグループに、片方のグループには「今日、休講になった」想像してもらい、もう片方のグループには7歳の子供になったつもりで「学校が休みになった」と想像してもらいました。

その後に思考テストをすると、「7歳」と思った方のグループの方がクリエイティブな答えを出したんですね。



大人の心だけで発想していると、「常識」って目に見えない「本当はほとんど存在もしない思い込み」に縛らちゃいます。


もっと平たく言うと「夢中で楽しむ」って心を忘れちゃってるんですね。


それを忘れてるのに、「大人の心」だけで「やりたいこと」を見つけ出してそれを「やりたいことだ〜」ってやろうとして上手くいかない・・・・

そんな経験をすると、「好きな事なんてできない」「楽しんでなんてできない」って思うようになるんですよ。


大人の心は「合理的」にできているのでそういう結論になるんですよ。

でもね。

「大人の心」は「問題解決能力」の為にあるのであって、「動物」としての人間にとっては「サバイバル能力」なんです。


ようは「生き残るため」の能力であって「楽しむ」為のものでは無いんですよ。


それを使って「楽しむ」を探しても見つかるわけなくて、「生き残る」のに確実な方法しか思いつきません。


「今」は生きるか死ぬかって時ならそれでもよいのですが・・・・


ただ「生きていく」ってだけなら多くの人は問題ないはずです。


うまくいく人とか成功者って人ほど、仕事と遊びの境界線が曖昧なんですよ。

それは自分が一番夢中で楽しめることを仕事にしているから、「遊び」自体が一番の仕事になっているからです。

そして、そんな人ほどお金を得ている「仕事」以外にも遊びをたくさん持っています。


それも「子供の心」からくることだから、「大人だから」とか「社会人だから」「男だから」「女だから」とかには囚われてないんですね。


多くの人は「遊ぶ」と「仕事」は真逆で対立関係にあるように思ってるんですよ。

それは「生きる」ってことが不安定な戦後の復興期ならそうでしょうが、「生きる」ということに関しては安定している現代では、「遊ぶ」と「仕事」は本来はイコールなんです。

そしてただ「生きてる」ではなくて、充実したとか幸せなってのには「楽しく」が不可欠なんですよ。

そこに必要なのは「子供の心」です。


それにね。

人は「楽しむ」を持たないと「老いる」んですよ。

それは「生きる」理由が無くなるからです。

「人は老いたから遊びをやめるのではない。遊びをやめるから老いるのだ」
ジョージ・バーナード・ショウ


アンチエイジングにもなります(笑)


子供の心で夢中になれるものを探してみるとよいですよ。

それができてくれば、その先には「好きなことを仕事にする」って生き方があしますから〜


というわけで、僕は好きなことを仕事にもしてますがポケモンGOで歩いてもいます(笑)

運動不足の解消にもなるし^^

それではこれで終わります。


●母の日に向けて、カーネーションを使ったオルゴナイト創りのワークショップをします。

講師は「惺ゆり」さんです。
母の日にいつまでも変わらない「カーネーション」を送ってみませんか。
ご自分でデザインしたオルゴナイトを送れば、一味違った贈り物になりますよ。
ご希望の方には別途、生花のカーネーションも用意します。
今回のワークショップは、期間中はご都合の良い日(時間は基本的に18時30分以降です)に予約できます。
今までになかった「2行程」で創ることもできます(別途料金)
より複雑なデザインの物も可能なりますので、創った事のある人もそうでない人も、プレゼントしたい人もそうでない人も参加してみてください。

詳しくは惺さんの告知記事を読んでみてください。

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/en try-123 6997712 7.html


惺さん&紡(つむぎ)さんのオルゴナイトやスマホケースを売ってるネットショップ
https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

<

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 23:42 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
人間関係ってこんな事で苦労したりします

JUGEMテーマ:人間関係

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

最近、官僚のセクハラ疑惑やそれに伴っての発言がいろいろと論議になったりしてますよね〜

この問題自体は色々な考えもあるでしょうし、TVなんてかなり偏った報道しかしないし真相はいまいちわからないので良いも悪いも言えませんが〜

麻生財務大臣がセクハラ疑惑について「はめられて訴えられているんじゃないかとか、世の中にご意見ある」って発言も叩かれてましたよね〜

「被害を受けた女性の訴えを軽視してる」ってことらしんですよ。

みなさんこの麻生財務大臣の言葉ってそうとれました?

まあ、叩いてる人の多くは「反安倍」「自民党=悪」って思ってる人達だから、何も言っても「悪く」とるんですけどね〜

野党はもともとそれが仕事だし・・・・


そのへんの事は無しにして〜

僕これちょうどリアルタイムでみていたんですよ。

でも、僕はまったくそんなふうには受け取らなかったんです。


こんな事言うと、「騒いでいる」方々に「セクハラの意識がない」とか怒られるんでしょうね〜(笑)


これよくお話する、僕のパーソナル心理学での人間関係のトラブルで最も多い「コミュニケーショントラブル」を起こす原因が凄く出てるんですよ。


麻生財務大臣が実際にどう思われているのかは知りませんが、「言葉」という情報だけを見た場合のお話になるんですが〜

多くの人の人間関係のトラブの大きな原因の一つは先程も書いた「コミュニケーショントラブル」なんですね。

これパーソナル心理学でのタイプが違うと、同じ文章でも意味が違って受け取るんですよ。


麻生財務大臣は僕と同じでフィックスがとても強いタイプです。

フィックスが強い人は「本音軸」なんですね。

この本音軸の「本音」って日本語の「ホンネ」の意味とは少し違いますから誤解しないでくださいね。

持って生まれた素質がフィックスが強くて、男女で言うと「男性」の方がフィックスが強くなります。

麻生財務大臣は素質もフィックスが強くて男性なので、この素質の部分がすごく強いんですね。


しかも、その中でも「口が悪い」ってタイプなんですよ。


この本音軸って、日本語の「ホンネ」だと思ってると「この発言が麻生財務大臣の本音」で、「やっぱり女性を軽視してる」って捉える人もいるかも知れませんが〜

さっきも書いたようにその「ほんね」ではありません。


本音軸の強い人って言うのは、「言葉」として発した事以上の意味はないんですよ。

ここでは、「世の中にご意見ある」って言ってますよね。

ここが本音軸の人にはとっても重要というか、この発言の意味を表しているんですね。

同じフィックスが強い僕でもここの部分が無いと、いま世間で叩かれているように「訴えた女性を疑ってる?」「セクハラを問題だと思ってない?」と思うかも知れません。


でも、同じフィックスの僕はこの「世の中にご意見ある」って言葉でそうじゃないんだって感じるんですよ。


本音軸の人って「事実」を「事実のままに」言葉にするんですよ。

でも、それは起こってる現象を言葉にしているだけで、そこに「意味」は含まれていないんですね。


例えば、
ある男性が奥さんにどうしても庭の片付けをしてと頼まれてたんですね。
前の夜には少々の雨でもやるって話になっていました。
ただ、もともと旦那さんは乗り気ではなかったんです。

次に日は少し雨が振っていました。

旦那さんが起きて外を見て「あれ、雨が降ってる」って言ったとしましょう。

するとそれを聞いた奥さんが、

「あなた、やるって言ったじゃない」

「いつもうそうやって約束をやぶるのね!」

そう言って機嫌が悪くなりました。

旦那さんは「そんな事は言ってないだろう」「朝食を食べたらやるよ」と言って片付けをはじめました。

奥さんは、
「もう、いつも後でやらないとか言い出すんだから〜」って怒ってます。



はい。
これ旦那さん本音軸で奥さん建前軸だと、今回の麻生財務大臣の発言と同じですね。

旦那さんは「やらない」って気持ちは1ミリもなくて、ただ起きて目に入った光景を言葉にしただけなんですね。

でも、建前軸の奥さんは「そこでそれを言う」のは、「雨だからやりたくない」って思ってるから言ったんだと思ってるんですよ。


建前軸の人は相手の言葉から、そこにどういう思いがあって言ってるのかって察して、それがその言葉の「意味」だと思うんですね。


でも、本音軸の人はその「意味」の部分は全て「言葉」にして喋ります。

言い換えれば「言葉」にしてないということは(この場合は『やりたくない』)、そこの「意味」は「そう思ってない」から言葉にしてないんですよ。

「言葉にしていること」に意味があって、「言葉にしてない」ってことは「その意味は存在しない」のですね。


これ実は多くの人の人間関係のトラブルの原因なんですよ。

特に「男女」でのトラブルはほとんどの事にこの「コミュニケーショントラブル」が大なり小なり関わっています。

あと親子でもこれかなり問題になりますが、子供は親に従わされるで問題が表面化しないであとで別の形で出たりします。


これ逆に、建前軸は言った言葉から「そういう意味で言った」っていう思いのほうが重要で、それを伝えたつもりなんですよ。

でも、本音軸は「言葉」の方しか意味を考えませんから伝わらないんですね。


麻生財務大臣の言葉に戻ると。

「世の中にご意見ある」っていう「事実」を言ってるまでで、それはその訴えている女性に対してでもセクハラへの意識でもなく、「そんな意見」を言ってる人がいるって事実を言ってるんですね。

こう言うとね。

建前軸の強い人からは、「自分がそう思ってる(はめられたとか)から、『そんな意見も』って言うのでしょ」って言われるんですね。


そして、いくら事実そんな意見の人が世の中にいても、「それを言葉に出す」ってこと自体が「軽視」してるってことだってなるんですよ。


でもね〜
それ建前軸の人がそう感じるのであって、本音軸の人はそう感じないんですよね。

現に僕はリアルタイムでみててまったくそうは感じてなくて、「そんな事実」を言ってるだけにしか聞こえてないんですよ。


もしも、建前軸の人達が思ってるようなことが「意味」なら本音軸はこう言います。

「はめられて訴えられているんじゃないかとか、世の中にご意見あるがその可能性もあるので今は答えられない」

もしくは。

「はめられて訴えられているんじゃないかとかと言う意見もあるが、私もその可能性は否定できないと思う」


日本人ってどちらかとう言うと「察する」民族で世の中的には建前軸傾向なんですよ。

だから、よけいに言われちゃうんですね。

まあ、その事も考慮して政治家の人は発言しないといけないって事なんですけどね〜


でも、これってほんとにパーソナル心理学をよく知ってる人でないと、ピンとこないんですよ。

セッションでこの話をすると、「そんな事もわからないの。めんどくさいな〜」って建前軸の人が言う時があります。

「そんなのわかるわけないじゃない。めんどくさいな〜」って本音軸の人が言う時があります(笑)


多くの人って自分が「正しい」ってどこかで思っちゃてるんですよね。

それは自分に自信がなくて自己否定している人も、こんなコミュニケーションの部分にまで違いがあるって思わないから無意識に自分が「正しい」ってなってるんです。

この事を知ってるだけでも人間関係はすご〜く楽になるし、世の中の多くの話題ってパーソナル心理学で解説できちゃうので「見方」が変わるんです。

興味のある人はパーソナル心理学を学べる「メニュー」に講座の情報が載ってます(対面&通信どちらも可能)

それではこれで終わります。


●母の日に向けて、カーネーションを使ったオルゴナイト創りのワークショップをします。

講師は「惺ゆり」さんです。
母の日にいつまでも変わらない「カーネーション」を送ってみませんか。
ご自分でデザインしたオルゴナイトを送れば、一味違った贈り物になりますよ。
ご希望の方には別途、生花のカーネーションも用意します。
今回のワークショップは、期間中はご都合の良い日(時間は基本的に18時30分以降です)に予約できます。
今までになかった「2行程」で創ることもできます(別途料金)
より複雑なデザインの物も可能なりますので、創った事のある人もそうでない人も、プレゼントしたい人もそうでない人も参加してみてください。

詳しくは惺さんの告知記事を読んでみてください。

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/en try-123 6997712 7.html


惺さん&紡(つむぎ)さんのオルゴナイトやスマホケースを売ってるネットショップ
https:/ /lampli ght.buy shop.jp /


 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 05:31 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |
自分を苦しめるもの

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

ネットにこんな記事が出ていた。

ある人のブログらしいのだがその内容が〜

自分の子供が新幹線の車中で泣き出した直後に、隣の乗客が耳栓を付けたんだそうです。
その事にショックを受けたと。
「何故かものすごく悲しくて涙が出そうだった」

新幹線で連れていた子供が泣き出した。
隣の女性に謝ろうとしたんだけど、「無表情のままノートパソコンを閉じて耳栓をとりだした」のだそうだ。

その事がショックだったと。

この女性は、隣の女性が「文句を言われたわけでもないし、舌打ちもないし、嫌な顔さえされてない」から悪くわないと言ってるんですね。

でも、「我関せず、がとても悲しかった」と・・・・

「ニコッと笑ってくれるだけで良かった」

「あの人にとっては、私も子供も『無』だった。私はいいけど、私の大切な子供も無、なんだ......」


こんな感じ。

ネットではかなり批判もされてましたね〜

次の日には「感情的になった」「おしゃれしている女性を完全におばさんになった自分のやっかみもあった」って反省されてもいます。


わからないでもないですがね〜それだけ子育てが大変だって事なんだと思います。

この人は多分、普段から一生懸命に子育てをされているんでしょうけど、その事を誰も認めてくれてないんでしょうね(特に旦那)

だから、ついそんなふうに思ってしまったんでしょうね〜

もちろん、その耳栓をした女性が悪いわけでもないですから、これは誰が悪いって話ではないと思うんですよ。

まあ、このブログの女性は「相手が悪いわけじゃない」「こんな事を思う自分のメンタルがやばい」そして最後には反省もされてますから、まだ自分が見えてるんでよいですが・・・・

こんな事をガチで思う人もいますからね〜

これね。

途中に書いたように、身内とか周りの誰もが普段から気遣ったり認めたりしてあげてないってのが直接の原因だと思うんです。

でも、その根っこにあるのは多くの人が人生で苦しむ理由になる部分なんです。

僕はよく人間関係の悩みの相談の時にこんな事を言います。

「人に期待しない」

これこの言葉だけ取ると「諦め」に聞こえるかも知れませんが〜

けっしてして諦めではないんですよ。


自分の周りの人って自分の「鏡」だってよく言いますよね。

この行動って人に「求めてる」行動なんですよ。


すると、それが周りの人に「鏡」として現れます。


考えてみてください。

求める人ばかりになれば誰も「受け取れない」でしょ。

これね。

「見返りを求めてる」って行動になるんですよ。


その更に根幹にあるのは、自分が自分の行動を受け入れれないんです。


誰かと比べたり、何処かの誰かがいったようなふわっとした正しさをしようとしてそうでない自分を攻めたり・・・・

なんとなくの「良い人間」「正しい人間」」「正しい生き方」をしようとして自分を受け入れてない。

だから、「誰か」に「こんなに良い行いをしてるよ」「こんなに頑張ってるよ」「こんなに正しいよ」だから・・・私を褒めて、認めて、ねぎらいの声をかけて・・・・


そうやって求めてます。

でも、それは相手って鏡に映るんですよ。

相手も求めているんだから当然ですが、何も渡してはくれません。


だから、まずはそんな根拠もなくふわっとした「正しさ」とか「こうあるべき」を捨てましょう。

できないこともダメなところも、いい加減なところもヘタレなところもそれもぜ〜〜ぶ「あなた」ですよ。

それで良いじゃないですか。

変えなきゃいけないところもあるかも知れませんが、それは後でよいですよ。

もうちょっと余裕ができてからでかまいません。

そんな事を後回しにしちゃう自分も、それでOK。

誰かと比べる必要なんてなんですから。

誰かの言う「正しさ」は、その誰かの正しさでしかないです。


自分に一番心地いい正しさがあれば良いのですよ。


そうやって自分を受け入れたら。そうやって自分に「OK]って与えたら。

それが鏡に写って、周りの人がそうやってくれますよ。


今いる「人」が変わるって言うより、「そんな人と縁ができて」だんだんと自分の周りがそんな人だらけになっていきます。


そして人は自分にやっていることを他人にします。

自分も受け入れたし自分にOKも渡せたんだから、他人にもできますよ。

幸せな人っていうのは、自分が自分を受け入れているのもですがそれだでは成り立たないんですよ。

周りの人もその人の事を「それでいい」って受け入れているから、その人は「その人らしく」生きていけるんです。



この女性は一生懸命に「良いお母さん」で「良い妻」で「良い嫁」で「良い子供」でいようとしているのかもしれませんね〜

泣いているのは抱いていた子供ではなくて、自分の中にいる「自分」って名前の子供だったのかもしれません。

それではこれで終わります。


母の日に向けて、カーネーションを使ったオルゴナイト創りのワークショップをします。

講師は「惺ゆり」さんです。
母の日にいつまでも変わらない「カーネーション」を送ってみませんか。
ご自分でデザインしたオルゴナイトを送れば、一味違った贈り物になりますよ。
ご希望の方には別途、生花のカーネーションも用意します。
今回のワークショップは、期間中はご都合の良い日(時間は基本的に18時30分以降です)に予約できます。
今までになかった「2行程」で創ることもできます(別途料金)
より複雑なデザインの物も可能なりますので、創った事のある人もそうでない人も、プレゼントしたい人もそうでない人も参加してみてください。

詳しくは惺さんの告知記事を読んでみてください。

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/en try-123 6997712 7.html

 

 


 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 03:44 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたに必要な答えの見つけ方

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

今年になってから急に地元の人から電話でセッションの依頼を受けることが多くなったんですね。

僕の仕事のお客さんは80%ぐらいは県外か海外の人で、そのほとんどが「問い合わせ」を使うかメールで申し込まれます。

この仕事を始めた頃は地元中心でしたが、人口も少ないしその割には同業者が多いのでそんな小さな「パイ」の中でやるよりはって7〜8年ぐらい前からブログとかでの集客をはじめて、今では地元よりも「それ以外」が多くなっていたんですよ。

だのに何故にとつぜん??

「たまたまかな〜」って思ってたんですが、この前やっと理由がわかったんですよ。

どうも増え初めた頃に新しくできた「まとめサイト」ってやつで僕が一番最初に紹介されてるんですよ。


これ「米子 占い」とか「鳥取 占い」って検索するとかなり上位に出てきます。


どうもこのサイトの影響みたいなんですね。


仕事が増えることはよいんですが・・・・・

これ勝手に作られてるんで情報が微妙に違うし・・・・それに連絡先が電話番号しか無いし・・・・メアドとか載ってないし・・・

だから、地元の人が電話で申し込んでくるんですね〜


まあ、ありがたい事ではあるんです。

しかも、紹介内容ではべた褒めしてくれてますし〜
ブログとかだけでは、わからないような部分まで説明されてるので、もしかしたら僕のセッションを受けてみて書いているんですかね〜

と言うわけで、何度も言いますがありがたいんですよ。

でも、違っている部分もあるんです。

一つは「入り口」の写真。
これは隣の建物です。

もう一つは口コミの内容。
これは僕はまったく知らない口コミです。

ここに関しては僕が知らないだけなのかもしれませんし、さっき書いたように僕のセッションを受けて書いてるなら「何人か」で受けてその人達の感想かもしれません。

ちなみに、僕が把握している口コミはここで載っているよりも多くの口コミがあります。
こちらがそれなんで、よかったら見てください。ついでにセッションを受けてくれた皆さん口コミを書いてやってくださいm(_ _)m

口コミが載ってるサイト↓

http:// yonago. mypl.ne t/shop/ 0000031 5526/bb s

みなさん「シャイ」で喜んでくれててもなかなか書いてくれないので・・・

もちろん強要はしませんよ^^

話がそれましたが〜^^

これ見て思ったのですが、こんなのいくらでも捏造できますよね〜

以前も、某サイトで口コミを自分で書いている人がいましたが・・・・^^;


自分でサイトを立ち上げて自分を紹介すればどうにでもなります(笑)

あっ!
このサイトは僕が作ったんじゃないないですよ〜(笑)

そんな「ニセモノ」を作れば、自分自身に「お前は偽物」だって暗示をかけるようなもので、それが「現実化」してしまうので上手くいかなくなりますから絶対しませんよ。

自分が損します。


本人が作る場合もあるし、他人が作る場合もある。

そうなると今回のお話でもですが、何処までが「正しい情報」なのかって判別が難しいですよね。

ネットビジネスって言われる業界の人の90%ぐらいは偽物だって話もあります。


成功して大人数と集まってとか、皆で海外に行ってとかそんな画像なんかをSNSでアップして「成功」をアピールしてたりしますが〜

あれって、そういう事をするための「エキストラ」とかを派遣する会社もあるんですよ。

だから、多くの顧客とか仲間とかそれで豪勢なパーティーとか、豪華な家とか車とか食事・・・美しい恋人や奥さん・・・・みんな「手配」して「演出」できるんです。

通帳の画像とかサイトでの振込の画像とかいくらでも作れるし、そんなのを提供しているものをあります。

そうやって「できてる」ってネットやFacebookとかでアピールして集客したりするってやり方を自体を売ってたりするんですよ〜


ネットっていうのはほんとに僕らの生活を大きく変えました。

一つは情報って物が膨大に手に入るようになりました。

もう一つは、個人が情報を簡単に発信できるようになりました。

これらによって、今まででは考えられないような収入の得方や趣味や楽しみのレベルで収入を得ることが可能になりました。


でも、同時に「情報」の真偽が怪しくもなってしまいました。

だからってTVの言ってることは「正しい」みたいに思ってる人は簡単に情報操作されますけどね〜


僕がブログで集客を初めた時に一つあることをしたんです。

それは「連絡先」を少しわかりにくくしたんですよ。

これ本来の「宣伝」と言うものだと真逆ですよね。

実際、最初にホームページを専門の方に作って頂いた時には、連絡先の電話番号が一番目立つ所に「ば〜〜ん」って載ってたんですよ。

でもそれは削除してもらいました。

ブログもですが「問い合わせ」か「メール」でしか、連絡できないようにしたんですね。
それも基本的には記事の最後に載ってます。

電話番号に関しては僕が契約している一部の情報サイトとGoogleにしか載ってません。

Googleはね〜こちらがなにもしなくても載せられちゃうんで・・・・


なぜ、そんな宣伝のセオリーから外れることをしたかっていうとですね。


ブログを読んで僕の考えとかに共感してもらってからセッションを受けて欲しいってのが一つの理由です。

みんなが考えが合うわけでもないですし、僕がすべての人の答えを出せるわけでもないですからね〜

「合う人」だけが受けてもらえればいいかなってのがあるんです。


それともう一つ理由があるんですよ。

それはわかりやすく電話番号とかを載せてると、それをみつけたらすぐに電話してくる人がいます。

これ長いことこの仕事をしてて気がついたんですが、「痛い人」っていきなり電話してくる傾向があるんですよ。


もちろん、電話してくる人の多くはそんな人ではないですよ。

でも、逆に「痛い人」でメールの問い合わせ先を見つけ出してメールしてくる人ってまずいないんですよ。
ましてやブログの記事を読んでなんてまずいません。

昔、友人が検索ですぐに出てくるような「電話占い」のサイトに登録してて、当時は本人の携帯の番号が載ってたんですね(今はほとんどのところは違います)

すると3〜4割ぐらいの人がお金を払わないで踏み倒すんだそうです。

ひどい人はお金を払わないのにまた申し込んできたり、それで断ると夜中に何度も電話してきたり・・・結構そんな事が多かったんだそうです。

だから、1年ぐらいでそこに登録するの止めてました。

僕は電話でのセッションを始めてから10年近くなりますが、その間でお金を払ってくれなかったのは3件だけです(僕は先払いではなく後払いです)

これってやっぱり「ブログを読んでもらう」「連絡先を探す」って「ひと手間」を入れてるのもあるんだと思うんですね。



電話での問い合わせが増えて、「痛い人」とまでは言わないんですがこんな人が多くなるんです。

「今日、空いてないですか?」「今から行きたいんですが」
それに「空いてないです」って答えると反応は二種類に別れます。

次に予約のできる日を聞いてくる人と「またかけます」って終わる人。


前者がそう言ったのは「運良く空いてたら良いな」ってだけで、ちゃんと次の予約の日程を決めようとされます。

でも、後者の人ってその「また」かけてきた時も「今日は?」って言われ「空いてない」って言うと「またかけます」ってなる人がとっても多いんですね。


そもそも、当日ではまず僕は空いてないです。

だから、この「またかけます」って人はこれの繰り返しで、何度目かぐらいからかかってこなくなります。


これね〜

「そこまで、僕のセッションが受けたいわけではない」って人もいるでしょうが・・・まあ、それなら来なくてもよいんですが^^;

こうする多くの人って「考えてない」んですよ。

ただ、「反応」してるだけなんです。

ネットに出ている僕の情報に反応しているだけ。


何であれセッションを希望するんだから、何か困ったことや悩みがあるわけでしょ。

そしてその根底には「幸せになりたい」とか「人生を良くしたい」ってあるはずです。


であるなら、そんな「運次第」みたいな予約の仕方ではなくて「確実」な方法でないと確率が下がっちゃいますよね。


もちろん、感情的に苦しくて「いま」すぐに聞いて欲しいとかアドバイスが欲しいってのもあると思いますよ。

でも、そうやって行き当たりばったりでは解決しないですよね。


これね〜
最初の方に僕の情報を勝手にまとめサイト的に出されてるって話で、「いくらでも嘘が作れる」って話をしましたよね。

それとネットって膨大な情報を手に入れれる代わりに「真偽」が難しいとも話しました。



こういうタイプの人って、「その情報の真偽」って考えずに(本人は考えてるつもりかも)、ただその情報に「反応」しているだけなんです。


確かに情報の真偽を見抜くのは簡単じゃないところはありますよ。

特に僕みたいな仕事の人を「選ぶ」のは最後は「実際に受けてみる」しかわからない部分もあります。


だから、「合わなかった」とかの「失敗」も込で自分に合う人を探さないといけないのも確かです。

確かなんですが、あまりにも考えてない人も多いんです。


だから、簡単に「それらしい」事が書いてあると「反応」します。


これはネットでの宣伝だけじゃないですよ。

Facebookとかで流れてくる情報もです。


それに、セミナーとか本とかセッションとか占いとかも同じ。

ただ、「反応」しているだけの人って以外に多いんですよ。


どんな事を聞いても読んでも習っても、それが最終的には自分で考えて理解して「自分の答え」にしないと何も変わらないんですよ。

僕が初めてのセッションの人に「気づき」ってのをしてもらうのが目的だって話の時に、「僕の話やアドバイスを聞いて最終的に自分が出した『気づき』が僕の考えに反していても良いんです」ってのを言う時があります。


ただの「反応」ではなくて、「自分の答え」ならそれが正しくてそれは別に「◯◯先生」が言ってることと違っててもぜんぜん問題ないんです。


で〜そういう反応だけしてる人ってめんどくさかったりするんで〜ブログを読んでもらうって「ひと手間」を入れてたんですが・・・・

「痛い人」って話も途中にしましたが、痛い人って究極に「反応」だけしてる人ですからね。

まあ、最大の問題はそんな反応だけしてる人はこのブログを読んでくれないので、「今日、空いてますか?それならまたかけます」ってやり取りは減らないんですがね^^;

ネットでの宣伝も記事やブログも「情報」です。

セミナーや本、自己啓発やセッションも「情報」です。


情報に反応だけして動いている人は、いつまでたっても変わらないです。

反応だけの人は別の情報をみて情報の内容が変わったら、自分も変わったような錯覚をするだけで「本質」は何も変わってないんです。


反応だけしている人って一番「ボッタクリ」やすいんで、儲けるにはそんな人を相手にしないといけないんですけどね〜(笑)

「自分の答え」出せてます?

それではこれで終わります。

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 00:44 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
ダメ男の見分け方。人のせいにする無責任な人

JUGEMテーマ:人間関係

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

「ダメ男」とか「ダメンズ」とかって人いますよね。

いろいろなパターンがあるとは思いますが、そんな中でも「人のせい」にしたり「責任転嫁」をするような無責任なタイプは特に「ダメ」な部類だと思います。

これも実は僕のパーソナル心理学では「素質」が関わったりするんですね。


そして「素質」である以上は、「ダメ男」って言われるように「男性」だけとは限りません。

限らないんですが、男性の方が「責任」がある立場の場合が多かったりしますから、この「人のせい」にする人っていうのは困ります。


特に、最初から「チャラい」ならまだ良いんですが(回避できるって意味で)、普段はそうでもないのに「いざ」ってなったり親しくなるとそれを見せてくるタイプってのがあります。

このタイプは基本的には人当たりが良い人が多くて、誰とでも仲良くなれるような人も多いんですね。

しかも、普段はわりと「人の為」的なこともするんですよ。


それですっかり騙されたり、その人と距離があると良い人にみえたりします。


何故、普段は「良い人」かって言うとそれはこのタイプが「人のせい」にするのと同じ素質の理由があるんですね。

それはこのタイプは「安心で安全」が欲しいタイプなんです。

その安心で安全は「自分」が最優先です。


なので、良い人をしているのも「味方」になってもらったり「敵」にならないようにする為なんですね。


でも、それは「自分が安全」な時だけです。

このタイプは「人に合わせる」とか「周りと協調する」ってのが、得意なんで頼まれたりするとすぐに引き受けるんです。

でも、それはあくまでも自分が安全な時でなおかつ「味方」にしておきたいと思っている時です。


だから自分にしわ寄せが来たり自分に責任が来たりすると、とたんにそれをしなくなりますし、もうすでに味方なった「身内」にはまったくしません。

これ「安全」なんてちょっと大げさに書いてますが、自分に責任があるとか自分が頑張らないといけないとかってのが少しでもあるとしなくなるんですね。


それも最初からしない分には構わないんですが、頼まれた後とか自分から言いだした後でもでもやめるんですよ。

頼んだ方からすると、承諾しているのだから「してくれる」と思っちゃいますよね〜

でも、なかなかやってくれないから「どうなってるの?」とか聞くと「今、◯◯でできない」「◯◯があるから無理」とかいろいろ言い訳してくるんですね。

挙げ句には「頼むのが悪い」って言い出します。

これ「友達」とかだと、そんなに頼んでどうしてもやってもらわないとみたいな事は少ないからまだ良いんですが・・・・


彼氏とか旦那とか経営者とかって立場の人だとそうもいきません。


僕の知り合いで最近の話なんですが〜

知り合いのAさんはあるお店に勤めてたんですね。

そのお店はできて1年半ほとどのお店でAさんともう1人のバイトが2人の小さなお店です。

それがある時、経営者の人から「今後、やり方を変える」とか「店舗を別にして営業体系を変える」とかいろいろな話を突然し始めたんですね。

それも2ヶ月もしないうちにそうなるかもしれないみたいな話でした。

しかも、「かもしれない」って話で「このまま存続」って可能性もあるような無いような・・・・
すごく曖昧な話なんです。

でも、言われてるような営業体系ではAさんは働けないし、もう一人の方も無理なんですね。


だから、はっきりさせてもらわないと困るわけですよ。

でも、なんだかはっきりしないんです。

営業体系が変わると勤めれないのは間違いないですから、それならそれで次の仕事先を決めないといけないですからね〜

そう伝えたら・・・・・急に「店を閉める」って話になったんです。
それも1ヶ月ちょっとで・・・・

なんか話的には「Aさん達が辞めるから店もやめる」的な感じになってるんですね。

いや、営業体系を変えるって言い出したのは経営者側ですよね〜

しかも、後からわかるのですがその時点ですでにこのお店は別の会社に売る話が進んでたんです(結果的に売れるかはわからないですが)

営業体系を変えるとか別の店舗でって話はなんだったの?

それって最初からやめる気でいたんじゃないの?

まあ、なんにしても次の仕事も探さないといけないしってなったのですが・・・・

今度は月末で支払っていた給料を「翌月の10日で払う」って言い出したんですね。

それも月末まで残り2週間をきるようになってからです。


それでは、月末の支払いが困りますから「月末にしてくれ」と頼んだのですが・・・

「うちも苦しいから」とか「事情がある」とか「わがままを言うな」とか・・・

ちょっと口論になったんですね。

そしたら、「そんなんじゃ、来週から出てきても仕事にならないだろう」とか「今すぐに辞めてもらっても」、「今日も、もう帰っていい」みたいな話をされたんだそうです。

次の日から2日間はもともとが休みだったので、「休み明けまでに月末までに払うかは連絡する」って話で終わったそうです。


Aさんももうこんなのでは出る気も起きないし、どうしようかと思っていたのですが、とりあえず連絡するって言うので待ってたんですが・・・・

結局、連絡無し・・・

それで仕方ないので、次の勤務の朝に「辞める」って連絡したそうです。

そしたら・・・・「それはないだろう」とか「急に言うなとか」・・・あげくに「店をやめる事になったのは、売上が上がらなかったからでそれはAさん達のせいだ」とか・・・

「おれは経営学を学んでるんだ」とか・・・・

しまいには「この店は経営の練習の為にやったから、もうやらないんだ」とか・・・・

別の会社をやっててそちらがメインでこのお店は「思いつき」で初めたそうですから〜


この経営者の男性が今回のお話のタイプ。

それにこの話も、最後の方の「言い訳」の事以外の「店を辞める」とかみたいな話は、ぜんぶ奥さんに言わせてる。

理由は何であれ、とつぜん店を辞めることになって迷惑しているのは「勤める側」なはず。
だのに、自分の都合ばかりで人のせいにしまくる。

嫌なことは奥さんに言わせるし・・・

こんな話が出るまでは「良い人」ではあったんだけどね〜

最初の頃からAさんには、「困ったら人のせいにするよ」「自分に責任がくると逃げる」とか、「そんな可能性のある素質だよ」って話はしてたんですね。

Aさんが「言われてたのは、こういうことだったんだ」って言ってます。

あげくに、聞いた話では今はAさんの悪口をお客さんに言ってるみたい。

「経営者の責任」ってまったく持ってないんですね。

昔、ある人が「社長と脱腸には誰でもなれる」「なるだけなら簡単。でも、やれるかは別」って話をしてました。

まあ、「経営者」どうのこうの以前に男として「かっこ悪い」ですけどね〜^^

仮に従業員が悪かったとしてもそれを他の人に話してはダメですよ。
それを聞いた人は、その話がホントか嘘かは別にして「この程度の人」って思ってしまうから、「まともな人」ほど離れていきます。


これは、彼氏とか旦那の場合でもあるんです。

結婚するまでとか、付き合い初めた頃は「良い人」だったんですが、なにかトラブルがあったり困ったことがあっり逆境になっいたりすると途端に無責任に・・・・

しかも、このタイプは「調子がよい」ところがあるし口は上手いので、言うことだけは言うのですが、自分が不利になると「知らない」とか言い出します。


とくに結婚とかすると、実はけっこうわがままだったりするんですよ。

なぜかって言うと、このタイプの男性って奥さんは「お母さん」と同じ扱いなんで甘えてるんですね。

お母さんになら好きなことを言えるし、お母さんならしてくれると思ってますからね。

それと普段は周りに合わせるんですが、実は心の中ではかなりの頑固なんです。

でも、味方になってほしい時は「合わせる」んですよ。

味方になっちゃうと(結婚とか)、その頑固さが全面に出てきます。

 

見分ける方法はね〜

基本的には親しくなるとよく喋ります。
誰とでも仲良くなるので、友達は多いです。

情報通で雑学とかよく知ってます。

温和に見えますが意外とキレやすいです。

人から聞いたこととか、他の人がやったことを自分の事みたいに喋ります。

チャラい人も多いです。

皆でなにかするのが好きです。

面長ではなくて丸い顔の人が多いです。

言い訳が上手いです。

眠気に弱いです。

営業職とかには少なくて、手先が器用で技術職に多いです。


これ全てが当てはまるわけではないですし、僕のパーソナル心理学は「組み合わせ」が重要ですからこのタイプがその組み合わせのどこに入ってるかで出方も変わります。

困ったり追い込まれるとその人の本性が出るってよく言われますが、まさにこのタイプの人はその典型。

このタイプの人とうまくやる方法は、「お母さん」でいれるかです。

「お母さん」でいてでも一緒にいたいか、そこまでしたくないかですよ。


このタイプの人は、「守られてる環境」がモチベーションですから「お母さん」に守られてるなら安心して働きますから〜

それはそれでバランスがとれるので。


あと、このタイプの人は「自己防衛」が凄く強いので、「自分が変わる」ことをすごく嫌がります。

上手くいかないのなら変わるしか無いんですが・・・・

それか、「これでよい」って受け入れるかのどっちか。

でも、どっちもしたがらない人が多いんですよね。

これは女性のこのタイプに多くて男性の場合はこれに付け加えて、頑固なのと情報通な面があるので「自分が調べたこと」が正しいって思ってるんですよ。

なので他の人のからのアドバイスを、「はい、はい。それならもっと詳しく知ってるから」みたいに聞き入れないんですね。


普段からわがままだったり、オラオラ系だったりなら、それで付き合ったり結婚したのなら「それがわかって」の事ですからよいのですが・・・・

このタイプは付き合っていくと「?」ってなったり、結婚してみると「違う」っとかなる事が多いのです。

結婚したりすると、変わるタイプ(実際は変わるのではなく隠してる)は他の素質にもいますが、このタイプは見抜くのが難しいので厄介なんですよ。

だから、このタイプが旦那さんとかで悩んでいる女性の相談はけっこう多いんです。


表面的な優しさとか良い人感には騙されないことですよ。

「お母さん」がやりたいならよいですけどね〜

「自分の旦那がそうかも」と思ったらセッションを申し込んでみてください^^


あっ!
たぶん僕のパーソナル心理学を学んだ人はどのタイプかわかるでしょうけど、よく言うように素質は「種」です。

そうなりやすいのかもしれませんが、絶対にそうなるわけでもありません。

自分でその部分を変えてたり、克服している人も多くいます。

もし、自分の素質かもって思ったら「そうならないように気をつける」って思っていてください。

まあ、このタイプが悪い方に素質を出してると、自分で調べた事が正しくて他人が教えることは「自分の知ってる事より下」って思いますし、保守的で頑固ですから「パーソナル心理学を学ぼう」なんて思わないので、「こうなってる人」はいないですけどね〜


それではこれで終わります。

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 23:34 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |
話の通じない人、会話にならない人

JUGEMテーマ:人間関係

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

話の通じない人っていますよね〜

ただ、意地をはってるだけとか考え方の違いなら話しているうちに妥協点も見つかりますが、どう話しても通じない相手っていますよね。

これよくこのブログでお話する、フィックスとフレックスでの「コミュニケーショントラブル」の場合もあるんです。

話の論点や思考の種類が違うからなんですね。

でも、それだけでは無くて、「どうやっても話が噛み合わない」って相手もいます。


これも、パーソナル心理学の「素質」で説明できるんでるんですね。


この「話の通じない人」ってのは二種類います。


素質的な部分はまったく真逆なんですが、結果的には同じ「話の通じない人」になるんですよ。


片方は「相手」って言う思考をしません。

このタイプは非常にフィックスが強くて自分軸も強い。

論理思考なんですが、察するとか感じるって事を考えに入れないんですね。


相手の考えてることや、相手の思ってることを理解するのって、究極には「想像」になるわけじゃないですか。

どうやっても相手の頭の中には入れないですからね。

言葉とか態度とかって物理的なことと、後は察するとか感じるって感覚的な事、それらを自分の中の過去の記憶や感情と照らし合わせて推測してるんです。


ところが、このタイプは照らし合わせないで「自分側」だけで考えます。


共感とかそう言う部分がとっても苦手なんですね。


だから、何を行っても「自分の考え」が全てになってしまうんですよ。

 

以前、こんな事がありました。

ある知り合いの方で、みんなにご飯とか振る舞うのが好きな人がいたんですね。

この方は裕福で余裕もあって人生もうまくいてるんです。
なので、みんなに喜んでもらうのが楽しい人なんですよ。

僕たちはよくこの人の家で夕飯とかをご馳走になっていました。

そんな時にたまたま別の知り合い(Aさん)が、この方に会う用事ができたんです。
なので、一緒に行きました。

その時はちょうど夕ご飯の時間だったので、いつものように僕に「夕ご飯食べる?」って話になりました。

いつもの事なんでご馳走になったんですね。

Aさんにも「どうですか?」って言われてましたが、その人は断っていました。


そして後日、Aさんから連絡があって「いい大人が他人に食事を食べさせてもらって、そんなのんではダメだ」みたいな事を言われたんですね。


「大きなお世話」だって思ったんですが・・・・

Aさんに、「あの人はそうやって、人のしてあげるのが楽しみなんですよ」「裕福でお金にも困ってないし、本人がやりたくてやってる事です」「なので、その行為をありがたく受け取っているんです」。

みたいな話をしました。

でも、Aさんは「あなたやその方の考え方とかじゃない。そうすることがダメなんだ」って言って話にならないんですね。


このAさんは、今回のお話の「相手って言う思考をしない」タイプなんです。

このタイプって人に世話になるのや、何かしてもらうのが大嫌いなんですよ。

だから、言っているんですが、自分の考えがいくらそうでも、当事者同士がなっとくしているんだからそれで良いはずです。

ところがこのタイプの人は、「相手の考え」とか「相手の思考」とか目に見えないものは考えません。

だから、自分の考えだけで話してくるんですね。


そしてもう一つのタイプですが〜

このタイプのほうがもっと厄介です。

もう一つのタイプの人は、さっきのタイプとは真逆でフレックスが強くてイメージ思考がとっても強いんですね。

ただ、男性だと一見すると論理思考っぽくて、むしろ理屈っぽかったりします。
自分がイメージしたことや感情思考での発想に理屈を付けるのが上手いんですよ。

だから、相手の考えとか思考を察するのですが・・・・

それなら、話が通じるのでは?って思いますよね。


ところが、フレックスの強い人ってイメージ思考が強いので「自分のイメージ」が最優先になりやすいんです。

だから、その察するは「自分が勝手にイメージしたもの」だったりするんですね。

これはフレックスが強い人には全体的に言えることなんです。


ところが、その中でも今回のお話のタイプはその「自分のイメージ」が凄く独特というか他の人には理解不能な発想をします。


そして自分が発想したことは、相手も同じように発想していると思いこむんですよ。

「相手も同じように」って書きましたが、実際は相手と自分なんて区別はなく「全部がそう」みたいになってるんですね。

このタイプはその「全部がそう」が謎の発想な事が多いんですよ

なので、こちらの話が通じないんですよ。


僕の知り合いの話ですが、旦那さんがこのタイプなんですね。

この旦那さんは、働いているんですが家にお金を入れないんですよ。
入れない代わりに自分で勝手にいろいろ買ってくるんだそうです。

その買ってくるものは必要の無い物だったりするんで奥さんは困ってるんですね。

その事でよくケンカになるんだそうです。

ある時、「それではお金が足らない。家計が成り立たない」って言ったんですよ。

すると後日・・・・

「これ」って紙袋を渡されたそうです。

開てみると「金運のお守り」が入っていたそうです^^;


旦那さんいわく「そんなにお金が必要なら、これで金運をあげればいいだろう」って・・・・

奥さんは「は?なにそれ?」ってなってたら〜

「お前はそういうものは信じないのか?」って・・・・

いやそこじゃないから論点は(笑)


これ、普通に考えたらふざけてるとか思いますよね〜

でも、ふざけてるわけでは無いんですよ。

「そういう発想」なんです^^;

さらに、「そういう発想」をしたら相手も「そういう発想」をしていると思いこんでいるから話が噛み合いません。

そもそも、家にまともにお金を入れないで、必要のない物を買ってきて「自分は家の為にお金を出してる」って思ってるのもズレてますよね。

これも、自分が勝手に「そういう発想」して、家族も「そういう発想」してるって思ってます。

だから、この話は「自分は家族が必要としているようにしている。それもお金が足らないなら、おまえの収入を増やせばよいだろう」って事なんです。

「増やせば」の発想が「金運のお守り」なのは謎の発想ですし、どんなに「そうじゃない」って言っても理解しないんですね。

その謎の発想も相手もそう思ってるってイメージしてしまうんですよ。

だから、そんな考えられないような行動もできちゃうんですね。


このタイプの人は自分が食べて美味しいと思ったものを、相手が「まずい」と言うと、「なんで?そんな事ないだろう」って言ってくるんですよ。

自分が「美味しい」と感じたら、それは全てが美味しいと感じてると思ってしまうんです。

 

別の人の話でこんなのがありました。

この方は「田中(仮名)」という名前なんですね。

同僚に「佐藤(仮名)」という方がいます。

そして2人の上司のAさんがいます。

このAさんが今回のお話のタイプなんですね。


ある時、このAさんから田中さんが「お前は、いつも返事をしないな」と怒られたんだそうです。

田中さんはそんな覚えはないんです。

でも、Aさんは返事をしなかったりシカトをよくすると言うんですね。

ある日、佐藤さんがお休みの日に「佐藤!佐藤!」ってAさんが呼んでいます。

「佐藤さんは休みなのに・・・」って田中さんは思ってたんですね。


すると、Aさんが田中さんに近寄ってきて「お前はなんど言っいたらわかるんだ。この前も返事をしろって注意しただろう」って怒られたんだそうです^^;


いや、名前違うし・・・

これも、普通に考えたらAさんが名前を勘違いしてるって思いますよね。

でも・・・

「私は田中ですよ。さっきは佐藤って言っておられたから」って反論したら〜

「佐藤は今日は休んでるんだから、佐藤って呼んでもお前のことを呼んでいることぐらいはわかるだろう」って・・・・

いや、わからんし(笑)

自分が「田中さんのつもりで佐藤って言ったのだから、それは相手もそうイメージできる」って思ってるんですよ。


どうも、今までもなんどもそんな事があったみたいで、田中さんは当然ですが呼ばれてるのを気がついてないんですよ。

それで「返事をしない」と怒ってたんですよ。

これ、いくら「違う名前で呼ばれてもわからない」と言っても、このタイプは「自分がそのつもりで言ってる」と言う発想が全てが共通に発想できてることにしか思えないんですよ。


この2つのタイプは、天才肌な人も多いんですが、「社会性」という面ではかなり苦手です。

なので、子供の頃の親の関わり方次第で凄く違います。

「通じない」相手になる場合の多くは「甘やかされた」時です。


ただ、こんな反応するので「発達障害」だと思われることも多いんですね。

子供の頃に親にある程度、押さえつけられてるとあまりしなくなるんです。


ただ、あまりそれをすると今度は「自分は間違ってる?」と病み始めるんですね。


なんにしても扱いが難しいところがあるんですよ。


もちろん、これはよくお話しますが僕のパーソナル心理学は一つの素質だけで判断しません。
主には2つを組み合わせてますから、「組み合わせ」でも強く出る場合と弱くしか出ない場合があるんですね。


え?大人でそんな人に出会って困ったらどうしたらよいか?

諦めてください(笑)

ある程度以上の年齢になってしまったら、何が違うのかを理解してくれませんから。

だって、かたや「相手」って発想をしなくて、かたや「自分の発想を相手も同じ発想」だとしかイメージしない人ですから、どう話しても通じません。

むしろ、そういう人に出会って困っているのなら、「なぜそんな人を引き寄せたか」って方を考えるほうが正しいです。


それではこれで終わります。

そうそう、今回のお話の基になってる「パーソナル心理学」ですが、セッションでも自分や他人の分析とか解説、アドバイスに使いますが、パーソナル心理学のすべてのことを教える講座もやってます。

たまに宣伝してるんですが、よくお客さんに「知らなかった」と言われるですよ。

対面でも通信でもやりますので、興味のある人はメニューを参考にしてみてください。

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 02:39 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |
運に影響する意外なもの

JUGEMテーマ:開運

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

確定申告やらですっかり更新が遅くなってしまいました(普段からも早くないけど)

さて、「運」ていうやつを気にします?

僕の考えでは20%ぐらいは人ではどうにもできない「運」があるんですが、残りの80%はその人の生き方でどうにでもなると思ってるんですね。

運が悪いってのは、その人の本当の生き方とか本質的な生き方ではないから、その人がその事に気がつく為に「悪いこと」を引き寄せているだと思います。

人は悩んだり困ったりしないと考えませんからね〜

でも、確かに自分ではない部分の「運」もあるんです。

そこだけを良くしても意味はないんですが、そこが影響するのも確かだし本質的な生き方を見つけようとしている時に邪魔されるとなかなかそこにたどり着けない可能性もありますね。

そんな運の世界なんですがね。

意外なものが影響してたりするんですよ。


実は最近、車を買い換えることになったんですね。

前に乗っていた車は2月末で車検切れで、車検を受けようかどうか考えていたら遅くなっちゃって今は車が来るまで代車生活です。

実は車の「色」って運にけっこう影響してるんですね。

この僕のブログを読んでいる人は全国?全世界?にいるので、なかには車なんて必要ない人もおられると思います。

でも、僕の住む地方では生活必需品。

全国の人とセッションをしていて、世間話の中で僕の地元のローカルネタになった時に一番驚かれるのは、セブンイレブンやスタバが少し前まで県内に1個も無かったことでなくて〜

僕の地元の人は電車やバスって公共交通機関に、数年に一度しか乗らないって事。
へたしたら生涯で10回もない人がざらにいる。

僕もこのへんでは一番大きな駅の真ん前に住んでるけど、一番最近電車やバスに乗ったのは9年前(笑)
それでも「乗ってるほう」だったりします。

話がそれましたね〜

そんな車の色なんですが、なぜ影響するかっていうと使う時は常に動いていますよね。

これは占いなどでは「発動」って考えで、影響力が強くなるんですね。

しかも、車は自分の命を預けていますし、自分で操作します。

なので、「自分の分身」みたいな感じなんです。

だから、その色のエネルギーって言うのが常に影響し続けるんですね。

僕の易の占いでの改善策をやったことがある人なら、改善策ではよく「色」を指定しますよね。
これも同じ理由から。


実際に自分が乗ってきた車を考えてみた時に〜

僕が乗ると運気が下がるのが「白」とか「シルバー」なんですよ。

白い車は今までに3台乗っています。

このうちの2台は凄く長い間乗ってたんですね。
長く乗ってたのは気に入ってでは無いんですよ。

買い換えるお金がなくて、買い換えれなかったんです。
そして1台は僕が乗った中でも一番短い期間しか乗ってないんです。

それはローンの支払いができなくなったからです。

でも、この時に白→白って買い替えたんですよ。

「ダメな色」同士でのでの乗り換えはその時だけ。

今から思うとこのあたりが人生で一番、病んでいる時ですね。

しかも、このローンを払えなくなって買い替えた車なんですが、下取りでローンの残額は消えるはずだったんです。

ところが、下取りをした車屋が車を買い取ったのにそのお金をローンの残債に当てずに、車は転売してお金は持ち逃げ・・・

こういう場合は本来は、車はローン会社の名義になってるからできないはずなんだけど、この車はなぜか車屋の名義に・・・・

車は無いのにローンの残りは払わないといけなって事になって・・・・

この時には他にもあり得ないようなトラブルが起こってましたね。


それ以外にシルバーは2台。

1台は初めて買った車で、これは短い期間しか乗ってないんです。

もう一台は、僕と親しい人なら知ってますよね〜
2月で車検が切れた車です。

なぜダメな色だって知ってて乗ってたの?って思いますよね。

この車は凄く好条件で譲ってもらったんですよ。
ちょうど、その時にその前の車も車検で買い換えようか考えていた時だったんですね。

実は、ダメな色の場合には「改善策」があるんです。

それをやって買い替えたんですよ。

でも、白い車に乗ってたほどではないですが、不安定な部分はありましたね〜
まあ、今は改善策もですが本質的な生き方ってのがかなりできてますから、そこの影響のはあまり左右されませんからね(とくに悪い方には)

逆に「良い色」の時って人生が好転していることが多いんすよ。


その白→白と乗り換えて、乗り換えた白には長く乗ってたんですが、次は「青」になったんですね。
長く乗ってたのは白が、もう走行距離もだしいろいろ壊れて乗れる状態でなかったんですよ。
そして偶然に手に入ったのが「青」の車だったんです。

青は僕には凄く良いわけではないんですが、悪くない色です。

このへんでかなりいろいろな事が好転してますね〜

過去には「黒」も乗ってるんですが、黒はかなり良いんですね。

黒は3台乗ってますが、全部金額の高い車。

3台合わせると家が土地付きで買えます(笑)


で〜次の車は僕が今までに乗った事のない色で一番良い色。

来るのが楽しみです。

ちなみに、色は生まれた年の干支で決まります。

ダメな色は最後に書いておきますから、自分の乗ってきた車と照らし合わせてみてください。

干支は「節入り」ってので考えますから、節分までは前の年に考えるので1月生まれとか2月の最初の方の人は前の年です。

え?
いい色は?

もしもダメな色に乗ってる時の改善策??

また、無料でやっちゃうとみんなに怒られるので・・・・
よく、「もっとお金をとらないと」ってお客さんに言われるんです^^

確定申告で入金の口座を調べたら、多く振り込んでくれてる人がいるんですよね〜

なので〜必要なら有料にします。

もちろんセッション中ならその中で教えますよ。
色だけでなく登録の日とかもね。

色と改善策だけなら、2000円かな〜^^
生まれた年の干支がわかればよいのでメールでOKです。

それではこれで終わります。

ダメな色。

子:白、シルバー、黒
丑:赤、黄、金色
寅:緑、青、黒
卯:黒、青、緑
辰:黄、赤、金色
巳:赤、青、緑
午:赤、緑、青
未:黄、金色、赤
申:白、シルバー、黄色、金色
酉:白、シルバー、黄色、金色
戌:黄、赤、金色
亥:白、シルバー、黒



3月の全ワークショップの日程は次のとおりです。

お金の事を真剣に考える一つになる「お金のブロックを外す点描画ワークショップ」もあります(来れない方は通販キッドも)


先月、「絵が上手く描けるようになるワークショプ」に参加しましたが、ほんとに「目からうろこ」でした^^
絵の描けない人が聞きたい事がピンポイントで教えてもらえます。

絵が描けない人は、何を練習したらよいかすらわからないんですよ。
世の中にある「絵が描けるようになる」っていうので出てくることは、描けない僕には「それをする事もできないのだけど・・・」ってなることばかり・・・

「ひたすら模写しろ」・・・・模写できるなら聞かね〜よ(笑)
「好きな絵を真似ろ」・・・・真似るにも同じものが描けるわけないだろうが(笑)
「単純な形の物を描いてみる」・・・アホか!見たものを紙に表現できるなら困らんわ〜描け描くほど見てるものから遠ざかるんだよ(笑)

でも、この講座では何が問題なのかを教えてくれます。

一緒に受けた人も「これを教えてもらいたかったんだよ」って言われてましたね〜






3月25日(日)  
場所・・・鳥取県立武道館 〒683−0853 鳥取県米子市両三柳3192−14


★オルゴナイトワークショップ・・・13時半から16時半まで

・型は4種類の中から一つ選んでください。

.團薀潺奪彪拭ΑΑΑ8,500円

円錐形・・・・・・・7,000円

ダイヤモンド型・・・7,000円

ぢ羞膳拭ΑΑΑΑΑΑ7,000円

・余った液で小物も創れます。
・材料は、こちらで用意します。
・参加希望の方で、日程が合わない方は希望日をお知らせください。
・参加費は、前払いです。

講師:惺ゆり


★お金のブロックを外す点描画ワークショップ・・・18時から20時まで

収入を増やしたい
なぜかお金が貯まらない
お金があれば、できるのに・・・

と、お金にまつわる悩みのある方は是非体験してみてください。   

・お金とがっつり向き合うワークです。
・あなたの中の奥底にあるお金に対しての感情が、ブロックが、見えてきます。
・見えてくると、お金に対する考えかたや、概念が変わります。
・人によっては、収入もアップした人も・・・。
・欲しいと思っていたものが、もらえたり・・・。

いろいろな変化の声を頂いています。
(お金にまつわるプチ講座もあります。)

・参加費1万円 (前払いとなります)
※見本にする1万円冊は各自ご用意ください。

講師:惺 ゆり+ふじ原ツトム(プチ講座)

◎この「お金のブロックを外す点描画」ワークショップは
なかなか来られない方にも大丈夫な『キッド』も用意しています。


★絵が上手く描けるようになるワークショプ・・・20時から22時まで

・絵が上手く描ける基本中の基本をお伝えします。
・なぜ、絵が上手く書けないの?上手く描けるってどういうこと?など絵を描くことについて簡単にお話しをしていきます。

・コツ、練習方法をマスターして、お家でも描けるようになります。
・お子様に「ママって(パパって)絵がじょうず〜」って言われるようになる

・絵がある程度描けるようになると、地図が描ける
・絵を描くってことは、物の見方が変わり、想像力が身につく

などなど、いいことたくさんです。

・参加費・・3,000円(材料費込み)

※参加希望の方で、日程が合わない方はご希望日をお知らせください。



惺ゆり、紡〜つむぎ〜さんなどのオルゴナイトなどを販売してもらっている
ネットショップ「LampLight」


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /


↓こちらは、講師の惺さんから〜告知です。

『オルゴナイトマスターコース』も随時募集しています。

私がお伝えするオルゴナイトは・・・

私が幼少の頃から得意だった「絵」という芸術がベースにあります。

オルゴナイトとしての基本はもちろん

ネットでも検索してもでてこない私独自の表現方法をお伝えしています。

そして「only one」を大切にして、創る人の個性を引き出します。

マスターコースを受けてから作家デビューまでのお手伝いとフォローもしていきます。

作家名、屋号はもちろん、ネット販売のお手伝いもしていきます。あなたの作品が世にでるチャンスを、ここからスタートさせませんか?

(コンサルをしていただくのは、ゲッターラボのふじ原ツトムさんです。)

『マスターコース』を受けると・・・人に教えれるレベルにもなり、仕事にもなります。
ネットショップに出品できるようにもなるので、収入の幅が広がります。


惺さんのブログ

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 23:47 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
イラッとさせる人、嫌われる人

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

皆さんの周りにも「イラッ」ってする人っていますよね。

何故か人に嫌われるって人もいますよね。

職場とか近所付き合いとか学校のママ友ともとか・・・・

どこのコミュニティに行っても人から嫌われたり無視されたり、そこまでではなくても仲良くなる人がいなかったり・・・


そんな人と出会う時もあるでしょうし、自分がそうだって人もいるでしょう。


こんな人ってどんな人なんでしょうか?


こういう人って往々にして自分ではすごく周りを気にしている事が多いんですよ。

そして自分では周りに気を使って遠慮しているって思ってたりします。


イラッとされる人とか嫌われる人って「自己中」ってイメージがありますよね。

実際にそう言う部分も多く持っているんですが、本人は逆に周りに気を凄く使っているつもりで自己中とはあまり思ってないんですね。

自分自身が自分のことを「自己中」って思っている人って案外、周りからは嫌われてなかったりするんですよ。


人生を変えたいとか幸せになりたいとか、辛い苦しいってのから抜け出したいってのに必要なものに「出会い」ってあるんですよ。

人生が変わる時には必ず「出会い」があります。


でも、その出会いっていきなりは起きないことが多いんです。

「誰か」を経由して起こるんですね。

僕も自分の過去を振り返ってみると、人生が変わったような出会いにたどり着くのに必要な「人」って存在します。

そんな人って凄く特別な人とかでは無かったりすることが多いんですよ。

知り合いとか友人とか、友人って言っても「親友」ってほどでもなかったりして。


今回のお話の「人とをイラッとさせる人」とか「周りから嫌われる人」って、この出会いが起きにくいんですね。

なぜかって言うと、その「出会い」は経由する人達のちょっとした親切とかで起こるからです。

自分の過去を振り返ってみても、そんな人生を変えるような人に出会った経緯を思い起こしてみると「この人がいなかったら起こらなかった」みたいな人っているんです。

でも、それは親友とかではなく普通に「知り合い」程度です。

その人達の少しの親切から始まってることが多いんですね。

でも、そんな「イラッとさせる人」とか「嫌われている人」はそんな人が現れません。

当たり前ですよね。

イラッとする相手に自分が美味しいと思ってるお店を紹介したりしないでしょ。

困ってたり悩んでいたりしても、わざわざ関わったりしませんよ。

だって関わることに何のメリットも無いわけですよ。

教えているって手間とか、もしかしたら一緒に行ったりする手間、あとは誰かに紹介したけどその相手とトラブルになったりってリスクをわざわざする必要なんてないですからね〜

では、そのイラッとさせる人の特徴ってどんな人かって言うと〜

自分勝手な人?


これは半分正解で半分不正解。


確かに自分勝手な人は嫌われやすいですが、それ以上に嫌がられる人っているんですよ。


自分勝手で和を乱すんですが、そのくせやたらと気を使ってきたり、どうでもいいところはやたらと遠慮したり自分勝手なのに困るとすぐに人に頼ったり・・・・


ある時は凄くマイペースで周りにまったく合わせないのに、別の時はやたらと遠慮して合わせてくる。

そして合わせない事で全体がうまくいかなくなるような事は合わせないのに、どうでも良いことわやたらと人の顔色をみてきたりするんですね。

本人は遠慮のつもりなんですが、結果的に周りに迷惑をかけてたりします。

このちぐはぐさが他の人をイライラさせます。


例えばこんな感じです。

友達と5人で旅行に行こうってことになりました。

そこでみんなで準備とかをするわけですが〜

1台の車で行くことになったのですね。
その方がガソリン代とか高速代とかも安くなるし、運転の負担も分担できます。

宿も5人だと割引が効くのでそのプランにしようかって話になりました。

ところがです。
出発の時間が決まりません。

Aさんは前日の仕事が遅いからお昼ぐらいが都合がよいんですね。
でも、他の4人はせっかくなら皆でランチやよりたい所があるから早く出たいんですね。

そこで他の4人は寄る予定の所を減らして少し出る時間を遅くしました。
しかし、Aとさんはやはりもっと遅いほうが良いって事です。

そこでAさんに「1番早く出れる時間を教えてくれ」と聞いたのです。

するとAさんは「みんなに迷惑になるから私は自分の車で行って現地で合流します」と・・・・

仕方なくそうすることになりました。

そして旅館の予約を入れる前日になってAさんが、「新しくバイトを初めて疲れてる事が多いから旅行先で迷惑になってもいけないので今回の旅行は止めます」って連絡がきました。


これAさんって自分は凄く「遠慮して気を使ってるつもり」なんですよ。

自分が時間に合わせれないから、自分がもし当日疲れててあまり楽しそうにできなかったら・・・・「自分がやめれば迷惑にならない」だろうって思うんですね。

どう思います?

これ客観的にみたらかなり自己中ですよね。

でも、こういう人って「みんなに迷惑をかけないように」って「遠慮」しているつもりなんです。

自分が「主張」しなければとか「自分がわがまま言わなければ」って・・・・

逆ですよね〜

結局、Aさんが来ないことで金銭的な負担は他の4人は増えますし、そもそもAさんの都合を聞こうと努力した4人の行動を水の泡にしています。

こういう人は「自分が」って視点でものを見ることしかしてなくて、「全体が」って視点でものを見るのが凄く苦手です。

こんなことがあったら、この4人はもうAさんを旅行には誘わないでしょうし、最初の方に書いたような「出会い」を作るために「経由」の人にもなりません。

それとこういう人の特徴で、出発時間とか「行かない」って事を相談せずに「結論」を言ってきます。

これも「自分が」って視点しか持たない特徴。

自分が遠慮したり引く事が「みんなの為」だと思ってるから相談とかなしに決めちゃうんですよ。


「どうしても出発の時間が合わせれないから、自分は別で行こうかと思うけどどうかな?」

「バイトを初めたら思ったよりもキツくて、疲れが取れない日があるんだど迷惑になるといけないし今回は止めようか迷ってるんだけど」

こんなふうに聞けばまだ結果的には行かないとしても印象はかなり違うでしょう。

「どうしようか?」とAさんが相談していたならもしかしたら、出発時間をギリギリまで遅くしたり車の運転を他の4人でしたり「日にち」自体を少し先延ばしにしたりとできたのかもしれません。

結局はこの行動って、みんなに迷惑をかけないようにとかみんなを煩わせない為にとかって本人は思っていてもその根っこには「自己防衛」があるんです。

「みんなのため」ではなくて自分が「嫌われない」「怒られない」為にやってるんですよ。

「自分のため」にやってるんですね。

遠慮とか気遣いって「相手のため」なのに、それを「自分のため」にしちゃってる。

そのちぐはぐさが余計に相手を苛つかせます。

結果、嫌われないための行動のはずなのに余計に嫌われる結果になり、もっと遠慮とか気遣いを「自分のため」にし始める・・・・負のスパイラルですね。

それならまだ遠慮も気遣いもしないで自己中でいてくれた方が、周りはわかりやすくていいんですよ。


人間は「集団生活」をする本能があります。

それは集団でいることのメリットがあるからです。
動物である人間は集団でいることで安全を手に入れようとします。

集団であれば敵から身を守るのも敵を早く見つけるのも、最悪、敵に襲われても「誰か」が犠牲になってる間に「他」は逃げれます。

ところが集団というのにデメリットもあります。
例えば餌が独り占めできません。

メスを強いオスにとられてしまうかもしれません。

しかし、それ以上にメリットのほうが大きいから集団になろうとするんですね。

現代の生活でもそれはあります。

わかりやすいのが「税金」ですね。
みんなが少しずつ?のお金を出すことで、公共の建物を建てたり道路などの街のインフラを整えたり治安を守ったりいざという時のセーフティーネットがあったりです。

集団というのは「みんなが少しずつの犠牲を出すことで、より大きな得を手に入れる」って言う事で成り立ってます。


ところがここに、その「犠牲」を出さずに「得」だけを手に入れる人が現れたとしましょう。

現実には税金を払わなけれが最終的には差し押さえなどのペナルティーを課せられます。

でも、もしもそんなペナルティーが存在せずに犠牲を出さずに「得」だけを手に入れる人が現れたらどうなるでしょう?

他の人も犠牲を出さにくなりますよね。

そうなってしまうと、あっという間に「集団」は崩壊します。

集団が崩壊すればその「得」は手に入れれなくなってしまいますね。
安全でなくなるわけです。

なので、人間は本能的にこの「少しの犠牲」を出さない人を嫌うんですよ。

そして無意識に「排除しよう」って行動をします。


これが「イラッとする」とか「嫌い」とかって感情を作り出すんですね。


例えの話だと、Aさんは「朝少し頑張って早く起きる」とか「少し疲れてるけど旅行に行く」って犠牲を出さなかったのです。

話し合ってお互いがどこまでの犠牲を出すのかって事もしませんでした。

そして他の4人は高速代やガソリン代、宿泊費って言う「得」が減りました。

他の4人も合わせるために何らかの犠牲を出している可能性はあるわけです。

だから、そういう人に「イラッ」ってするわけですよ。



この「排除しよう」って行動は、実は実際に「犠牲」とか「得」がない場面でも働きます。


若い時の僕は人見知りで人とあまり話さなくて打ち解けない性格でした。

初めて勤めたのは電気工事の会社でした。

やはり会社でも周りの人とは打ち解けてなかったのですね。

僕が入社してから1年ほどして年齢の近い人が1人入って来たんです。


その人はとても社交的ですぐに他の人とも打ち解けました。

すると・・・・同じようなミスをしても僕は先輩から怒られるのに、その人は「次からは気をつけろよ〜」と笑って言われたり・・・・
僕の方にばかり面倒な仕事を割り振られたり、仕事で困っていても積極的に手伝ってくれなかったり・・・・

なんか扱いの違いというか、接し方の違いというか・・・嫌われてる?

「何故なんだろう?」

最初はわからなかったんですね。

電気工事みたいな現場仕事の人達って、お昼休憩以外にも午前10時と午後3時には必ず休憩して「お茶」するんです。

「お茶」といっても自販機での缶コーヒーか現場事務所があるとお湯を沸かしてのインスタントコーヒーです。

それ以外にも会社から現場に行く道中や現場からの帰りにも自販機の多く並んでいる所では立ち寄ってコーヒータイムです(当時は僕の住む田舎ではコンビニは無かった)


コーヒーがあまり好きではないのと、そんに毎回飲みたいわではないので「僕はいらないです」って断っていたんですね。


これが良くなっかったんですよ(もちろんこれ以外もありますよ)

「飲みたくないのだから飲まない」

それで何が問題なんだかわりませんでした(お金の問題はないですよ。先輩のおごりですから)

でも、これって「付き合わない」わけですよ。

この付き合わないって行為って、人は先ほど話した「犠牲を出さない人」と同じように感じるんです。

「その程度の事もしないのだから、犠牲を出すことはないのじゃないか」ってね。

そして周りの人に気も使わせるわけですよ。

「コーヒーが飲めない?」
「それなら紅茶でも買ってこようか?」
「何なら飲める?」

そうして皆は「少しの犠牲」をだしてくれたんですね。


それに一緒にお茶を飲んでたりすると「話すきっかけ」になったりするんですよね。

他の人からみたら「付き合わない」から得体の知れない相手に見えてるわけですよ。

人が一番怖いのは「わからないもの」なんです。

良くしてくれるわけありませんよね。

自分から話しかける事は苦手でしたから、そこだけでも「お付き合い」するようにしたんですよ。


そしたら、不思議なくらいにみんなの接し方が変わっていくんです。

けっきょくこれも、飲みたくないのに「付き合う」って少しの犠牲を出すことで、「集団」ってメリットが得れるようになってるんですね。



別にこのお話って、媚びて周りに合わせろって話ではないんですよ。

「嫌われる勇気」なんて言葉もあります。

でも、それは「自分らしさ」って個性を持つ事です。

個性を持つからその反対の個性の人からは嫌われます。
全員に好かれようとすると、個性を失うんですね。

それは誰からも好かれません。

人からイラッとされる人とか嫌われる人って「変わり者」だったりはしますが、それは「得体が知れない」と言うだけで「自分らしさ」を持っているわけではありません。

むしろ嫌われないための「自己防衛」での遠慮をして全員から嫌われないようにしているから誰からも好かれなくなるんです。

個性的に自分らしく生きることと、周りを尊重しないとか相手の目線で見ないとかまったく別の話です。


そして個性的に自分らしく生きるには、それを許してくれる「周りの人」が不可欠なんです。

あなたが、ずば抜けた「天才」とかなら少しぐらい相手の目線になれなくても周りは許すでしょうけど、そうでないのなら「相手の目線」になれることと「少しの犠牲」を出すことは必要になってきます。

人間は「人と人の間」でしか生きれないのです。

人生を変えるような気づきをくれるのも「人」。

そんな人生が変わるような出会いにつなげてくれるのも「人」。

自分らしく個性的に生きていけるようになるのに必要なのもそれを許す「人」。

すべての人に好かれることはできないですが、すべての「人」にイラッとされたり嫌われたら人生がうまくいくわけありません。

それではこれで終わります。

3月の全ワークショップの日程は次のとおりです。

お金の事を真剣に考える一つになる「お金のブロックを外す点描画ワークショップ」もあります(来れない方は通販キッドも)


先月、「絵が上手く描けるようになるワークショプ」に参加しましたが、ほんとに「目からうろこ」でした^^
絵の描けない人が聞きたい事がピンポイントで教えてもらえます。

絵が描けない人は、何を練習したらよいかすらわからないんですよ。
世の中にある「絵が描けるようになる」っていうので出てくることは、描けない僕には「それをする事もできないのだけど・・・」ってなることばかり・・・

「ひたすら模写しろ」・・・・模写できるなら聞かね〜よ(笑)
「好きな絵を真似ろ」・・・・真似るにも同じものが描けるわけないだろうが(笑)
「単純な形の物を描いてみる」・・・アホか!見たものを紙に表現できるなら困らんわ〜描け描くほど見てるものから遠ざかるんだよ(笑)

でも、この講座では何が問題なのかを教えてくれます。

一緒に受けた人も「これを教えてもらいたかったんだよ」って言われてましたね〜






3月25日(日)  
場所・・・鳥取県立武道館 〒683−0853 鳥取県米子市両三柳3192−14


★オルゴナイトワークショップ・・・13時半から16時半まで

・型は4種類の中から一つ選んでください。

.團薀潺奪彪拭ΑΑΑ8,500円

円錐形・・・・・・・7,000円

ダイヤモンド型・・・7,000円

ぢ羞膳拭ΑΑΑΑΑΑ7,000円

・余った液で小物も創れます。
・材料は、こちらで用意します。
・参加希望の方で、日程が合わない方は希望日をお知らせください。
・参加費は、前払いです。

講師:惺ゆり


★お金のブロックを外す点描画ワークショップ・・・18時から20時まで

収入を増やしたい
なぜかお金が貯まらない
お金があれば、できるのに・・・

と、お金にまつわる悩みのある方は是非体験してみてください。   

・お金とがっつり向き合うワークです。
・あなたの中の奥底にあるお金に対しての感情が、ブロックが、見えてきます。
・見えてくると、お金に対する考えかたや、概念が変わります。
・人によっては、収入もアップした人も・・・。
・欲しいと思っていたものが、もらえたり・・・。

いろいろな変化の声を頂いています。
(お金にまつわるプチ講座もあります。)

・参加費1万円 (前払いとなります)
※見本にする1万円冊は各自ご用意ください。

講師:惺 ゆり+ふじ原ツトム(プチ講座)

◎この「お金のブロックを外す点描画」ワークショップは
なかなか来られない方にも大丈夫な『キッド』も用意しています。


★絵が上手く描けるようになるワークショプ・・・20時から22時まで

・絵が上手く描ける基本中の基本をお伝えします。
・なぜ、絵が上手く書けないの?上手く描けるってどういうこと?など絵を描くことについて簡単にお話しをしていきます。

・コツ、練習方法をマスターして、お家でも描けるようになります。
・お子様に「ママって(パパって)絵がじょうず〜」って言われるようになる

・絵がある程度描けるようになると、地図が描ける
・絵を描くってことは、物の見方が変わり、想像力が身につく

などなど、いいことたくさんです。

・参加費・・3,000円(材料費込み)

※参加希望の方で、日程が合わない方はご希望日をお知らせください。



惺ゆり、紡〜つむぎ〜さんなどのオルゴナイトなどを販売してもらっている
ネットショップ「LampLight」


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /


↓こちらは、講師の惺さんから〜告知です。

『オルゴナイトマスターコース』も随時募集しています。

私がお伝えするオルゴナイトは・・・

私が幼少の頃から得意だった「絵」という芸術がベースにあります。

オルゴナイトとしての基本はもちろん

ネットでも検索してもでてこない私独自の表現方法をお伝えしています。

そして「only one」を大切にして、創る人の個性を引き出します。

マスターコースを受けてから作家デビューまでのお手伝いとフォローもしていきます。

作家名、屋号はもちろん、ネット販売のお手伝いもしていきます。あなたの作品が世にでるチャンスを、ここからスタートさせませんか?

(コンサルをしていただくのは、ゲッターラボのふじ原ツトムさんです。)

『マスターコース』を受けると・・・人に教えれるレベルにもなり、仕事にもなります。
ネットショップに出品できるようにもなるので、収入の幅が広がります。


惺さんのブログ

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 19:49 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |