鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
あなたに必要な答えの見つけ方

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

今年になってから急に地元の人から電話でセッションの依頼を受けることが多くなったんですね。

僕の仕事のお客さんは80%ぐらいは県外か海外の人で、そのほとんどが「問い合わせ」を使うかメールで申し込まれます。

この仕事を始めた頃は地元中心でしたが、人口も少ないしその割には同業者が多いのでそんな小さな「パイ」の中でやるよりはって7〜8年ぐらい前からブログとかでの集客をはじめて、今では地元よりも「それ以外」が多くなっていたんですよ。

だのに何故にとつぜん??

「たまたまかな〜」って思ってたんですが、この前やっと理由がわかったんですよ。

どうも増え初めた頃に新しくできた「まとめサイト」ってやつで僕が一番最初に紹介されてるんですよ。


これ「米子 占い」とか「鳥取 占い」って検索するとかなり上位に出てきます。


どうもこのサイトの影響みたいなんですね。


仕事が増えることはよいんですが・・・・・

これ勝手に作られてるんで情報が微妙に違うし・・・・それに連絡先が電話番号しか無いし・・・・メアドとか載ってないし・・・

だから、地元の人が電話で申し込んでくるんですね〜


まあ、ありがたい事ではあるんです。

しかも、紹介内容ではべた褒めしてくれてますし〜
ブログとかだけでは、わからないような部分まで説明されてるので、もしかしたら僕のセッションを受けてみて書いているんですかね〜

と言うわけで、何度も言いますがありがたいんですよ。

でも、違っている部分もあるんです。

一つは「入り口」の写真。
これは隣の建物です。

もう一つは口コミの内容。
これは僕はまったく知らない口コミです。

ここに関しては僕が知らないだけなのかもしれませんし、さっき書いたように僕のセッションを受けて書いてるなら「何人か」で受けてその人達の感想かもしれません。

ちなみに、僕が把握している口コミはここで載っているよりも多くの口コミがあります。
こちらがそれなんで、よかったら見てください。ついでにセッションを受けてくれた皆さん口コミを書いてやってくださいm(_ _)m

口コミが載ってるサイト↓

http:// yonago. mypl.ne t/shop/ 0000031 5526/bb s

みなさん「シャイ」で喜んでくれててもなかなか書いてくれないので・・・

もちろん強要はしませんよ^^

話がそれましたが〜^^

これ見て思ったのですが、こんなのいくらでも捏造できますよね〜

以前も、某サイトで口コミを自分で書いている人がいましたが・・・・^^;


自分でサイトを立ち上げて自分を紹介すればどうにでもなります(笑)

あっ!
このサイトは僕が作ったんじゃないないですよ〜(笑)

そんな「ニセモノ」を作れば、自分自身に「お前は偽物」だって暗示をかけるようなもので、それが「現実化」してしまうので上手くいかなくなりますから絶対しませんよ。

自分が損します。


本人が作る場合もあるし、他人が作る場合もある。

そうなると今回のお話でもですが、何処までが「正しい情報」なのかって判別が難しいですよね。

ネットビジネスって言われる業界の人の90%ぐらいは偽物だって話もあります。


成功して大人数と集まってとか、皆で海外に行ってとかそんな画像なんかをSNSでアップして「成功」をアピールしてたりしますが〜

あれって、そういう事をするための「エキストラ」とかを派遣する会社もあるんですよ。

だから、多くの顧客とか仲間とかそれで豪勢なパーティーとか、豪華な家とか車とか食事・・・美しい恋人や奥さん・・・・みんな「手配」して「演出」できるんです。

通帳の画像とかサイトでの振込の画像とかいくらでも作れるし、そんなのを提供しているものをあります。

そうやって「できてる」ってネットやFacebookとかでアピールして集客したりするってやり方を自体を売ってたりするんですよ〜


ネットっていうのはほんとに僕らの生活を大きく変えました。

一つは情報って物が膨大に手に入るようになりました。

もう一つは、個人が情報を簡単に発信できるようになりました。

これらによって、今まででは考えられないような収入の得方や趣味や楽しみのレベルで収入を得ることが可能になりました。


でも、同時に「情報」の真偽が怪しくもなってしまいました。

だからってTVの言ってることは「正しい」みたいに思ってる人は簡単に情報操作されますけどね〜


僕がブログで集客を初めた時に一つあることをしたんです。

それは「連絡先」を少しわかりにくくしたんですよ。

これ本来の「宣伝」と言うものだと真逆ですよね。

実際、最初にホームページを専門の方に作って頂いた時には、連絡先の電話番号が一番目立つ所に「ば〜〜ん」って載ってたんですよ。

でもそれは削除してもらいました。

ブログもですが「問い合わせ」か「メール」でしか、連絡できないようにしたんですね。
それも基本的には記事の最後に載ってます。

電話番号に関しては僕が契約している一部の情報サイトとGoogleにしか載ってません。

Googleはね〜こちらがなにもしなくても載せられちゃうんで・・・・


なぜ、そんな宣伝のセオリーから外れることをしたかっていうとですね。


ブログを読んで僕の考えとかに共感してもらってからセッションを受けて欲しいってのが一つの理由です。

みんなが考えが合うわけでもないですし、僕がすべての人の答えを出せるわけでもないですからね〜

「合う人」だけが受けてもらえればいいかなってのがあるんです。


それともう一つ理由があるんですよ。

それはわかりやすく電話番号とかを載せてると、それをみつけたらすぐに電話してくる人がいます。

これ長いことこの仕事をしてて気がついたんですが、「痛い人」っていきなり電話してくる傾向があるんですよ。


もちろん、電話してくる人の多くはそんな人ではないですよ。

でも、逆に「痛い人」でメールの問い合わせ先を見つけ出してメールしてくる人ってまずいないんですよ。
ましてやブログの記事を読んでなんてまずいません。

昔、友人が検索ですぐに出てくるような「電話占い」のサイトに登録してて、当時は本人の携帯の番号が載ってたんですね(今はほとんどのところは違います)

すると3〜4割ぐらいの人がお金を払わないで踏み倒すんだそうです。

ひどい人はお金を払わないのにまた申し込んできたり、それで断ると夜中に何度も電話してきたり・・・結構そんな事が多かったんだそうです。

だから、1年ぐらいでそこに登録するの止めてました。

僕は電話でのセッションを始めてから10年近くなりますが、その間でお金を払ってくれなかったのは3件だけです(僕は先払いではなく後払いです)

これってやっぱり「ブログを読んでもらう」「連絡先を探す」って「ひと手間」を入れてるのもあるんだと思うんですね。



電話での問い合わせが増えて、「痛い人」とまでは言わないんですがこんな人が多くなるんです。

「今日、空いてないですか?」「今から行きたいんですが」
それに「空いてないです」って答えると反応は二種類に別れます。

次に予約のできる日を聞いてくる人と「またかけます」って終わる人。


前者がそう言ったのは「運良く空いてたら良いな」ってだけで、ちゃんと次の予約の日程を決めようとされます。

でも、後者の人ってその「また」かけてきた時も「今日は?」って言われ「空いてない」って言うと「またかけます」ってなる人がとっても多いんですね。


そもそも、当日ではまず僕は空いてないです。

だから、この「またかけます」って人はこれの繰り返しで、何度目かぐらいからかかってこなくなります。


これね〜

「そこまで、僕のセッションが受けたいわけではない」って人もいるでしょうが・・・まあ、それなら来なくてもよいんですが^^;

こうする多くの人って「考えてない」んですよ。

ただ、「反応」してるだけなんです。

ネットに出ている僕の情報に反応しているだけ。


何であれセッションを希望するんだから、何か困ったことや悩みがあるわけでしょ。

そしてその根底には「幸せになりたい」とか「人生を良くしたい」ってあるはずです。


であるなら、そんな「運次第」みたいな予約の仕方ではなくて「確実」な方法でないと確率が下がっちゃいますよね。


もちろん、感情的に苦しくて「いま」すぐに聞いて欲しいとかアドバイスが欲しいってのもあると思いますよ。

でも、そうやって行き当たりばったりでは解決しないですよね。


これね〜
最初の方に僕の情報を勝手にまとめサイト的に出されてるって話で、「いくらでも嘘が作れる」って話をしましたよね。

それとネットって膨大な情報を手に入れれる代わりに「真偽」が難しいとも話しました。



こういうタイプの人って、「その情報の真偽」って考えずに(本人は考えてるつもりかも)、ただその情報に「反応」しているだけなんです。


確かに情報の真偽を見抜くのは簡単じゃないところはありますよ。

特に僕みたいな仕事の人を「選ぶ」のは最後は「実際に受けてみる」しかわからない部分もあります。


だから、「合わなかった」とかの「失敗」も込で自分に合う人を探さないといけないのも確かです。

確かなんですが、あまりにも考えてない人も多いんです。


だから、簡単に「それらしい」事が書いてあると「反応」します。


これはネットでの宣伝だけじゃないですよ。

Facebookとかで流れてくる情報もです。


それに、セミナーとか本とかセッションとか占いとかも同じ。

ただ、「反応」しているだけの人って以外に多いんですよ。


どんな事を聞いても読んでも習っても、それが最終的には自分で考えて理解して「自分の答え」にしないと何も変わらないんですよ。

僕が初めてのセッションの人に「気づき」ってのをしてもらうのが目的だって話の時に、「僕の話やアドバイスを聞いて最終的に自分が出した『気づき』が僕の考えに反していても良いんです」ってのを言う時があります。


ただの「反応」ではなくて、「自分の答え」ならそれが正しくてそれは別に「◯◯先生」が言ってることと違っててもぜんぜん問題ないんです。


で〜そういう反応だけしてる人ってめんどくさかったりするんで〜ブログを読んでもらうって「ひと手間」を入れてたんですが・・・・

「痛い人」って話も途中にしましたが、痛い人って究極に「反応」だけしてる人ですからね。

まあ、最大の問題はそんな反応だけしてる人はこのブログを読んでくれないので、「今日、空いてますか?それならまたかけます」ってやり取りは減らないんですがね^^;

ネットでの宣伝も記事やブログも「情報」です。

セミナーや本、自己啓発やセッションも「情報」です。


情報に反応だけして動いている人は、いつまでたっても変わらないです。

反応だけの人は別の情報をみて情報の内容が変わったら、自分も変わったような錯覚をするだけで「本質」は何も変わってないんです。


反応だけしている人って一番「ボッタクリ」やすいんで、儲けるにはそんな人を相手にしないといけないんですけどね〜(笑)

「自分の答え」出せてます?

それではこれで終わります。

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 00:44 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
ダメ男の見分け方。人のせいにする無責任な人

JUGEMテーマ:人間関係

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

「ダメ男」とか「ダメンズ」とかって人いますよね。

いろいろなパターンがあるとは思いますが、そんな中でも「人のせい」にしたり「責任転嫁」をするような無責任なタイプは特に「ダメ」な部類だと思います。

これも実は僕のパーソナル心理学では「素質」が関わったりするんですね。


そして「素質」である以上は、「ダメ男」って言われるように「男性」だけとは限りません。

限らないんですが、男性の方が「責任」がある立場の場合が多かったりしますから、この「人のせい」にする人っていうのは困ります。


特に、最初から「チャラい」ならまだ良いんですが(回避できるって意味で)、普段はそうでもないのに「いざ」ってなったり親しくなるとそれを見せてくるタイプってのがあります。

このタイプは基本的には人当たりが良い人が多くて、誰とでも仲良くなれるような人も多いんですね。

しかも、普段はわりと「人の為」的なこともするんですよ。


それですっかり騙されたり、その人と距離があると良い人にみえたりします。


何故、普段は「良い人」かって言うとそれはこのタイプが「人のせい」にするのと同じ素質の理由があるんですね。

それはこのタイプは「安心で安全」が欲しいタイプなんです。

その安心で安全は「自分」が最優先です。


なので、良い人をしているのも「味方」になってもらったり「敵」にならないようにする為なんですね。


でも、それは「自分が安全」な時だけです。

このタイプは「人に合わせる」とか「周りと協調する」ってのが、得意なんで頼まれたりするとすぐに引き受けるんです。

でも、それはあくまでも自分が安全な時でなおかつ「味方」にしておきたいと思っている時です。


だから自分にしわ寄せが来たり自分に責任が来たりすると、とたんにそれをしなくなりますし、もうすでに味方なった「身内」にはまったくしません。

これ「安全」なんてちょっと大げさに書いてますが、自分に責任があるとか自分が頑張らないといけないとかってのが少しでもあるとしなくなるんですね。


それも最初からしない分には構わないんですが、頼まれた後とか自分から言いだした後でもでもやめるんですよ。

頼んだ方からすると、承諾しているのだから「してくれる」と思っちゃいますよね〜

でも、なかなかやってくれないから「どうなってるの?」とか聞くと「今、◯◯でできない」「◯◯があるから無理」とかいろいろ言い訳してくるんですね。

挙げ句には「頼むのが悪い」って言い出します。

これ「友達」とかだと、そんなに頼んでどうしてもやってもらわないとみたいな事は少ないからまだ良いんですが・・・・


彼氏とか旦那とか経営者とかって立場の人だとそうもいきません。


僕の知り合いで最近の話なんですが〜

知り合いのAさんはあるお店に勤めてたんですね。

そのお店はできて1年半ほとどのお店でAさんともう1人のバイトが2人の小さなお店です。

それがある時、経営者の人から「今後、やり方を変える」とか「店舗を別にして営業体系を変える」とかいろいろな話を突然し始めたんですね。

それも2ヶ月もしないうちにそうなるかもしれないみたいな話でした。

しかも、「かもしれない」って話で「このまま存続」って可能性もあるような無いような・・・・
すごく曖昧な話なんです。

でも、言われてるような営業体系ではAさんは働けないし、もう一人の方も無理なんですね。


だから、はっきりさせてもらわないと困るわけですよ。

でも、なんだかはっきりしないんです。

営業体系が変わると勤めれないのは間違いないですから、それならそれで次の仕事先を決めないといけないですからね〜

そう伝えたら・・・・・急に「店を閉める」って話になったんです。
それも1ヶ月ちょっとで・・・・

なんか話的には「Aさん達が辞めるから店もやめる」的な感じになってるんですね。

いや、営業体系を変えるって言い出したのは経営者側ですよね〜

しかも、後からわかるのですがその時点ですでにこのお店は別の会社に売る話が進んでたんです(結果的に売れるかはわからないですが)

営業体系を変えるとか別の店舗でって話はなんだったの?

それって最初からやめる気でいたんじゃないの?

まあ、なんにしても次の仕事も探さないといけないしってなったのですが・・・・

今度は月末で支払っていた給料を「翌月の10日で払う」って言い出したんですね。

それも月末まで残り2週間をきるようになってからです。


それでは、月末の支払いが困りますから「月末にしてくれ」と頼んだのですが・・・

「うちも苦しいから」とか「事情がある」とか「わがままを言うな」とか・・・

ちょっと口論になったんですね。

そしたら、「そんなんじゃ、来週から出てきても仕事にならないだろう」とか「今すぐに辞めてもらっても」、「今日も、もう帰っていい」みたいな話をされたんだそうです。

次の日から2日間はもともとが休みだったので、「休み明けまでに月末までに払うかは連絡する」って話で終わったそうです。


Aさんももうこんなのでは出る気も起きないし、どうしようかと思っていたのですが、とりあえず連絡するって言うので待ってたんですが・・・・

結局、連絡無し・・・

それで仕方ないので、次の勤務の朝に「辞める」って連絡したそうです。

そしたら・・・・「それはないだろう」とか「急に言うなとか」・・・あげくに「店をやめる事になったのは、売上が上がらなかったからでそれはAさん達のせいだ」とか・・・

「おれは経営学を学んでるんだ」とか・・・・

しまいには「この店は経営の練習の為にやったから、もうやらないんだ」とか・・・・

別の会社をやっててそちらがメインでこのお店は「思いつき」で初めたそうですから〜


この経営者の男性が今回のお話のタイプ。

それにこの話も、最後の方の「言い訳」の事以外の「店を辞める」とかみたいな話は、ぜんぶ奥さんに言わせてる。

理由は何であれ、とつぜん店を辞めることになって迷惑しているのは「勤める側」なはず。
だのに、自分の都合ばかりで人のせいにしまくる。

嫌なことは奥さんに言わせるし・・・

こんな話が出るまでは「良い人」ではあったんだけどね〜

最初の頃からAさんには、「困ったら人のせいにするよ」「自分に責任がくると逃げる」とか、「そんな可能性のある素質だよ」って話はしてたんですね。

Aさんが「言われてたのは、こういうことだったんだ」って言ってます。

あげくに、聞いた話では今はAさんの悪口をお客さんに言ってるみたい。

「経営者の責任」ってまったく持ってないんですね。

昔、ある人が「社長と脱腸には誰でもなれる」「なるだけなら簡単。でも、やれるかは別」って話をしてました。

まあ、「経営者」どうのこうの以前に男として「かっこ悪い」ですけどね〜^^

仮に従業員が悪かったとしてもそれを他の人に話してはダメですよ。
それを聞いた人は、その話がホントか嘘かは別にして「この程度の人」って思ってしまうから、「まともな人」ほど離れていきます。


これは、彼氏とか旦那の場合でもあるんです。

結婚するまでとか、付き合い初めた頃は「良い人」だったんですが、なにかトラブルがあったり困ったことがあっり逆境になっいたりすると途端に無責任に・・・・

しかも、このタイプは「調子がよい」ところがあるし口は上手いので、言うことだけは言うのですが、自分が不利になると「知らない」とか言い出します。


とくに結婚とかすると、実はけっこうわがままだったりするんですよ。

なぜかって言うと、このタイプの男性って奥さんは「お母さん」と同じ扱いなんで甘えてるんですね。

お母さんになら好きなことを言えるし、お母さんならしてくれると思ってますからね。

それと普段は周りに合わせるんですが、実は心の中ではかなりの頑固なんです。

でも、味方になってほしい時は「合わせる」んですよ。

味方になっちゃうと(結婚とか)、その頑固さが全面に出てきます。

 

見分ける方法はね〜

基本的には親しくなるとよく喋ります。
誰とでも仲良くなるので、友達は多いです。

情報通で雑学とかよく知ってます。

温和に見えますが意外とキレやすいです。

人から聞いたこととか、他の人がやったことを自分の事みたいに喋ります。

チャラい人も多いです。

皆でなにかするのが好きです。

面長ではなくて丸い顔の人が多いです。

言い訳が上手いです。

眠気に弱いです。

営業職とかには少なくて、手先が器用で技術職に多いです。


これ全てが当てはまるわけではないですし、僕のパーソナル心理学は「組み合わせ」が重要ですからこのタイプがその組み合わせのどこに入ってるかで出方も変わります。

困ったり追い込まれるとその人の本性が出るってよく言われますが、まさにこのタイプの人はその典型。

このタイプの人とうまくやる方法は、「お母さん」でいれるかです。

「お母さん」でいてでも一緒にいたいか、そこまでしたくないかですよ。


このタイプの人は、「守られてる環境」がモチベーションですから「お母さん」に守られてるなら安心して働きますから〜

それはそれでバランスがとれるので。


あと、このタイプの人は「自己防衛」が凄く強いので、「自分が変わる」ことをすごく嫌がります。

上手くいかないのなら変わるしか無いんですが・・・・

それか、「これでよい」って受け入れるかのどっちか。

でも、どっちもしたがらない人が多いんですよね。

これは女性のこのタイプに多くて男性の場合はこれに付け加えて、頑固なのと情報通な面があるので「自分が調べたこと」が正しいって思ってるんですよ。

なので他の人のからのアドバイスを、「はい、はい。それならもっと詳しく知ってるから」みたいに聞き入れないんですね。


普段からわがままだったり、オラオラ系だったりなら、それで付き合ったり結婚したのなら「それがわかって」の事ですからよいのですが・・・・

このタイプは付き合っていくと「?」ってなったり、結婚してみると「違う」っとかなる事が多いのです。

結婚したりすると、変わるタイプ(実際は変わるのではなく隠してる)は他の素質にもいますが、このタイプは見抜くのが難しいので厄介なんですよ。

だから、このタイプが旦那さんとかで悩んでいる女性の相談はけっこう多いんです。


表面的な優しさとか良い人感には騙されないことですよ。

「お母さん」がやりたいならよいですけどね〜

「自分の旦那がそうかも」と思ったらセッションを申し込んでみてください^^


あっ!
たぶん僕のパーソナル心理学を学んだ人はどのタイプかわかるでしょうけど、よく言うように素質は「種」です。

そうなりやすいのかもしれませんが、絶対にそうなるわけでもありません。

自分でその部分を変えてたり、克服している人も多くいます。

もし、自分の素質かもって思ったら「そうならないように気をつける」って思っていてください。

まあ、このタイプが悪い方に素質を出してると、自分で調べた事が正しくて他人が教えることは「自分の知ってる事より下」って思いますし、保守的で頑固ですから「パーソナル心理学を学ぼう」なんて思わないので、「こうなってる人」はいないですけどね〜


それではこれで終わります。

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 23:34 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |
話の通じない人、会話にならない人

JUGEMテーマ:人間関係

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

話の通じない人っていますよね〜

ただ、意地をはってるだけとか考え方の違いなら話しているうちに妥協点も見つかりますが、どう話しても通じない相手っていますよね。

これよくこのブログでお話する、フィックスとフレックスでの「コミュニケーショントラブル」の場合もあるんです。

話の論点や思考の種類が違うからなんですね。

でも、それだけでは無くて、「どうやっても話が噛み合わない」って相手もいます。


これも、パーソナル心理学の「素質」で説明できるんでるんですね。


この「話の通じない人」ってのは二種類います。


素質的な部分はまったく真逆なんですが、結果的には同じ「話の通じない人」になるんですよ。


片方は「相手」って言う思考をしません。

このタイプは非常にフィックスが強くて自分軸も強い。

論理思考なんですが、察するとか感じるって事を考えに入れないんですね。


相手の考えてることや、相手の思ってることを理解するのって、究極には「想像」になるわけじゃないですか。

どうやっても相手の頭の中には入れないですからね。

言葉とか態度とかって物理的なことと、後は察するとか感じるって感覚的な事、それらを自分の中の過去の記憶や感情と照らし合わせて推測してるんです。


ところが、このタイプは照らし合わせないで「自分側」だけで考えます。


共感とかそう言う部分がとっても苦手なんですね。


だから、何を行っても「自分の考え」が全てになってしまうんですよ。

 

以前、こんな事がありました。

ある知り合いの方で、みんなにご飯とか振る舞うのが好きな人がいたんですね。

この方は裕福で余裕もあって人生もうまくいてるんです。
なので、みんなに喜んでもらうのが楽しい人なんですよ。

僕たちはよくこの人の家で夕飯とかをご馳走になっていました。

そんな時にたまたま別の知り合い(Aさん)が、この方に会う用事ができたんです。
なので、一緒に行きました。

その時はちょうど夕ご飯の時間だったので、いつものように僕に「夕ご飯食べる?」って話になりました。

いつもの事なんでご馳走になったんですね。

Aさんにも「どうですか?」って言われてましたが、その人は断っていました。


そして後日、Aさんから連絡があって「いい大人が他人に食事を食べさせてもらって、そんなのんではダメだ」みたいな事を言われたんですね。


「大きなお世話」だって思ったんですが・・・・

Aさんに、「あの人はそうやって、人のしてあげるのが楽しみなんですよ」「裕福でお金にも困ってないし、本人がやりたくてやってる事です」「なので、その行為をありがたく受け取っているんです」。

みたいな話をしました。

でも、Aさんは「あなたやその方の考え方とかじゃない。そうすることがダメなんだ」って言って話にならないんですね。


このAさんは、今回のお話の「相手って言う思考をしない」タイプなんです。

このタイプって人に世話になるのや、何かしてもらうのが大嫌いなんですよ。

だから、言っているんですが、自分の考えがいくらそうでも、当事者同士がなっとくしているんだからそれで良いはずです。

ところがこのタイプの人は、「相手の考え」とか「相手の思考」とか目に見えないものは考えません。

だから、自分の考えだけで話してくるんですね。


そしてもう一つのタイプですが〜

このタイプのほうがもっと厄介です。

もう一つのタイプの人は、さっきのタイプとは真逆でフレックスが強くてイメージ思考がとっても強いんですね。

ただ、男性だと一見すると論理思考っぽくて、むしろ理屈っぽかったりします。
自分がイメージしたことや感情思考での発想に理屈を付けるのが上手いんですよ。

だから、相手の考えとか思考を察するのですが・・・・

それなら、話が通じるのでは?って思いますよね。


ところが、フレックスの強い人ってイメージ思考が強いので「自分のイメージ」が最優先になりやすいんです。

だから、その察するは「自分が勝手にイメージしたもの」だったりするんですね。

これはフレックスが強い人には全体的に言えることなんです。


ところが、その中でも今回のお話のタイプはその「自分のイメージ」が凄く独特というか他の人には理解不能な発想をします。


そして自分が発想したことは、相手も同じように発想していると思いこむんですよ。

「相手も同じように」って書きましたが、実際は相手と自分なんて区別はなく「全部がそう」みたいになってるんですね。

このタイプはその「全部がそう」が謎の発想な事が多いんですよ

なので、こちらの話が通じないんですよ。


僕の知り合いの話ですが、旦那さんがこのタイプなんですね。

この旦那さんは、働いているんですが家にお金を入れないんですよ。
入れない代わりに自分で勝手にいろいろ買ってくるんだそうです。

その買ってくるものは必要の無い物だったりするんで奥さんは困ってるんですね。

その事でよくケンカになるんだそうです。

ある時、「それではお金が足らない。家計が成り立たない」って言ったんですよ。

すると後日・・・・

「これ」って紙袋を渡されたそうです。

開てみると「金運のお守り」が入っていたそうです^^;


旦那さんいわく「そんなにお金が必要なら、これで金運をあげればいいだろう」って・・・・

奥さんは「は?なにそれ?」ってなってたら〜

「お前はそういうものは信じないのか?」って・・・・

いやそこじゃないから論点は(笑)


これ、普通に考えたらふざけてるとか思いますよね〜

でも、ふざけてるわけでは無いんですよ。

「そういう発想」なんです^^;

さらに、「そういう発想」をしたら相手も「そういう発想」をしていると思いこんでいるから話が噛み合いません。

そもそも、家にまともにお金を入れないで、必要のない物を買ってきて「自分は家の為にお金を出してる」って思ってるのもズレてますよね。

これも、自分が勝手に「そういう発想」して、家族も「そういう発想」してるって思ってます。

だから、この話は「自分は家族が必要としているようにしている。それもお金が足らないなら、おまえの収入を増やせばよいだろう」って事なんです。

「増やせば」の発想が「金運のお守り」なのは謎の発想ですし、どんなに「そうじゃない」って言っても理解しないんですね。

その謎の発想も相手もそう思ってるってイメージしてしまうんですよ。

だから、そんな考えられないような行動もできちゃうんですね。


このタイプの人は自分が食べて美味しいと思ったものを、相手が「まずい」と言うと、「なんで?そんな事ないだろう」って言ってくるんですよ。

自分が「美味しい」と感じたら、それは全てが美味しいと感じてると思ってしまうんです。

 

別の人の話でこんなのがありました。

この方は「田中(仮名)」という名前なんですね。

同僚に「佐藤(仮名)」という方がいます。

そして2人の上司のAさんがいます。

このAさんが今回のお話のタイプなんですね。


ある時、このAさんから田中さんが「お前は、いつも返事をしないな」と怒られたんだそうです。

田中さんはそんな覚えはないんです。

でも、Aさんは返事をしなかったりシカトをよくすると言うんですね。

ある日、佐藤さんがお休みの日に「佐藤!佐藤!」ってAさんが呼んでいます。

「佐藤さんは休みなのに・・・」って田中さんは思ってたんですね。


すると、Aさんが田中さんに近寄ってきて「お前はなんど言っいたらわかるんだ。この前も返事をしろって注意しただろう」って怒られたんだそうです^^;


いや、名前違うし・・・

これも、普通に考えたらAさんが名前を勘違いしてるって思いますよね。

でも・・・

「私は田中ですよ。さっきは佐藤って言っておられたから」って反論したら〜

「佐藤は今日は休んでるんだから、佐藤って呼んでもお前のことを呼んでいることぐらいはわかるだろう」って・・・・

いや、わからんし(笑)

自分が「田中さんのつもりで佐藤って言ったのだから、それは相手もそうイメージできる」って思ってるんですよ。


どうも、今までもなんどもそんな事があったみたいで、田中さんは当然ですが呼ばれてるのを気がついてないんですよ。

それで「返事をしない」と怒ってたんですよ。

これ、いくら「違う名前で呼ばれてもわからない」と言っても、このタイプは「自分がそのつもりで言ってる」と言う発想が全てが共通に発想できてることにしか思えないんですよ。


この2つのタイプは、天才肌な人も多いんですが、「社会性」という面ではかなり苦手です。

なので、子供の頃の親の関わり方次第で凄く違います。

「通じない」相手になる場合の多くは「甘やかされた」時です。


ただ、こんな反応するので「発達障害」だと思われることも多いんですね。

子供の頃に親にある程度、押さえつけられてるとあまりしなくなるんです。


ただ、あまりそれをすると今度は「自分は間違ってる?」と病み始めるんですね。


なんにしても扱いが難しいところがあるんですよ。


もちろん、これはよくお話しますが僕のパーソナル心理学は一つの素質だけで判断しません。
主には2つを組み合わせてますから、「組み合わせ」でも強く出る場合と弱くしか出ない場合があるんですね。


え?大人でそんな人に出会って困ったらどうしたらよいか?

諦めてください(笑)

ある程度以上の年齢になってしまったら、何が違うのかを理解してくれませんから。

だって、かたや「相手」って発想をしなくて、かたや「自分の発想を相手も同じ発想」だとしかイメージしない人ですから、どう話しても通じません。

むしろ、そういう人に出会って困っているのなら、「なぜそんな人を引き寄せたか」って方を考えるほうが正しいです。


それではこれで終わります。

そうそう、今回のお話の基になってる「パーソナル心理学」ですが、セッションでも自分や他人の分析とか解説、アドバイスに使いますが、パーソナル心理学のすべてのことを教える講座もやってます。

たまに宣伝してるんですが、よくお客さんに「知らなかった」と言われるですよ。

対面でも通信でもやりますので、興味のある人はメニューを参考にしてみてください。

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 02:39 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |
運に影響する意外なもの

JUGEMテーマ:開運

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

確定申告やらですっかり更新が遅くなってしまいました(普段からも早くないけど)

さて、「運」ていうやつを気にします?

僕の考えでは20%ぐらいは人ではどうにもできない「運」があるんですが、残りの80%はその人の生き方でどうにでもなると思ってるんですね。

運が悪いってのは、その人の本当の生き方とか本質的な生き方ではないから、その人がその事に気がつく為に「悪いこと」を引き寄せているだと思います。

人は悩んだり困ったりしないと考えませんからね〜

でも、確かに自分ではない部分の「運」もあるんです。

そこだけを良くしても意味はないんですが、そこが影響するのも確かだし本質的な生き方を見つけようとしている時に邪魔されるとなかなかそこにたどり着けない可能性もありますね。

そんな運の世界なんですがね。

意外なものが影響してたりするんですよ。


実は最近、車を買い換えることになったんですね。

前に乗っていた車は2月末で車検切れで、車検を受けようかどうか考えていたら遅くなっちゃって今は車が来るまで代車生活です。

実は車の「色」って運にけっこう影響してるんですね。

この僕のブログを読んでいる人は全国?全世界?にいるので、なかには車なんて必要ない人もおられると思います。

でも、僕の住む地方では生活必需品。

全国の人とセッションをしていて、世間話の中で僕の地元のローカルネタになった時に一番驚かれるのは、セブンイレブンやスタバが少し前まで県内に1個も無かったことでなくて〜

僕の地元の人は電車やバスって公共交通機関に、数年に一度しか乗らないって事。
へたしたら生涯で10回もない人がざらにいる。

僕もこのへんでは一番大きな駅の真ん前に住んでるけど、一番最近電車やバスに乗ったのは9年前(笑)
それでも「乗ってるほう」だったりします。

話がそれましたね〜

そんな車の色なんですが、なぜ影響するかっていうと使う時は常に動いていますよね。

これは占いなどでは「発動」って考えで、影響力が強くなるんですね。

しかも、車は自分の命を預けていますし、自分で操作します。

なので、「自分の分身」みたいな感じなんです。

だから、その色のエネルギーって言うのが常に影響し続けるんですね。

僕の易の占いでの改善策をやったことがある人なら、改善策ではよく「色」を指定しますよね。
これも同じ理由から。


実際に自分が乗ってきた車を考えてみた時に〜

僕が乗ると運気が下がるのが「白」とか「シルバー」なんですよ。

白い車は今までに3台乗っています。

このうちの2台は凄く長い間乗ってたんですね。
長く乗ってたのは気に入ってでは無いんですよ。

買い換えるお金がなくて、買い換えれなかったんです。
そして1台は僕が乗った中でも一番短い期間しか乗ってないんです。

それはローンの支払いができなくなったからです。

でも、この時に白→白って買い替えたんですよ。

「ダメな色」同士でのでの乗り換えはその時だけ。

今から思うとこのあたりが人生で一番、病んでいる時ですね。

しかも、このローンを払えなくなって買い替えた車なんですが、下取りでローンの残額は消えるはずだったんです。

ところが、下取りをした車屋が車を買い取ったのにそのお金をローンの残債に当てずに、車は転売してお金は持ち逃げ・・・

こういう場合は本来は、車はローン会社の名義になってるからできないはずなんだけど、この車はなぜか車屋の名義に・・・・

車は無いのにローンの残りは払わないといけなって事になって・・・・

この時には他にもあり得ないようなトラブルが起こってましたね。


それ以外にシルバーは2台。

1台は初めて買った車で、これは短い期間しか乗ってないんです。

もう一台は、僕と親しい人なら知ってますよね〜
2月で車検が切れた車です。

なぜダメな色だって知ってて乗ってたの?って思いますよね。

この車は凄く好条件で譲ってもらったんですよ。
ちょうど、その時にその前の車も車検で買い換えようか考えていた時だったんですね。

実は、ダメな色の場合には「改善策」があるんです。

それをやって買い替えたんですよ。

でも、白い車に乗ってたほどではないですが、不安定な部分はありましたね〜
まあ、今は改善策もですが本質的な生き方ってのがかなりできてますから、そこの影響のはあまり左右されませんからね(とくに悪い方には)

逆に「良い色」の時って人生が好転していることが多いんすよ。


その白→白と乗り換えて、乗り換えた白には長く乗ってたんですが、次は「青」になったんですね。
長く乗ってたのは白が、もう走行距離もだしいろいろ壊れて乗れる状態でなかったんですよ。
そして偶然に手に入ったのが「青」の車だったんです。

青は僕には凄く良いわけではないんですが、悪くない色です。

このへんでかなりいろいろな事が好転してますね〜

過去には「黒」も乗ってるんですが、黒はかなり良いんですね。

黒は3台乗ってますが、全部金額の高い車。

3台合わせると家が土地付きで買えます(笑)


で〜次の車は僕が今までに乗った事のない色で一番良い色。

来るのが楽しみです。

ちなみに、色は生まれた年の干支で決まります。

ダメな色は最後に書いておきますから、自分の乗ってきた車と照らし合わせてみてください。

干支は「節入り」ってので考えますから、節分までは前の年に考えるので1月生まれとか2月の最初の方の人は前の年です。

え?
いい色は?

もしもダメな色に乗ってる時の改善策??

また、無料でやっちゃうとみんなに怒られるので・・・・
よく、「もっとお金をとらないと」ってお客さんに言われるんです^^

確定申告で入金の口座を調べたら、多く振り込んでくれてる人がいるんですよね〜

なので〜必要なら有料にします。

もちろんセッション中ならその中で教えますよ。
色だけでなく登録の日とかもね。

色と改善策だけなら、2000円かな〜^^
生まれた年の干支がわかればよいのでメールでOKです。

それではこれで終わります。

ダメな色。

子:白、シルバー、黒
丑:赤、黄、金色
寅:緑、青、黒
卯:黒、青、緑
辰:黄、赤、金色
巳:赤、青、緑
午:赤、緑、青
未:黄、金色、赤
申:白、シルバー、黄色、金色
酉:白、シルバー、黄色、金色
戌:黄、赤、金色
亥:白、シルバー、黒



3月の全ワークショップの日程は次のとおりです。

お金の事を真剣に考える一つになる「お金のブロックを外す点描画ワークショップ」もあります(来れない方は通販キッドも)


先月、「絵が上手く描けるようになるワークショプ」に参加しましたが、ほんとに「目からうろこ」でした^^
絵の描けない人が聞きたい事がピンポイントで教えてもらえます。

絵が描けない人は、何を練習したらよいかすらわからないんですよ。
世の中にある「絵が描けるようになる」っていうので出てくることは、描けない僕には「それをする事もできないのだけど・・・」ってなることばかり・・・

「ひたすら模写しろ」・・・・模写できるなら聞かね〜よ(笑)
「好きな絵を真似ろ」・・・・真似るにも同じものが描けるわけないだろうが(笑)
「単純な形の物を描いてみる」・・・アホか!見たものを紙に表現できるなら困らんわ〜描け描くほど見てるものから遠ざかるんだよ(笑)

でも、この講座では何が問題なのかを教えてくれます。

一緒に受けた人も「これを教えてもらいたかったんだよ」って言われてましたね〜






3月25日(日)  
場所・・・鳥取県立武道館 〒683−0853 鳥取県米子市両三柳3192−14


★オルゴナイトワークショップ・・・13時半から16時半まで

・型は4種類の中から一つ選んでください。

.團薀潺奪彪拭ΑΑΑ8,500円

円錐形・・・・・・・7,000円

ダイヤモンド型・・・7,000円

ぢ羞膳拭ΑΑΑΑΑΑ7,000円

・余った液で小物も創れます。
・材料は、こちらで用意します。
・参加希望の方で、日程が合わない方は希望日をお知らせください。
・参加費は、前払いです。

講師:惺ゆり


★お金のブロックを外す点描画ワークショップ・・・18時から20時まで

収入を増やしたい
なぜかお金が貯まらない
お金があれば、できるのに・・・

と、お金にまつわる悩みのある方は是非体験してみてください。   

・お金とがっつり向き合うワークです。
・あなたの中の奥底にあるお金に対しての感情が、ブロックが、見えてきます。
・見えてくると、お金に対する考えかたや、概念が変わります。
・人によっては、収入もアップした人も・・・。
・欲しいと思っていたものが、もらえたり・・・。

いろいろな変化の声を頂いています。
(お金にまつわるプチ講座もあります。)

・参加費1万円 (前払いとなります)
※見本にする1万円冊は各自ご用意ください。

講師:惺 ゆり+ふじ原ツトム(プチ講座)

◎この「お金のブロックを外す点描画」ワークショップは
なかなか来られない方にも大丈夫な『キッド』も用意しています。


★絵が上手く描けるようになるワークショプ・・・20時から22時まで

・絵が上手く描ける基本中の基本をお伝えします。
・なぜ、絵が上手く書けないの?上手く描けるってどういうこと?など絵を描くことについて簡単にお話しをしていきます。

・コツ、練習方法をマスターして、お家でも描けるようになります。
・お子様に「ママって(パパって)絵がじょうず〜」って言われるようになる

・絵がある程度描けるようになると、地図が描ける
・絵を描くってことは、物の見方が変わり、想像力が身につく

などなど、いいことたくさんです。

・参加費・・3,000円(材料費込み)

※参加希望の方で、日程が合わない方はご希望日をお知らせください。



惺ゆり、紡〜つむぎ〜さんなどのオルゴナイトなどを販売してもらっている
ネットショップ「LampLight」


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /


↓こちらは、講師の惺さんから〜告知です。

『オルゴナイトマスターコース』も随時募集しています。

私がお伝えするオルゴナイトは・・・

私が幼少の頃から得意だった「絵」という芸術がベースにあります。

オルゴナイトとしての基本はもちろん

ネットでも検索してもでてこない私独自の表現方法をお伝えしています。

そして「only one」を大切にして、創る人の個性を引き出します。

マスターコースを受けてから作家デビューまでのお手伝いとフォローもしていきます。

作家名、屋号はもちろん、ネット販売のお手伝いもしていきます。あなたの作品が世にでるチャンスを、ここからスタートさせませんか?

(コンサルをしていただくのは、ゲッターラボのふじ原ツトムさんです。)

『マスターコース』を受けると・・・人に教えれるレベルにもなり、仕事にもなります。
ネットショップに出品できるようにもなるので、収入の幅が広がります。


惺さんのブログ

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 23:47 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
イラッとさせる人、嫌われる人

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

皆さんの周りにも「イラッ」ってする人っていますよね。

何故か人に嫌われるって人もいますよね。

職場とか近所付き合いとか学校のママ友ともとか・・・・

どこのコミュニティに行っても人から嫌われたり無視されたり、そこまでではなくても仲良くなる人がいなかったり・・・


そんな人と出会う時もあるでしょうし、自分がそうだって人もいるでしょう。


こんな人ってどんな人なんでしょうか?


こういう人って往々にして自分ではすごく周りを気にしている事が多いんですよ。

そして自分では周りに気を使って遠慮しているって思ってたりします。


イラッとされる人とか嫌われる人って「自己中」ってイメージがありますよね。

実際にそう言う部分も多く持っているんですが、本人は逆に周りに気を凄く使っているつもりで自己中とはあまり思ってないんですね。

自分自身が自分のことを「自己中」って思っている人って案外、周りからは嫌われてなかったりするんですよ。


人生を変えたいとか幸せになりたいとか、辛い苦しいってのから抜け出したいってのに必要なものに「出会い」ってあるんですよ。

人生が変わる時には必ず「出会い」があります。


でも、その出会いっていきなりは起きないことが多いんです。

「誰か」を経由して起こるんですね。

僕も自分の過去を振り返ってみると、人生が変わったような出会いにたどり着くのに必要な「人」って存在します。

そんな人って凄く特別な人とかでは無かったりすることが多いんですよ。

知り合いとか友人とか、友人って言っても「親友」ってほどでもなかったりして。


今回のお話の「人とをイラッとさせる人」とか「周りから嫌われる人」って、この出会いが起きにくいんですね。

なぜかって言うと、その「出会い」は経由する人達のちょっとした親切とかで起こるからです。

自分の過去を振り返ってみても、そんな人生を変えるような人に出会った経緯を思い起こしてみると「この人がいなかったら起こらなかった」みたいな人っているんです。

でも、それは親友とかではなく普通に「知り合い」程度です。

その人達の少しの親切から始まってることが多いんですね。

でも、そんな「イラッとさせる人」とか「嫌われている人」はそんな人が現れません。

当たり前ですよね。

イラッとする相手に自分が美味しいと思ってるお店を紹介したりしないでしょ。

困ってたり悩んでいたりしても、わざわざ関わったりしませんよ。

だって関わることに何のメリットも無いわけですよ。

教えているって手間とか、もしかしたら一緒に行ったりする手間、あとは誰かに紹介したけどその相手とトラブルになったりってリスクをわざわざする必要なんてないですからね〜

では、そのイラッとさせる人の特徴ってどんな人かって言うと〜

自分勝手な人?


これは半分正解で半分不正解。


確かに自分勝手な人は嫌われやすいですが、それ以上に嫌がられる人っているんですよ。


自分勝手で和を乱すんですが、そのくせやたらと気を使ってきたり、どうでもいいところはやたらと遠慮したり自分勝手なのに困るとすぐに人に頼ったり・・・・


ある時は凄くマイペースで周りにまったく合わせないのに、別の時はやたらと遠慮して合わせてくる。

そして合わせない事で全体がうまくいかなくなるような事は合わせないのに、どうでも良いことわやたらと人の顔色をみてきたりするんですね。

本人は遠慮のつもりなんですが、結果的に周りに迷惑をかけてたりします。

このちぐはぐさが他の人をイライラさせます。


例えばこんな感じです。

友達と5人で旅行に行こうってことになりました。

そこでみんなで準備とかをするわけですが〜

1台の車で行くことになったのですね。
その方がガソリン代とか高速代とかも安くなるし、運転の負担も分担できます。

宿も5人だと割引が効くのでそのプランにしようかって話になりました。

ところがです。
出発の時間が決まりません。

Aさんは前日の仕事が遅いからお昼ぐらいが都合がよいんですね。
でも、他の4人はせっかくなら皆でランチやよりたい所があるから早く出たいんですね。

そこで他の4人は寄る予定の所を減らして少し出る時間を遅くしました。
しかし、Aとさんはやはりもっと遅いほうが良いって事です。

そこでAさんに「1番早く出れる時間を教えてくれ」と聞いたのです。

するとAさんは「みんなに迷惑になるから私は自分の車で行って現地で合流します」と・・・・

仕方なくそうすることになりました。

そして旅館の予約を入れる前日になってAさんが、「新しくバイトを初めて疲れてる事が多いから旅行先で迷惑になってもいけないので今回の旅行は止めます」って連絡がきました。


これAさんって自分は凄く「遠慮して気を使ってるつもり」なんですよ。

自分が時間に合わせれないから、自分がもし当日疲れててあまり楽しそうにできなかったら・・・・「自分がやめれば迷惑にならない」だろうって思うんですね。

どう思います?

これ客観的にみたらかなり自己中ですよね。

でも、こういう人って「みんなに迷惑をかけないように」って「遠慮」しているつもりなんです。

自分が「主張」しなければとか「自分がわがまま言わなければ」って・・・・

逆ですよね〜

結局、Aさんが来ないことで金銭的な負担は他の4人は増えますし、そもそもAさんの都合を聞こうと努力した4人の行動を水の泡にしています。

こういう人は「自分が」って視点でものを見ることしかしてなくて、「全体が」って視点でものを見るのが凄く苦手です。

こんなことがあったら、この4人はもうAさんを旅行には誘わないでしょうし、最初の方に書いたような「出会い」を作るために「経由」の人にもなりません。

それとこういう人の特徴で、出発時間とか「行かない」って事を相談せずに「結論」を言ってきます。

これも「自分が」って視点しか持たない特徴。

自分が遠慮したり引く事が「みんなの為」だと思ってるから相談とかなしに決めちゃうんですよ。


「どうしても出発の時間が合わせれないから、自分は別で行こうかと思うけどどうかな?」

「バイトを初めたら思ったよりもキツくて、疲れが取れない日があるんだど迷惑になるといけないし今回は止めようか迷ってるんだけど」

こんなふうに聞けばまだ結果的には行かないとしても印象はかなり違うでしょう。

「どうしようか?」とAさんが相談していたならもしかしたら、出発時間をギリギリまで遅くしたり車の運転を他の4人でしたり「日にち」自体を少し先延ばしにしたりとできたのかもしれません。

結局はこの行動って、みんなに迷惑をかけないようにとかみんなを煩わせない為にとかって本人は思っていてもその根っこには「自己防衛」があるんです。

「みんなのため」ではなくて自分が「嫌われない」「怒られない」為にやってるんですよ。

「自分のため」にやってるんですね。

遠慮とか気遣いって「相手のため」なのに、それを「自分のため」にしちゃってる。

そのちぐはぐさが余計に相手を苛つかせます。

結果、嫌われないための行動のはずなのに余計に嫌われる結果になり、もっと遠慮とか気遣いを「自分のため」にし始める・・・・負のスパイラルですね。

それならまだ遠慮も気遣いもしないで自己中でいてくれた方が、周りはわかりやすくていいんですよ。


人間は「集団生活」をする本能があります。

それは集団でいることのメリットがあるからです。
動物である人間は集団でいることで安全を手に入れようとします。

集団であれば敵から身を守るのも敵を早く見つけるのも、最悪、敵に襲われても「誰か」が犠牲になってる間に「他」は逃げれます。

ところが集団というのにデメリットもあります。
例えば餌が独り占めできません。

メスを強いオスにとられてしまうかもしれません。

しかし、それ以上にメリットのほうが大きいから集団になろうとするんですね。

現代の生活でもそれはあります。

わかりやすいのが「税金」ですね。
みんなが少しずつ?のお金を出すことで、公共の建物を建てたり道路などの街のインフラを整えたり治安を守ったりいざという時のセーフティーネットがあったりです。

集団というのは「みんなが少しずつの犠牲を出すことで、より大きな得を手に入れる」って言う事で成り立ってます。


ところがここに、その「犠牲」を出さずに「得」だけを手に入れる人が現れたとしましょう。

現実には税金を払わなけれが最終的には差し押さえなどのペナルティーを課せられます。

でも、もしもそんなペナルティーが存在せずに犠牲を出さずに「得」だけを手に入れる人が現れたらどうなるでしょう?

他の人も犠牲を出さにくなりますよね。

そうなってしまうと、あっという間に「集団」は崩壊します。

集団が崩壊すればその「得」は手に入れれなくなってしまいますね。
安全でなくなるわけです。

なので、人間は本能的にこの「少しの犠牲」を出さない人を嫌うんですよ。

そして無意識に「排除しよう」って行動をします。


これが「イラッとする」とか「嫌い」とかって感情を作り出すんですね。


例えの話だと、Aさんは「朝少し頑張って早く起きる」とか「少し疲れてるけど旅行に行く」って犠牲を出さなかったのです。

話し合ってお互いがどこまでの犠牲を出すのかって事もしませんでした。

そして他の4人は高速代やガソリン代、宿泊費って言う「得」が減りました。

他の4人も合わせるために何らかの犠牲を出している可能性はあるわけです。

だから、そういう人に「イラッ」ってするわけですよ。



この「排除しよう」って行動は、実は実際に「犠牲」とか「得」がない場面でも働きます。


若い時の僕は人見知りで人とあまり話さなくて打ち解けない性格でした。

初めて勤めたのは電気工事の会社でした。

やはり会社でも周りの人とは打ち解けてなかったのですね。

僕が入社してから1年ほどして年齢の近い人が1人入って来たんです。


その人はとても社交的ですぐに他の人とも打ち解けました。

すると・・・・同じようなミスをしても僕は先輩から怒られるのに、その人は「次からは気をつけろよ〜」と笑って言われたり・・・・
僕の方にばかり面倒な仕事を割り振られたり、仕事で困っていても積極的に手伝ってくれなかったり・・・・

なんか扱いの違いというか、接し方の違いというか・・・嫌われてる?

「何故なんだろう?」

最初はわからなかったんですね。

電気工事みたいな現場仕事の人達って、お昼休憩以外にも午前10時と午後3時には必ず休憩して「お茶」するんです。

「お茶」といっても自販機での缶コーヒーか現場事務所があるとお湯を沸かしてのインスタントコーヒーです。

それ以外にも会社から現場に行く道中や現場からの帰りにも自販機の多く並んでいる所では立ち寄ってコーヒータイムです(当時は僕の住む田舎ではコンビニは無かった)


コーヒーがあまり好きではないのと、そんに毎回飲みたいわではないので「僕はいらないです」って断っていたんですね。


これが良くなっかったんですよ(もちろんこれ以外もありますよ)

「飲みたくないのだから飲まない」

それで何が問題なんだかわりませんでした(お金の問題はないですよ。先輩のおごりですから)

でも、これって「付き合わない」わけですよ。

この付き合わないって行為って、人は先ほど話した「犠牲を出さない人」と同じように感じるんです。

「その程度の事もしないのだから、犠牲を出すことはないのじゃないか」ってね。

そして周りの人に気も使わせるわけですよ。

「コーヒーが飲めない?」
「それなら紅茶でも買ってこようか?」
「何なら飲める?」

そうして皆は「少しの犠牲」をだしてくれたんですね。


それに一緒にお茶を飲んでたりすると「話すきっかけ」になったりするんですよね。

他の人からみたら「付き合わない」から得体の知れない相手に見えてるわけですよ。

人が一番怖いのは「わからないもの」なんです。

良くしてくれるわけありませんよね。

自分から話しかける事は苦手でしたから、そこだけでも「お付き合い」するようにしたんですよ。


そしたら、不思議なくらいにみんなの接し方が変わっていくんです。

けっきょくこれも、飲みたくないのに「付き合う」って少しの犠牲を出すことで、「集団」ってメリットが得れるようになってるんですね。



別にこのお話って、媚びて周りに合わせろって話ではないんですよ。

「嫌われる勇気」なんて言葉もあります。

でも、それは「自分らしさ」って個性を持つ事です。

個性を持つからその反対の個性の人からは嫌われます。
全員に好かれようとすると、個性を失うんですね。

それは誰からも好かれません。

人からイラッとされる人とか嫌われる人って「変わり者」だったりはしますが、それは「得体が知れない」と言うだけで「自分らしさ」を持っているわけではありません。

むしろ嫌われないための「自己防衛」での遠慮をして全員から嫌われないようにしているから誰からも好かれなくなるんです。

個性的に自分らしく生きることと、周りを尊重しないとか相手の目線で見ないとかまったく別の話です。


そして個性的に自分らしく生きるには、それを許してくれる「周りの人」が不可欠なんです。

あなたが、ずば抜けた「天才」とかなら少しぐらい相手の目線になれなくても周りは許すでしょうけど、そうでないのなら「相手の目線」になれることと「少しの犠牲」を出すことは必要になってきます。

人間は「人と人の間」でしか生きれないのです。

人生を変えるような気づきをくれるのも「人」。

そんな人生が変わるような出会いにつなげてくれるのも「人」。

自分らしく個性的に生きていけるようになるのに必要なのもそれを許す「人」。

すべての人に好かれることはできないですが、すべての「人」にイラッとされたり嫌われたら人生がうまくいくわけありません。

それではこれで終わります。

3月の全ワークショップの日程は次のとおりです。

お金の事を真剣に考える一つになる「お金のブロックを外す点描画ワークショップ」もあります(来れない方は通販キッドも)


先月、「絵が上手く描けるようになるワークショプ」に参加しましたが、ほんとに「目からうろこ」でした^^
絵の描けない人が聞きたい事がピンポイントで教えてもらえます。

絵が描けない人は、何を練習したらよいかすらわからないんですよ。
世の中にある「絵が描けるようになる」っていうので出てくることは、描けない僕には「それをする事もできないのだけど・・・」ってなることばかり・・・

「ひたすら模写しろ」・・・・模写できるなら聞かね〜よ(笑)
「好きな絵を真似ろ」・・・・真似るにも同じものが描けるわけないだろうが(笑)
「単純な形の物を描いてみる」・・・アホか!見たものを紙に表現できるなら困らんわ〜描け描くほど見てるものから遠ざかるんだよ(笑)

でも、この講座では何が問題なのかを教えてくれます。

一緒に受けた人も「これを教えてもらいたかったんだよ」って言われてましたね〜






3月25日(日)  
場所・・・鳥取県立武道館 〒683−0853 鳥取県米子市両三柳3192−14


★オルゴナイトワークショップ・・・13時半から16時半まで

・型は4種類の中から一つ選んでください。

.團薀潺奪彪拭ΑΑΑ8,500円

円錐形・・・・・・・7,000円

ダイヤモンド型・・・7,000円

ぢ羞膳拭ΑΑΑΑΑΑ7,000円

・余った液で小物も創れます。
・材料は、こちらで用意します。
・参加希望の方で、日程が合わない方は希望日をお知らせください。
・参加費は、前払いです。

講師:惺ゆり


★お金のブロックを外す点描画ワークショップ・・・18時から20時まで

収入を増やしたい
なぜかお金が貯まらない
お金があれば、できるのに・・・

と、お金にまつわる悩みのある方は是非体験してみてください。   

・お金とがっつり向き合うワークです。
・あなたの中の奥底にあるお金に対しての感情が、ブロックが、見えてきます。
・見えてくると、お金に対する考えかたや、概念が変わります。
・人によっては、収入もアップした人も・・・。
・欲しいと思っていたものが、もらえたり・・・。

いろいろな変化の声を頂いています。
(お金にまつわるプチ講座もあります。)

・参加費1万円 (前払いとなります)
※見本にする1万円冊は各自ご用意ください。

講師:惺 ゆり+ふじ原ツトム(プチ講座)

◎この「お金のブロックを外す点描画」ワークショップは
なかなか来られない方にも大丈夫な『キッド』も用意しています。


★絵が上手く描けるようになるワークショプ・・・20時から22時まで

・絵が上手く描ける基本中の基本をお伝えします。
・なぜ、絵が上手く書けないの?上手く描けるってどういうこと?など絵を描くことについて簡単にお話しをしていきます。

・コツ、練習方法をマスターして、お家でも描けるようになります。
・お子様に「ママって(パパって)絵がじょうず〜」って言われるようになる

・絵がある程度描けるようになると、地図が描ける
・絵を描くってことは、物の見方が変わり、想像力が身につく

などなど、いいことたくさんです。

・参加費・・3,000円(材料費込み)

※参加希望の方で、日程が合わない方はご希望日をお知らせください。



惺ゆり、紡〜つむぎ〜さんなどのオルゴナイトなどを販売してもらっている
ネットショップ「LampLight」


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /


↓こちらは、講師の惺さんから〜告知です。

『オルゴナイトマスターコース』も随時募集しています。

私がお伝えするオルゴナイトは・・・

私が幼少の頃から得意だった「絵」という芸術がベースにあります。

オルゴナイトとしての基本はもちろん

ネットでも検索してもでてこない私独自の表現方法をお伝えしています。

そして「only one」を大切にして、創る人の個性を引き出します。

マスターコースを受けてから作家デビューまでのお手伝いとフォローもしていきます。

作家名、屋号はもちろん、ネット販売のお手伝いもしていきます。あなたの作品が世にでるチャンスを、ここからスタートさせませんか?

(コンサルをしていただくのは、ゲッターラボのふじ原ツトムさんです。)

『マスターコース』を受けると・・・人に教えれるレベルにもなり、仕事にもなります。
ネットショップに出品できるようにもなるので、収入の幅が広がります。


惺さんのブログ

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 19:49 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
寂しい彼女それをわかってくれない彼氏

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

よくこのブログでパーソナル心理学のお話をする時に、「フィックス」と「フレックス」ってお話をしますよね。

これ人間関係のトラブルの原因で一番多いんです。


でも、この違いって「男女」の違いにも当てはまるんですよ。


「フィックス」=「男性」

「フレックス」=「女性」

こう考えると80%ぐらいの男女には当てはまります。

なので、恋愛とか夫婦とかでのトラブルの原因になることってこの違いから説明できちゃうんですね。


多くの恋愛に関することや男女の思考の違いに関する、本とかブログとかネットの記事とかありますが〜「ここが違う」って事だけで「なぜ」の部分が抜けてたり曖昧だったり・・・・

「なぜ」が曖昧だから当然として対処も上手くできませんよね。


これをパーソナル心理学に当てはめると明確に理由を説明できるんですね。

ですから、これ知っていると恋愛とか夫婦とか、「異性」との関係が楽になったりケンカが少なくなったりします。

もちろん、これ知ってると恋愛をすすめるのにも「有利」なんですね。

多くの上手くいかなかったカップルって、このフィックスとフレックスの違いから起こることが積み重なって最後に何かが引き金を引いてダメにることが多いのです。

言い換えれば、これを知ってると無用なケンカやストレスが減って、別れなくても済むようになるんです。

相手が本当にダメな人とかではない場合は、この違いから起こった「ボタンの掛け違い」がダメになる「出だし」だったりします。

そんなフィックス=男性、フレックス=女性と考えた「男女の関係」の多くあるスレ違いのパターンの一つを今回はお話しますね。


今回のお話はタイトルの「さみしい彼女それをわかってくれない彼氏」ってお話。


こんなシチュエーションってよくありません?

彼氏が仕事とかで忙しくてなかなか会えない。

彼女の方が忙しい時もありますね。


何かの理由でなかなか会えない。

そんな時に彼女のほうが〜

「会いたいよ〜」とメールしました。


するとそれに対して彼氏が「今度の日曜日に会えるよ」と返事しました。


すると彼女が不機嫌に・・・・・


これ彼女のほうが表立って態度や言葉に表さなくても、心の中で不満を溜めてたりします。

そしてそれが積もり積もって「もう無理」ってなったりします。


さて、この会話って男性の大半は「?」ってなるんじゃないですかね〜


これで不機嫌になる理由がわからないし、不満が溜まる理由もわからない・・・・



恋愛のハウトゥー本だと、「女性はさみしがりやだから」とか書いてあるんですかね〜


男性からすると、

「今度の日曜に会うって言ってんじゃん」

「さみしいから会えるように頑張ってるよ」

「今は会えないのは、現実的にわかってるでしょ」


こうなりますよね〜


これ世の男性にはほんとわからないんですよ〜

多くの男性からすると、普通に受け応えたつもりでむしろ「彼女のことを考えた発言」です。

それなのに「怒られる」と、男性は「なぜ?」ってなっちゃいます。

先日、「サラリーマン川柳」って言うのがネットに出ていましたが、そこでは仕事の事もですが奥さんとの事を呼んだ句もあります。

そこにこんな句がありました。

「AIに 翻訳させたい 嫁の機嫌」

男性にはなぜに奥さんの機嫌が悪くなったかわからないんですね^^;


これね。

女性は「現実には今は会えなくても、『いま会いたい』って気持ちが重要」だって言います。

でも、これ男性も同じつもりでいるし、そんなつもりで言ってるんですよ。

これは、「素質の違い」からくる論点の違いと言葉の使い方の違いで起こる「コミュニケーショントラブル」なんですね。


フィックスの強い僕は、理由はわかっててもそれでも普通の会話の中に出てくると「ピン」と来ないときがありますからね〜

でも、これをわかっちゃう男性はフレックスが強い男性です。

そしてフレックスが強い男性は往々にして浮気性^^;

これをわかってくれる男性を「優しい」と女性って思いがちなんですよ。


この話をすると女性はよく、「男性は鈍感だから」と言います。


確かに「感じる」という面では苦手な面もありますね。


でも、それはフィックスとフレックスって違いから言うと少し違うんですよ。


論理思考で目的思考型のフィックス。

感情思考で状況対応型のフレックス。


フィックスが男性でフレックスが女性です。


この論理思考と感情思考の違いって、「論理思考しかしない」とか「感情思考しかしない」というわけではありません。


当たり前に両方します。


では何が違うのか?


それは「どちらを基準に考えるか」です。


さっきの例え話で言えば。


「会いたい」って言うのは感情思考。

「日曜日に会える」って言うのは論理思考。


これは男女ともどちらもがしています。

していますが、基準にするのが違うわけです。


女性は感情思考である「会いたい」を、男性は論理思考である「日曜に〜」の方を基準に考えてるんです。



言い換えれば論理思考である男性は「事実」が重要で、感情思考である女性は「感情」が重要なんです。


だから、「いま会いたい」って感情に答えて欲しくてそれは実際には今は会えないことはわかっているんです。

だから、実際には会えなくても「いま会いたい」って感情に共感して欲しいのですね。


ところが論理思考が基準になる男性は、実際には今は会えないという「事実」がある以上はそこを論点にはしません。

「事実」である「日曜に会える」って言う方が重要で、その事を言うのが彼女の寂しさを減らせる方法だと思っているんです。

自分も「いま会いたい」って感情を伝える事は重要だと思ってないんですね。

むしろ、現実化しないことを言う事のほうが相手に悪いとさえ思います。

それなら、現実化することを言う方が相手は喜ぶと思ってるわけなんですよ。


これはフレックス=女性=状況対応型でもあるからです。

状況対応型の人は、「いま」の状況が重要です。

フィックス=男性=目的思考型です。

目的思考型の人は、目的の方が重要です。


今の例えだと、今、「会いたい」と言う感情があるってのが状況対応型にとっては重要な事です。

「日曜に会える」っていうのが目的思考型にとっては重要な事です。


これは男性が鈍感だからとかって話ではないですよね。


そもそもの思考のパターンが違うんですからね。


素質の違いで起こるトラブルにすべて言えるのですが、自分の素質でしている「行動」や「思考」「言動」などを「相手も同じ」だと多くの人は思っています。


「そこが違う」とは思ってないんです。

仮に違うと思っても「どう違う」とか「何が違う」はわからないんですね。

それは、その違うを考えてるのも「自分の素質からくる思考パターン」だからです。


どこまで言っても自分の素質の思考パターンを基準にしか考えれないのです。

だから、パーソナル心理学って「外部」のデータが必要なんですよ。


今回のお話は、男女の中では多くの「会話」にでてきて「すれ違い」を生みます。


今回のお話はほんの一部のお話です。

もっといろいろな「違い」からくるお話があって、そして男女の違いのトラブルの大半はパーソナル心理学から説明できちゃいます。

また、別の機会にお話しますね。

それではこれ終わります。


3月の全ワークショップの日程は次のとおりです。

お金の事を真剣に考える一つになる「お金のブロックを外す点描画ワークショップ」もあります(来れない方は通販キッドも)


先月、「絵が上手く描けるようになるワークショプ」に参加しましたが、ほんとに「目からうろこ」でした^^
絵の描けない人が聞きたい事がピンポイントで教えてもらえます。

絵が描けない人は、何を練習したらよいかすらわからないんですよ。
世の中にある「絵が描けるようになる」っていうので出てくることは、描けない僕には「それをする事もできないのだけど・・・」ってなることばかり・・・

「ひたすら模写しろ」・・・・模写できるなら聞かね〜よ(笑)
「好きな絵を真似ろ」・・・・真似るにも同じものが描けるわけないだろうが(笑)
「単純な形の物を描いてみる」・・・アホか!見たものを紙に表現できるなら困らんわ〜描け描くほど見てるものから遠ざかるんだよ(笑)

でも、この講座では何が問題なのかを教えてくれます。

一緒に受けた人も「これを教えてもらいたかったんだよ」って言われてましたね〜






3月25日(日)  
場所・・・鳥取県立武道館 〒683−0853 鳥取県米子市両三柳3192−14


★オルゴナイトワークショップ・・・13時半から16時半まで

・型は4種類の中から一つ選んでください。

.團薀潺奪彪拭ΑΑΑ8,500円

円錐形・・・・・・・7,000円

ダイヤモンド型・・・7,000円

ぢ羞膳拭ΑΑΑΑΑΑ7,000円

・余った液で小物も創れます。
・材料は、こちらで用意します。
・参加希望の方で、日程が合わない方は希望日をお知らせください。
・参加費は、前払いです。

講師:惺ゆり


★お金のブロックを外す点描画ワークショップ・・・18時から20時まで

収入を増やしたい
なぜかお金が貯まらない
お金があれば、できるのに・・・

と、お金にまつわる悩みのある方は是非体験してみてください。   

・お金とがっつり向き合うワークです。
・あなたの中の奥底にあるお金に対しての感情が、ブロックが、見えてきます。
・見えてくると、お金に対する考えかたや、概念が変わります。
・人によっては、収入もアップした人も・・・。
・欲しいと思っていたものが、もらえたり・・・。

いろいろな変化の声を頂いています。
(お金にまつわるプチ講座もあります。)

・参加費1万円 (前払いとなります)
※見本にする1万円冊は各自ご用意ください。

講師:惺 ゆり+ふじ原ツトム(プチ講座)

◎この「お金のブロックを外す点描画」ワークショップは
なかなか来られない方にも大丈夫な『キッド』も用意しています。


★絵が上手く描けるようになるワークショプ・・・20時から22時まで

・絵が上手く描ける基本中の基本をお伝えします。
・なぜ、絵が上手く書けないの?上手く描けるってどういうこと?など絵を描くことについて簡単にお話しをしていきます。

・コツ、練習方法をマスターして、お家でも描けるようになります。
・お子様に「ママって(パパって)絵がじょうず〜」って言われるようになる

・絵がある程度描けるようになると、地図が描ける
・絵を描くってことは、物の見方が変わり、想像力が身につく

などなど、いいことたくさんです。

・参加費・・3,000円(材料費込み)

※参加希望の方で、日程が合わない方はご希望日をお知らせください。



惺ゆり、紡〜つむぎ〜さんなどのオルゴナイトなどを販売してもらっている
ネットショップ「LampLight」


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /


↓こちらは、講師の惺さんから〜告知です。

『オルゴナイトマスターコース』も随時募集しています。

私がお伝えするオルゴナイトは・・・

私が幼少の頃から得意だった「絵」という芸術がベースにあります。

オルゴナイトとしての基本はもちろん

ネットでも検索してもでてこない私独自の表現方法をお伝えしています。

そして「only one」を大切にして、創る人の個性を引き出します。

マスターコースを受けてから作家デビューまでのお手伝いとフォローもしていきます。

作家名、屋号はもちろん、ネット販売のお手伝いもしていきます。あなたの作品が世にでるチャンスを、ここからスタートさせませんか?

(コンサルをしていただくのは、ゲッターラボのふじ原ツトムさんです。)

『マスターコース』を受けると・・・人に教えれるレベルにもなり、仕事にもなります。
ネットショップに出品できるようにもなるので、収入の幅が広がります。


惺さんのブログ

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 22:51 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
誰かに対して怒りの感情を持つこと

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

1月は毎年「年運」の改善策をしにこられる人がいるので、いつもよりも忙しくなりやすいんですね。

まあ、それだけが理由ではないんですが、すっかり更新が遅れてしまいました^^;


さて、今回のタイトルになっている「誰か」って他人に対して「怒り」とか「嫉妬」とか「恨み」って感情を持ったことあります?

ありますよね〜

「そんなの一度もない」とかって言う人がいたら、それは偽善者で嘘つきか「感情」が無いのでむしろその方が危ない人です。



今でも大なり小なりあったりしません?

直接ではなくても、「過去にあの人にされたこと」みたいな心のなかでモヤモヤと残ってるものもあると思います。


こんな「怒り」とかって感情はどうすればいいでしょう?


これ過去の体験でこの感情ができて、それが「今」の行動や感情に大きく影響している場合ってあるんですよ。


自分が何かしようと思っても「なぜかできない」。

その邪魔している「ブロック」の源が、この「怒り」とか「恨み」とかって感情から来るものだったりします。


その事に気がついてない人も多くいるんですよね〜

そいて気がついたとしても、それをどう処理したら良いかわからずにいる人も多くいます。



こんな話をすると、スピ系の人がすぐに「受け入れなさい」「怒りは捨てて愛を持ちなさい」とか言い出しますね〜


いろいろな人を見てきましたけど、こんな事言う人ほど自分はこの怒りとか恨みとか妬みを人に向けてる人多くいるんですよ。



自分と考えが違う人、自分が思う「正しい」と違う行動をする人、自分の味方をしない人を攻撃したりします。

攻撃と言っても暴力とかはないですが、裏で悪口を広めたりSNSとかで否定的な事を言ったり・・・・


これも、過去の解決してない怒りとかの感情がさせてるって場合もあるんですね。


本当はその過去の怒りを持った相手に、怒りをぶつけたかったり負かしたりしたいって感情が出てきてるのだったりします。


それは過去でなく「今」の時もあります。

何かの理由でそこにその感情が向けれない場合もありますからね。


そして、「怒り」の感情は持つな捨てろって言われるんですよ。

それを思いっきりやってる人からね(笑)



そして、自分に対して「ダメだ」「ダメだ」と思い続けます。


本当にそうですかね?


確かにここで理解してないといけないのは、「相手に向ける」のはダメって事です。

これは別に愛だのなんだのって話じゃないんですよ。



単純に「損」するからです。

メリット・デメリットの話。


相手に向けたら返してきますからね〜面倒になること必死です。

そして、そんな相手と「縁」を作れば自分の世界がそんな世界になるだけ。
相手と同じレベルになります。


それに向けたからって「収まる」ことはないですからね〜

だって、「怒り」の奥にあるのは「自分の思い通りにならない」って感情や劣等感ですから。

相手が泣いて謝ったとしても、「自分」の人生が変わるわじゃないでしょ。


じゃあ、それこそスピ系の人が言うようにその「怒り」を無くせばよいのかって事になりますよね〜


それはね〜

「無くせる」なら無くせばよいですよ。

でもそれって無理でしょ。


だって無くせるものならとっくに無くしてるでしょ。


その怒りを持ったことにも意味があるんです。

それをただ「無くす」ってしようとするのは、「それを持ってる自分」を否定する行為でしか無いんですよ。


その怒りの根幹には「劣等感」「自己否定」が隠れていることが多いのに、それでは余計に悪化します。


怒りってのは無くすのではなくて、もともと「持たない」ような生き方になればよいのですよ。

「どうやったらそんな生き方ができるか?」

それはなが〜くなるのでまた今度(笑)

今は持っちゃった「怒り」の処理方法です。


持っちゃったものはしょうがないんですよ。

怒りって言うのは、よく「悪い」ものと扱われます。

それは確かに、さっき書いたように「持たなくなる」ことができればそれが一番だからです。

でも、その「持たなくなる」って為には「怒り」って必要だったりするんですよ。


どういうことかって言うとね。


怒りってのは「エネルギー」なんですよ。

それもかなり強力なものです。


そして「使い方」によっては、自分を変えたり自分を向上させたり自信をつけたりする為のエネルギーになるんです。


「使い方次第」なんです。


だってそうでしょ〜

世の中のヒーローはたいてい「怒り」で戦います。

平和に暮らしている人々を虐げる悪に怒りを覚えるわけですよ。


そしてその悪を倒して人々を助けるんです。

そこには怒りの強大なパワーがあったりしますね。


でも、許せとか愛せとか・・・・

バイキンマンを優しく受け入れて話し合いで解決しようとするアンパンマンは嫌でしょ(笑)


孫悟空はフリーザにクリリンを殺されて超サイヤ人になったのですよ^^

超サイヤ人になるには穏やかな心と激しい怒りが必要なんです。

「クリリンのことか〜!!!」(笑)


「怒り」に囚われてはダメですが、怒りは自分を変えるエネルギーにもなります。

その怒りのエネルギーで相手よりも、人生を良くすればよいんですよ。


相手を負かすには、相手を「落とす」のではなく自分が「上」にいけば良いわけでしょ。


相手よりも出世するでも、相手よりもお金持ちになるでも相手よりもモテるようになるでも良いんです。

相手に向けるのではなくて自分に使うんです。


1番の「勝ち」は「幸せ」になってやることですよ。


そして幸せと感じる人は、「怒り」ってほとんど必要ないんです。

まあ、幸せを感じてても人間ですからね。

怒りをまったく覚えない訳ではありませんよ。

でも、幸せと感じている人はすぐに消えるんです。


だって、そんな怒りを覚えるようなくだらない相手に使ってる時間もエネルギーももったいなくて〜楽しい事に時間やエネルギー使いたいですからね〜

なぜか多くのセラピーとか、幸せのなんちゃらみたいのって言葉や考えは綺麗ですが、どこかで自分の中にある感情とか体験とか考えを消すだったり無くすだったりと「否定」なんですよね。


それだって自分の人生って体験の一部です。

受け入れるっていうのは「消す」ことではないですからね。


それではこれで終わります。


2月の全ワークショップの日程は次のとおりです。

お金の事を真剣に考える一つになる「お金のブロックを外す点描画ワークショップ」もあります(来れない方は通販キッドも)

今月からは誰でも絵がうまく描けるようになる講座も惺ゆりさんがしてくれます。
世の中の「絵が描けるように〜」的なのって、まったく絵の描けない僕から見たら、「ある程度描ける人向き」でしかないんですよ〜
この講座はサルでも描けるレベルでやります^^


2月11日(日)  
場所・・・鳥取県立武道館 〒683−0853 鳥取県米子市両三柳3192−14


★オルゴナイトワークショップ・・・13時半から16時半まで

・型は4種類の中から一つ選んでください。

.團薀潺奪彪拭ΑΑΑ8,500円

円錐形・・・・・・・7,000円

ダイヤモンド型・・・7,000円

ぢ羞膳拭ΑΑΑΑΑΑ7,000円

・余った液で小物も創れます。
・材料は、こちらで用意します。
・参加希望の方で、日程が合わない方は希望日をお知らせください。
・参加費は、前払いです。

講師:惺ゆり


★お金のブロックを外す点描画ワークショップ・・・18時から20時まで

収入を増やしたい
なぜかお金が貯まらない
お金があれば、できるのに・・・

と、お金にまつわる悩みのある方は是非体験してみてください。   

・お金とがっつり向き合うワークです。
・あなたの中の奥底にあるお金に対しての感情が、ブロックが、見えてきます。
・見えてくると、お金に対する考えかたや、概念が変わります。
・人によっては、収入もアップした人も・・・。
・欲しいと思っていたものが、もらえたり・・・。

いろいろな変化の声を頂いています。
(お金にまつわるプチ講座もあります。)

・参加費1万円 (前払いとなります)
※見本にする1万円冊は各自ご用意ください。

講師:惺 ゆり+ふじ原ツトム(プチ講座)

◎この「お金のブロックを外す点描画」ワークショップは
なかなか来られない方にも大丈夫な『キッド』も用意しています。


★絵が上手く描けるようになるワークショプ・・・20時から22時まで

・絵が上手く描ける基本中の基本をお伝えします。
・なぜ、絵が上手く書けないの?上手く描けるってどういうこと?など絵を描くことについて簡単にお話しをしていきます。

・コツ、練習方法をマスターして、お家でも描けるようになります。
・お子様に「ママって(パパって)絵がじょうず〜」って言われるようになる

・絵がある程度描けるようになると、地図が描ける
・絵を描くってことは、物の見方が変わり、想像力が身につく

などなど、いいことたくさんです。

・参加費・・3,000円(材料費込み)

※参加希望の方で、日程が合わない方はご希望日をお知らせください。



惺ゆり、紡〜つむぎ〜さんなどのオルゴナイトなどを販売してもらっている
ネットショップ「LampLight」


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /


↓こちらは、講師の惺さんから〜告知です。

『オルゴナイトマスターコース』も随時募集しています。

私がお伝えするオルゴナイトは・・・

私が幼少の頃から得意だった「絵」という芸術がベースにあります。

オルゴナイトとしての基本はもちろん

ネットでも検索してもでてこない私独自の表現方法をお伝えしています。

そして「only one」を大切にして、創る人の個性を引き出します。

マスターコースを受けてから作家デビューまでのお手伝いとフォローもしていきます。

作家名、屋号はもちろん、ネット販売のお手伝いもしていきます。あなたの作品が世にでるチャンスを、ここからスタートさせませんか?

(コンサルをしていただくのは、ゲッターラボのふじ原ツトムさんです。)

『マスターコース』を受けると・・・人に教えれるレベルにもなり、仕事にもなります。
ネットショップに出品できるようにもなるので、収入の幅が広がります。


惺さんのブログ

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 21:34 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
もしもお金が存在しなかったら

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

先日、「もしもお金が存在しなかったら」ってタイトルの動画がFacebookでシェされてたのでみてみました。

これは哲学者のアラン・ワッツ氏の言葉をマルチクリエイターの山下歩さんがツイートした映像なんですね。


これ自分のやりたいこと好きなことを考える時に「お金」って考えをするなって言うような内容なんですね。


このアラン・ワッツ氏が実際にどういう意図で言ってるかはわからないのですが〜日本語に訳してある内容はそんな感じです。

これね〜

「言わんとするところ」ってのは僕も賛同するんですが・・・・

でも、見た印象は僕的には「う〜〜ん」って感じなんですよ。

その言わんとするところの部分は僕もよくお話しする内容なんですが、でもこれ僕は凄く引っかかる部分があって・・・・

まあ、はっきり言うと「嫌い」です。


考え方はそれぞれなんで「僕の考え」として聞いてほしいのですが〜(このブログ自体がそうだし)

この動画の全文は最後に文字にして載せておきますから興味がある人は読んでみてください。


先程も書いたように「言わんとする」という部分では僕は大いに賛同します。



ここでは「あなたが望んでいることは何か?」と問いかけています。

それを学生に聞くといろいろ答えますが、最後に「でも、それではお金は稼げない」と・・・・・


それに対して、「何がしたいのかを掘り下げていってそれがわかったら、それをしたらいいそして、お金のことは忘れるんだ」って言っています。


これ僕もそう思うんですよ。


でも・・・・

なぜ嫌いだって言うかって言うとね〜


これその後の話を聞くと、「お金なんて気にするな」って言ってるように聞こえるんですね。


確かに「本当にやりたいこと」って言うのは、自分の「心」が知っています。

その心の深い部分の望みって言うのは、気がついてそれに向かって行動すると「運」という部分も味方します。


よく言う「財運」と呼ばれるのは、心の中の「楽しい」とか「好き」って衝動が一番引き寄せるんです。

だから、本当の意味で「好き」をやっていれば財運があるから「お金」は気にしなくてよくなってきます。

でもね。

この財運ってやつにはもう一つあるんですよ。

「生きていくための財運」


これは言い換えれば「生存欲求」です。

人も生物ですからこの生存欲求からは逃れられないし、強烈な欲求なんですね。


多くの人の「財運」というものは実はこの「生きていくための財運」のことなんですよ。

「生きていくための財運」が安定しててこそ「楽しむ」を見つけれるんです。


だから、この2つの財運の関係は、常に「生きていくための財運」→「楽しむための財運」になるんです。


その楽しむための財運を手に入れると「生きていくための財運」も賄ってしますんですね。

だから、この2つは財運の大きさで言うと「生きていくための財運」<「楽しむための財運」ってなるんです。


最終的には「楽しむための財運」を手に入れれば良いってことになりますよね。


そうなれば「楽しいことをして」それでお金を手に入れてるので、生存欲求も安定して「幸せ」ってなるわけですよ。



だから、僕はセッションとかで「好きなこと」や「やりたいこと」を探す時に、「これはお金が稼げる」とか「これで食っていけるのか?」とか「幾ら必要」とかは考えてはダメってお話をします。

でも〜〜誤解しないで欲しいのです。

「お金」=「必要ない」

なんてこれっぽっちも思ってません。

僕が言いたいのは「好きなこと」を見つける時に「それを基準にするな」って言ってるだけです。

それを基準にしてしまうと、純粋な意味での「好き」を探せないからです。

さっきも書きましたがこの「好き」は「衝動」なんですよ。

「お金」ってのを考えてるとそれは「理屈」になってしまうからです。


自分の心のほんとうの望みを聞くのに邪魔なのがこの「理屈」っていう考えなんですよ。


だからって、「お金の事は考えなくて良い」なんて言ってないですし考えてません。


◯「好きなことを見つける」→「お金の事を考える」
☓「お金の事を考えて」→「好きなことを見つける」

好きなことを見つけたら、「それはどうやったらできるのか」「どうやったら稼げるのか」って一生懸命に考えればよいんですよ。

今の時代はみなさんが思ってるよりもかなりのことは「お金」を生み出します。

それでもどうしても「お金」を生み出さないなら、「それをやってるための別の収入」を考えれば良いんです。

こう言うお話をして、「そんなのできない」とか「あるわけない」とか言う人ってほとんど「お金の勉強」をしてないんですよ。

自分のせま〜い知識で考えてるだけ。


だから、「お金」の事って真剣に考えて勉強して情報を得ないといけないんです。


でも、この動画の文章をみると「お金なんて考える必要ない」みたいに見えちゃうんですね。

これって、本当の意味で「お金」って事で苦労したことのない人の発言にしか見えないんですよ。

この動画をシェアしていた人が、コメントでこんな事を書いていました。


「お前は苦労したことないだろうみたいに自分は言われるんだろうな、でも自分は血を吐くような努力をしてきた」

この動画をFacebookで「シェア」していた人はプロの音楽家です。


このコメントもやっぱり、この文章と同じ「臭い」がするんですよ。


確かに音楽で食べていくには、才能だけでなく凄い努力でしょうし挫折や苦労も凄いでしょう。

でもね〜

そもそもお金がないとその「血を吐くような努力」すら「させてもらえない」のですよ。

今ぐらいの時期になると、「進学」のお話をよく聞きます。


「やりたい楽器」がある。

でも、それをできる学校は私立で高いから行かれない。


そんな話をよく聞きます。

ましてや、僕の住むような田舎だと近くにそんな学校は無かったりします。

だから、高校から遠方の学校に通うか、寮とかで暮らさないといけないので更に金銭的な負担は増えます。

そんな理由で、諦めないといけない場合が多いんですよ。

このFacebookでシェアされたて音楽家の人は、東京生まれで家はお金持ちです。

「血を吐くような努力」をするためのスタートラインに立つには「お金」が必要なんですよ。


別に僕はこの事自体が「いけない」とか言ってるんじゃないんですね。


でも、こんなお話が「正しい」みたいに出回って「お金じゃない」ってなるから、「お金の勉強」とかしないんですよ。


そのお金の事を真剣に考えないからこそ、「好きないこと」を探すのに「稼げないんじゃないか」とか「お金がかかるから無理なんじゃないか」ってなるんです。


そこを勉強してて知識もあれば、「どうにでもなる」って事はわかるんですよ。

そして「好きなこと」を見つければ、それを現実にするためにその「お金の知識」が強い味方になるわけです。


その部分が「不安」だったり、そもそもが「無い」から余計に「稼げるか」とかって部分で引っかかる。

これ哲学者のアラン・ワッツ氏がこう言ってるのか、日本語に訳した人がこう言ってるのかはわからないのですが・・・・


昔、翻訳の勉強をしている人が言ってましたが、翻訳はその人の考えとか知識とか思想がかなり入りますからね〜


それと、これ凄く「プラス思考」の人の思考にもみえるんですよ。

僕がよく周りの人からプラス思考に見られるんですが、このブログでよく書くように僕はとってもマイナス思考です。

ただ、なぜプラス思考に見えるかって言うと、マイナス思考で思ったことを否定せずに受け入れてそれをクリアーするようにしているからです。


今回のお話をそうでしょ。

僕はお金の不安やブロックが凄くあるんです。

だからこそ、その事を受け入れてお金の勉強とか知識を手に入れてるんです。

手に入れてる過程で「経験」も増えるんです。

経験と知識があるから、「その事を考える」必要がないからプラス思考に見えるんですよ。

でも、この文章だけ見ちゃうと単に「楽観的」にしか見えません。

少なくとも僕みたいなマイナス思考の強い素質の人間には、これを文章通りにやろうとすると不安でできないんですよ。

マルチクリエイターの山下歩さんの素質を調べたら〜

プラス思考が強くてやればできるって思ってて、自分にできることは当たり前に他人もできると思ってる素質・・・・


僕がよくこのブログで書く「成功者」に多い素質のど真ん中〜


これ訳したのこの人かな・・・・

この人の思想とか素質が、ニュアンスとして「訳」に入ってるからこんな感じになったのですかね〜

ちなみに、この文章の中で「もしあなたが『お金を得ることが最も大事なことだ』と言っているとしたら、あなたは完全に人生を無駄に過ごしていることになる」ってのがあります。

僕のパーソナル心理学を習った人ならわかると思いますが、「お金を得ること」が「好きなこと」って素質があるんですよ。

厳密には「お金」というよりも、「リアルな結果」「数字化できる結果」をすぐに手に入れたくて、それを繰り返していることがとっても楽しいって素質がいるんです。


よくある、ネットワークビジネスとかネットビジネスなんて世界で大金を稼いでる人に多くいたりする素質です。

それ以外だと「営業職」では抜群の能力を発揮します。

どちらも「リアルな数字」が見えて、すぐに結果に現れるでしょ。



だからこのタイプはあまり「仕事の内容」ではないんですよ。

「効率的に稼げる」方が楽しいのです。

でも、そんな人がこの動画を見て「なるほど〜」ってなると、「好きなこと」には近づけなくなるんですね。

素質が1番楽しいと思っていることを否定してしまいますからね。


実際、違うパターンですがそんな素質の人が、親に自信をなくされたり「お金ではない」みたいなことを強く刷り込まれてて「自分らしく生きれない」ことで苦しんでいる人がいたりします。



この動画では「生き延びるためにしたくないことをしてお金を稼ぐということをしていればそれをやり続ける人生になるからだ。」とも言っています。


最初に書いたように、本当に幸せな状態なのは「好きなこと」としてそこから収入を得て、それによって「生き延びる」事ができる状態です。


確かに生き延びるためにだけお金を稼いでいる人生では、それは「機械」と同じです。

でもね。

これは、「「生き延びることに苦労したこと無い人」のセリフです。


苦労しなくても生き延びれるだけの「お金」が手に入ってる人の言葉です。



「苦労しなくても」って言うのは、「実家にお金がある」とかって意味です。


「私は親なんて頼らない」って言う人もいるでしょうが、それは表面意識がそう思ってるだけです。

本能である生存欲求は、「どんな事をしてでも」生き延びようとします。


だから、本能的には「実家にお金がある」ってのは「安心」なんです。


例えば、「俺は必ずこの海峡を泳ぎって見せる。溺れたって足がつったって救助なんかされない。そんな事をされるぐらいなら溺れて死ぬ」って豪語してたって実際に溺れて、浮き輪を投げ込まれたら浮き輪を必死で掴むんですよ。


だから、この「浮き輪」を投げてくれる人がいるのといないとでは大きな違いがあるんです。

これは「浮き輪」を投げてくれる人がいるセリフです。


確かにこの動画では後半に、
「なんでもいい本当に本当にやりたいことをして人生を生きていたらきっといつの間にかそのことの達人になっているだろう。それをやり続けるのが達人の在り方だ。そうしたら、そんなあなたにお金を払う人も出てくることだろう。」

と言うようには書いてあります。


「お金を払う人もでる」って書いてはいます。

でもね〜

「やり続ける」にも「やり始める」にも「お金」は必要なんですよ。

最初から100%稼げればよいでしょうね。


はじめたらいきなりブレークして後は困らないみたいに。


そんな事をできちゃうのは、天才ぐらいですよ。


確かにいるんですよ。そんな人。


でも、僕もだけど多くの人はそんな事はできません。


だから、「好きなこと」で食っていけるのは「一部の吐出した才能の人」みたいに思っちゃうんですよ。


「お金なんて考えなくても、いくらでも稼げちゃうからOK!」


そんな感じに思えるんですよ。



それだから、多くの普通の人は「自分には無理」とか「自分には才能が無い」って思うんです。


そんな事は無理に決まってるんですよ。


だからこそ、ちゃんとお金の事を勉強して知識を得て、何が必要なのかどうすればいいのかを考えて手にいればよいんです。


好きなこと、やりたいことを見つけるにはお金の事は考える必要はない。

好きなこと、やりたいことを見つけたら叶えるためにお金の事を真剣に考える。

お金を考えないようにすると、一部の天才以外は「不安」になるだけ。
お金の真剣に向き合うからこそ、お金のことは考えなくてよくなるんです。

それではこれで終わります。

2月の全ワークショップの日程は次のとおりです。

お金の事を真剣に考える一つになる「お金のブロックを外す点描画ワークショップ」もあります(来れない方は通販キッドも)

今月からは誰でも絵がうまく描けるようになる講座も惺ゆりさんがしてくれます。
世の中の「絵が描けるように〜」的なのって、まったく絵の描けない僕から見たら、「ある程度描ける人向き」でしかないんですよ〜
この講座はサルでも描けるレベルでやります^^


2月11日(日)  
場所・・・鳥取県立武道館 〒683−0853 鳥取県米子市両三柳3192−14


★オルゴナイトワークショップ・・・13時半から16時半まで

・型は4種類の中から一つ選んでください。

.團薀潺奪彪拭ΑΑΑ8,500円

円錐形・・・・・・・7,000円

ダイヤモンド型・・・7,000円

ぢ羞膳拭ΑΑΑΑΑΑ7,000円

・余った液で小物も創れます。
・材料は、こちらで用意します。
・参加希望の方で、日程が合わない方は希望日をお知らせください。
・参加費は、前払いです。

講師:惺ゆり


★お金のブロックを外す点描画ワークショップ・・・18時から20時まで

収入を増やしたい
なぜかお金が貯まらない
お金があれば、できるのに・・・

と、お金にまつわる悩みのある方は是非体験してみてください。   

・お金とがっつり向き合うワークです。
・あなたの中の奥底にあるお金に対しての感情が、ブロックが、見えてきます。
・見えてくると、お金に対する考えかたや、概念が変わります。
・人によっては、収入もアップした人も・・・。
・欲しいと思っていたものが、もらえたり・・・。

いろいろな変化の声を頂いています。
(お金にまつわるプチ講座もあります。)

・参加費1万円 (前払いとなります)
※見本にする1万円冊は各自ご用意ください。

講師:惺 ゆり+ふじ原ツトム(プチ講座)

◎この「お金のブロックを外す点描画」ワークショップは
なかなか来られない方にも大丈夫な『キッド』も用意しています。


★絵が上手く描けるようになるワークショプ・・・20時から22時まで

・絵が上手く描ける基本中の基本をお伝えします。
・なぜ、絵が上手く書けないの?上手く描けるってどういうこと?など絵を描くことについて簡単にお話しをしていきます。

・コツ、練習方法をマスターして、お家でも描けるようになります。
・お子様に「ママって(パパって)絵がじょうず〜」って言われるようになる

・絵がある程度描けるようになると、地図が描ける
・絵を描くってことは、物の見方が変わり、想像力が身につく

などなど、いいことたくさんです。

・参加費・・3,000円(材料費込み)

※参加希望の方で、日程が合わない方はご希望日をお知らせください。



惺ゆり、紡〜つむぎ〜さんなどのオルゴナイトなどを販売してもらっている
ネットショップ「LampLight」


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /


↓こちらは、講師の惺さんから〜告知です。

『オルゴナイトマスターコース』も随時募集しています。

私がお伝えするオルゴナイトは・・・

私が幼少の頃から得意だった「絵」という芸術がベースにあります。

オルゴナイトとしての基本はもちろん

ネットでも検索してもでてこない私独自の表現方法をお伝えしています。

そして「only one」を大切にして、創る人の個性を引き出します。

マスターコースを受けてから作家デビューまでのお手伝いとフォローもしていきます。

作家名、屋号はもちろん、ネット販売のお手伝いもしていきます。あなたの作品が世にでるチャンスを、ここからスタートさせませんか?

(コンサルをしていただくのは、ゲッターラボのふじ原ツトムさんです。)

『マスターコース』を受けると・・・人に教えれるレベルにもなり、仕事にもなります。
ネットショップに出品できるようにもなるので、収入の幅が広がります。


惺さんのブログ

https:/ /ameblo .jp/sat oi-yuri 0524/



「もしもお金が存在しなかったら」

あなたが望んでいることは何か?
あなたがたまらなくしたいことは何か?
どんな状況を望んでいるのか?

例えば・・・私はよく学生の進路相談にのることがある。
学生は「そろそろ卒業なのですが何をしらた良いのかわからないのです」と質問してくる。
そこで私はいつも『もしお金が目的でなかったらキミは何をしたいのか?』と質問している。
「何をしてキミは人生を楽しみたいのか?」

すると面白いことに、今の教育をうけた若者たちは「画家になりたい、詩人になりたい、作家になりたい・・・
でも、それではお金は稼げない」と誰もが口をそろえて言ってくるのだ。
またある学生は「馬に乗ったりしてアウトドアな生活をしたい」という。
私は「キミは乗馬学校で教えたいのか?」「何をしたいのかもっとよく考えなさい」と聞き返す。

ついに何がしたいのかを掘り下げていってそれがわかったら
私は学生に向かって「それをしたらいいそして、お金のことは忘れるんだ」と言っている。
なぜなら、もしあなたが「お金を得ることが最も大事なことだ」と言っているとしたら
あなたは完全に人生を無駄に過ごしていることになるからだ。
生き延びるためにしたくないことをしてお金を稼ぐということをしていれば
それをやり続ける人生になるからだ。
それは実に馬鹿げたことだ!
そんな惨めな状態で長生きするより短い人生でも好きなことをやって過ごしたほうがまだマシだ。

結局のところ、なんでもいい本当に本当にやりたいことをして人生を生きていたら
きっといつの間にかそのことの達人になっているだろう。
それをやり続けるのが達人の在り方だ。
そうしたら、そんなあなたにお金を払う人も出てくることだろう。
だから何も心配することはない。
だれか必ず興味をもつ人が出てくる。
あなたのやっていることに興味を示してくる。

しかし、自分がしたくないことをして人生を過ごすなんて実に馬鹿げたことだ!
自分のしたくないことに人生を費やし
それを子どもたちにまで同じような道を辿るように教え受け継がせているのだ。
だから、自分のやっていることをよく見直すことだ。
もし子どもを育てているのなら、自分と同じような道を歩むよう教育していないかどうか
人は、自分を正当化しようとするために充実した人生を送ろうとしていながら
同じようなやり方で子どもたちを育てているのだ。

まさに吐気がするのにいつまでたっても吐き出せない状態で生きているのだ。
だから、この質問にじっくり取り組むことがとても大切なことになってくるのだ。

「私は何を望んでいるのか?」

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 00:13 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
1年を楽しく過ごすために

JUGEMテーマ:占い

 

 

あけましておめでとうございます。

2018年がスタートしましたね〜



年の始と言えば「年運」ですよ。


毎年恒例なので、何度か来られてる人はよくご存知だと思います。


初めての人もおられるでしょうから〜

「年運」・・・字の通りに「年の運」です。


1年を通しての運を占って、「改善策」を出します。

改善策は「行動」とか「考え」も無いわけではないですが、「1年間使える物」で行います。

それを部屋に置くとか持ち歩くとか、車の中に置くとか・・・・

どうなるかは易の占い次第です。


「運」って言うのは僕が考えるに、80%ぐらいは「自分」の問題です。

「自分らしさ」とか「自分の心の望み」とかがわかってそれを行動していると「運」は良くなります。


言い換えれば「運の悪い人」は、そこができてないんですね。

それとなんであれ「起こったこと」は必然だと思っている人は、その起こったことが自分に都合が悪くても「必然」と受け入れたら、結果的には都合よくなります。

逆に必然ではなくて、それを否定したり後悔したり人せいにしたりしているとどんどん都合が悪くなります。


そして残りの20%の部分は「目に見えない流れ」みたいなものですね。


よくある年運とか年の運って「占い」はこの20%の方の事をいってますが、僕の場合は80%の方も少し入ってます。

何故なら僕の場合はただ占って、「今年はこんな年でこんな事に気をつけなさい」ってだけではないですから〜(もちろん気をつけることとか起こりそうなことは言いますよ)


必ず「今年はどんな年にしたい?」「なにがやりたい?」「なにが変えたい?」って聞きます。


「自分がどうしたい」があってこその「改善策」ですからね〜

ただ、当てたって面白くないでしょ〜

「自分の思い通りにする」方が楽しいですからね。

もちろん「どうしたい」だでなくて、今の問題とか起こる可能性のある問題や悩みも「起こらない」ような流れになるような改善策でもあるんです。

そんなの無いよ〜って人ももちろん大丈夫ですよ。

「そんな生き方でどうする!」とかって暑苦しいことはいいませんから^^

人それぞれのペースとかタイミングがありますからね。

でも、「楽しむ」って事は言うと思いますけどね(笑)


そんな年運のセッションでお待ちしていますね(対面、電話どちらでも可)

もちろん通常のセッションやパーソナル心理学の講座やレイキでもお待ちしています。


今年もよろしくお願いします。


そうそう、去年もやりましたが今年も「オルゴナイト」をプレゼントしますから、「オルゴナイトください」と言ってくださいね〜

このブログを最後まで読んだ人にしかあげないので、必ず言ってくださいね。

電話セッションの人は、手渡しできなくてごめんなさい。
どうしても欲しい人は送りますから言ってください。

運気を変えちゃうグッズがいっぱいのネットショップ「LampLight」もよろしく^^

https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 22:10 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
1年が早く感じる人へ

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

今年も今日で最後になりました。

皆さんはどんな1年でしたか?

年の瀬になると皆が言うのが「1年が早いな〜」「もう年末だよ」^^


時間の流れ自体がどんどん早くなってるって説もあるんですがね〜

人が感じる時間の早さは「記憶」がかなり関係しています。


記憶っていうのは「新しいこと」とか「刺激の強いこと」ほど覚えるようにできているんですね。

初めての場所に行く時に、行きは長く感じて帰りは早く感じるのは「行き」は初めてだから覚えるものが多くて帰りは一度覚えた道だから覚えるものが減るから。


人が感じる時間の長さは記憶の量で変わるんですね。


なので、年をとるとどうしても経験したことや知ってる事が増えるので「記憶の量」が減っっちゃうんですよ。

その分だけは年々早く感じます。

まあ、これには諸説あるんですけどね〜


でも「記憶の量」=「時間の感じる速さ」だとしたら〜

できるだけ「記憶」するものを増やすことで遅く感じるようになるはずです。

「記憶するものを増やす」には〜〜

新しいことを学ぶ。

新しい人に会う。

新しい場所に行く

新しいことを始める。

人生を楽しむ。

これらは全て「新しい記憶」になります。


人が「生きた」って証は「記憶」以外にないんですよ。

他人ならその人の功績とか今ならSNSとかありますが、「自分」に関しては自分の記憶だけです。


でも、これだと「意識高い系」の人でもありますよね〜(それがダメってことではないですよ)


「それだけ」ではないんです。

「人生を楽しむ」に含まれるんですが〜

「人生を楽しむ」って言うと他の4つをどんどんしてる、とってもアクテイブな人でないといけないみたいに思ってる人もいますね。

「歳をとると、一日中椅子に座っていても退屈などしなくなる。顔をなでる風、暮れ行く風景・・・等を楽しめるようになった。若い時には考えられなかった。」〜モハメド・アリ〜


楽しみ方は人それぞれ。

どっかのコンサルや自己啓発の講師が言う生き方が全てでもありません。


「自分らしさ」があってこその「人生を楽しむ」ですからね〜

いくら、時間を長く感じれても「嫌」なこと「苦しい」ことでは意味がないですから^^



皆さんにはどんな1年でしたか?


それでは、今年1年お世話になりました。

ありがとうございました。


年明けの「1年を楽しく過ごすための年運」でお待ちししています^^

年明けは5日からスタートします。


運気を変えちゃうグッズがいっぱいのネットショップ「LampLight」もよろしく^^

https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 07:03 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |