鳥取県米子市で占い、カウンセリング、ヒーリングをしています。
悩んでいる、不安な人、行き詰まってる、人生を変えたい、人間関係でいつも悩む、恋愛が上手くいかない、
いろいろ見てきたが変われない、そんな人達に読んで欲しいです。
占い&カウンセリング ゲッターラボ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ポジティブになれない人、ネガティブのすすめ

JUGEMテーマ:人生論

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

僕のブログでとくに初期の頃に、よく「ポジテイブ、ネガテイブ」の話を書いていました。

最近はあまり書いてないのですが・・・

僕自身はかなりのネガテイブです。


でも、多くの人からはポジテイブだと思われていることがあるんですね。


でも、なんども言いますが僕はかなりのネガテイブですよ。


むかしはそんな自分を変えて、ポジテイブシンキング的なことができるようになれば成功して幸せになれるって思っていろいろやってましたよ。


でも、できないしやればやるほど病んでいきます。

それでも、「自分を変えないと」とやってると苦しいだけでなく、「運」までありえないぐらいに悪くなってたんです。


運って言うのは、20%ぐらいは人間にはどうにもできない部分があると思いますが、残りの80%ぐらいはその人が決めているんだと思います。

ざっくりいうと、自分の心に逆らっている状態だと運は悪く、自分の心に従ってると運は良いんですね。


僕の本質はとってもネガテイブなのに、それを無視してポジテイブにやり続けたから運まで悪くなったんです。


でも巷ではポジテイブな方が正しいって言われますよね〜

セッションをしていると、僕と同じようにポジテイブにならないとってセミナーとか何とか先生から習ったんだけど、苦しくなったりうまくいかなくなってそうdなんされる人も少なくないんですよ。


本当の意味でのポジテイブシンキングって?

何をすればいいの?

そんな事を4本の動画にしてみました。


このブログにも書いていたりすることも多いですが、よかったらみてください。

それとぜひ見られたかたは「チャンネル登録」をお願いします。


Part.1




Part.2



Part.3




Part.4







惺ゆりさん紬〜つむぎ^さんのオルゴナイトやスマホケースが出品されてネットショップ「LampLight」です。持つと幸運になるかもしれませんよ^^
ぜひ、覗いてみてください。


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 03:28 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |

 

うちにセッションとかで来られた事がある人の多くは一度は会ったことがあると思いますが、うちには「楓」という名前の猫がいます。

Facebookとかで友達になっている人はたまに写真とか載せるのでそちらでも見たことがあるでしょう。

もう1匹、「桔梗」と言う子もいるのですが超人見知りなんで特定の人しか見たことはないと思います。


この人前によく出てくる楓さん、レイキヒーリングをしていると背中にのってふみふみをしたり、一緒に両手を置いてジッとしてたりアチューメントを始めるとやってきてずっと見ていていて終わる頃にはいなくなったりするので、「大先生」とも呼ばれていますが・・・


そんな楓さんですが悪性リンパ腫で長くて数ヶ月、短くて1ヶ月の命と言われました。

少し前から痩せてきていて、もともとおデブだったので「軽くなったな〜」
と思っていたんです。
年齢は13歳ですから「歳のせいかな」と思っていたのですが、いつの頃からか座っていたり寝ていても息が荒くなってきていました。

以前、お客さんにもその事を言われたのですが、人がいると「ゴロゴロ(と言うよりブーブーですが^^)」と甘え始めるのでそんな時は息が荒くなるんで、どうなんだろう?と思ってはいたんです。


ご飯も食べるし普通に動き回ってるし毛艶も悪くないし・・・・もともと活発に食べたり動いたりする子ではなかったですから・・・・猫は苦しくても隠しますから・・・

外に出たことのないこの子達は病院に行くこと自体がかなりの負担なので、躊躇していたのもあります。


それでも心配で先週、病院に連れて行ったんですが行った時には、外に出る怖さで興奮から口を開けて呼吸するぐらい息が苦しそうになていました。

レントゲンを撮ってみると、胸に水が溜まって片方の肺は機能して無くもう片方もあまり機能してなかったんです。

 

水は抜いてもらったのですが、その水が溜まった原因が二箇所にできた悪性リンパ腫でした。

抗がん剤での延命治療でも数ヶ月、悪ければ1ヵ月もたないと言われたのです。

もちろん抗がん剤は副作用も大きく、抜け毛や嘔吐などもあるとのことです。


僕は人間の抗がん剤も信じてないので、これ以上苦しめたくないので抗がん剤は使う気はありません。


いちおうステロイドの投薬で一時的には抑えれる可能性があると言うので、薬を飲ませて様子を見ることになっています。

それでも、またいつ水が貯まるかもわからないですし、どのくらいのペースで貯まるのかもわかりません。

溜まっても抜くことはできますが、かなりの負担がかかるのであまり頻繁に貯まるようなら「安楽死」も考えるように言われています。


「たかが猫」と思われる人もいるかもしれません。

「猫も大切な家族」と思われる人もいると思います。


でも、僕にとってこの子達は「家族以上」の存在です。

多くの人が知っておられるように、僕には兄弟も親戚も親もいません。

「疎遠」とかではなく、物理的に存在を知りません。

そのなかで唯一の家族が「母」でしたが7年前に他界しています。


その母が他界する前に3年ほど寝たきりで施設に入っていた頃から、僕が一緒に過ごすことのあるのは楓と桔梗だけでになっていました。


彼女とか友人とか親友とか、それはいますが常にどんな時も変わらずに純粋な心を向けてくれる唯一の存在です。

お盆とか正月とか、多くの人が家族や実家や故郷に帰るのを見ている時に襲ってくる「この世界に自分1人しかいないのでは?」って感覚。

そんな時にも側にいてくれた存在・・・・


母が他界する3年前に倒れて入院しもう治る事はないと知った時に、唯一の「血の繋がり」を失うと感じた時に恐怖や絶望ではなくて「諦め」になってしまった時にも、この子達の存在とこの子達の命がある限りはって思いが支えてくれました。


生きるものは等しく「死」を迎えます。


人間よりも寿命の短い猫が先に旅立つのは覚悟はしています。


13歳と言う年齢も人間では68歳だそうです。

少し早いですが人間でも旅立つ人がでてきてもおかしくない年齢です。


この仕事を始める時にある人から、エリザベス・キューブラーロスの「死ぬ瞬間」という本を勧められました。

その人は何も言わなかったですが、この仕事をしていると「死」にはどうしても出会います。

本人が死んでいく場合も大切な存在を失う場合も・・・・


だから、「死」について理解しておく必要があるからその本を勧めてくれたのだと思っています。

そして、僕なりの「死」に対する理解と「死後の世界」への解釈もあるつもりです。


全ては起こることは必然。


全ては最初から決まっていること。


真理を語る人はこんな言葉を言う人が多くいます。


確かに「真理」ではそうなのかもしれません。


僕もそう思える体験を多くしてきましたし、「理解」のなかではそう思っている部分もあります。


だから、もしも楓がこの世を去るとしても、それはその時には受け入れるつもりです。

ですが、だからと言って今から悟ったように受け入れる気もありません。

ネットで自分は「悟っている」といると言うある方の話で、飼い猫が事故で死にかけた時に「もしも死んでいても、これもこの子が選択したことで、この子の運命」だと言っていた

僕はそれを見た時に、すごく腹が立ちました。

事故にあったのは人間の不注意も原因だったのに、それも「必然」かのように言っていました。

そう言ってしまえば、事故も戦争もすべて必然です。

自分の過ちもすべて必然にできてしまいます。


たしかに、大きな視点で見た時にそれも「必然」でしょう。

全ては決められているのでしょう。

だから、それに任せればよいのかもしれません。


でも、それなら意思を持った人間である必要はなくなるように思います。


人間は不完全な存在で肉体という物理的な制約を持っています。

その不完全さ、それこそが「命」です。

 

不完全なものでもう決められているものに、抗うことに意味は無いのかもしれません。

そしてそれに任せることが「悟り」なのかもしれません。

それが僕も「真理」だとは思っています。

でも、僕は以前からそんなものになりたいとは思っていないんです。


悟れてない真理もできてない、その不完全さこそが「命」を持った真理だと思っています。


今までセッションで病院ではもうダメと言われた、多くの猫や犬を改善策やレイキで覆してきました。


もちろん、それでもダメな時もあります。


人の力では及ばない部分もあります。


でも、抗えることは抗いたいのです。


病院から帰ってからの楓は、外に出る怖さと水を抜く治療の痛みなどで行く前よりも元気をなくしてご飯も食べなくなっていました。

ですが、2日ほどして少しずつ食べ始めて、今は見た目は痩せた以外は普通に見えます。


まだ、病院から帰って少しづつご飯を食べ始めた頃は歩いているのは少し力ない感じでした。でも、そんな状態でもご飯を食べて必死で生きようとしているのに、僕が諦める事はしません。


僕にできることはしています。

もちろんレイキや改善策、信用のおけるサプリなども使っています。

詳しく話すと長くなるのでやめておきますが、どうも「引っ越し」もしないと解決にならないようなんです。

どうも引っ越すことが一つの改善策になるようなんです。


これもなかなか難題も多いのですが・・・

ねこ「可」でセッションとかを部屋でさせてもらえて、それなりの広さやお客さんの駐車場の確保。
人に訪問してもらうのですから、立地条件もそれなりに必要ですし・・・・

「いくらでも家賃が払える」ならどうにでもなるのでしょうが・・・それにも限界がありますからね〜


ですが、できることはすべてしたいので、もしも何か可能性のあることを知っている人やできる人がいたら助けてください。


ほんとうはこの事をブログ載せるのはどうなんだろうと思って悩んでいました。

楓の事を知っている人でも「他人の猫」でしかないですし、来たことのない人やブログだけ読んでいる人には関係のない話です。

「飼い主の責任」で自分でするのが当然だって人もいるでしょう。


でも、可能性があるのなら抗いたいので・・・・


それと、セッションなどの仕事はもちろん続けています。
現実問題としてお金は多くかかります。

保険もききませんから病院の支払いもバカになりません。

ですので、仕事に関しては「遠慮」はしないでください。
むしろ多いほうが助かります。

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 16:16 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
宗教をする知り合いに困ってる人

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

知り合いとか身内に宗教をやってる人がいて、そんな人に宗教に誘われたり何かにつけてその話をされて困ってる人って結構いるんですよ。

仕事でその事がメインで相談されることは少ないんですが、話の中で「困ってる」「嫌だ」「ムカつく」って話はよく出てきます。

僕自身は無宗教ですが、べつに宗教を否定する気もそれを信仰する人を否定する気もないんです。

たぶんその困ってる人の多くもそこは同じなんですよ。

個人の信仰は自由ですからね〜

最後に動画も載せておくのでよかったらそちらも見てください。


まあ、騙されてとか脅されてみたいのもあるみたいなんで、そんなのはどうかとは思いますが・・・


みなさんが困ってるは、その断っても誘って来る「人」の方なんですよね。


それがまだ知り合いとかなら良いんですが・・・・身内だとかなり面倒です。


以前、携帯をiPhoneに変えたくて当時はソフトバンクしか扱ってなかったんで、ドコモから乗り換えをしたんですね。

その時にメアドが変わったので、アドレス帳の人に連絡したんです。
当時はLINEはまだなかったので・・・

すると、ある人から「会いたい」という返信が・・・・


仕事柄、誰か覚えていないメアドはいっぱいあるんですが、その人も全く記憶にない人でした。

でも、登録してあるということは1度は僕のセッションなりを受けてもらった人なんでしょうけど・・・・

だいたい、そんな関係性の人で「会いたい」っていうのは、「宗教の誘いか、ネットワークビジネスの誘い」ですかららね〜


まあ、合いたいと言うなら会いますが「宗教とかネットワークビジネスなら会っても無駄になりますよ」と連絡すると、「わかりました。ぜひお会いできませんか」と・・・


まあ、怪しさ全開ですが〜いい話のネタもできるかもしれないので会うことにしたんですね。



指定されたファミレスに行くと、玄関の所でおばさんが待っていました。

会っても全く誰かわからないんですが・・・(笑)
でも、「あ〜これは『正解』だな」ってすぐにわかりました。

そんな人達に多く会ってきたんで、「におい」(本当に臭うわけじゃない)でわかるんですよね〜〜

席についていくと、60代くらいの男性が・・・・もう決定ですね^^


あとは宗教かネットワークビジネスかのどちらなのかの問題だけ・・・

すると、そのおばさんは挨拶もろくにしないまま、その男性がいかにすごい人かを力説し始めました。

そしてその男性は金の仏像のようなものが写ったパンフレットをだして、「宇宙が」「真理が」と説明を〜〜

その間、僕は「へ〜」「ふ〜ん」と適当な相づちを打ちながら、ランチを食べて食後のスイーツとドリンクバーを楽しんでいました(笑)

「宗教とかネットワークビジネスなら会っても無駄」って言ってあるのにね〜

だって、「幸せ」と感じている僕にする理由がないですよ。


おばさんは必死で勧誘してましたが、男性の方は途中で察したのか「ご足労頂きありがとうございました」と話を切り上げ、そこの支払いも全部してくれました^^


「宗教に誘われて」って話はいろいろありますよね。

これは最近聞いた、知り合いのお話なんですが〜

その人のお姉さんが某宗教団体の熱心な信者なんだそうです。

しつこく誘われるので、ちょっと距離を空けていたのですがその人が最近、大きな転機になりいろいろと困っていたんですね。

頼れる身内もいないので、お姉さんに「こんなこんな時ぐらいは」と頼ったのです。

ところが、やはり事あるごとにその宗教の話を持ち出して引き込もうとするんです。


しかも、その宗教の考えでその人が望まない方に持っていこうともするんですよ。

そこで「助けてもらってるのはありがたいけど、今はその話はしないで欲しい」と頼んだのですね。

すると「そうだね。わかった」と言うのですが・・・・次の日には当たり前のように宗教の話やその行事に行く誘いを・・・・


挙げ句にその人の関係者にまで「その人のためだから」と、勝手にその宗教の行事にお金をださせたりしたんです。

その人は最後はキレて「こんごその宗教の話を一言でもしたら縁を切る」と言ったのですよ。

すると「わかった」と言うのですが・・・次の日には普通にその宗教の行事の紙を「願いを書いて」と渡されたそうです。




「どうしてわかってくれないんだろう」とその人に相談されたんですよ。

これね〜

とりあえず、その行事の紙に「お姉さんが宗教を辞める」と書いて渡すのが一番かと(笑)



「なんど言ってもどうしてわからない?」

これ疑問ですよね。

「頭が悪いの?」ってその人は聞いていましたが・・・・


実はですね。

なぜ何度言ってもわかってくれないかは〜

いくつか理由があるんですよ。


それは、「そうすることが相手のためだ」と思ってるっていうのと、実はその誘ってくる人は「自分自身がその宗教を信じ切ってない」のが理由なんです。


「相手のため」って「嫌がってるのに」って思うかもしれませんよね。

僕の話も知り合いの話もそうですよね。


僕は「おもしろネタ」にしか思ってませんが、その人は困ってるから「そんな時までしないだろう」と頼ったのに、「やめてくれ」と言ってるのにしてきてます。


これ1つは「宗教のこと」だと思ってなかったりもするんですよ。


以前、両親が熱心なある宗教の信者の娘さんのセッションをしたことがあるんです。

「あなたはその宗教をしてるんですか?」って聞いたら。


「私はしてないですよ」と言うんですよ。

でも、いろいろ話してたら毎週その集まりには行ってるし、布教活動もしまくってるんです。

これ「嘘」を言ってるんじゃなくて、この人にはそのれは「普通のこと」なんです。

「普通のことをしているだけ」って認識しかなくて、とくだん「宗教をやってる」って意識は無いんですよ。


だから、このお姉さんも「宗教の話のつもりではない」のだったりする時もあるんです。

でも、明らかに嫌がってたり困ってるのにそれをする時があります。


それは、「その宗教に入るのが唯一の救いで絶対にそれが正しい」と持ってるから、嫌がろうと困ろうと怒ろうとどんな事をしてでも「入れる」事が相手のためって思ってるんですね。


その人は何度も「お姉ちゃんのやり方以外にも幸せになることはできる」「私は私の考えでやりたい」と言ってるんです。

でも、こういう人はそれを言っても「それは、わかってないだけ」「入って気がつけば自分がわかってなかった事に気がつく」って思ってるですよ。


これね。

実は僕のパーソナル心理学の素質もでるんですよ。

熱心に宗教をやる人の素質にとっても多い素質のタイプがあるんですよ。


例えば、◯◯の科学に入信した女優の清水富美加さんは僕がパーソナル心理学で見る2つの要素がどちらもこの素質。

「自分が正しい」「相手を自分が思う正しい方にするのは相手のため」と思い込みやすい素質です。

この素質の人が思う正しいは「自分の正しさ」ではなくて、「自分はこの世界の正しい正解を知っている」と思ってるんですね。


それと違う考えや思想では、自分の知ってる「正しい」以下の結果しか得れないと思ってるんです。


今回のお話の知り合いのお姉さんもこの素質の人なんですね。


困った誘いをする宗教の人ってこの素質の人がすごく多いのです。

この素質でなくても、同じように考えるからどんなに嫌がっても誘ってくるんですね。



例えるなら、子供が虫歯になって歯が痛いとしましょう。

お母さんは歯医者に連れて行こうとしますよね。

でも子供は歯医者を怖がって行きたがりません。

それでもお母さんは無理矢理にでも歯医者に連れていきますよね。
それは歯医者に行くことが、唯一の治す方法で子供にはそれがわからないからしかたなく無理に連れて行こうとしています。

そして実際に歯医者に行けば痛みは治るので、子供にもそれがわかるわけですよ。


宗教でしつこく誘って来る人は、このお母さんのような状態なんですよ。
嫌がられても、嫌われても「行きさえすれば」それが良いものだと気づくと思ってるんです。


ただ、一つ例え話と違うのは歯医者に行けばたいがい歯の痛いのは治りますが、宗教はそうではないと言うこと。

「一つの手段」でしかないってことです。


でも、そうは思ってないんですよ。


他にどんなにあるって言っても、それは「わかってないだけ」って思ってますからね〜


そして、多くの場合はその宗教の中で「騙してでも連れてくること」が相手の為だと教わっています。

「正義」や「正しい」事をしているのだから、何をしても許されるって思っちゃうんですね。
特にこの素質の人はそれが素質の特性とぴったり合ってるからよけいです。

ちなみに、最近死刑を執行されて話題になっていたオームの麻原彰晃元死刑囚もこの素質です。

SNSでの「不謹慎狩り」とかも同じですね。

「地獄への道は善意で舗装されている」
この言葉はだれが言ったかも諸説ありますし、意味もいろいろな説があります。

僕は今回のお話の「正義」や「正しい」のためなら何をしても良いって意味が一番あってるように思います。


これね。

幸せになるって事を大きく勘違いしてるんですよ。


幸せって何かを「得る」と幸せになれるとか、今の不幸は自分が何かに変われば消えるって思ってるんです。

でも、本当はそうではないんですよ。

過去も今もすべてを「ありのままに受け入れた」時に幸せ近づけるんですよ。

幸せになっていくのは「足し算」ではなくて「引き算」なんです。

「こうでなくてはならない」「こうあるべき」を手放していくのが幸せになるための第一歩なんですね。


でも、そういう宗教の人は相手の考えを否定して、自分たちに宗教で「あるべき」って思い込まされています。


「ありのままに受け入れる」も「こうあるべきを手放す」もどちらもできてないんですよ。


だから「真逆」をしています。


なぜ、真逆をするのかって?

答えは簡単ですよ。

相手をありのままに受け入れて「こうあるべき」をなくしたら、「その宗教である必要がなくなる」でしょ。

そしたら「儲からない」でしょ。

「上の人」が(笑)


だから、たいがいの宗教は「お金」や「欲」を不浄のものってして、それを「浄化」するとかって差し出せるんですよ。


「欲」を持たない生活が正しくて「お金」は不浄のものだから、浄化のために差し出せってね。

そしてその「お金」で「上の人」が「欲」を叶える・・・・^^;



ということはね〜

そういった宗教をしている人自身は「幸せ感」は無いんですよ。

よくこのブログで書きますが、人は「自分にしていること」しか「他人にしない」のです。

言い換えれば、他人にしていることは「その人自身が自分にしていること」なのです。


相手を受け入れずにこうあるべきを押し付ける・・・・

それは自分自身にしている行為です。


自分を受け入れずにこうあるべきで縛ってる。

最初の方に「理由」って事で、こうも言いましたよね。

「自分自身がその宗教を信じ切ってない」


それだけ嫌われてでも誘ってくるんだから「信じてる」と思うでしょ。


もしも、心から信じているなら「自信」があるはずです。

その人自身が心から信じていて、その事で幸せと感じているならそれはそれで「幸せの形」だからよいんですよ。

でも、そういう人って実は心の何処かで信じ切ってないんですよ。

そしてさっきも書いたように幸せでもないんです。


どこかで信じきれてないからこそ、自分以外の「誰か」に同じもをさせてその人が「良いもの」とか「正しい」を言ってほしいのですよ。

例えば、道に迷っていて「この道かな?」って半信半疑な時に、誰かが「この道で合ってる」って言ったら安心するでしょ。

自信があるなら他人の言葉はいらないはずです。


それと同じ。


だから、こそ「否定」されたり「別のも」で幸せになれるって言われたら困るわけなんですよ。


どこかで、日本人は「どちらかが正解」だと「もう片方は不正解」って思い込みやすい面がありますから、よけいに誰かに「それ以外」で幸せになられては困るわけですよ。

今回の宗教をしやすい素質の人も「多様性」を認めないところがあるんですね。


以前、イランの人でイスラム教の方と話したことがありますが、「キリストも日本の神々も素晴らしい神様だ。ただ、我々はアラーの神に仕えているだけで上とか下とか正しいとか間違いはない」と言っておられました。


どんな宗教でも「受容」とか「受け入れ」っていうのは説いているはずです。


ありのままに受け入れる事が「無償の愛」なのだから、本当に宗教を心から信じているなら、自分以外の生き方でも「愛する」はずです。


でも、自分のやってる宗教以外は「NO」ってなってるのは、「見返り」を求める愛である「渇愛」でしかありません。

渇愛は幸せになるためには、無くさなければいけないものの一つです。

相手を幸せするのが目的なら、それはどんな方法でも良いはずです。
でも、自分の正しさでないといけないのは、自分自身が幸せでないから自分のやってることが「幸せ」につながることを、誰かに同意してほしいからです。



そういう無理にでも誘ってくる人自身が渇愛を持っている人で、自分自身を受け入れ満たすことをできてないんです。

自分の心の底にはその宗教の教えとは違う自分がいるのを、「こうあるべき」と否定して受け入れてない。

自分を否定しているから、相手も否定する。

そして不安だから相手にも同意をして欲しいと望む。

自分を認めれてないから、他人に自分のやってる宗教を認めてもらうことで自分が認められのではと勘違いしている。



他人を引き込むことで自分の心の穴を埋めようとしているんですね。

それをうまく「上の人」に利用されてるんですよ。



なので、そんな人が身近にいる人は「話してわかってもらえる」なんて思わないほうがよいですよ。

唯一、わかってもうらえる方法があるとすれば「幸せ」になって見せることぐらいですから・・・・でも、そうなるとそういう人は寄ってきませんけどね^^


僕自身が宗教とか必要としないのは、起こることには辛いことや苦しいことだってありますが、肉体を持っているこの世界ではそれも「体験」だって思ってます。

別に「真理」とかを悟ったように、「それも決められた事」なんて手放しで受け入れたりはしませんが、そこで抗うのも肉体を持っているからこその「体験」。

それが人生でそのれも含めての「幸せ」と思っている僕にこの上、宗教を説かれてもね〜

いや、すべて悟ったなんて微塵も思ってないですしまだまだ学ぶことは多くありますが、宗教なんてなくても十分に僕は僕なりの考えた世界で学んでいけるので・・・

むしろ、お布施を払って何かの集まりに参加していれば「幸せ」になれる的な宗教は僕には「手抜き」しかみえないんですよ。

もちろん、そうでなく真面目にされてる人もいるでしょうけどね〜

そこを真面目にされてる人は、自分の劣等感の穴埋めのためや正しいことのためならどんな事をしてもいいなんて幼稚な考えで嫌がってる人を何度も勧誘したりはしませんよ。


とりあえずはそんな人はめんどくさい相手なんで、無関心でいるか可能なら縁を切る方がよいと思いますよ。

普通のひとがどうこうできるものではないですからね。

それではこれで終わります。

今回のブログの動画と実はブログには載せずにアップしていた動画です。
「不思議な話を」ってリクエストに答えたものです。

たまにブログに載せずに動画をアップしたりもするんでチャンネル登録をよかったらお願いします。

「宗教をする知り合いに困ってる人」




ブログに載せずにアップしていた動画↓
「平行世界のお話」






惺ゆりさん紬〜つむぎ^さんのオルゴナイトやスマホケースが出品されてネットショップ「LampLight」です。持つと幸運になるかもしれませんよ^^
ぜひ、覗いてみてください。


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 22:28 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
褒めるのは重要だけど、ただ褒めてても人生はよくならないよ〜動画有り

 

JUGEMテーマ:人生論

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

今回のブログは同時に動画も収録してるので最後に載せておきます。

以前たまたま見ていたTVでこんなのをやってんですよ〜

「失敗をほめちぎる」

ある自動車学校でそんな取り組みをしたら生徒が増えたみたいな話なんですね。

その中では褒める検定みたいなのもやってましたね〜

確かに「怒る」ってやり方は「最も手を抜いた教育のやり方」です。


でもね〜これみてていくつか思ったんですよ。

考え方は良いんですが〜みてると「怒る」のと根本は変わってないような・・・

まあ、根本が変わってなくても怒られるよりは褒められる方が気分的には楽でしょうけど・・・・・


何がって言うとですね〜

失敗している相手を褒めまくるんですよ。
確かにその失敗の中にも「良い部分」ってのはあるとは思います。

だからそこにフォーカスを当てるのはよいんですが〜

でも、その失敗に関してはスルー。

これ自動車学校は「商売」ですからそれでも良いんですよ。


でも、これ子供の教育とか部下に接するのにも役に立つって話なんです。

さっき「怒る」のと根本的には変わってないって言いましたよね。

それは、これって手を抜いてるんですよ。

だって、相手の失敗とか欠点とか苦手なところをみてアドバイスや意見を言ってあげてませんからね。

めんどくさいことを避けてるだけなんですよ。


「怒る」がなぜ「手抜き」なのかって言うと、相手の個性とかそうした理由とか考えを無視して「一方的に」怒って従わせてるからですよね。

ようは「自分の考えが絶対に正しい」って押し付けてる状態です。

人それぞれに違いがあって、それをした理由があって苦手なこともがあるって事を考えようとしてないんですね。

「それぞれ」をかんがえるって確かに大変なことなんですよ。

自分と違うものを理解しようとしないといけないですからね〜

で〜めんどくさいから「怒る」をしたら相手は「怒られたくない」から従います。

でも、この「褒めちぎる」も同じでしょ。

とにかく「褒めときゃいい」になってるように思うんですよ。

いや、これを考えて「こういうやり方」を勧めている人達は違うのだと思いますが〜


いままで、相手という個性も考えずに怒っていた人は、同じよに「ただ褒める」をするんだ思うんです。

だから、本質は変わらないんですよ。

自動車学校の「商売」としての「サービス」ならそれもOkですよ。


このお話の中でこんなお話がありました。


「5万円入った財布を落とした」

この時にどう声をかけるか?

「お金の価値が学べたね。新しい財布を買うチャンスだね」


だそうです^^;


いや〜5万円もなくしてそんな「ただ、ポジテイブなだけ」のこと言われたら僕ならムカつきましよ(笑)

だってこれまったく「共感」してないですよね。

「ただ、褒めてるだけ」です。


相手が落ち込んでるとか嫌な感情になってるとかそんな「相手」は無視して、「ただ、褒めてるだけ」ですよね。

「手抜き」でしょ。これも。

特に子供のそんな「ことだけ」してたら、また同じ失敗しますよ。


子育てにも使えるって話もしてましたね。

では、子供がテストで「0点」を取ってきたらどう言うんでしょうか?

0点は極端かもしれませんが、40点だったら?褒めるの?

「怒る」必要はないだけで「褒める」ところじゃないですよね。


それに僕のパーソナル心理学でみたら、素質ごとに「褒められ方」でどう響くか違うんですよ。

例えばテストで「95点」を取ってきたとしましょう。

「褒める」のは良いですが、これ「ただ褒める」とダメな素質もあるんですよ。

自分軸が強くて論理思考の強いタイプの子供にこの時に、

「すごいね〜良い点だね。頑張った」

こんなふうに褒めちゃうと「バカにされてる」とか「ちゃんと見てないんだ」って思われるんですよ。

リアリストな彼らは「5点」間違えてるって現実を見た上で褒めてほしいんです。

その「現実」を無視して褒めてるのは、「お前は5点ぐらいは間違えるようなやつだ」って思ってるからそう言うのか、ただ何も考えずに「褒めてるだけ」かって思うんですね。

彼らはリアルな評価が欲しいのです。


ちなみに、他人軸が強くて論理思考な人も自分軸の人ほどではないですが同じような感じ方をしますが、それ以前に他人軸な人は(論理思考も感情思考も)「相手が喜ぶこと」の方が嬉しいので〜

「お母さんが嬉しい」ってのが無いと褒められても、モチベーションが半減します。


逆に感情思考の強いタイプは、イメージ思考がとても強いのでとにかく「褒める」必要があるんですね。

いくら「事実」だからって「5点間違えてる」って言うのを言うと、いくら「褒めまくってても」その一言で「ダメ出し」だとイメージして「全部」がダメ出しに思えてテンションが下がります。

下がりますが、「5点間違えた」事を放置して良いわけではないんですね。

この場合は、まずは褒めまくってイメージを良くしてそれとは別の機会に「その間違えた5点をなくして『より凄く』するための話」をするほうがよいんですよ。



これ「ポジテイブシンキング」と似てますよね〜

根拠もなく「できる」とか「上手くいく」って思えば良いってのはただのバカですよ。

それでは上手く言ったのは「運」が良かっただけだし、失敗からも学べないので同じ失敗を繰り返します。

これも「手抜き」なんですよね。



ポジテイブシンキングも褒めまくるもですが、これやってる方もやられてる方も楽だしその場はいい気分になった気がするんですよ。

でも、自動車学校とかならまだ良いですけど、子供の教育とか人生でこれやっちゃうとず〜っと「嫌な面」から逃げてないといけなくなります。


そこの部分って凄く「痛い」んですよ。

褒めることと甘やかすことはまったく違います。


時には必要な「痛い部分」を指摘してアドバイスして上げる必要があるんですね。

でも、それをすると「嫌われる」可能性があります。

そしてされた方は「楽な方に」逃げるときがあります。


「嫌われないようにする」と「痛い部分から目をそらす」って両者の思惑が一致します。

だから、こんなビジネスが成り立つんですよ。


でも、ポジテイブシンキングでもそうですが、これはどこかで「そのツケ」を払わされることになります。

子供ならその子が大人になってからです。

大人は「幸せ」ってところにたどり着けません。


ノウハウコレクターとか自己啓発ジプシーになってる人もその原因の一つはこれ。

耳触りのいいことばかりを聞かされて、その瞬間は良くなったような気がするんですが・・・・

本質は変わってませんし、自分が気づかないと行けない部分にはまったく気づいていません。

だから、別のものを探します。

その別のものでも、それは耳触りのいいことばかりで本質はまったくないことばかり・・・・


なぜって「その方が商売になる」からですよ。

最初に書いた自動車学校がそうですよね。


思いっきり脱輪しているのに、「すぐに車を停めたのはよかった」とか「後ろの見方は良かった」とか無理に褒めてるだけ。

最初から否定したら聞いてはくれないから怒る必要はないけど、それでは習ってる人は自分が脱輪した理由はわからないまま・・・・

まあ、自動車学校は卒業してからいくら脱輪しても関係ないですからね〜


ノウハウコレクターとか自己啓発ジプシーの人もそんな「その方が商売になる」に乘せられてることが多いんですよ。

教えている方もそこはわかってなかったりするんで、同じだったりする時もありますが・・・・


だから、そういう人達ってすぐに新しいセラピーとか自己啓発とか見つけてきますが、何年たっても変わらなかったりしますね。

自分の本質的な部分を見つめようとすると「痛い」ですからね〜


多くのそういうものは、その痛い部分を見ないように「楽」をさせたり「手抜き」させたりするようにできてたりします。

そうじゃなくて、本質的な内容であっても受ける側が「楽」をしようとしてれば(本人は気づいてないでしょうけど)、結局は表面的な情報だけなどって終わり。


結局はどっちでも本質的は気づけ無いから、「楽」だったり「手抜き」したものの方がウケちゃうって悪循環になってるんですよね。


確かにどんな失敗しても褒められたら、それは楽ですよね〜でも、そこで失敗から学んだり本質的なことに気が付けないとその「ツケ」は本人が払わされるんですけどね〜



今回のお話は、褒めるって素質ごとに「褒められ方」が違うって事と「ただ褒める」では手をぬいているだけってこと。

それに乗っかってると「ツケ」は自分が払わされることになるよってことでした〜

それではこれで終わります。

動画1 素質に合わせた褒め方でないと通用しないよ編




動画2「ただ褒める」と人生が良くならない人の共通点



惺ゆりさん紬〜つむぎ^さんのオルゴナイトやスマホケースが出品されてネットショップ「LampLight」です。持つと幸運になるかもしれませんよ^^
ぜひ、覗いてみてください。


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /
占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 00:27 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
嫌いな人、腹が立つ人を消しちゃう方法〜解説動画〜

JUGEMテーマ:人間関係

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

すっかりまた間が空いてしまいました・・・

今回の動画は、僕のブログの中でもトップクラスのPVの「嫌いな人、腹が立つ人を消しちゃう方法」です。

まあ、誰でも生きていれば嫌いな人や嫌な人はいますよね〜

人の中で生きていかないといけない以上はどうしてもこれは避けられないです。

でも、そこには「学び」もあったりするんですよ。

今回の動画は何かとハプニング続きで・・・Part1はピントもあってないですし・・・
撮りなおそうかとも思ったのですが、編集前に見てもらったら「良い内容だからもったいない」と言われたのでそのままアップしました。

選挙の最中で駅前なので頻繁に選挙カーも通るし、桔梗さんはだんだんと邪魔するし・・・

最後の動画を撮ってる最中には「腹が立つ人」から電話がかかってくるし・・・(笑)

ときおり試されるんですよね〜(笑)

それでは動画の方をよかったら見てください。

元のブログの記事はこちらです。

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=413

解説動画Part1




解説動画Part2









惺ゆりさん紬〜つむぎ^さんのオルゴナイトやスマホケースが出品されてネットショップ「LampLight」です。持つと幸運になるかもしれませんよ^^
ぜひ、覗いてみてください。


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 04:07 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
目先のことしか考えれない人〜解説動画〜

JUGEMテーマ:人生論

 

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

前回の動画で「動画はじめます」みたいに言ってから、やっぱり間が空いてしまいました・・・・

僕のペースはこんな感じなんですね(笑)

言い訳をすると、今回のは気持ち的に「やれない」のではなくて物理的にやれなかったんですよ〜
プライベートの方がいろいろと忙しくて・・・


で〜前回の動画の中でお話しているように、僕のブログの記事を動画で解説していきたいと思います。

いろいろとリクエストももらいましたし、「ブログ以外のお話」もして欲しいってのも多く頂いたんです。

不思議な話とか・・・・

そんなの今後していこうかなって思ってます。

まあ、怖い系の不思議な話もありますが・・・・それすると「寄ってくる」から・・・映像に何か映りそうな・・・それはそれで再生回数が増えそうですが^^

今回は、最近のブログの中から「目先のことしか考えれない人〜離婚してでも入りたい家族割」です。

ブログで話している「感情思考」と「論理思考」のお話よりも、「離婚してでも入りたい家族割」の方が気になりますよね(笑)


2本に分けて撮りましたのでよかったら見てやってください。

もしも、この記事から読んだ人は1つ前の「はじめての動画」を是非さきに見てください。

 

解説1

 

 

解説2

 

 


惺ゆりさん紬〜つむぎ^さんのオルゴナイトやスマホケースが出品されてネットショップ「LampLight」です。持つと幸運になるかもしれませんよ^^
ぜひ、覗いてみてください。

https://lamplight.buyshop.jp/

 

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 03:47 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
はじめての動画

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

セッションの時にお話した人も何人かおられますが、僕のブログを動画でお話しようかな〜って以前から思っていたんですよ。


僕のブログって長いじゃないですか(笑)

たまに「長すぎて読めない」って人もいて・・・・

それに文字だけだと表現できないことも多いですからね〜


過去の人気の記事もだし新しく書くものも動画バージョンを作っていこうと思ってるんですね。

目指せユーチューバー(笑)


でも、このYouTubeから収入を得るって簡単じゃないだろうけど、もしもできたら僕のセラピストとしての原点になってる「思い」が叶えれるかもしれないんです。

ずっとそれは「矛盾」するからできないって思ってたんですけどね・・・・

それは、僕がお金で苦労していた時(今でも楽ではないですが^^)、なんとかこの状態から抜け出したいって思っていろいろやってたんですね。

お金の事だけではないですね。
いろいろな辛い状態からどうやったら変われるんだろうって・・・・

いろいろなものを受けたり読んだり体験したりしましたが、どうしてもそういうのって高額でしょ。

それに僕みたいに田舎に住んでいると、都会に行かないとそう言うのって無かったんですよ。
いまはインターネットがあるからある程度はネットからでもできますが・・・・

すると、どうしても「お金が無いから受けれない」ってなるんですよね。


お金に苦労しているから受けたいのに、「お金がないから受けれない」なんか皮肉な話でしょ〜

でも、そういうのは「本当に望むなら借りてでも」って言う人いますけど、そういう事言う人って本質的にはそういうものを受けなくてもちょっとしたきっかけで変われる人だったりします。

それにそれを言う人ってどこかに逃げ道も持ってるんですよ。

そんな思いをいっぱいしてきたので、僕がするセッションも金額が上げれないんですよ。

よく「安すぎじゃないですか?」ってお客さんから言われるんです。

そうなんですよね〜仕事量の割にぎりぎりなのは単純に料金設定が低すぎるからなんですよね〜〜

わかってるんですが〜困っている人みんながみんなお金に余裕があるわけでもないんです。

苦しい家計の中で半年かけて貯めて、やっと90分のセッションを受けに来たって人もいいたんですよ。

でも、僕も収入がないと生きていかれないし・・・・・

実は最近、とっても辛いことがあってかなり落ち込んでるんですけど・・・

それはお金の問題とかでは無いんですが、「この出来事ってどうやったら解決できたのかな?」「僕の何を変えればいいのだろう」って考えたら収入が多ければもしかしたら結果を変えれたのかもって思ってるんです。

じゃあ、セッションの料金を上げるのかってなると・・・・・

それだと、僕の抱えてきた矛盾がどんどん大きくなるし〜

そこでこのユーチューバーですよ。

もともと、動画にしようしょうって思ってもう半年以上・・・・

「ナマケモノ」ですからね〜

これは僕のペースだって受け入れてるからそれはよいのですが・・・・

どうやら、今回は「水に投げ込まれた」みたいです(笑)
*意味のわからない人は2つ前の「成功する人とそうでない人の違い」を読んでみてください。

これで収入をもし得れたら、簡単じゃないけど・・・・
そしたら無料で提供できるし、今ブログで書いていることだけじゃなくてセッションとかでしか話さないような事も話して、極端に言えば動画だけでセッションの役割をしてくれたらってね。

もちろん全ては無理でしょうから、今まで通りのセッションはしますけどもね。


そのあたりのことを語ってますからよかったら見てください。

初めてなんでお見苦しい点やテロップがチャチだとかはお許しを〜〜

今まで電話セッションや僕のブログを読んでもらっててセッションは受けたこと無いって人は「はじめまして」ですね^^

あと、人見知りでめったにでてこない「桔梗さん」が誰もいないないので出現します。
動く桔梗さんを見たい人もどうぞみてください^^




惺ゆりさん紬〜つむぎ^さんのオルゴナイトやスマホケースが出品されてネットショップ「LampLight」です。持つと幸運になるかもしれませんよ^^
ぜひ、覗いてみてください。


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 16:52 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
やる気の正体。やる気を出す方法

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

前回のブログで「やる気の部分を書くから」ってお話をしました。

今回の記事から読み始めた方はよかったら一個前の「成功する人とそうでない人の違い」も合わせて読んでみてください。

さて、「やる気スイッチ」なんて言葉がありますが、「やる気」って出ないときがありますよね。

これをなんとかして出すための「やり方」的なお話をがいろいろあります。

とくに「成功論」とか「幸福の〜」みたいなお話にはよくでてきますね。

なにせ「やる気」になって行動しないと何も始まらないのは確かです。


人それぞれのペースはあっても「何もしない」では「何も変わらない」のは確かですからね。


前回のブログで「成功者」の人の共通点って「運が良い」ってことで、でもその運が良い理由はそうでない人の何十倍も何百倍も行動してるから「確率」の分母が大きいからって話をしましたよね。

前回の例えでは、ダーツの的の真ん中に素人が30分以内で当てるって時にAさんは0回でBさんは5回当たった。

それはBさんが「運がよい」ってなりますが、そのBさんは同じ時間内でAさんの100倍の数を投げてるってお話をしました。


これ間違いないことです。

多くの成功者をみてもみんなそうでした。

だから逆にいろいろな人をみていて、「あ〜この人は無理だな」って人もいたりはするんですよ。
成功するための、いろいろな講座とかセミナーとか受けたりいろいろなんですが、成功する人の動きとはちょっと違ってたりして・・・・


でも、問題は「100倍投げよう」と思わないといけませんよね。

「それがやる気スイッチ」って話です。


ところが多くの人はその「スイッチ」が見つけられないんですよ。


昔、ある成功者の人がその「スイッチが入らない人」の理由を話していました。

その人の話では例えば何かのビジネスの話を聞いて、そこでこのスイッチを「ON」にして成功する人とその場で足踏みして大した成果も出せない人の違いは〜

「そのビジネスで自分が何をどれ位すればどのぐらいのお金が入ってくる」とかって、内容とかシステムとか理屈を「把握」したり「理解」してないからだって言われました。

言い換えればその「理解」が完全にできれば誰でも「ON」になるって言うのですね。



これどう思います?


こんな話があるんですよ。

ある脳科学者に「やる気を出す方法」を聞いたのですね。

きっと脳科学者ですから、僕らでは知らない脳の構造からの「スイッチ」を教えてもらえそうですよね。

その脳科学者の答えは「やる気なんて脳には無い」ってことでした^^;


無いの・・・・


じゃあ、「やる気スイッチ」ってなに〜〜


その人の話では、そもそも「やる気」ってのは、「やる気が出ない人が言ってる言葉」だって・・・・

言われてみれば確かに。


やる気がでないから「やる気をどうにかしたい」って思うんですよね。

もうすでに「やってる人」には「やる気」なんて関係ないですものね〜〜


じゃあ、やる人とやらない人って何が違うの??



実はですね。

「やる気」の正体は「やりたいか、やりたくないか」なんですよ。


ということは、俗にいう「やる気」がでないのは「やりたくない」からです。


で〜これね。

人が「やる」ときには2つしか理由がないんですよ。

「やりたい」か「やらないといけない」かの2つ。

「やりたい」は感情で、とくに「好き」とか「楽しい」って事がエネルギー源です。

「やらないといけない」は主には、突き詰めれば「生存欲求」だったり「恐怖」だったりします。


前回のお話に出てきた。

僕が「できない」と言ったのに対して、成功者の人が「子供を誘拐されて『殺す』と脅されてもできないのか?」って言われたってことを書きましたね。

それに対して僕は「それはやりますよ。でも、あなたが『やれ』と言ってる事は一生に一度あるか無いかみたいな非常事態でないとやれない事だってことですよね」って言ったんですね。


これね。

この成功者の人にとってここで言ってる「やれる」ということは、「やりたいこと」だから「やってる」んですね。

でも僕にとっては「やりたいこと」ではないのです。でも、この成功者は「やりたいこと」でやれてる人と「恐怖」でやれてる人の区別がついてないんですよ。

途中に「理解すればやれる」って言った人もなんですが、自分が「やりたいこと」なのは当たり前に「誰もが」やりたいことだと思いこんでしまうんですよ。


以前、別の成功者の人に「自分はいろいろな人に指導していて、『本当にやるか』を確かめてからやってる。でも、本当にやれてるのはほんの僅かだ」。

「これは何が原因なんですか?」と聞かれたことがあるんですよ。


それでその人にこんな話をしたんですね。

「あなたは『雪山登山』ってやりたいですか?」

そしたらその人は「いや〜やりたくないですよ。そんな体力もないし危険だし」


それに僕は「ですよね。では、エベレスト山頂に『どこでもドア』で完全装備で行って景色だけ眺めて返ってくる。だったらどうです?」


「それなら行きたいですよ。一生見ることはない光景が見れるんですから」


そして僕は「あなたが『本当にやるか』と確かめているのは、「山頂の素晴らしい光景を見たいか」であって『雪山登山をしたいか』とは確かめてないでしょ」

「多くの成功者の人は、自分の結果とか成果を『欲しい』のかとは聞くけど『そこに至るプロセス』をやりたいかとは聞かない。あなたは『雪山登山』の方も「やりたいこと」だから結果『頂上』にいるんです」



それを聞いたその人はすごく納得されて、「こんどみんなに聞いてみます」って言ってました。

まあ、聞いても口では「やりたい」って言うのでしょうけどね〜

でも、「やってない」って事実が「やりたくない」って証拠なんですけど・・・・


だって言ったでしょ。

「やる気」なんて脳にはそんな機能無いって。


やりたいなら、もうすでにやってますよ(笑)


前回のブログで僕のパーソナル心理学で成功者って持って生まれた「素質」でかなり決まってるって書きましたよね。



これ単純な分け方ではないのですが、かなりの人に当てはまるんですよ。

前回のブログでも実際の成功者の人を2人ほど実名を上げさせてもらいました。

今回、僕が過去に話した成功者人の話が3人分でてきました。


実はこの3名は前回のブログの2名と同じ素質です。


他の素質のタイプでも成功者に多いのはいるんですが(組合せの問題もあるし)、このタイプはやたらと多いのです。


このタイプの特徴は、自分にとっての「損得」とか「勝ち負け」が重要で、結果主義。
その結果が直ぐにそしてリアルな数字でみたいタイプ。

自分軸も強く人にあまり左右されなくて、それでいて誰とでも仲良くなる人。

ポジテイブでとにかく直ぐに行動して、失敗しても直ぐに立ち直ります。

自分がやったことでリアルな結果が直ぐに出てくるのが大好きなタイプ。


「リアルな結果」って言ったら「お金」がわかりやすいでしょ。

お金は「数字」でもありますからね〜彼らは「お金持ちになりたい」というよりもその「リアルな結果」を出すことが楽しいのです。

ただ、欠点は「やる」となると一気に集中してできちゃうですが、その分である程度やると全くやる気がなくなる瞬間があるんです。

だから、ある一定のところまで突っ走ると、急に何もやる気がしなくなって何もしないんですが、また、すごい勢いでやりだします。


そう言えばこの「やる気」のお話を書こうと思った、きっかけになったFacebookの記事を書いている成功者の人が「やる気の出し方」でこんなことを書いていました


「突然やる気がなくなる」時がある。
そんな時は無理してやらずに、すべてやめてしまう。
休んで怠ける。
するとしばらくしたらまたやる気がみなぎってくる。


はい。
もうおわかりですね。

生年月日を調べてみたら先程、お話したタイプと同じ素質の人です。

これは「やる気の出し方」でも「成功論」でもなくて「自分の素質」を語ってるだけです。


実際、世の中の成功論って「自分の素質」を語ってるだけなんですよ。

ということはね。

「違う素質」のお話を聞いても「やれない」のではなくて「やりたくない」のです。



でも、さっきの例えで言ったら「エベレストの頂上」の方ばかりを見せられてるから、そっちは「欲しい」「欲しくない」で言ったら「欲しい」なんです。

なんですが、「雪山登山」してまでは「欲しくない」のです。

だから、エベレストの頂上を手に入れてる人は、「雪山登山」も「やりたいこと」なんですよ。


今回のお話で、「理解したらやれる」って言った人も「理解すれば『結果』がどれくらい出るかがわかる」から「やりたい」ってなるんですね。



ちなみに素質でみたら他の成功者のタイプには、「結果」ではないタイプもいます。


僕のパーソナル心理学で成功者の素質は決まっていると言ったのは、その「やりたい」ってことが素質で大きく違うんですよ。


そこを勘違いしちゃってると苦しむし、やりたくない事を無理やりしても結局は結果には結びつかないんです。

成功者と言われる「経済的」に上手く言った人って、その部分に関わる事が素質的に「やりたいこと」なんですよ。


先程の「直ぐにわかるリアルに結果」とか、他のタイプだと「成功者って世間から見られたい」って成功願望みたいのものだったり、その他では「欲しい」と思うものをどうしても手に入れないと気がすまなくてその「欲しい」がすごく多いタイプだったり・・・


でも、素質によってはその部分に関わる事では無い部分に「やりたい」があるので「成功者」ってもになるのは苦手なんです。


成功者=幸せではないのですよね。

「やりたいこと」をやってる人が幸せなんですよ。

でも、多くの本やセミナーをしてる成功者は「自分のやりたいこと」を「みんなもやりたいはず」と思い込んでいます。

「そこは人類共通だろう」みたいにね。

だからできない人には「やる気がない」って言い出したり、「自分でも気がついてない」とか言い出したりするんですよ。


何回も言いますが、「やる気」なんてないんです。

「やりたい」なら「やる気」がどうのなんて言わずにやってます。



やりたくないことを無理してやろうとしてもダメなんです。

「やる気スイッチ」なんて探すよりも、「やりたいこと」を探すほうがけっか「やる気」は出ます。

多くの人が「やりたいこと」みたいに錯覚している事って、「やらければならない」みたいに思い込まされてるんです。

でも、そのやらなければと思い込まされてる事は、「恐怖」でも「生存欲求」でもなかったりします。


ようは「やらなくても死にはしない」事なんですよ。

だったらそれは「やらければならない」ではないんです。

そう錯覚したり思いこんでるだけ。

「やらければならない事が多すぎて」って「やりたいこと」を探さない人って、殆どがそう思い込んでいるだけなんです。

もしくは、自分と対峙するのが怖いから「それを言い訳にしてる」のかです。



本当は単純なんですよ。

「やる気」の源は「好き」とか「楽しい」です。

1番好きな事を見つけるだけ。

人生を良くする方法は、「やりたい事をやって、やりたく無い事はやらない」たったこの2つ。

全ては無理でも(特にやりたくない事の方)、どれだけこれに近づけるかです。


僕の場合は、成功者って人になるために必要なことで「やりたいこと」が一つもないわけですよ。

とは言えお金は稼がないといけないから、そこは「死なないため」にやってるわけですね(笑)

それではこれで終わります。


惺ゆりさん紬〜つむぎ^さんのオルゴナイトやスマホケースが出品されてネットショップ「LampLight」です。持つと幸運になるかもしれませんよ^^
ぜひ、覗いてみてください。


https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 01:33 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
成功する人とそうでない人の違い

JUGEMテーマ:人生論

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

僕はなぜか「成功者」っていう人には多く会える運ってのを持っているようで〜

いろいろなタイプの成功者って人を見てきました。

起業して会社を大きくしていった人、バブルで土地転がしに成功した人、投資に成功した人、ネットワークビジネスで成功した人、僕と同じセラピストとして成功してる人、ヤ◯ザの世界で成功した人、詐欺師として成功した人、急成長してきた中国の成功者、そんな中国で「政府側」の人間でその権力を使って大金持ちになった人・・・・

他にもいろいろいますし、これらはそれぞれ「1人」ではなかったりします。


そんな成功者の人に共通する部分ってあると思います?

これがあるんですよ。

もちろん、例外はありますよ。

でも、大多数を占めるって共通項ってあるんです。


少し前にある人から聞いた話ですが、ある研究機関が「成功者」って人達の膨大なデーターからその「共通な部分」ってのを調べたんだそうです。


なかなかその共通な部分って見つからなかったそうですが、「これなら唯一すべての人に当てはまる」ってのがあったんだそうです。

それが何かって言うと「運」だったんだそうです。


「運」・・・・・

なんか「どうしろと」って話に聞こえますよね。


でも、この運ってやつはいろいろな人を見てきたら「降って湧いた」とかってものではないと思うんですよ。


僕が思うのに、この「運」は持っていたんじゃなくて「作り出した」ものなんですね。

それはどうやって?

(このあたりで『よくある成功論』か〜って思った人、少しがまんして読んでみてください。途中から『よくある話』ではないので)

例えればこんな話ですよ。

「ダーツ」ってありますよね。
的に向かって小さな矢?を投げる競技です。

あれの真ん中に当てるのって、プロでもない限り僕ら素人ではほとんど「運」ですよね。

30分やっても1回も真ん中に当てれない人と30分で5回も真ん中に当てた人では、後者の人が「運」がよい人です。

でも、これは作り出せるんですよ。

どうするかって?

1回も当たらなかった人の100倍の数を投げれば良いんですよ^^

当たらなかった人が100回投げたんなら1万回投げれば「確率的」に真ん中に当たる数は増えますよね。


そんなの当たり前だろうって?

でも、成功者って人ってそうなんですよ。

(ほら、やっぱりよくある『成功論』じゃんって思っいた人。言いたいことはよくわかるのでもう少し我慢してください)

別に、確実に当たる1投を狙って投げたわけじゃないんですね。

ある程度の狙いはしますが、狙ってる暇があったら数を投げたんです。
そして当たらなくても諦めずに投げただけです。


30分で1回も当たらなかった人と30分で5回当たった人。

結果だけみたら後者の人が「運」がよく見えますよね。


これ成功者とかでは無くても、「人生を良い方に変える」って話でも同じですね。

多くの人は1〜2回投げて「やったつもり」でいるんですよ。


それは多くは「失敗したくない」からですね。

でも、よくみてください。
前者の人は100回失敗してますが、後者の人は9995回失敗してますよね。

多くの人の勘違い。

それは「失敗してない人」が「成功者」だと思ってるんですよ。

だから、僕のところに相談に来る人の中には「失敗しない」ようにばかりを求めている人がいます。

それって最初から「運」を捨ててるんです。


と〜まあここまではよくある「成功論」的なお話に書いてあるようなことですよね。

確かにこれは「真実」で「正しい」事です。


でもね〜そんな成功論的なお話に一つ欠けていることがあるんですよ。

それは絶対にそんなお話を書いている人では語ってないことです。

だって、そうでしょ〜そんな事を書いている人は「1万回投げれた人」なわけですからね。

このお話でいちばん重要なのは、「運」でも「何度でもチャレンジ」することでも「即行動」することでもないんですよ。


「成功する人、しない人」の違いは、「何度でもチャレンジした人しない人」でも「即行動した人、しない人」でも「諦めずにやった人、やらなかった人」の違いではありません。

「それができる人とできない人」の違いです。


そうでしょ。

こんな話はいろいろ読んだり習ったりしている人なら、表現方法は違っても大なり小なり聞いているはずですよ。


それを読んだりしてできる人は、それは単なるきっかけでしかなくて「もともと1万回投げれる人」なんですから。

だから、ブログだろとセミナーだろうとコンサルだろうと、神のお告げだろうと何だってそのきっかけさえあれば「1万回」投げちゃうんですよ。

言い換えればそんなお話し聞かなくても投げちゃうんです。


という事はね。

そんな話を聞いたり読んだりしている人って「投げれない人」なわけで、じゃあ「どうやたら投げれるようになるか」の方が重要でしょ。

なのに、この「1万回投げれたら成功者だよ」みたいな事を「オレ、すげえ。こんないい話語れちゃうぜ」みたいに書いている人いますよね。

それ「投げれちゃう人」の理屈ですから・・・・


そうすると今度は「投げれるようになるにはってのを教えます」ってのがありますよね。

でも、どうです?

ここまで読んでいるなら、そんなものを一度や二度は体験したり読んだり聞いたりしていませんか?

で〜いまこれを読んでいるって事は「投げれてない」でしょ。


僕も昔は「成功者」にならねば「幸せになれない」、「今の苦しみから抜け出せない」っていろいろやりましたよ。

でも、できないんですよ〜

って言うか「具体的」な事を語ってる人っています?

いろいろな知識を使ってデコレートされていますが、要約すると「やればできる」「できないのはやらないからだ」って話になりません?


このお話をする上で一つ整理しておかないといけないことがあります。

僕のセッションを受ける人で、「1投すら」投げない人がいるんです。
まあ、「1投」は言いすぎかも知れませんが、「2〜3投」しか投げてない。

その2〜3投も軽く投げてみてるか、狙いもせずに「投げたことにしてる」って人がいます。

こんな人がいました。

僕はよく「好きになことを見つける」って話をします。

ある人にそれを言ったら、「もうそんな事はやりました。やったんですが無理でした」って言うのですよ。

だからそんな事はできるわけがないと・・・・

で〜具体的に何をしたのかって聞いたら、ある事がやりたくて「半年間」それについて勉強したんだそうです。

でも、その資格が取れなかったそうです。

で〜「できるわけがない」と・・・・・


え?それ1回だけ・・・・


その人曰く「半年もやってダメなら心が折れます」。


半年で決まる人生って・・・・


これは「やってない」に等しいです。


だから、ここで整理しておかないといけないのは、こういうお話をする時には1万回投げれる人」と「1万回投げようとしてるけどできない人」と「そもそも投げる気がない人」がいるってことです。


ある成功者の人が言ってました。

「そもそも投げる気がない人」は「特に困ってないのだろうね」って^^

困ったとは言いますけどね。

僕は本来は「そもそも投げる気がない人」に限りなく近いんだと思います。
でも、「1万回投げようとしてるけどできない人」で普通の人よりは多くは投げたけど成功者までは投げれてない人って感じですね。

何故そこまででしかないけどできたのかって?

簡単ですよ。

「困ってた」からです^^

それもできなきゃ「生きていかれなかった」からです。

これは比喩での「生きていかれない」ではなくて、リアルでの「生きていかれない」です。

今風に言うなら「ガチのやつ」です^^


「ナマケモノ」って動物いるでしょ。

僕の本質はあれなんですよ。

でも、ナマケモノが俊敏に動く時があるんですけど知ってます?


水の中に投げ込めばいいのですよ(笑)

普段のようにゆっくり動いてたら死にますからね〜僕の人生って3分の2はそんな感じですから。


で〜成功者って言わば「トラ」や「チーター」なんですよ。

「水に投げ込まなくても」俊敏に動くのが当たり前なんです。

ちなみに、「そもそも投げる気がない人」は〜動物園で飼われてる動物かな^^;




よくある成功論ってそのトラやチーターが語ってたり書いているんですよ。

ナマケモノの僕は水に投げ込まれたからトラやチーターのように動くしかなかった。


でも、成功者の人の語らせるとこう言います。

「ナマケモノのだってできるじゃないか」


だから「やればいい」「やればできるんだ」ってね。



昔、ある成功者の人に僕が「できない」と言ったら、「それはできないではない。やらないんだ」って言われました。

「あなたにはわからないんでしょう、できない人間もいるんです」と言うと〜


こう言われました。

「それなら、もしあなたの子供が誘拐されて、子供を殺されてくなかったら『やれ』と言われても『できない』のか?」って。

これに似たような事を言う人いませんか?


僕はその人にこう答えました。

「はい、それはもちろんやりますよ」

すると「だったら、『できない』じゃなくて「やらない』だろ」と・・・

で〜僕は「そうですね。それなら殆どの人はやるでしょうね。でも、と言う事はあなたが『やればいい』と言っていることは、一生に一度起こるか起こらないかのレベルの状態でないとできない事って事ですよね」と・・・・

できるかやれるのかって話で言ったら、「やれる」のですよ。

よく言うでしょ。

成功者も「同じ人間だ」って、手の数も目の数も同じで空が飛べるわけでもないって。


たしかにそういう意味では、誰でも「やれる」のですよ。


でも、その「やれる」の「度合い」が違うんです。

トラやチーターは呼吸をするのと同じぐらいのレベルで俊敏に動けます。

でも、ナマケモノは「命をかける」レベルで俊敏に動くしかないんですよ。



これ続くと思います?


ちなみに、本物のナマケモノは頑張って動いちゃうと、動いた時の自分の熱で死ぬ時があります(笑)


なので、僕はその頃がいちばん病んでいました。

でも、おかげでトラやチーターの事もわかるけど、ナマケモノの事もわかるようにはなったんです。




最初の方に「成功者の共通項」の話をしましたよね。

研究機関で調べても「運」ぐらいしかみつからなかったと。

でも、僕は多くの人を見てきてある共通項がある事に気がついたんですよ。


それは僕のパーソナル心理学での素質の分類でみたら、成功者ってほとんどが決まった素質のタイプなんです。

一つでは無いんですが、これかなりの確率でそうなんですよ。


僕が見てきた人もですが、いま活躍されている人をみても僕が思っているいくつかの素質のタイプで「その法則」にほとんど当てはまります。


もちろんこれにも例外はありますし、その例外もほとんどの場合はパーソナル心理学での素質の分析で説明つきます。


例えば、さいきん剛力彩芽さんと付き合ってることで話題になった創業者の前澤友作さんと。

石原さとみさんと付き合ってると言われてるカリスマ企業家の前田裕二さんは同じ素質のタイプ。


このタイプの人は「お金儲け」がとっても得意で、「それ自体」がやりたいことだったりする人なんで、ネットワークビジネスとかネットビジネスなんかの成功者にやたらといますね。


他にもあげればキリがないくらいいます。



そうなると〜僕のパーソナル心理学での「素質」って生まれ持ったもので、しかも生年月日でわかるわけじゃないですか〜

「成功者になったいから同じようなタイプ」ではなく「最初からそんなタイプ」だった事になります。


生年月日なんかで何がわかるんだって人もいるでしょうね〜まあ、そんな人は読まなくてよいんですが〜〜

僕が10年以上もこのパーソナル心理学を使ったセッションで、飯が食えてるってのがなによりの証拠だと思いますよ。



まあ、そこの論議は置いといて〜


でも、そうなると「成功者」になるならいは最初から決まってるって事になりますよね。


実はそうなんですよ。

と言うか、この仕事を初めて10年も含めて「そうとしか言えない」ぐらいに、「素質」で分類できるんです。



こういうお話をするとどうしても誤解する人がいます。

決まってるなら「自分は成功できないのか?」ってね。

そうですよ。

できないですよ。

と言うよりもする必要ないです。


そういう人の大きな勘違い。

成功=幸せ

これ違いますよ。

確かにお金が多く有って困ることはないし、多いほうが有利なことも多いです。

「お金なんて必要ない」なんて言う気はまったくありません。


お金は絶対的に必要です。


でもね。

俗に言う成功者の人ほどの収入って心から欲しいですか?

何もしないでもらえるなら、誰でも欲しいですよ。


でも、「1万回」投げてまで欲しいですか?

「自由に行きたい所に行けるようになる」

本当にそんなに世界中行きたいですか?

良い車に乗れる。

良い家に住める。

「くれる」なら欲しいですよ。

でも、「1万回」投げてでも欲しいですか?


よく、ネットワークビジネスとか最近のネットビジネスなんかで「成功論」とか語ってる人がこんな事を言います。

「まずは自分とビジネスをして、お金と時間の自由を手に入れてからやりたいことをすればいい」


最初に書きましたが僕はそんな世界の人をいっぱい見てきました。

でもね。

自由になるほどのお金と時間を手に入れるレベルまで成功する人は、「そのビジネス自体がやりたいこと」なんですよ。


「やりたくないこと」をして「成功者」と言われるようなレベルまでデキる人なんていないんですよ。

この辺のお話は次回の僕のブログに「やる気」についてのお話で掘り下げるので、よかったらそちらと合わせて読んで考えてみてください。


なんで成功者の人はそんな言い方をするかって言うと、「自分は最初からそうだったから」で、そしてネットビジネスとかの人はそう言って自分のビジネスに参加してもらわないと「成功者」でいられないからでしょ。


よく、そういう人達は「こんなに多くの成功者を生み出した」、「だから誰でもそうなれるんだ」とかって言うでしょ。


僕はそんな話を聞くと「そうならなかった人」に興味を持っちゃうんですよ。


ビジネスですから「成功例」しか言わないですよね。

でも、その影にはその何十倍もの「失敗例」があるはずです。


え?そんなことないだろう?
誰でもできるやり方だってある?


途中でお話したじゃないですか〜

そういう人は「1万回投げて5回当ててる」んだと。


成功者の人自身が「それが成功の方法だ」って言ってますよ^^

5回を「成功例」で見せてるだけですよ。

そして9995回の失敗例から収入を得ているわけですよ。


僕は別にそういう人達を悪いとか言う気はないんです。

ただ、そういう人達はそれが一番「自分らしい本質的な生き方」だってだけです。

だから、それで幸せな人も多くいるでしょう(作り上げた見せかけの人も多いですが)


でも、そ言うペースで生きるのは「自分らしい本質的な生き方」ではない人もいっぱいいるんですよ。

僕みたいにね。

僕がセッションで出会った人で、成功者のように生きようとして「そうでない素質」の人で苦しんでいる人っているんです。

そんな人にその人の「素質」を伝えて、その人のペースで「自分らしい本質的な生き方」に変えたら確かに「成功者」では無いかもしれないけど「幸せ」感は高くなったって人多くいるんです。

逆に、素質的には「成功者」と言われる人なのに、「親」とかから押さえつけられたり「平凡に生きる」「普通に生きる」とかを刷り込まれて、そう生きてるんだけどなにか「辛い」って人もいるんですね。

そういう人も素質のペースに変えて「1万回」投げる方に変わっていくと、幸せ感が強くなる人もいます。


僕は自分が成功者になろうとしてやっていた時が一番「病んで」いました。

「1万回」は無理でしたが「5千回」ぐらいは投げれてたよに思えますが、それも「水に投げ込まれたナマケモノ」の状態の環境だったからです。

なので、その頃は幸せ感も無く心も病んでいてそして「運」も悪かったんです。


「運」は「1万回」投げることで上げれますが、そうではない部分の「運」もあるんですよ。

自分の心に反した事をしているとそこが強烈に悪くなります。

だから、考えられないようなトラブルに巻き込まれまくってました。

そこの「運」は、潜在意識とか真我とかインナーチャイルドとかが「喜んでる」と高くなるんです。

言い換えると「それは幸せではない」って事を教えるために「トラブルを引き寄せる」のです。


僕が成功者になろうとして、病んで苦しんで一番の「気づき」は自分の素質通りのペースで生きていくことで、それが一番自分らしくて自分の本質的でそして「幸せ」だってことです。

「そんなことはない!そんな素質なんて関係ない。大成功したら幸せになれる!!」

そう心から思うなら、そうなるための「1万回投げる」事が本当にやりたい事と思えてやってて楽しくてしょうがないなら、やってみたらよいですよ。

本当にそうなら「大成功」も「幸せ」も手に入りますから。

でも、少しでも心に嘘をついていたら「そうならない」し、「幸せ」からは遠ざかりますよ。

自分ときちんと向きあって「誰かの言う価値観」ではなく、自分自身の本質をみつめて「自分はどうなのか」を考えてみてください。


長くなっちゃいまいたが〜次回の「やる気」のお話をぜひ合わせて読んでみてください(早く書かねば・・・^^)


それではこれで終わります。

作家の惺ゆりさんと紡〜つむぎ〜さんに作品をだしてもらってるネットショップ「LampLight」です。よかったら覗いてみてください。

https:/ /lampli ght.buy shop.jp /

 

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 06:15 | 人生を楽しくするには | comments(0) | trackbacks(0) |
目先のことしか考えれない人〜離婚してでも入りたい家族割〜

JUGEMテーマ:人間関係

 

 

占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。

 

なにか行動をする時って慣れていることなら別ですが、初めての事とかだとあれこれ考えますよね。

この「あれこれ考える」ってところは、僕のパーソナル心理学での「素質」が凄く出るんです。


よく「成功論」とかみたいな話だと、「考えてばかりでなく行動しろ」とか「できるイメージですぐに動く」みたいな事を言われますよね。

いつまでも何もしないと、何も変わらないのは確かです。


では、「直ぐに行動」できる方が良いのでしょうか?

 

このブログの内容を動画で解説しています。
この記事と合わせて見てもらえると、よりわかりやすいと思います。

解説1

https://youtu.be/6aqq7l5ah94
解説2
https://youtu.be/hWJ0YIimIus

では、続きをどうぞ〜


これ一概に言えないんですよ。

まず、素質によってその行動する「ペース」や「タイミング」はぜんぜん違うんですね。

だから、早いことが正しいのではなくて自分のタイミングやペースを知ってる事が重要。


この「すぐに行動」ができる人って確かに成功者とかに多かったりするのですが、同時にダメな人にも多いのです。


どういうことかって言うと、そのダメな人って場合は「目先の事」しか考えてないから、「すぐに行動」できてたりするんですよ。


これは僕のパーソナル心理学では「ホープ」って言って、行動する時に「プラス」側の発想が強いタイプの人に多いのですが、もう一つ「感情思考」「イメージ思考」が強いタイプでもあるんです。


このイメージ思考とか感情思考って言うと、普段からそんな感じの人に思われますがとくに男性は普段はむしろ理屈っぽかったり論理的だったりします。

ただ、このタイプはある程度以上のイメージとか感情が発生するとそれを理屈で抑えることができないんです。

だから、衝動的な行動や感情の起伏が大きかったりします。


さっきまでニコニコしてたのに急に怒り出したりするのは、だいたいがこのタイプ。

その怒ってる理由も自分のイメージとか感情が出だしで、「事実」で無いことでも例えそれが事実でないとわかっても一度その状態になると止めれないんですね。


「行動力」という面では、いちどイメージしてしまえばどんどん行動できるのでとても強い面を持っているんですね。

だから成功者という人に多いのですが、半面でその素質の性質でとってもダメな人にもなるんです。

だから、とっても「紙一重」なんですよ。

 

ダメな側の方になると、すごく「目先の事」しか考えれない人になります。

このタイプの人は「5円安いテッシュ」を買うために車で遠方のスーパーに行ったりするんですね。

ガソリン代や時間のロスって「トータル」ではなくて、目先の「5円安い」ってイメージが全てになってしまうんです。


「そんな事ぐらいわかろうだろう」って思うかもしれませんが、そんな人って実際にいるんですよ。


ある女性のお話なんですが〜


この女性は旦那さんと離婚したいんですね。

その事はもう何年も前から旦那さんに言っているんです。
でも、旦那さんは絶対に離婚する気はないようなんですね。

その女性はそれでも「もう、無理だ」と言い続けたら、「別居はしてもいいが離婚はしない」とか「仮面夫婦でいいじゃないか」とまで言って、やはりどうしても離婚する気はないようなんです。


それでどうしたら離婚できるんだろうとこの女性は悩んでいたんですよ。


ちなみに、もうおわかりと思いますがこの旦那さんが今回お話している素質の「ダメな方」になっている人です。

その事でもこの女性はさんざん振り回されてるんですよ。

そんな時です。

この旦那さんが「携帯の乗り換え」をしたいと言い出したんですね。


旦那さんの携帯が主回線で、この女性と娘さんが家族割で入っていました。


旦那さんが別の携帯会社に乗り換えるということは、この女性と娘さんも携帯を乗り換えないと「家族割」が適応されませんよね。


この旦那さんが乗り換えたい理由は、一つは携帯を落として画面にヒビが入ってしまったからみたいなんです。

でも、思いますよね〜保険は?って。


そんなものに入ってるわけないじゃないですか〜

5円安いために隣町のまででも車でいくような素質ですよ。

将来、壊れるかどうかもわからない修理代よりも「月々の数百円」のほうが重要ですよ^^;

 

で〜どうやら乗り換えキャンペーンでキャッシュバックと家族割に入る条件で月々「自分の携帯代が1万円近く安くなる」と言うのが目的みたいなんです。


その事を突然言いだして、もう「明日にでも変える」みたいなことを言い出したのです。


その女性だって仕事もしていますし、データーの移行もあるしメアドも使えなくなるわけですから、急に言われても困るわけですけですよ。


それで、ケンカになったんだそうですね。

そこで、「いつもそんなのだから離婚したいんだ」「もう、すぐに離婚届を書いてくれ」と言ったのですが、そのことよりも「乗り換え」の事が優先で話にならないんです。


すると、その女性が離婚の事を持ち出してきて乗り換えの話が進まないと思った旦那さんは、とつざん「離婚届を書く」と言い出したんですよ。


あれだけ、嫌がっていたのにです。


でも、皆さんは思いますよね。

それはたまたまそのタイミングなだけで、もう旦那さんも離婚しようと気が変わっててケンカの勢いもあって「書く」って言い出したんだと・・・


違うんですよ〜

だって、離婚届を書くのにこの旦那さんは「離婚届は書くけど『家族割』には入ってもらわないと困る」って言うのです。


ん??

離婚したら「家族」じゃなくなるような・・・・(笑)


大事なのそっち???

大事なのはキャッシュバックと家族割での月々が安くなる事と自分の携帯が新しくなる事で、その事しか考えてないようです^^;

それであっさりと離婚届を書いたんですよ。


でも、何度も言いますが離婚したら「家族」じゃなくなるんですが・・・・(笑)


ツッコミどころ満載ですが、その女性は離婚届を書いてもらうことが優先ですから「家族割」に入ることはOKしたんのですよ。

そしたら、離婚届を書いた直後に「お前も早く携帯のバックアップをしておけ」って自分の携帯のバックアップをしだしたそうで〜

離婚の事よりも、家族割に入れることで頭が一杯のようです(笑)


離婚ってかなり大きな出来事じゃないですか。

でも、それよりも「家族割」なんです^^;

 

このタイプの素質の人は、自分がそこにイメージが入ってしまうと「もうその事」にしか見えないんですよ。

そして「理屈」とかの方はそのイメージに勝てません。

でも、思いませんか?

仮にそうだとしても。

人間は素質は関係なく「思い込み」になることはあります。

その思い込みの囚われて、他に目がいかなくなる事は誰にでもあります。

家族割に思いがいって離婚に目がいかなくなる人は少ないかもしれませんが(笑)


もしもそうなったら、今度はその思い込みが終わった時に「なんであんなことを」とか「あの時はどうしてみれなかったんだ」とか後から思いますよね。

でも、このタイプはそうならないんですよ。


乗り換えが終わってしばらくして、その「思い込み」や「イメージ」が終わって、「離婚」の方にイメージが言ったら、こんどは「そっち」しかイメージしないので「
最初から離婚のことをずっと思ってた」ってなっちゃうんですよ。


このタイプの人は、記憶すらその時のイメージで「改ざん」されますから・・・・


なので、このタイプの人とは「言った言わない」とか「やったやってない」みたいな話になりやすいんですよ。

 

その時は「そのイメージ」でやったけど、あとになって「別のイメージ」になると、最初からその「別のイメージ」の方しかしてないって記憶になってしまうんです。


それぐらい「イメージ」が優先してしまうんですね。

ここの部分って「そうでない人」にはなかなか理解不能なのですが・・・だからって「そうな人」は自分では「そう思ってない」ので・・・^^;

こんな例えになりす。

何かのイメージになりました。

今回の女性の話でいくと、旦那さんが「家族割で1万円安くなる」「キャッシュバック」「携帯が新しくなる」ってイメージにハマりました。

この状態を「赤色」で見ている状態だとしましょう。

そして、「離婚」、「離婚したら家族割使えない」、「旦那さんの回線は1万円安くなるが『家族』は高額なパケットプランに入らないといけないから、自分が全て支払うのだからトータルでは高くなる」、「その『1万円』も10ヶ月なんでその後は今よりも遥かに高くなる」「それに付き合わされる家族は振り回されてる」乗り換え前の家族の携帯電話に残ってる機種代の残債を別に払わないといけない・・・・などの事は「白色」だとしましょう。

このタイプの人は、イメージになってしまうとその「赤色越しにしかものを見なくなる」のです。

要はその色の眼鏡で全てを見ている状態です。

だから、白のものも「赤」に見えちゃうんですよ。

 

これっていい方に出ると「失敗しても引きずらない」とか「失敗してもクヨクヨしない」にもなるんです。


ところがそれは「失敗から学ばない」ということにもなるんですね。

 

だから、このタイプの人って即行動するので、遠目にみていると常になにかやってて上手くいってるように見える人も多くいるんですよ。

いるんですが、それって同じ失敗を繰り返してて同じところをグルグル周ってるだけのことも多いのです。


すぐに行動できるって言うのは、言い換えれば「目先のことしか考えてない」からの場合も多くあるんです。

 

しかも、目先の事しか考えないし、その時々のイメージで変わるから話しがコロコロ変わるんで周りは振り回されます。

目先の事しか考えないので、人生って面でも「思慮が浅い」状態でいろいろやるんですが、結局は何も学べてないって事によくなるんですよ。

 

いろいろな自己啓発とかセラピーとかをやるんだけど、いつまで変わらない人ってこのタイプも多いのです。


その時の目先の「良さ」だけしかみてなくて、深いところまで落とし込めてないのにまた次のイメージで別のものに移る・・・・これはいくら繰り返して意味がないんですね。


「1+1」ならいずれ100になりますが、ゼロになにをかけてもゼロですからね〜


素質って言うのは持って生まれた「種」で、それが「習慣」を作り出すんですよ。

それには「良い面」と「悪い面」の両方があります。

悪い面を減らすには、「自分の素質の反対側」を学んで少しできるように「習慣」を変える必要があるんですね。


でも、このタイプの人は「イメージ」が優先して「目先」しか考えないから・・・・


なかなかそこから抜け出せなかったりします。


この女性みたいに「そういう人」に振り回されてる時の対象法は・・・・

イメージで何処かにハマっている時は何をやっても無駄です。


話をするにしてもそのイメージが終わるのを待たないと、その状態では「それにしか見えない」ので意味がないんです。


あと、そのイメージを変えてやるってのもあるんですが・・・

途中の例えの話を使うと、「赤」越しにしか見れなくなってるから別の強い色を混ぜてやれば、そこからは抜け出せます
これできると劇的に振り回されなくなるんですが〜なかなかテクニックが必要です。

 

まあ、後ろから思いっきり棒で殴って気絶さて一度「イメージをリセット」させれば何とかなりますが(笑)


さて、このお話は続きがあります。

乗り換えには翌日に行くと騒いでいた旦那さんですが、翌日になったら「明日にする」って言い出したんですね。

その理由が、「その女性が今の携帯のバックアップをしてないから」みたいなんですよ。

え?なんだかんだと言いながら心配しているじゃないかって??

違いますよ。

この女性は離婚届を書いてもらった直後に、友人のところでバックアップをしてもらって移行の準備は万端に整えています。

そしてそれは知っています。
だって、離婚届を書いた直後に離婚のことよりも「お前もバックアップを済ませておけよ」って自らが言ってるんですからね。

では、なぜそんな話になったのか・・・・

それは、最初に「乗り換える」と急に言いだした時に、その女性が「そんな事を相談も無しに急に決めたって、仕事もあるし携帯のバックアップとかもしないといけない」という話をしてケンカになったんです。

この会話が「赤い色」です。

だから、離婚届を書いた後にバックアップにでかけた「白い色」も全て「赤」にイメージしているんですよ。


で〜結局は次の日の夕方に行くことになったのですが・・・・

当日の昼前になって「今から行く」と言い出したのです。


その女性は夕方まで仕事の予定を入れています。
だから、「無理だ」と言ったら「自分と娘だけで行くから、後でしたらいい」と・・・

いや、その女性と娘の携帯は旦那さんが主回線で旦那さん名義なんだけど〜


その旦那さんが乗り換えたらその女性の携帯は使えなくなる可能性があるじゃないですか・・・・

それは大丈夫なのかとか「お店の人に電話して聞いてくれ」と言うと、「今から聞くのだからその時に聞けばいい」と・・・・

それで「ダメ」って言われたらどうするの??

「ダメなら貸出の携帯を借りる」とか言い出すし・・・

何も解決になってない^^;

もう、「家族割で1万円安くなる」一色なんですよ〜(笑)

なにせ「離婚」よりも重要な事のようですからね〜とにかく邪魔されないうちに「家族割」に入らないといけないんですよ(笑)

けっきょく、何を言っても無駄なのでその女性のほうが仕事の予定を変更してもらって一緒に行ったそうです。

 

僕も仕事柄、「離婚」の相談はよく受けるんですが・・・・

離婚したい方と離婚したしたくない方。

「したくない」方に離婚を説得するための「条件」って、なかなか難しいのですよ。

「お金」なのか「親権」なのか「謝罪」なのか・・・・・


「家族割に入ること」ってのは初めて聞きました(笑)

旦那さんは「家族割」に入れたことで、すっかりその話はしなくなってるみたいですが〜何度もいいますけど離婚するんで「家族」じゃなくなるんですけど(笑)


それではこれで終わります。

 

 

占い&カウンセリング ゲッターラボ
*セッションは対面だけでなく電話(通話料無料)でも可能です
                お問い合せ←お問い合わせはこちらをクリック

 

●料金・メニュー

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=410

●お客さん様の声・口コミ

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=409

●ゲッターラボが運営する「人生が楽しくなる」ネットショップ

https://lamplight.buyshop.jp/

●お悩み別、おすすめ記事

http://getterlabo.jugem.jp/?eid=411

●Facebookの個人ページ(気軽に友達申請、フォローしてください)

<ここをクリック>

●ゲッターラボ公式ホームページ

http://getterlabo.net/

●セッションの申し込み、連絡先、住所等地元の情報サイト
http://yonago.mypl.net/shop/00000315526/?hid=126517
●ゲッターラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/getterlabo1


ランキングに参加していますよかったらぽちっとしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

| 05:48 | 人間関係(親子、夫婦、同僚、友人・・・) | comments(0) | trackbacks(0) |